石塚 英弘

J-GLOBALへ         更新日: 12/05/21 11:49
 
アバター
研究者氏名
石塚 英弘
 
イシヅカ ヒデヒロ
URL
http://www.slis.tsukuba.ac.jp/~ishizuka/
学位
理学博士(東京大学)

経歴

 
 
   
 
筑波大学 図書館情報メデイア研究科 図書館情報メディア研究科 図書館情報メディア専攻 教授
 

学歴

 
 
 - 
1974年
東京大学 理学系研究科 化学
 
 
 - 
1969年
東京大学 理学部 化学科
 

委員歴

 
2008年
   
 
情報知識学会  副会長
 
2000年
 - 
2003年
情報メディア学会  理事
 
1981年
 - 
1982年
日本分析化学会  常議員
 

受賞

 
2005年
情報知識学会論文賞,2005年
 

Misc

 
Interactive Web-based Application for Visualization of Spatial Data of the Four-Years Rehabilitation and Reconstruction Process of Tsunami and Earthquake in Aceh-Nias, Indonesia
Proc. of the 14th International Conference on Geometry and Graphics, Kyoto, August 5-9, 2010 (ISBN 987-4-9900967-1-7, CD-ROM)   10p.   2010年
アレルギー性疾患に関する一般者向けの基本情報を提供するWebシステムの設計と開発
Health Sciences (日本健康科学学会誌)   25(4) 235-248   2009年
An Implementation of a Similarity Index of Images for a Retrieval System of Thematic Maps
International Society for Geometry and Graphics (ISGG)Proc. of the 13th International Conference on Geometry and Graphics, Dresden, August 4-8, 2008 (ISBN 987-3-86780-042-6, CD-ROM)   8p.   2008年
イェレナソロビヨワ, 石塚英弘
情報知識学会誌   18(1) 22-46   2008年
石川 大介, 石塚 英弘, 藤原 譲
情報知識学会誌   17(3) 164-181   2007年

書籍等出版物

 
特許文献における因果関係の抽出と統合:概要とその後の展開
情報知識学会誌   2005年   
特集 ソフトウェアCALS実証実験報告、いよいよ実用化へ3.インターネットを利用した複数企業間でのソフトウェア開発(共著)
情報処理 情報処理学会   1998年   
情報システム基盤としてのSGML-文書データベースからWWWそのてCALSまで-(共著)
情報処理 情報処理学会   1996年   
電子出版-その概念と技術-
電子情報通信学会誌 電子情報通信学会   1995年   
二十一世紀圖書館学雙書 未来網絡的基盤技術 - XML的理論与応用(共著)
  華藝出版社、北京   2002年   

競争的資金等の研究課題

 
情報知識システムの開発
研究期間: 2004年   
電子図書システムの研究
研究期間: 2004年