山本 浩文

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/29 16:31
 
アバター
研究者氏名
山本 浩文
 
ヤマモト ヒロブミ
所属
東洋大学
部署
生命科学部 応用生物科学科
職名
教授
学位
薬学博士(京都大学)
科研費研究者番号
40210554

研究分野

 
 

受賞

 
1998年
Alexander von Humboldt Research Fellowship
 

論文

 
Biological and Pharmeceutical Bulletin   38(6) 876-883   2015年6月   [査読有り]
Plant Biotechnology   32(4) 243-247   2015年   [査読有り]
Improvement of EEG Processing Syetem “BBFFT2ANOVA” -To Generate Detailed Graph Data Corresponding to ANOVA Results-
Hirobumi Yamamoto、Takashi Ajiro, Koichiro Shimomura, Kenichi Kamijo
International Journal of Computer Science and Network Security   11(10) 29-44   2011年10月   [査読有り]
山本 浩文、Kanako Sasaki, Yusuke Tsurumaru, Kazufumi Yazaki
The Journal of Biological Chemistry   286(27) 24125-24134   2011年7月   [査読有り]
A Method for EEG Fluctuation Processing -Application to Fertilizer Difference Analysis in Vegetable Ingestion-
山本 浩文、Takashi Ajiro, Koichiro Shimomura, Kenichi Kamijo
IJCSNS International Journal of Computer Science and Network Security   10(10) 71-82   2010年10月   [査読有り]
山本 浩文、Goro Taguchi, Takahisa Ubukata, Hatsumi Nozue, Yuki Kobayashi, Maki Takahi, Nobuaki Hayashida
The Plant Journal   63(6) 1031-1041   2010年9月   [査読有り]
山本 浩文、Laiq ur Rahman, Hitomi Kouno, Yuya Hashiguchi, Arjan Narbad, Adrian Parr, Nicholas Walton, Toshihiro Ikenaga, Yoshie Kitamura
Bioresource Technology   100(20) 4836-4842   2009年10月   [査読有り]
A Method for Structure Analysis of EEG Data -Application to ANOVA in Vegetable Ingestion-
山本 浩文、Takashi Ajiro, Akiko Yamanouchi, Koichiro Shimomura, Kenichi Kamijo
International Journal of Computer Science and Network Security   9(9) 70-82   2009年9月   [査読有り]
山本 浩文、Kanako Sasaki, Kouji Mito, Kazuaki Ohara, Kazufumi Yazaki
Plant Physiology   146(3) 1075-1084   2008年3月   [査読有り]
Outlier Rejection in Massive Trace Element Data for Geographical Origin Identification System of Vegetables
山本 浩文、Nobuyoshi Sato, Minoru Uehara, Koichiro Shimomura, Kenichi Kamijo
Journal of Networks   2(5) 61-68   2007年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
種々の植物培養細胞における二次代謝産物生産に対するコルクの影響
1999年   
バイカイカリソウ:組織培養およびイソプレニルフラボノール配糖体の生産
1994年   

講演・口頭発表等

 
Transcriptome analysis of Sophora flavescens to investigate genes involved in the biosynthesis of active ingredients
韓 栄春、高橋 弘喜、中村 道美、Somnuk BUNSUPA、吉本 尚子、山本 浩文、鈴木 秀幸、柴田 大輔、山崎 真巳、斉藤 和季
第9回中韓日生薬学合同シンポジウム(上海)   2016年5月29日   
薬用植物クララにおけるトランスクリプトーム解析
韓 栄春、高橋 弘喜、中村 道美、Somnuk BUNSUPA、吉本 尚子、山本 浩文、鈴木 秀幸、柴田 大輔、山崎 真巳、斉藤 和季
日本薬学会第136年会(横浜)   2016年3月27日   
セリ科植物の芳香族基質O-プレニル化酵素遺伝子と酵素機能解析
棟方 涼介、Jacob Florence、肥塚 崇男、山本 浩文、杉山 暁史、矢崎 一史
第25回イソプレノイド研究会(仙台)   2015年9月14日   
アキカラマツABCタンパク質TmABCB1, TmABCB2の発現解析
士反 伸和、寺坂 和祥、山本 浩文、佐藤 文彦、 矢崎 一史
第33回日本植物細胞分子生物学会(東京)大会・シンポジウム   2015年8月12日   
アシタバ由来の芳香族基質O -プレニル基 転移酵素遺伝子の単離と機能解析
棟方 涼介、Jacob Florence、肥塚 崇男、山本 浩文、杉山 暁史、矢崎 一史
第33回日本植物細胞分子生物学会(東京)大会・シンポジウム   2015年8月11日   

競争的資金等の研究課題

 
群馬伝統食材のブランド化 ~大白ダイズおよび加工品の機能性評価と普及~
科学技術振興機構 平成20年度「シーズ発 掘試験」研究推進費
研究期間: 2008年   
抗酸化ビタミン等含有機能性野菜の開発に関する研究
(財)日本食品化学研究振興財団
研究期間: 2007年       代表者: 山本 浩文
人工蓄積系としての軟質ポリウレタンフォームの利用による植物由来脂溶性機能性成分の効率的生産
特別研究(個人研究)
研究期間: 2006年 - 2006年    代表者: 山本 浩文
抗酸化ビタミン含有野菜の評価に関する研究
(財)日本食品化学研究振興財団
研究期間: 2006年       代表者: 山本 浩文
植物組織培養系を用いた有用物質の生産制御

特許

 
特願2005-41585 : 植物二次代謝産物吸着材及び植物細胞二次代謝産物の回収方法
山本 浩文、下村 講一郎
コーヒー酸誘導体の生産方法
JP2000060588A2

その他

 
2012年
「植物を『健全育成』させるために⋯」、平成24年度群馬県農業技術センターと東洋大学生命科学部との研究者交流会、群馬県板倉町、(2012. 8.23)
2012年
機能性成分を指標とした植物の健全育成、植物機能研究センターシンポジウム2012 「トータル・ベジケア:食の未来に向けて」、群馬県板倉町(2012.12.8)
2009年
東洋大学植物機能研究センターシンポジウム2009 「野菜に含まれる機能性物質~育種・栽培とのかかわり~」
2007年
人工蓄積系としての軟質ポリウレタンフォームの利用による植物由来脂溶性機能性成分の効率的生産、群馬県第17回産学官交流出会いの場 ~連携から連帯へ~、前橋、2007/11/2
2007年
安全、安心を志向した、トータル・ベジケア・システムの開発.東洋大学第2回アカデミック・シーズ展、板倉(群馬)、2007/12/13 展示