村田 久美子

J-GLOBALへ         更新日: 19/11/28 02:51
 
アバター
研究者氏名
村田 久美子
 
ムラタ クミコ
URL
http://sites.google.com/site/welfrg/
所属
早稲田大学
部署
教育・総合科学学術院 教育学部
職名
教授
学位
応用言語学博士(ロンドン大学), 英語教育学修士(ロンドン大学), Ph.D
科研費研究者番号
10229990

研究分野

 
 

経歴

 
1987年
 - 
1990年
ロンドン大学東洋アフリカ学院エクスターナルサービス部日本語科 非常勤講師
 
1987年
   
 
ロンドン大学東洋アフリカ学院極東部日本語科 語学助手
 
1990年
 - 
1995年
富山県立大学工学部 助教授
 
1991年
 - 
1995年
富山大学 非常勤講師
 
1995年
   
 
早稲田大学教育学部
 

学歴

 
 
 - 
1975年
津田塾大学 学芸学部 英文学科
 
 
 - 
1990年
ロンドン大学教育研究所 英語教育学研究科 応用言語学 英語教育学
 

受賞

 
2010年9月
大学英語教育学会(JACET)学術賞
 

論文

 
EMI(英語を媒介とする授業)とビジネス現場における「共通語としての英語」への意識調査、および英語教育への提言.
村田久美子, 小中原麻友, 飯野公一, & 豊島 昇.
早田教育評論   32(1) 55-75   2018年   [査読有り]
EMI(英語を媒介とする授業)における「共 通語としての英語」の使用の現状把握と意識調査、および英語教育への提言.
村田久美子, 飯野公一 & 小中原麻友.
31(1) 21-38   2017年3月   [査読有り]
An investigation into the use of and attitudes towards ELF (English as a lingua franca) in English-medium instruction (EMI) classes and its implications for English language teaching.
Murata, K., Iino, M., and Konakahara, M.
Waseda Review of Education   31(1) 21-38   2017年
EMI(英語を媒介とする授業)における「共 通語としての英語」の使用の現状把握と意識調査、および英語教育への提言.
村田久美子, 飯野公一 & 小中原麻友.
早田教育評論   31(1) 21-38   2017年   [査読有り]
Review of English as a Lingua Franca in the International University:The Politics of Academic Language Policy by Jennifer Jenkins,
MURATA, Kumiko
ELT Journal   68(2) 205-207   2014年

書籍等出版物

 
EMI in higher education: An ELF perspective. In Jenkins, J., W. Baker, and M. Dewey. (eds.). The Routledge Handbook of English as a Lingua Franca.
Murata, K & M. Iino (担当:共著)
Routledge   2018年   
‘English’-medium instruction in a Japanese university: exploring students’ and lecturers’ voices from an ELF perspective. In K. Murata (ed.) English-Medium Instruction from an English as a Lingua Franca Perspective: Exploring the higher education context.
Konakahara, M., K. Murata and M. Iino (担当:共著)
Routledge   2018年   
Exploring EMI in higher education from an ELF perspective: Introduction. In K. Murata (ed.) English-Medium Instruction from an English as a Lingua Franca Perspective: Exploring the higher education context.
Murata, K.
Routledge   2018年   
Introduction: ELF and Assessment.
Murata, K. , T. Ishikawa & M. Konakahara (担当:共著)
Waseda ELF Research Group   2018年   
English-Medium Instruction from an English as a Lingua Franca Perspective: Exploring the higher education context.
Murata, Kumiko (担当:編者)
Routledge   2018年   

講演・口頭発表等

 
‘Multilingual and translanguaging communication in Asian workplace settings: the role of ELF and local languages among multilingual business people in Asia’
Murata, K., Iino, M., Konakahara, M., and Terauchi, H.
The 11th International Conference of English as a Lingua Franca   2018年7月5日   
EMI(英語を媒介とする授業)参加に伴う学生の意識変化と「共通語としての英語」使用に対するビジネスピープルの世代間の意識差の調査、及び英語教育への示唆と提言
村田久美子、飯野公一、小中原麻友、豊島昇
早稲田大学教育総合研究所第23回研究発表会   2018年1月27日   
Changing attitudes through ELF experience in business and EMI settings
Murata, Kumiko, Iino, Masakazu, Konakahara, Mayu, and Toyoshima, Noboru.
the 3rd EMI-ELF Workshop   2017年11月11日   
ELF Research in the Japanese context and its implications for language pedagogy
Murata, K.
The Convention Plenary Symposium 1   2017年8月29日   
The realities of the use of English in the globalised world and the teaching of English: a discrepancy?
Murata, K.
the 44th JACET Summer Seminar   2017年8月26日   

Works

 
Teacher Talk : Its relevance to language teaching classrooms'
1986年
Communicative Language Teaching in a Large, Mixed-Ability Class through Information Transfer'
1986年
Error Analysis in the Use of Articles'
1981年

競争的資金等の研究課題

 
多言語ビジネス環境での共通語としての英語使用実態調査とグローバル人材育成教育
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月
本研究では、特にアジアの多言語多文化状況下、ビジネス現場で共通語としてよく使われる英語(ELF)に焦点をあて、日本人とアジアのビジネスピープルのELFコミュニケーションの実態を調査、グローバル化が進み、ELFコミュニケーション増加の中、現場の実践に基づいた声をアンケート、インタビュー、ビジネス交渉の録音等によるデータで収集、多言語多文化状況下のビジネスELFコミュニケーションの実態、特に多様な言語資源をいかに活用しコミュニケーションが図られるかを、語用論、談話分析的視点で詳細分析、解明、こ...
産学ELF(共通語としての英語)使用実態調査とグローバル人材育成英語教育への提言
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月
H29年度は11月10,11日にメルボルン大学マクナマラ教授、ロンドン大学ターナー名誉教授、ストックホルム大学ビョークマン准教授を招聘、第7回早稲田ELF国際ワークショップと第3回EMI-ELFワークショップの合同国際大会を開催した。EMI-ELFワークショップは2日目午前に、EMIでのELF使用に注目、ビョークマン氏の基調講演後、マクナマラ、ターナー両教授の指定討論で議論を深めた。午後は個人発表後ELF評価のパネルで、ELF的視点を入れた試験開発中の京都工芸繊維大学羽藤由美教授、評価の専...
教育・ビジネス現場のELF(共通語としての英語)使用実態調査と教育モデルの構築
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月
本研究の主な成果は ①共通語としての英語(ELF)概念理解の深化 ②ELF使用実態の解明 ③これに基づいたELFに対する意識変革と教育への示唆の3点である。①に関しては様々なワークショップ開催とこれに基づく Working Papers の発刊によることが大きい。②に関してはデータ収録・分析により、様々な教育・言語・文化背景のELF使用者がいかに協力的にコミュニケーションを行っているかを解明、③この研究結果に基づいた意識改革も着実に進み、学会発表、出版等により研究結果の教育への示唆について...
メデイアにおけるジェンダーバイアスの調査と批判的分析:男女共同参画実現への一助
本研究ではメデイア、家族等のデイスコースに注目し、談話分析、特に批判的談話分析(CDA)、民俗誌学的手法、及びジェンダー研究の視点を用い詳細に分析、未だに(特に無意識レベルで)ジェンダーバイアスが広く観察されることを明確にし、民族誌学的方法実施の過程で直接、間接的に意識の変革も図ると同時に、この結果を学会発表や、学術誌、新聞投稿などを通して広く社会に還元し、真の意味での男女共同参画の実現や少子化社会の問題解決の一助になることを試みた
思考力・自己表現力・問題解決能力育成の観点から見た言語教育プロセスの日英比較
本研究では、伝統的に思考力・自己表現力の育成に積極的と言われる英国の初等・中等教育の授業、自己表現力育成に力を入れている日本の国語教師の授業、英国の入試制度や身体表現ワークショップの事例を分析し考察した。この研究を通して、日本の子どもたちが、得られた知識をもとに自ら考え、表現し、社会での様々な問題に対処し解決していく姿勢と能力を身につけることのできるような日本の言語教育への知見を提案した