川端 有子

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/31 03:28
 
アバター
研究者氏名
川端 有子
 
カワバタ アリコ
所属
日本女子大学
部署
家政学部 児童学科
職名
教授
学位
文学修士, 文学博士(ローハンプトン大学)
科研費研究者番号
80224830

研究分野

 
 

経歴

 
2009年10月
   
 
日本女子大学家政学部教授
 
2007年4月
 - 
2009年9月
愛知県立大学外国語学部教授
 
1992年4月
 - 
2007年3月
愛知県立大学外国語学部助教授
 
1990年4月
 - 
1992年3月
愛知県立大学外国語学部講師
 

学歴

 
 
 - 
1990年
関西学院大学 文学研究科 英文学
 
 
 - 
1985年
神戸大学 文学部 英米文学
 

委員歴

 
 
   
 
2012・4- 日本イギリス児童文学会会長
 
 
   
 
2003-現在 日本児童文学学会理事
 
 
   
 
2011-現在 日本ヴィクトリア朝文化研究学会副会長
 
 
   
 
会長 2012-14
 
 
   
 
理事、紀要編集委員
 

論文

 
『小公子』再読-神話の解体-
川端有子
ティンカーベル   44 32-44   1999年
インド/フランス/イギリス-『小公女』における文化の多義性
川端有子
ティンカーベル   46 16-31   2001年
フランシス・ホジソン・バーネットのインペリアルゴシック-『ウォルダーハースト侯爵夫人』を読む-
川端有子
愛知県立大学外国語学部紀要(言語・文学編)   33 1-20   2001年
『ローリーの娘』-バーネット夫人と「英国神話」の形成
川端有子
愛知県立大学外国語学部紀要(言語・文学論)   30 27-46   1998年
『秘密の花園』における英国ーインドの力学
愛知県立大学外国語学部紀要(言語・文学編)   34 1-26   2002年

書籍等出版物

 
本を読む少女たちージョー、アン、メアリーの世界
柏書房   2002年   
ねむり姫がめざめるときーフェミニズム理論で児童文学を読む(共監著)
阿吽社   2002年   
英米児童文学の宇宙(共著)
ミネルヴァ書房   2002年   
子どもの文化を学ぶ人のために(共編著)
世界思想社   2002年   
英米児童文学研究ガイド(共著)
研究社出版   2001年   

講演・口頭発表等

 
秘密の花園についての考察
児童文学国際サマースクール   2003年   
『床下の小人たち』の語り手について
国際児童文学研究学会   2005年   
アリスは食べられるのか、食べるのか
日本イギリス児童文学会2007年全国大会   2007年   
ロバート・ウェストールの『海辺の王国』再考 食の共同体を考える
日本イギリス児童文学会2008年全国大会   2008年   
『美しい野蛮人』と「独身貴族」-バーネットとドイルの大西洋間結婚のプロット
カリフォルニア州立大学フランシス・ホジソン・バーネット研究会議   2003年   

Works

 
サンケイ児童文化出版賞審査委員 2005--現在
その他   
国際子ども図書館 特別調査員 2012
その他   

競争的資金等の研究課題

 
英語圏の児童文学
イギリス児童文学
-
19世紀イギリス小説
-