阪口 哲男

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/14 03:12
 
アバター
研究者氏名
阪口 哲男
 
サカグチ テツオ
所属
筑波大学
部署
図書館情報メディア系
職名
准教授

研究分野

 
 

経歴

 
1990年
 - 
1999年
図書館情報大学 助手
 
1999年
 - 
2002年
図書館情報大学 助教授
 
2002年10月
 - 
2004年3月
筑波大学 図書館情報学系 助教授
 
2004年4月
   
 
筑波大学 大学院図書館情報メディア研究科 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1986年3月
明石工業高等専門学校  電気工学科
 
 
 - 
1988年3月
図書館情報大学 図書館情報学部 図書館情報学科
 
 
 - 
1990年3月
図書館情報大学 図書館情報学研究科 図書館情報学専攻
 

委員歴

 
2008年
   
 
情報知識学会  理事
 

受賞

 
1999年
情報処理学会 論文賞
 

論文

 
CrowdSheet: An Easy-To-Use One-Stop Tool for Writing and Executing Complex Crowdsourcing
Suzuki, Rikuya;Sakaguchi, Tetsuo;Matsubara, Masaki;Kitagawa, Hiroyuki;Morishima, Atsuyuki
Advanced Information Systems Engineering 30th International Conference, CAiSE 2018, LNCS 10816   137-153   2018年6月   [査読有り]
Developing crowdsourcing applications with dataflows among tasks requires requesters to submit tasks to crowdsourcing services, obtain results, write programs to process the results, and often repeat this process. This paper proposes CrowdSheet, a...
新井,叡樹;阪口,哲男
情報知識学会誌   28(2) 134-139   2018年6月
<p> 近年Linked Open Data (LOD) としてデータの公開が促進されつつあり,様々な主題領域のLOD データセットが多くの機関等から提供されている.それらの活用のためにはデータセット間のリンクが重要であり,同一あるいは関連のある事物について網羅的なリンクをいかに軽便に行うかが課題である.そこで,本研究では近年活用されつつあるマイクロタスク型クラウドソーシングをリンク付けに適用することを提案し,その適用手法の開発とサンプルデータを用いた実験結果について報告する.</p>
CrowdSheet: Instant Implementation and Out-of-Hand Execution of Complex Crowdsourcing
Suzuki, Rikuya;Sakaguchi, Tetsuo;Matsubara, Masaki;Kitagawa, Hiroyuki;Morishima, Atsuyuki
34th IEEE International Conference on Data Engineering(ICDE 2018)      2018年4月   [査読有り]
複合的な情報資源のLinked Open Data化における構造分析と スキーマ定義手法
林, 賢紀; 瀬尾, 崇一郎; 阪口, 哲男
情報知識学会誌   26(1) 11-28   2016年2月   [査読有り]
 Web技術によるデータ公開の方法としてLinked Open Data(LOD)が注目されている.しかし,既存のWeb上の情報資源の多くは人が読む利用形態に適したデータ構造のままであるなど,構造化が不十分であることが指摘されている.本研究においては,異なる性質の要素を持つ複合的な情報資源に対し,相互運用性を持ちかつ情報損失を起さずにLODを適用する方法について検討を行った.この結果,対象となる情報資源に記載されている情報を元にして,文書の構造や使用されている語彙などを分析することにより,...
エラータ: 複合的な情報資源のLinked Open Data化における構造分析と スキーマ定義手法 [情報知識学会誌 Vol. 26(2016) No.1 p.11-28]
林, 賢紀; 瀬尾, 崇一郎; 阪口, 哲男
情報知識学会誌   advpub(0)    2016年   [査読有り]
(1) P28 右段最終行<br/> 訂正前 (2015年1月18日採択)<br/> 訂正後 (2016年1月18日採択)

書籍等出版物

 
図書館情報技術論
阪口,哲男
樹村房   2014年3月   ISBN:9784883672035
情報機器論(新現代図書館学講座16)
田畑孝一編;杉本重雄;阪口哲男;藤田岳久著
東京書籍   1998年10月   
図書館情報学ハンドブック(第2版)
図書館情報学ハンドブック編集委員会編;+阪口, 哲男
丸善   1999年3月   
情報メディアの活用 (メディア専門職養成シリーズ5)
山本順一;二村健監修;二村健編著, (第5章分担執筆: 阪口哲男);+阪口, 哲男
  学文社   2006年1月   
DIGITAL LIBRARIES: INTERNATIONAL COLLABORATION AND CROSS-FERTILIZATION, PROCEEDINGS
Hiiragi, W;Sakaguchi, T;Sugimoto, S;Tabata, K
SPRINGER-VERLAG BERLIN   2004年1月   ISBN:3540240306

講演・口頭発表等

 
CrowdSheet: An Easy-To-Use One-Stop Tool for Writing and Executing Complex Crowdsourcing
Suzuki, Rikuya;Sakaguchi, Tetsuo;Matsubara, Masaki;Kitagawa, Hiroyuki;Morishima, Atsuyuki
30th International Conference on Advanced Information Systems Engineering (CAiSE 2018)   2018年6月11日   
Developing crowdsourcing applications with dataflows among tasks requires requesters to submit tasks to crowdsourcing services, obtain results, write programs to process the results, and often repeat this process. This paper proposes CrowdSheet, a...
CrowdSheet: Instant Implementation and Out-of-Hand Execution of Complex Crowdsourcing
Suzuki, Rikuya;Sakaguchi, Tetsuo;Matsubara, Masaki;Kitagawa, Hiroyuki;Morishima, Atsuyuki
34th IEEE International Conference on Data Engineering(ICDE 2018)   2018年4月16日   IEEE
資料情報のLOD化:何をつながるようにするのか?
Sakaguchi,Tetsuo
筑波大学 知的コミュニティ基盤研究センター シンポジウム 「図書館情報専門職養成史の再検討:組織記憶を構築する試み」   2017年2月10日   筑波大学 知的コミュニティ基盤研究センター
Webシステムのためのエンドユーザ向け公開鍵認証機能の開発
阪口, 哲男
Code4Lib JAPAN Conference 2017   2017年9月2日   
近年、企業や図書館等の様々なサービスがWebシステムを用いて提供されている。それらのシステムではユーザ認証方式としてパスワード認証を用いていることが多い。そこでは、パスワードに推定しやすい文字列を使って不正アクセスの被害にあうことや、複数のサービスでの同一パスワードの使い回しによるパスワード漏洩時の被害拡大が大きな問題となっている。対策として一部のサービス等ではパスワードに加えて、ユーザの所有する端末に紐付けるなどの2要素認証を採用する事例も増えているが、ユーザの操作が煩雑になる上、対応端...
スキーマ定義が不明なLinked Data検索のためのクエリ構築支援
閻家楠;Sakaguchi, Tetsuo
第9回 Webとデータベースに関するフォーラム (WebDB Forum 2016)   2016年9月13日   情報処理学会データベースシステム研究会, 日本データベース学会, 電子情報通信学会データ工学研究専門委員会

競争的資金等の研究課題

 
分散型情報システム
その他の研究制度
研究期間: 1990年   
ディジタル図書館
その他の研究制度
研究期間: 1994年