三上 岳彦

J-GLOBALへ         更新日: 15/08/11 21:49
 
アバター
研究者氏名
三上 岳彦
 
ミカミ タケヒコ
eメール
mikamitmu.ac.jp
所属
首都大学東京
部署
都市環境学部
職名
名誉教授
学位
理学博士(東京大学)
その他の所属
帝京大学

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
帝京大学 文学部 客員教授
 
2008年4月
 - 
現在
首都大学東京 都市環境学部 名誉教授
 
2008年4月
 - 
2015年3月
帝京大学 文学部 教授
 
1995年4月
 - 
2008年3月
首都大学東京 大学院都市環境科学研究科 教授
 
1991年4月
 - 
1995年3月
東京都立大学 理学部 教授
 
1987年10月
 - 
1991年3月
東京都立大学 理学部 助教授
 
1980年4月
 - 
1987年9月
お茶の水女子大学 文教育学部 助教授
 
1978年4月
 - 
1980年3月
東京大学 教養学部 助手
 

学歴

 
 
 - 
1977年3月
東京大学 大学院理学系研究科博士課程 地理学専攻
 
 
 - 
1969年4月
東京大学 理学部 地学
 

委員歴

 
2015年5月
 - 
現在
環境省  夏期イベントにおける熱中症対策等検討委員会委員
 
2011年5月
 - 
現在
国立科学博物館  自然教育園運営委員会委員
 
2010年6月
 - 
現在
東京都  大気環境モニタリングに関する検討会委員
 
2005年
 - 
現在
International Journal of Climatology  Editorial Board Member
 

受賞

 
2014年4月
日本地球惑星科学連合 フェロー
 
2007年12月
環境省 大気環境保全活動功労者賞
 

論文

 
T. Honjo, H. Yamatob, T. Mikami, C.S.B. Grimmondd
Sustainable Cities and Society   -MT004794   2015年   [査読有り]
J. Hirano and T. Mikami
International Journal of Climatology      2014年   [査読有り]
歴史気候学研究の現状と展望 -歴史気候記録と古気象観測記録のデータバンク構築に向けて-
三上岳彦・財城真寿美・平野淳平
歴史地理学   55(5) 1-9   2013年   [査読有り]
山形県川西町における古日記天候記録にもとづく1830年代以降の7月の気温変動復元
平野淳平・大羽辰矢・森島 済・財城真寿美・三上岳彦
地理学評論   86 451-464   2013年   [査読有り]
財城真寿美・三上岳彦
地学雑誌   122 1010-1019   2013年   [査読有り]
山形県川西町における古日記天候記録にもとづく1830年代以降の冬季気温の復元
平野淳平・大羽辰矢・森島 済・三上岳彦
地理学評論   85 275-286   2012年   [査読有り]
1901~2000年における北太平洋高気圧西縁部の長期変動と日本の夏季気温との関係
永田玲奈・三上岳彦
地理学評論   85 508-516   2012年   [査読有り]
三上岳彦・大和広明・広域METROS研究会
地学雑誌   120 317-324   2011年   [査読有り]
大和広明・三上岳彦・高橋日出男
地学雑誌   120 325-340   2011年   [査読有り]
R. Nagata and T. Mikami
International Journal of Climatology   30 813-826   2010年   [査読有り]
M.Zaiki, G.P.Konnen, K.Kimura, T.Mikami and T.Tsukahara
Climatic Change   95 231-248   2009年   [査読有り]
T. Mikami
Weather   63 190-193   2008年   [査読有り]
J.Hirano and T.Mikami
International Journal of Climatology   28 1423-1434   2008年   [査読有り]
Akasaka, T. Mikami, W. Morishima
International Journal of Climatology   27 715-725   2007年   [査読有り]
Zaiki,M., Konnen,G.P., Tsukahara,T., Jones,P.D., Mikami,T. and Matsumoto,K.
International Journal of Climatology   26 399-423   2006年   [査読有り]
三上岳彦
地学雑誌   114 86-91   2005年   [査読有り]
三上岳彦
地学雑誌   114 496-506   2005年   [査読有り]
Sugawara, H., Narita,K. and Mikami,T.
Journal of Applied Meteorology   43 1168-1179   2004年   [査読有り]
谷口に位置する青梅市周辺におけるヒートアイランド現象と山風の吹走との関係(共著)
天気   50 81-89   2003年
Können, G.P., Zaiki, M., Baede, A.P.M., Mikami, T., Jones, P.D., and Tsukahara
Journal of Climate   16 118-131   2003年   [査読有り]
ランドサットTM熱画像による輝度温度と地上気温との関係の分析(共著)
地学雑誌   111 695-710   2002年
出島(長崎)おける19世紀の気象観測記録(共著)
地理学評論   75 901-912   2002年
A statistical estimate of daily mean temperature derived from a limited number of daily observations
Zaiki, M., Kimura, K., and Mikami
Geophysical Research Letters   29(18) 39.1-39.4   2002年   [査読有り]
天気記録を用いた日射量の推定法―歴史時代の気候復元に向けて―(共著)
天気   48 823-830   2001年
広域環境情報のリモートセンシング
環境情報科学   29(2) 19-21   2000年
ハヶ岳南麓における高標高気温逆転現象(共著)
地学雑誌   109 703-718   2000年
稲永 麻子, 三上 岳彦, 渡邊 眞紀子, 中山 裕則
地学雑誌   108(1) 65-75   1999年
南〜東アジアにおける夏季降水量の広域変動とそれに関連した熱帯域の海面気圧偏差(共著)
地理学評論,Ser.A   71 393-410   1998年
赤城山南斜面に現れた地表面温度の温暖帯と土地利用の関連-LANDSAT/TMの熱赤外データを使用して-(共著)
地理学評論   70(6) 333-351   1997年
都市内緑地のクールアイランド現象-明治神官・代々木公園を事例として- (共著)
地理学評論   67(8) 518-529   1994年
地学雑誌(東京地学協会)   102(2) 144-151   1993年
第四紀研究   30,409-417    1991年
三上 岳彦
地学雑誌   92(2) 105-115   1983年

Misc

 
冬季のクールアイランド現象
菅原広史・東 航平・清水昭吾・成田健一・三上岳彦・萩原信介
自然教育園報告(国立科学博物館)   45 15-18   2014年
ケッペンの気候区分と気候変動
三上岳彦
歴史と地理(山川出版)   (673) 1-13   2014年
自然教育園における日中の熱輸送 -市街地との比較-
菅原広史, 清水昭吾, 成田健一, 三上岳彦, 萩原信介
自然教育園報告(国立科学博物館)   44 9-13   2013年
自然教育園における冷気のにじみ出し現象 -2011年夏季の観測結果-
清水昭吾・菅原広史・成田健一・三上岳彦・萩原信介
自然教育園報告(国立科学博物館)   43 19-27   2012年
自然教育園の森林は周辺市街地をどのくらい冷やしているか?
菅原広史・清水昭吾・成田健一・三上岳彦・萩原信介
自然教育園報告(国立科学博物館)   43 11-17   2012年
気候変動と飢饉の歴史 -天明の飢饉と気候の関わり-
三上岳彦
地理科学   67 121-128   2012年
自然教育園における冷気のにじみ出し現象
清水昭吾・菅原広史・成田健一・三上岳彦・萩原信介
自然教育園報告(国立科学博物館)   42 39-47   2011年
自然教育園と周辺市街地における夏季の気温移動観測
三上岳彦・菅原広史・清水昭吾・成田健一・萩原信介
自然教育園報告(国立科学博物館)   42 25-29   2011年
異常気象と豪雨災害
三上岳彦
月刊・自治研   53(621) 17-23   2011年
ヒートアイランド現象 -なぜ都市が暑くなるのか
三上岳彦
PETROTECH(石油学会)   34 250-254   2011年

書籍等出版物

 
Environment and Society in the Japanese Island
T. Mikami, M. Zaiki and J. Hirano (担当:分担執筆, 範囲:A History of Climatic Change in Japan)
Oregon State University Press, U.S.A.   2015年3月   ISBN:978-0-87071-801-4
大都会に息づく照葉樹林の森
三上岳彦 (担当:分担執筆, 範囲:ヒートアイランド現象と森のクールアイランド効果)
東海大学出版   2013年   ISBN:978-4-486-01974-9
異常気象の大研究
三上岳彦 (担当:監修)
PHP研究所   2013年   ISBN:978-4-569-78339-0
地域環境の地理学
三上岳彦 (担当:分担執筆, 範囲:ヒートアイランド)
朝倉書店   2012年   
二つの温暖化-地球温暖化とヒートアイランド-
三上岳彦 (担当:分担執筆, 範囲:東京のヒートアイランド)
成山堂書店   2012年   ISBN:978-4-425-51291-1
地球温暖化 -TIME誌の写真でわかる地球温暖化問題と解決法-
三上岳彦 (担当:監修)
緑書房   2009年   
都市型集中豪雨はなぜ起こる
三上岳彦
技術評論社   2008年10月   ISBN:978-4-7741-3621-9

Works

 
NHK そなえる防災:コラム「ヒートアイランド」
三上岳彦   Webサービス   2014年6月 - 現在

競争的資金等の研究課題

 
東京首都圏における夏季ヒートアイランドと熱的低気圧・局地的豪雨の発生要因解明
文部科学省: 科学研究費(基盤研究A)
研究期間: 2013年10月 - 2017年3月    代表者: 三上岳彦
高密度観測と気象モデルに基づく首都圏夏期気温・降水量分布の動態解明
文部科学省: 科学研究費(基盤研究B)
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 三上 岳彦
都市内緑地のクールアイランド効果とその規模別影響評価
文部科学省: 科学研究費(基盤研究B)
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 三上 岳彦
日本における19世紀気象観測記録の収集とその歴史気候学的分析
文部科学省: 科学研究費(基盤研究B)
研究期間: 2003年4月 - 2006年3月    代表者: 三上 岳彦
長崎における歴史天候記録と気象観測データの結合による過去300年間の気候変動
文部科学省: 科学研究費(基盤研究C)
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 三上 岳彦
諏訪湖の結氷・御神渡記録と湖底堆積物による歴史時代の気候復元
文部科学省: 科学研究費(基盤研究A)
研究期間: 1995年4月 - 1998年3月    代表者: 三上 岳彦