北條 勇作

J-GLOBALへ         更新日: 18/03/16 13:39
 
アバター
研究者氏名
北條 勇作
 
ホウジョウ ユウサク
職名
名誉教授(高崎経済大学)
学位
経済学修士(早稲田大学), 博士(学術)(新潟大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1991年
 - 
2013年
高崎経済大学 経済学部 教授
 
1979年
 - 
1980年
高崎経済大学経済学部 講師
 
1980年
 - 
1991年
高崎経済大学経済学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1978年
青山学院大学 経済学研究科 経済政策
 
 
 - 
1971年
高崎経済大学 経済学部 経済学科
 

委員歴

 
1994年
 - 
1995年
高崎経済大学学会長
 
2004年
 - 
2006年
高崎経済大学経済学会長
 
1996年
 - 
1998年
高崎経済大学就職委員長
 
1998年
 - 
2000年
高崎経済大学経済学科長
 
2002年
 - 
2004年
高崎経済大学評議員
 

論文

 
経済地理学の一方向
北條 勇作
高崎経済大学論集   55(3) 75-91   2013年2月   [査読有り]
社会的費用を含む観光所得・地域所得両乗数理論の新たな試論的展開および提示
高崎経済大学論集   54(4) 59-75   2012年   [査読有り]
観光所得・地域所得両乗数理論の新たな試論的展開および提示
高崎経済大学論集   53(1) 1-19   2010年   [査読有り]
新経済地理学の理論体系(2)
高崎経済大学論集   52(1) 1-15   2009年   [査読有り]
新経済地理学の理論体系(1)
高崎経済大学論集   51(4) 25-40   2009年   [査読有り]

Misc

 
観光所得乗数理論に関する展開について(研究ノート)
北條 勇作
経済政策ジャーナル   1(1・2) 111-122   2003年   [査読有り]
大型店進出による商圏の拡大に関する一考察-商業新機軸の観点から-(論文)
北條 勇作
青山社会科学紀要   6(1) 13-44   1977年
革新における企業者行動と信用創造の役割に関する一考察-シュムペーターの経済発展の理論を中心として-(論文)
北條 勇作
青山社会科学紀要   5(1) 1-24   1976年
シュムペーターの景気循環分析(論文)
北條 勇作
青山社会科学紀要   4(1) 85-102   1975年

書籍等出版物

 
新高崎市の商業力分析―中心地理論の視点から―
日本経済評論社 新高崎市の諸相と地域的課題   2012年   
シュムペーター経済学の研究
多賀出版   1983年   
北関東の観光の発展における群馬の役割について-筆者の観光新機軸を中心に-
高崎経済大学附属産業研究所 北関東-都市の生活と経済   1984年   
工業の推移
日本経済評論社 高度成長時代と群馬   1987年   
観光の変貌
日本経済評論社 高度成長時代と群馬   1987年   

担当経験のある科目

 

Works

 
群馬の観光について
1981年 - 1982年
前橋・高崎両市の比較論
1985年 - 1986年
北関東における航空(特に小型航空)の可能性
1985年 - 1986年
新しい北関東工業の胎動
1985年
県央都市の合併論の展開と課題
1995年 - 1996年

競争的資金等の研究課題

 
経済活動の立地
経常研究
研究期間: 1985年