原口 志津子

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/30 17:01
 
アバター
研究者氏名
原口 志津子
 
ハラグチ シヅコ
URL
http://www.pu-toyama.ac.jp/wordpress/wp-content/uploads/2013/06/03-%E5%8E%9F%E5%8F%A3.pdf
所属
富山県立大学
部署
工学部教養教育
職名
教授
学位
文学修士, 博士(文学)(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1988年
 - 
1990年
京都大学文学部助手
 
1990年
 - 
1991年
富山県立大学工学部一般教育講師
 
1991年
 - 
2007年
富山県立大学工学部一般教育助教授
 
2007年
 - 
2008年
富山県立大学工学部教養教育准教授
 
2008年
   
 
-   富山県立大学工学部教養教育教授
 

学歴

 
 
 - 
1988年
京都大学 文学研究科 美学美術史学
 

委員歴

 
 
   
 
1. (旧)高岡市文化財審議会  委員(平成5年度~18年度)
 
 
   
 
2. 財団法人勝興寺文化財活用事業団評議会 委員(平成10年度~現在)
 
 
   
 
3. 富山県文化財保護審議会 委員(平成12年度~現在)
 
 
   
 
4. 高岡市山町筋重要伝統的建造物保存地区整備計画検討委員会委員(平成13年度)
 
 
   
 
5. 富山県国土利用計画審議会 委員(平成14年度~19年度)
 

受賞

 
 
なし
 

論文

 
富山市・本法寺蔵「法華経曼荼羅図」と仏伝
原口 志津子
小峯和明編『東アジアの〈仏伝文学〉』      2017年5月
瑞龍寺法堂天井画について
原口 志津子
生き物文化誌学会:ビオストーリー   26 51-54   2016年11月   [招待有り]
長松山本法寺蔵「法華経曼荼羅図」に見る前代からの継承と新奇性
原口 志津子
アジア遊学:日本化する法華経   202 160-178   2016年10月
人生の諸段階における期待-善徳寺所蔵品紹介をかねて―
原口 志津子
美術フォーラム21   33 94-99   2016年5月   [招待有り]
幻の庭園―本法寺蔵「法華経曼荼羅」化城喩品を例として―
原口 志津子
白幡洋三郎編:『作庭記』と日本の庭園   253-275   2014年5月

書籍等出版物

 
富山・本法寺蔵法華経曼荼羅図の研究
原口 志津子
法蔵館   2016年2月   
富山市佐藤記念美術館編:とやまの寺宝―花鳥山水 お寺に秘された絵画たち―
原口 志津子 (担当:共編者)
2014年11月   
雲龍山勝興寺所蔵絵画目録
原口 志津子 (担当:編者)
2010年3月   
勝興寺本坊の障壁画
高岡市教育委員会編越中勝興寺建造物群調査報告   1992年   
瑞龍寺法堂の天井画
国宝高岡山瑞龍寺   1999年   

講演・口頭発表等

 
本法寺法華経曼荼羅図について―民俗に関する話題を中心に― [招待有り]
原口 志津子
富山民俗の会総会講演会   2017年2月4日   
The Holy Relics of Ananda and the Dragon Girl’s Jewel as Depicted in the Honpo-ji Lotus Sutra Mandala [招待有り]
原口 志津子
ICC, Materialities of the Sacred, Sophia University(Tokyo)   2016年11月21日   
長松山本法寺蔵「法華経曼荼羅図」と「二河白道図」
原口 志津子
日本宗教文化史学会第二〇回記念大会   2016年6月2日   
富山市八尾町本法寺蔵「法華経曼荼羅図」について
原口 志津子
第17回国際日本学シンポジウム招待講演、 主催:お茶の水女子大学比較日本学教育研究センター、共催:国文学研究資料館    古典籍共同研究事業センター・日本学術振興会学術システム研究センター   2015年7月5日   
幻の庭-本法寺蔵「法華経曼荼羅」化城喩品・提婆達多品を例として
原口 志津子
国際日本文化研究センター共同研究シンポジウム:日本庭園の「あの世」と「この 世」 代表:国際日本文化研究センター教授・白幡洋三郎   2012年11月10日   

担当経験のある科目

 

Works

 
男女共同社会に向けて (講演) 性役割の固定はいかに形成されるか
1994年

競争的資金等の研究課題

 
説話画
日本中世絵画史