FUJIWARA Nakako

J-GLOBAL         Last updated: Oct 14, 2019 at 18:32
 
Avatar
Name
FUJIWARA Nakako
E-mail
n-fujiwarauhe.ac.jp
Affiliation
Former Institution /Organization Nagoya City University School of Nursing
Job title
Associate Professor
Degree
MD, PhD(Nagoya University)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
1989
 - 
1999
Nagoya
 
1987
 - 
1989
Nagoya
 
1984
 - 
1987
National
 
1984
   
 
Nagoya
 

Education

 
 
 - 
1984
Graduate School, Division of Medicine, Nagoya University
 
 
 - 
1978
Faculty of Medicine, Nippon Medical School
 

Published Papers

 
Rie INOUE, Nakako FUJIWARA, Junko GORA
Japanese journal of nursing research   42(2) 195-210   Jun 2019   [Refereed]
The relationship between life concern of the elderly living in a housing complex and needs and life satisfaction level: from a public housing complex survey in western Nagoya―
Japan Journal of Human Health Care   1(1) 33-41   Jul 2016   [Refereed]
Development of Collaboration Consciousness Scale for Full-Time Nurses in Working with Part-Time Nurses in General Wards
J. Jpn. Acad. Nurs. Sci.   36 189-197   2016   [Refereed]
Kimura Tomoko, Fujiwara Nakako
Journal of the Japan Society for Healthcare Administration   52(4) 221-230   Oct 2015   [Refereed]
  The use of nursing staffing agencies (hereinafter referred to as "staffing agencies") by hospitals has been on the rise. However, a high placement fee is charged for hiring through staffing agencies. Therefore, a questionnaire survey of nursing ...
川島 基子, 吉野 孝, 紀平 為子, 伊井 みず穂, 岡本 和士, 江上 いすず, 藤原 奈佳子, 石川 豊美, 入江 真行
IPSJ Journal   56(1) 171-184   Jan 2015   [Refereed]
A significant number of elderly people suffer from chronic diseases, such as diabetes and obesity. In general, the elderly are prescribed a medical diet in order to treat such illnesses. However, it is not easy to investigate their eating habits. ...
Fujiwara Nakako, Ono Kaoru, Morita Emiko, Anzai Yumiko, Nagai Masahiro, Mori Masami, Kazawa Miki, Yanagisawa Satoko, Furuta Kayoko
愛知県立大学看護学部紀要   19 49-59   Dec 2013
厚生労働省は,「医療制度改革大綱による改革の基本的考え方(平成18年1月31日)」の中で安全で質の高い医療を安心して受けられるために,急性期病院からの転院や退院後も考慮した適切な医療の提供と確保の必要性を示し,その体制の構築を推進している.入院中,患者に寄り添う病棟看護師が患者の退院計画に関心を持ち,個々の患者に適した療養生活を退院時にわかりやすく説明することは,制度改革の実現に有効な対応策の一つとなる.本研究は,急性期病院における病棟看護師の退院支援に関する自己評価を職位,経験年数別に把...
Radar NEWS GISとレーダーチャートを組み合わせた地域特性可視化支援ツールの開発
佐野 芳彦, 内藤 道夫, 高見 精一郎, 加藤 憲, 天野 寛, 宮治 眞, 藤原 奈佳子, 高井 智代, 伊藤 健一, 柵木 充明
医療情報学連合大会論文集   33回 894-897   Nov 2013
愛知県医師会苦情相談関係医師指導講習会の検証
天野 寛, 加藤 憲, 宮治 眞, 藤原 奈佳子, 勝又 一夫, 大輪 芳裕, 横井 隆, 川原 弘久, 柵木 充明, 妹尾 淑郎
医療の質・安全学会誌   8(3) 169-180   Sep 2013   [Refereed]
愛知県医師会は,医師会の自律的な活動の一つとして,2007年4月より愛知県医師会医療安全支援センター(苦情相談センター)に対して,患者側から意見を寄せられた医療機関の当事者を一義的な対象に指導講習会を開催している.本研究は,この講習会に参加したことが有意義であったか否かを検証することを目的としている.対象は,苦情を寄せられた医療機関の医師および一般医師会員そして医療機関関係者である.講習会は年3回行われ,その都度1ヵ月以内に回答を求めるアンケート調査が実施された.このアンケート調査について...
TAKAI Chiyo, KATO Ken, AMANO Hiroshi, MIYAJI Makoto, FUJIWARA Nakako, NAITO Michio, TAKAMI Seiichiro, ITOH Kenichi, YOKOI Takashi, MASEKI Mitsuaki
Journal of the Japan Society for Healthcare Administration   50(2) 169-180   Apr 2013   [Refereed]
In this study, we conducted a survey on behavior and awareness toward healthcare services in order to discuss the ideas of the healthcare-life area (1,534 respondents, 51.5% response rate). The results showed that a certain number of residents cro...
Imaeda N, Kuriki K, Fujiwara N, Goto C, Tokudome Y, Tokudome S
Journal of nutritional science and vitaminology   59(4) 281-288   2013   [Refereed]
KAWASHIMA Motoko, YOSHINO Takashi, EGAMI Isuzu, OKAMOTO Kazusi, FUJIWARA Nakako, ISHIKAWA Toyomi, KIHIRA Tameko, IRIE Masayuki
IEICE technical report. Welfare Information technology   111(472) 75-80   Mar 2012   [Refereed]
Japan is a super aging society now. It is indispensable for the health maintenance of an elderly person with the grasp and improvement of the eating habits. Therefore, we have developed the simple nutrition management system using a slate-type PC ...
石井 英子, 岡本 和士, 藤原 奈佳子
医学と生物学   156(3) 151-157   Mar 2012   [Refereed]
本研究は産学民協働で企画・実施した映画観賞会が与えた効果を検討した研究の観点から、人工呼吸器装着を必要とするALS患者および車いす利用のALS患者と市民が一緒に映画観賞会を通して、ALS患者に対する、疾病理解や社会的活動を含む日常生活に関する市民の認識を高めることを目的として映画会を開催したので報告をする。研究対象者は、映画観賞会に参加した126人中94人(74.6%)。研究方法は、「筋萎縮性側索硬化症(ALS)の人達と観る講演会&映画会アンケート」とした。調査日は、平成22年9月26日。...
Maruyama Satomi, Hori Yoko, Hamamoto Ritsuko, Shimizu Hideki, Fujiwara Nakako, Kato Rinya, Yamada Sumio
Kinjo Gakuin Daigaku ronshu. Studies in natural sciences   8(2) 25-30   Mar 2012
Kato K, Yamauchi K, Miyaji M, Fujiwara N, Katsuyama K, Amano H, Kobayashi S, Naito M, Maki Y, Kawahara H, Maseki M, Senoo Y
International journal of health care quality assurance   25(1) 19-40   2012   [Refereed]
IMAEDA Nahomi, GOTO Chiho, KATO Rieko, HATTORI Nami, YAMOTO Kazue, ODA Atsuko, TANAKA Hideyoshi, FUJIWARA Nakako, TOKUDOME Yuko, TOKUDOME Shinkan
Jpn.J.Nutr.Diet.   69(5) 229-240   Oct 2011   [Refereed]
Objective: Application of dietary assessment of 4 vitamins (A, B1, B2, and C) to a dietary planning for other vitamins (β-carotenes, β-carotene-equivalents, cryptoxanthin, folic acid, V.B6, V.B12,...
AMANO Hiroshi, KATO Ken, MIYAJI Makoto, FUJIWARA Nakako, KATSUYAMA Kimiko, KOBAYASHI Santaro, MAKI Yasunori, KAWAHARA Hirohisa, MASEKI Mitsuaki, SENOO Yoshio
Journal of the Japan Society for Healthcare Administration   48(4) 221-233   Oct 2011   [Refereed]
The Aichi Medical Association (Aichi prefecture, Japan) surveyed 340 medical facilities in Aichi prefecture between February 25, 2008, and to March 31, 2008, regarding problems with patients including abusive language, violent behavior, and sexual...
精神科における看護技術評価尺度の開発と信頼性・妥当性の検証
嶌田 盛光, 平井 さよ子, 藤原 奈佳子, 賀沢 弥貴, 飯島 佐知子
日本看護学会論文集: 看護総合   (41) 10-13   Jan 2011
精神科看護師の看護技術評価尺度を作成し、その信頼性・妥当性を検証した。精神科の臨床場面で展開されるような具体的な看護技術を中心に37項目の自記式調査票原案を作成し、5施設の精神科看護師500名に配布し、169名(男58名、女111名、平均39.42歳)の有効回答を分析した。因子分析の結果、精神科看護技術評価尺度は3因子36項目の単純構造に収束された。第1因子は「意思確認による柔軟な介入」、第2因子は「現実志向による見守り姿勢」、第3因子は「アセスメントによる症状への対応」で、精神科看護ケア...
Maruyama Satomi, Hori Yoko, Hamamoto Ritsuko, Shimizu Hideki, Fujiwara Nakako, Kato Rinya, Yamada Sumio
Kinjo Gakuin Daigaku ronshu. Studies in natural sciences   7(1) 17-24   Sep 2010
管理栄養士が開発した特定の疾患のための献立が医療従事者にどのように評価されるのかを明らかにした。開発した献立の中から、官能検査によりサラダについて調査した。「切り干し大根サラダ」の美味しさを官能検査により評価した。95例を解析対象とした(有効回答率97%)。「切り干し大根サラダ」の官能検査各評価項目において、渋味と生臭みの平均がそれぞれ-0.6、-0.7とやや悪い結果を得たが、総合では1.1とやや良い評価であった。
竹下 克志, 藤原 奈佳子, 星地 亜都司, 横山 徹, 徳橋 泰明, 遠藤 健司, 加藤 圭彦, 田口 敏彦, 市村 正一, 里見 和彦, 平野 徹, 伊藤 拓緯, 三上 靖夫, 坂浦 博伸, 松本 守雄, 中原 進之介, 松本 嘉寛, 清水 克時, 岡山 忠樹, 川口 善治, 木家 哲郎, 馬場 久敏, 井尻 幸成, 椎名 逸雄, 戸山 芳明, 中村 耕三
臨床整形外科   45(8) 683-687   Aug 2010
多施設横断研究により圧迫性脊髄症の痛み・しびれに関する調査を行った.後縦靱帯骨化症と頸椎症性脊髄症288名と健常者に患者背景,画像とともにquality of life(QOL)・頸椎関連・心理ストレス・痛みとしびれを調査した.治療内容によらず健常者に比しすべてのアウトカムが低下していた.活動制限を生じる痛みが保存治療で10%,手術治療で15%にみられた.痛みは腰・頸部,しびれは四肢が強く,numerical rating scale(NRS)5以上の頸部痛が36%,上肢しびれが41%にみ...
竹下 克志, 藤原 奈佳子, 星地 亜都司
Clinical orthopaedic surgery   45(8) 683-687   Aug 2010
竹下 克志, 藤原 奈佳子, 中村 耕三
日本運動器疼痛研究会誌   2(1) 48-53   Jul 2010
圧迫性脊髄症患者の痛み・しびれの実態について検討した。頸椎後縦靱帯骨化症(OPLL)を対象とし、対照は頸椎症性脊髄症(CSM)と健常者とした。OPLLとCSMでは保存治療か手術治療が行われ、OPLL保存治療、OPLL手術治療、CSM保存治療、CSM手術治療、健常者の5群を比較した。圧迫性頸髄症ではOPLL/CSMを問わず、また介入内容によらず痛みは平均3〜4/10であり、10〜15%前後の患者は痛み・しびれのために強い障害を有した。また、OPLLの特徴として、手術患者の頸椎機能の低下と心理...
KATSUYAMA Kimiko, KATO Ken, MIYAJI Makoto, FUJIWARA Nakako, KOBAYASHI Santaro, AMANO Hiroshi, NAITO Michio, KAWAHARA Hirohisa, MAKI Yasunori, MASEKI Mitsuaki, SENOO Yoshio
Bulletin of social medicine   27(2) 11-19   Jun 2010   [Refereed]
近年、医師不足や医療機関における小児科、産科をはじめとする一部の診療科の閉鎖が深刻な社会問題となっている。国の医療制度改革の方向は、小児科・産科の医療資源の重点的かつ効率的な配置(集約化・重点化)を検討しており、そのために患者の受療行動や、集約・重点化する病院がもつべき機能と課題の明確化が必要である。本報告はこのような視点から、小児科、産婦人科を中心とする二次医療圏内の受療割合を通じて地域医療の再生に関連する要因を解析しようと試みた。研究方法は、「2002年主要診断群(MDC:major ...
圧迫性頸髄症の痛みとしびれ
竹下 克志, 藤原 奈佳子, 横山 徹, 徳橋 泰明, 遠藤 健司, 田口 敏彦, 市村 正一, 平野 徹, 三上 靖夫, 松本 守雄, 中村 耕三
日本整形外科学会雑誌   84(3) S127-S127   Mar 2010
Maruyama Satomi, Hori Yoko, Nemoto Yoko, Horinishi Eriko, Hamamoto Ritsuko, Shimizu Hideki, Fujiwara Nakako, Kato Rinya, Yamada Sumio
Kinjo Gakuin Daigaku ronshu. Studies in natural sciences   6(2) 1-8   Mar 2010
Dietary Approach to Stop Hypertension(DASH食)を高血圧予防食として位置づけ、DASH食のセット献立の開発を試みた。DASH食メニューのセット献立は、前菜・メインディッシュ・サラダ・パン・デザート・コーヒーで構成されたメインディッシュを肉とするコース料理となった。DASH食の一日の栄養成分の三分の一である基準に、マグネシウムは166mgのところ129mgと37mg不足し、カルシウムは413mgのところ352mgと61mg不足していたが、その他のエネル...
GISを用いた地域医療指標の可視化システムGIS-CM(愛知県版)(Geographic Information System on Community Medicine/Aichi Prefecture)の構築
内藤 道夫, 宮治 眞, 加藤 憲, 藤原 奈佳子, 天野 寛, 小林 三太郎, 勝山 貴美子, 牧 靖典, 川原 弘久, 柵木 充明, 妹尾 淑郎, 大塚 岳歩, 東 良晃, 柴田 ひろ美
医療情報学連合大会論文集   29回 509-512   Nov 2009
[Updates on ossification of posterior longitudinal ligament. Quality of life (QOL) of patients with OPLL].
Fujiwara N, Takeshita K
Clinical calcium   19(10) 1449-1456   Oct 2009   [Refereed]
藤原 奈佳子, 森 雅美, 河合 洋子, 平井 さよ子
看護教育   50(9) 844-850   Sep 2009
看護学生の消毒・消毒薬に対する意識を把握することを目的に、看護養成校に在籍する最高学年で臨地実習終了後の学生を対象にアンケート調査を行い、5校(3年課程昼間定時制1校、2年課程昼間定時制1校、3年課程専門学校1校、4年制大学2校(私立、公立))の299名より回答を得た。その結果、消毒薬としての認識はポビドンヨードが74.9%、塩化ベンザルコニウムが48.8%などであった。また、希釈行為について自信がない者が72.1%いることが分かった。
【後縦靱帯骨化症(OPLL)の病態と治療】 OPLL患者のQOL
藤原 奈佳子, 竹下 克志
Clinical Calcium   19(10) 1449-1456   Sep 2009
厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業(Health Labour Sciences Research Grant)脊柱靱帯骨化症に関する調査研究班で実施された調査研究の中から、後縦靱帯骨化症(ossification of posterior longitudinal ligament:OPLL)患者に対するQOL(quality of life)の評価方法と調査結果について概説した。QOLの評価方法は、単一の設問、健康関連QOL尺度のSF-36およびSF-8、日本整形外科学会頸...
AMANO H, FUJIWARA N, MIYAJI M, KATO K, KATSUYAMA K, KOBAYASHI S, YAMADA K, GOTO K, OTSUBO M
Japan Journal of Medical Informatics   28(4) 197-211   Jul 2009   [Refereed]
 Releasing patient medical charts has entered a new phase due to recent advances in electronic medical chart systems. The author et al. previously surveyed patients and healthcare personnel using the same questionnaire, in order to compare patient...
IIJIMA Sachiko, FUKUDA Takashi, YASUKAWA Fumiaki, SAKANASHI Kaoru, KASHIWASAKI Jyunko, KITAZAWA Naomi, KOMAKINE Yumiko, NONAKA Jidai, HACHINOHE Masako, FUJIWARA Nakako, HIRAI Sayoko
Journal of the Japan Society for Healthcare Administration   46(3) 137-145   Jul 2009   [Refereed]
わが国の複数の病院を対象に転倒報告率を転倒予防対策の評価の指標とし、転倒予防対策に投入された人員や物品などの資源および費用の関連を定量的に検討した。転倒インシデントは、転倒後に観察や検査を行ったが患者に傷害を及ぼさなかった事例とした。転倒アクシデントは転倒により患者に傷害が生じた事例とした。11病院57病棟を対象とした。転倒インシデント報告率は、看護師の超過勤務時間が1時間減少することにより1000病日あたり0.09件が増加し、看護師への転倒予防教育回数が1回増えることにより0.036件が...
FUJIWARA Nakako, KATSUYAMA Kimiko, MIYAJI Makoto, KATO Ken, AMANO Hiroshi, KOBAYASHI Santaro
Bulletin of social medicine   26(2) 87-96   Jun 2009   [Refereed]
背景:国家資格である医療従事者の中で、看護師は最も需要が多い。医療体制の変化に応じて質の高い看護職員の養成促進とともに、既就業者の離職防止と潜在看護師の再就業を促進する施策が講じられている。都道府県別の看護職員の需給推計に際して、地域特性を反映した推計が求められ、離職率と地域特性をあらわす指標との関連を把握することが必要である。目的:本研究の目的は、都道府県別に病院看護職員離職率を把握することおよび、離職率と地域特性指標との関連を明らかにすることである。対象と方法:病院看護職員離職率は、日...
FUJIWARA Nakako, AMANO Hiroshi, MIYAJI Makoto, KATO Ken, YAMAUCHI Kazunobu, MORI Masami, HARA Shigeji, HAYAKAWA Tomihiro, MATSUBA Kazuhisa, NAKAJIMA Akihiko, TANIGUCHI Gen, UMESATO Yoshimasa, OKAJIMA Mitsuharu
Journal of the Japan Society for Healthcare Administration   46(1) 39-49   Jan 2009   [Refereed]
「日常的に遭遇する臨床場面での倫理的意思決定(倫理的意思決定)」の思考過程の涵養をめざした教材の開発を目的とした。劇画に用いた場面は、1997年の医療法改正で説明義務の導入の契機の一つとなったいわゆる乳房温存事件と称される医療裁判事例を適用した。学習者は、劇画の場面、筋書きから、具体的に何を感じ、想像したかなどの「事項」を自由に列挙させ、その「事項」がどのような「倫理の視点」に類型化されるかを問う形式とし、これを医療における倫理的意思決定過程の表出方法とした。劇画を用いた倫理教材は、臨床場...
FUJIWARA Nakako, TAKESHITA Katsushi, Study group on spinal ligament ossification
Bulletin of social medicine   26(1) 41-52   Dec 2008   [Refereed]
【背景】:安全で安心できる患者を中心とした質の高い医療が求められている。安心して受療することができるためには、患者側と医療側との良好な信頼関係が欠かせない。【目的】:本研究の目的は、医師-患者関係について、患者からみた医師との関係と患者特性との関連、および医師からみた患者との関係と患者からみた医師との関係の双方に相違をもたらす患者特性を検討することである。【対象と方法】:脊柱靱帯骨化症に関する調査研究班(厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業)班員が所属する医療機関で受診の頸椎疾患...
伊藤 眞由美, 藤原 奈佳子, 森 雅美
Bulletin of Aichi Medical University, College of Nursing   (7) 15-22   Dec 2008   [Refereed]
地域で暮らす健康な60歳以上の高齢者を対象として舌ブラッシングを1週間行い、味覚閾値に与える影響を検討した。倍数希釈した基本4味(甘味(精製白糖)、塩味(塩化ナトリウム)、酸味(酒石酸)、苦味(塩酸キニーネ))を用いて全口腔法で味覚閾値を測定した。舌ブラッシングは就寝前に1回、舌クリーナーを用いて行った。舌ブラッシングにより味覚感受性が高まる可能性が示唆された。男性は女性より苦味が有意に改善された。喫煙群は非喫煙群より苦味が有意に改善された。義歯有群は義歯無群より苦味に改善傾向がみられた。...
Sex and seasonal variations of plasma retinol, alpha-tocopherol, and carotenoid concentrations in Japanese dietitians.
Xiang J, Nagaya T, Huang XE, Kuriki K, Imaeda N, Tokudome Y, Sato J, Fujiwara N, Maki S, Tokudome S
Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP   9(3) 413-416   Jul 2008   [Refereed]
TSUBOUCHI Mihoko, TOKUDOME Yuko, GOTO Chiho, IMAEDA Nahomi, FUJIWARA Nakako, YAMAMOTO Kazue, HATTORI Nami, ODA Atsuko, KATO Rieko, TOKUDOME Shinkan
Journal of Nagoya Bunri University   8 69-74   Mar 2008   [Refereed]
In February, 2006, we conducted a cross-sectional survey of health and nutrition of elderly women living in Nagoya and its vicinity. The number of study subjects was 91 and their average age was 71.9 ± 5.2 (mean ± SD). We used the reflective near-...
A県郡市区医師会による一次救急医療体制の実態
加藤 憲, 宮治 眞, 藤原 奈佳子, 勝山 貴美子, 横山 淳一, 牧 靖典, 川原 弘久, 柵木 充明, 妹尾 淑郎
医療情報学連合大会論文集   27回 901-904   Nov 2007
KAWAI Yoko, FUJIWARA Nakako, OGASAWARA Akihiko, TOGARI Hajime, ISHIGURO Kazue, YOKOTA Masashi
The journal of child health   66(4) 531-536   Jul 2007   [Refereed]
全国の500床以上の病院を対象に、医療施設における病弱教育の実態を調査し、入院中の小児の教育環境の現状について検討した。調査対象は371施設であり、有効回答は132施設であった。医療施設内に病弱教育のない施設は34施設(25.8%)であった。病弱教育がない施設の小児系病棟の平均在院日数±SDは7.2±2.7日であり、病弱教育がある施設(13.7±10.9日)より有意に短かった(t-test,p<0.001)。また、教育環境に関する意見から、急性期疾患が多い、入院期間が短い等の理由により教育...
スモン患者の骨密度とその関連する要因について(Factors related ultrasonic bone density in subacute myelo-optico neuropathy (SMON) patients)
山中 克己, 藤原 奈佳子
名古屋学芸大学健康・栄養研究所年報   (1) 19-25   Mar 2007
愛知県に在住する女性スモン患者65名(28〜89歳)を対象に検診を行い、骨密度の状況とその骨密度と関連する要因について検討した。要因は身長、体重、BMI、出産歴、閉経年齢、ミルク、小魚の摂取状況、スモン障害度、Barthel Index、歯数、骨折の既往歴をとった。その結果、年齢補正Stのパーセント値の平均は88.4±13.2であった。要因を2群に分けて分析した結果、低骨密度(年齢補正stiffnessが89以下)は低身長、低体重、低BMI、出産歴あり、低閉経年齢、ミルクの摂取の多い患者に...
いわゆる健康食品における治験のあり方 糖質調整流動食「インスロー」を例として
宮治 眞, 横山 信治, 早川 富博, 藤原 奈佳子
現代医学   54(3) 455-460   Mar 2007
FENG XIA, GOTO KENJI, FUJIWARA NAKAKO, MIYAJI MAKOTO, YAMADA KAZUO, TOKUDOME SHINKAN
Nagoya medical journal   48(2) 87-99   Feb 2007   [Refereed]
In Japan, few comprehensive electronic medical record systems (EMRSs) have been implemented at the university hospital level, and very few reports have addressed the construction of such systems. Nagoya City University Hospital developed a total E...
日本の大学病院における電子カルテシステムの構築 名古屋市立大学病院での経験(CONSTRUCTION OF AN ELECTRONIC MEDICAL RECORD SYSTEM AT A JAPANESE UNIVERSITY HOSPITAL: THE NAGOYA CITY UNIVERSITY HOSPITAL EXPERIENCE)
馮 霞, 後藤 健之, 藤原 奈佳子, 宮治 眞, 山田 和雄, 徳留 信寛
Nagoya Medical Journal   48(2) 87-99   Feb 2007   [Refereed]
名古屋市立大学病院では総合的電子カルテシステム(EMRS)を開発し、2004年1月に運用を開始した。EMRS構築の過程、結果について報告し、その内容に関して考察した。紙の記録を完全に排除した効率的で適切なEMRSを構築するため、他部門や工学部門及び安全管理をふくむLAN部門との情報、操作、関連性を処理するための水平的組織が重要になる。本システムは、通常の運営委員会や入院・外来作業部会、処方注射作業部会などの作業部会によるトップダウン組織ではなく、上記の水平的組織で構築した。効率的なEMRS...
加藤 憲, 藤原 奈佳子, 森 雅美
現代医学   54(2) 387-393   Nov 2006
KAWAI Yoko, FUJIWARA Nakako, OGASAWARA Akihiko, TOGARI Hajime, TAKEUCHI Yoshinobu, YOKOTA Masashi
The journal of child health   65(3) 467-474   May 2006   [Refereed]
病気やけがが理由で連続して10日以上欠席した児童生徒の学習補償の実態を把握し,教育支援のあり方を検討することを目的として調査を実施した.調査対象は,A県の小・中・高等学校,1,692校で,回収率は59.4%であった.その結果,在籍校の担任が入院中の長期欠席児を「訪問した」割合は,全体で約80%であったが,「学習の補償をしている」と答えた学校は,中学校が71.5%,小学校57.4%,高等学校は42.2%であり,高等学校では過半数の学校で学習補償が行われていなかった.長期欠席児の学習補償のため...
HARADA Hiromi, NOTOYA Masako, NAKANISHI Masao, FUJIWARA Nakako, INOUE Katsumi
高次脳機能研究 : 日本高次脳機能障害学会誌 = Higher brain function research   26(1) 16-24   Mar 2006   [Refereed]
われわれは,健常高齢者における神経心理学検査の測定値を求めるために,65〜85歳の92名の対象に神経心理学検査を実施し,成績と年齢,教育年数との関連を調べた.年齢および教育年数によって階層化した各群別成績を求め,群間比較を行うことにより測定値の有用性を示した.かなひろいテスト(無意味綴り,物語)とTrail Making Test(part A,part B)の成績は年齢,教育年数の双方ともと有意に関連した.300語呼称検査の成績は年齢と有意に関連した.mini-Mental State ...
MIYAJI Makoto, FUJIWARA Nakako, HAYAKAWA Tomihiro, YAMAUCHI Kazunobu, OKAJIMA Mitsuharu, MATSUBA Kazuhisa, MIZUNO Satoshi, UMESATO Yoshimasa, HARA Shigeji, NAKAJIMA Akihiko, TANIGUCHI Gen
病院管理   42(3) 301-313   Jul 2005   [Refereed]
コメディカルスタッフにおけるインフォームド・コンセントのあり方を検討することを目的にアンケート調査を実施し,病院看護管理者研修参加者32名,A病院の看護師108名,B大学リハビリテーション学部学生53名の回答を検討した.アンケート調査では,臨床現場に対応した16の場面を想定し,自分がその職種になった立場で,その職種として望ましいと考えられる患者への対応を,数個の選択肢の中から選ぶことを求めた.その結果,インフォームド・コンセントでの対応は職種により回答が異なる傾向がみられたほか,同じ職種で...
Hamajima H, Masao N, Fujiwara N, Nakaaki S, Tatsumi H
Shinrigaku kenkyu : The Japanese journal of psychology   75(6) 511-516   Feb 2005   [Refereed]
Hamajima Hideki, Nakanishi Masao, Fujiwara Nakako, Nakaaki Shutaro, Tatsumi Hiroshi
The Japanese journal of psychology   75(6) 511-516   2005   [Refereed]
False recognition can occur at high levels after participants study lists of associated words and are tested with semantically related lures. The present study attempted to determine the differences of young and elderly adults in retention interva...
MIYAJI Makoto, YAMAUCHI Kazunobu, OKAJIMA Mitsuharu, MATSUBA Kazuhisa, MIZUNO Satoshi, UMESATO Yoshimasa, HARA Shigeji, NAKAJIMA Akihiko, WATANABE Yoriko, TANIGUCHI Gen, FUJIWARA Nakako, HAYAKAWA Tomihiro
病院管理   41(3) 49-57   Jul 2004   [Refereed]
コメディカルを対象に,インフォームドコンセント(以下,IC)に関する意識調査を2回にわたって実施した.回答者は,1回目が33名(男性17名,女性16名)で,医師7名,看護師7名,栄養士5名などであった(回収率73%).2回目は34名で,医師17名,教員5名,看護師・診療情報管理師各2名などであった(同48%).その結果,ICの定義として,「患者が理解した上での自主的な選択・同意・拒否」(日本弁護士連合会)への同意が最も多く,第1回が69.7%,第2回が65.6%を占めた.また,2回目のアン...
Kawai Yoko, Fujiwara Nakako, Ogasawara Akihiko, Miyahara Kazuhiro, Takeuchi Yoshinobu, Isomoto Yukuo
Journal of Japanese Society of Child Health Nursing   13(1) 63-70   Mar 2004   [Refereed]
FUJIWARA Nakako, SUZUMURA Hatsuko, IMAI Noriko, MIYAJI Makoto
病院管理   40(4) 357-366   Oct 2003   [Refereed]
和文誌における医療事故文献の収集データベースとして医学中央雑誌刊行会の医中誌WEB版(ADVANCED MODE)を利用した.検索は2002年6月〜2002年12月に実施した.検索方法は医中誌Web検索システムで,統制語へのMapping機能を用いた検索語入力を行った.欧文誌はMEDLINEを用いた.検索は2003年1月〜2003年3月に実施し,1970年から最新データまでのデータベースを用いた.医中誌の過去16年間の総文献データベースは3859779件で,このうち医療事故文献数は4006...
Tsushima H, Mori M, Fujiwara N, Moriyama A
Brain research   969(1-2) 88-94   Apr 2003   [Refereed]
European Journal of Epidemiology   18 945-953   2003   [Refereed]
FUJIWARA Nakako, OGASAWARA Hiromi, SUZUMURA Hatsuko, MIYAJI Makoto
Jpn J Public Health   50(9) 855-866   2003   [Refereed]
Purpose We analyzed the frequency and content of journal reports on medical accidents over the past 15 years, and compared these findings with related articles in daily newspapers as a means of assessing medical professionals' awareness of ...
【脊柱靱帯骨化症】 後縦靱帯骨化症患者の日常生活動作能力(ADL)と健康関連QOL尺度(SF-36)の関連及び社会資源利用状況
藤原 奈佳子
THE BONE   16(3) 241-246   May 2002
後縦靱帯骨化症(OPLL)患者のADLとQOL(SF-36得点)との関連を明らかにすること,社会資源の利用状況についての現状を把握することを目的として,郵送法による疫学調査を実施した.OPLL患者のSF-36得点は,同年齢の国民標準値より低値であり,特に身体機能(PFI)で最も差が大きく21.7点の低値であった.重症度別には軽症例では国民標準値とほぼ同じであるが,重症例では,特にPFIで満足度が低かった.福祉関連サービスの利用者は30%以下であった
NAKAAKI Shutaro, NAKANISHI Masao, FUJIWARA Nakako, HAMAJIMA Hideki, NAKAMURA Hikaru, YOSHIDA Shinichi, SATO Junko, TATSUMI Hiroshi, FURUHASHI Kyoko, FURUKAWA Toshiaki, CONNOR Lisa Tabor, LINDFIELD Kimberly C., ALBERT Martin L.
Psychogeriatrics : the official journal of the Japanese Psychogeriatric Society   2(1) 35-39   Mar 2002   [Refereed]
Yuko Tokudome, Nahomi Imaeda, Teruo Nagaya, Masato Ikeda, Nakako Fujiwara, Juichi Sato, Kiyonori Kuriki, Shogo Kikuchi, Shinzo Maki, Shinkan Tokudome
Journal of Epidemiology   12(2) 85-92   2002   [Refereed]
IMAEDA N, FUJIWARA N, TOKUDOME Y, IKEDA M, NAGAYA T, SATO J, GOTO C, MAKI S, TOKUDOME S
Journal of Epidemiology   12(1) 45-53   2002   [Refereed]
Kimiko HAYASHI, Juichi SATO, Nakako FUJIWARA, Miwako KAJITA, Michitaro FUKUHARU, Xiaochen HU, Kiyonori KURIKI, Hideki HOSHINO, Rieko KATO, Shinkan TOKUDOME, Yuzo SATO
Environmental Health and Preventive Medicine   7(3) 123-128   2002   [Refereed]
ISHIHARA Hideko, FUJIWARA Nakako
Bulletin of Nagoya City University School of Nursing   1 81-88   Mar 2001
植物油(リノール酸)の摂り過ぎに対する警告
石原 英子, 藤原 奈佳子
名古屋市立大学看護学部紀要   1 81-88   Mar 2001
我が国では食生活が欧米型に近づき,高リノール酸を含む植物油が摂り過ぎとなり,このことと欧米型癌の増加との相関性が明らかになってきた.この背景には,現在7割を超える国民が「動物性脂肪よりも植物油が健康によい」という,従来の脂質栄養指針を信じていることがある.そこで,リノール酸の摂り過ぎに対する警告とその対策について述べ,従来の脂質栄養指針が誤っていることについて解説を加えた
OHNO Kiyomitsu, KONDO Takaaki, YAMANAKA Katsumi, MIYAO Masaru, ISHIHARA Shinya, FUJIWARA Nakako, TOYOSHIMA Hideaki
口腔衛生学会雑誌   51(1) 88-95   Jan 2001   [Refereed]
To investigate whether osteoporosis is a factor affecting periodontal disease, we investigated the relationship between periodontal condition and bone mineral density (BMD) of the calcaneus in 233 residents of Nagoya City (33 males and 200 females...
著者:S Tokudome, N Imaeda, Y Tokudome, N Fujiwara, T Nagaya , J Sato, K Kuriki, M Ikeda and S Maki.
European Journal of Clinical Nutrition   55 735-742   2001   [Refereed]
M Fukuharu, J Sato, I Ohsawa, Y Oshida, K Kuriki, K Shibata, T Tamagawa, T Nagaya, N Fujiwara, S Tokudome, Y Sato
Public Health   115(2) 146-151   2001   [Refereed]
ISOMOTO Y., MIYAHARA K., NAKANO U., OKUTO U., FUJIWARA N., KAWAI Y., OGASAWARA A., TAKEUCHI Y., MIZUNO K., GOMI H.
教育システム情報学会研究報告   2000(3) 23-28   Dec 2000
Imaeda Nahomi, Tokudome Yuko, Fujiwara Nakako, Nagaya Teruo, Kamae Michiyo, Tsunekawa Suzue, Sato Nobuko, Tokizane Masami, Koide Yayoi, Miyai Yoshimi, Maki Shinzo, Tokudome Shinkan
Jpn.J.Nutr.Diet.   58(2) 67-76   Apr 2000   [Refereed]
We collected weighed dietary records (WDRs) in four periods of 7 consecutive days in each-season from 1996 to 1997 (28 days in total) from 107 Japanese dietitians, and compiled 2, 925-day WDRs and 149, 187 lines for foods and weighed data. Of the ...
Japanese versus Mediterranean Diets and Cancer.
Tokudome S, Nagaya T, Okuyama H, Tokudome Y, Imaeda N, Kitagawa I, Fujiwara N, Ikeda M, Goto C, Ichikawa H, Kuriki K, Takekuma K, Shimoda A, Hirose K, Usui T
Asian Pacific journal of cancer prevention : APJCP   1(1) 61-66   2000   [Refereed]
FUJIWARA Nakako, SATO Juichi, SAKUMA Shigemitsu, KATSUSE Seiji, ARAKI Akizumi, FUKUHARU Michitaro, KURIKI Kiyonori, HOSHINO Hideki, ITO Yutaka, SATO Yuzo, TOKUDOME Shinkan
Bulletin of social medicine   17 29-37   Nov 1999   [Refereed]
今枝 奈保美, 徳留 裕子, 池田 正人, 北川 郁美, 藤原 奈佳子, 徳留 信寛
Journal of Nutritional Science and Vitaminology   45(5) 519-532   Oct 1999   [Refereed]
CA法90%及びMRA法90%による183食品に基づくビタミン,ミネラル,食物繊維の供給源食品について報告した.ビタミンCはいずれの方法でも,種々の野菜・果物から,カロテンは特に緑黄色野菜から供給されていた.ビタミンAの供給源は,CA法では緑黄色野菜,果物,鶏卵,牛乳であり,MRA法では鶏と豚のレバーであった.ビタミンEの供給源は,CA法では植物性食品であり,MRA法ではほうれん草,紅花油,かぼちゃであった.ビタミンDはCA法では,主に鶏卵,魚,きのこから,MRA法では,特に,魚から供給さ...
IMAEDA N, TOKUDOME Y, IKEDA M, KITAGAWA I, FUJIWARA N, TOKUDOME S
Journal of Nutritional Science & Vitaminology(J Nutr Sci Vitaminol)   45(5) 519-532   1999   [Refereed]
Histopathologic profile of mastectomy specimens of operable breast cancer cases.
Endang Sri Roostini, Goi Sakamoto, Susumu Watanabe, Muchlis Ramli, Joedo Prihartono, Santoso Cornain, Yoshiyuki Ohno, Esti Soetrisno, Gunawan Tjahjadi, Idral Darwis, Didid Tjindarbumi, Setyawati Budiningsih, Nakako Kubo
Medical Journal of Indonesia(Med J Indones)   8 117-122   1999   [Refereed]
Foods contributing to absolute intake and variance in intake of fat, fatty acids and cholesterol in middle-aged Japanese.
Nahomi Imaeda, Yuko Tokudome, Masato Ikeda, Ikumi Kitagawa, Nakako Fujiwara, and Shinkan Tokudome.
Journal of Epidemiology (J Epidemiol)   9(2) 78-90   1999   [Refereed]
TOKUDOME S, IKEDA M, TOKUDOME Y, IMAEDA N, KITAGAWA I, FUJIWARA N
Jpn J Clin Oncol   28(11) 679-687   1998   [Refereed]
Smoking and neovascular form of age related macular degeneration in late middle aged males: findings from a case-control study in Japan.
Akiko Tamakoshi, Mitsuko Yuzawa, Mizuo Matusi, Masanobu Uyama, Nakako Kubo Fujiwara, Yoshiyuki Ohno for the Research Committee on Chorioretinal Degenerations
British Journal of Ophthalmology   81(10) 901-904   1997   [Refereed]
Reproducibility of Self-Administered Questionnaire in Epidemiological Surveys.
Nakako Fujiwara, Shinkan Tokudom
Journal of Epidemiology   7(2) 61-69   1997   [Refereed]
Hip fracture mortality and morbidity in Switzerland and Japan: a cross-cultural comparison.
Nakako Kubo Fujiwara, Bernard Marti, Felix Gutzwiller
Sozial- und Praventivmedizin   38(1) 8-14   1993   [Refereed]
堀部 博, 笠置 文善, 撫井 賀代, 吉永 亜子, 佐々木 隆一郎, 浜島 信之, 柴田 敦子, 青木 国雄, 大野 良之, 藤原 奈佳子, 青木 伸雄, 山口 百子
Japanese Journal of Cardiovascular Disease Prevention   24(3) 178-182   1990

Misc

 
地域政策検討支援のためのGIS/CMを用いた高齢者向け生活支援サービス地域特性把握の試み
高見 精一郎, 内藤 道夫, 加藤 憲, 天野 寛, 宮治 眞, 藤原 奈佳子, 小林 三太郎, 高井 智代, 牧 靖典, 伊藤 健一, 加藤 雅通, 横井 隆, 柵木 充明
医療情報学連合大会論文集   32回 680-683   Nov 2012
料理の新規登録を考慮した高齢者のための簡易栄養管理システムの開発
川島 基子, 吉野 孝, 江上 いすず, 岡本 和士, 藤原 奈佳子, 石川 豊美, 紀平 為子, 入江 真行
医療情報学連合大会論文集   32回 1524-1527   Nov 2012
在宅療養ALS患者のためのiPadを用いた簡易栄養管理システムの開発
川島 基子, 吉野 孝, 江上 いすず, 岡本 和士, 藤原 奈佳子, 石川 豊美, 紀平 為子, 入江 真行
医療情報学連合大会論文集   31回 1117-1118   Nov 2011
脊柱靱帯骨化症における神経障害性疼痛
唐司 寿一, 竹下 克志, 原 慶宏, 藤原 奈佳子
Journal of Musculoskeletal Pain Research   3(2) 53-53   Oct 2011
不連続4日間秤量法食事記録調査による地域高齢者のビタミン摂取量
今枝 奈保美, 藤原 奈佳子, 後藤 千穂
New Diet Therapy   26(2) 147-147   Jul 2010
保育従事者の発達障害の子どもの保育経験の分析
河合 洋子, 横田 雅史, 大見 サキエ, 岸川 亜矢, 藤原 奈佳子
保育と保健   16(1) 123-124   Jan 2010
四肢のシビレ感 圧迫性頸髄症の痛みとしびれ
正田 修己, 竹下 克志, 藤原 奈佳子, 星地 亜都司, 中村 耕三
運動療法と物理療法   20(2) 124-124   Jun 2009
発達障害をもつ子どもの保育環境の実態
河合 洋子, 藤原 奈佳子, 横田 雅史, 大見 サキエ, 岸川 亜矢
保育と保健   15(1) 114-115   Jan 2009
カルテの開示に関する大学病院受診患者の意向 医療職者と比較して
藤原 奈佳子, 宮治 眞, 山田 和雄, 後藤 健之, 大坪 牧人, 山田 知幸
医療情報学連合大会論文集   27回 1300-1303   Nov 2007
位相幾何学に基づく意思伝達のための触覚的道具の概念モデル
井出 政芳, 宮治 眞, 大坪 牧人, 藤原 奈佳子, 飯田 征昌, 小泉 創
医療情報学連合大会論文集   26回 835-836   Oct 2006
【看護師は患者に適切で十分な説明をしているか】 コ・メディカルスタッフにおけるインフォームドコンセントの課題
宮治 眞, 藤原 奈佳子, 早川 富博
ナースデータ   26(7) 5-11   Jul 2005
本院における医療安全対策の検討 RMニュースからみた解析
洪 春花, 何 童, 馮 霞, 後藤 健之, 佐藤 幹則, 長谷川 泰洋, 宮治 眞, 藤原 奈佳子, 山田 和雄, 上田 龍三
名古屋市立大学医学会雑誌   55(3) 133-133   Aug 2004
Trend in the number of the literature regarding medical accidents based on nursing-related journals - from Japanese and overseas databases for past 16 years -
Hospital administration   40(4) 357-366   2003
健常高齢者の呼称能力
中西 雅夫, 藤原 奈佳子, 濱島 秀樹, 原田 浩美, 佐藤 順子, 古橋 京子, 太田 彰子, 仲秋 秀太郎, 鈴木 美代子, 辰巳 寛
失語症研究   22(1) 39-40   Mar 2002
後縦靱帯骨化症患者がかかえる問題点について 平成12年度実施の調査より
藤原 奈佳子, 河合 伸也, 原田 征行, 井形 高明, 今給黎 篤弘, 岩田 久, 植山 和正, 岡島 行一, 金田 清志, 木村 友厚, 四宮 謙一, 神宮司 誠也, 玉置 哲也, 中原 進之介, 中村 耕三, 中村 孝志, 馬場 久敏, 飛騨 一利, 藤井 克之, 藤村 祥一, 松永 俊二, 守屋 秀繁, 米延 策雄
厚生労働省特定疾患対策研究事業研究報告書 脊柱靭帯骨化症に関する調査研究班   平成13年度 169-187   Mar 2002
平成12年度に本研究班で後縦靱帯骨化症患者1420名を対象に実施した郵送法による自記式調査の回答1166名分に基づいて,在宅患者が日常生活動作で生じる制約の実態と問題点を明らかにした.その結果,本疾患患者ではいずれの動作においても日常動作の制約を受けている者の割合が一般集団の在宅高齢者よりも多く,特に入浴動作が困難であることが示唆された.また,在宅での日常生活における制約は,加齢の影響と相まって疾病が重症化するほど頻度が多くなることが示唆された.更に,アンケートの自由記入欄への記入により,...
健常高齢者の認知能力 Trail Making Testは手先の器用さを評価している
中西 雅夫, 藤原 奈佳子, 濱島 秀樹, 佐藤 順子, 古橋 京子, 太田 彰子, 辰巳 寛, 仲秋 秀太郎, 吉田 伸一, 濱中 淑彦
神経心理学   17(4) 271-271   Dec 2001
Isomoto Y., Miyahara K., Nakano U., Kanie T., Okuto Y., Fujiwara N., Kawai Y., Ogasawaea A., Takeuchi Y., Mizuno K., Gomi H.
IEICE technical report. Education technology   101(115) 17-22   Jun 2001
We have a classroom in a hospital for sick children who stay for their medical treatment. The children go to the classroom in a hospital for their learning. In the classroom, a teacher assists their learning as well as an ordinary elementary schoo...
疫学調査 後縦靱帯骨化症の疫学的研究:日常生活動作能力(ADL)と健康関連QOL尺度(SF-36)の関連及び社会資源利用状況について 平成12年度実施の調査報告術前
藤原 奈佳子, 河合 伸也, 原田 征行, 井形 高明, 今給黎 篤弘, 岩田 久, 植山 和正, 岡島 行一, 金田 清志, 木村 友厚, 四宮 謙一, 神宮司 誠也, 玉置 哲也, 中原 進之介, 中村 耕三, 中村 孝志, 馬場 久敏, 飛騨 一利, 藤井 克之, 藤村 祥一, 松永 俊二, 守屋 秀繁, 米延 策雄
厚生労働省特定疾患対策研究事業研究報告書 脊柱靭帯骨化症に関する調査研究班   平成12年度 157-183   Mar 2001
平成9〜10年度に本班で実施した調査回答者(414名)と,班員所属の病院(関連病院も含む)で平成5〜11年に後縦靱帯骨化症患者(OPLL)の手術をした1006名の合計1420名を対象に,患者本人が評価する日常生活動作能力(ADL)と健康関連QOL尺度(SF-36)との関連を明かにすることと,社会資源の利用状況についての現状を把握し,福祉対策に資することを目的としたアンケート調査を実施し,1166名から有効回答が得られた.その結果以下のことが明らかとなった.疾病が重症になり,ADLが低下する...
NOMURA Hideki, SATO Miho, SATO Juichi, FUJIWARA Nakako, SHIMOKATA Hiroshi
日本弱視斜視学会雑誌   27 50-53   Jul 2000
高齢者における立体視機能と他の視機能との関連 高齢者健診の結果より
野村 秀樹, 佐藤 美保, 佐藤 寿一, 藤原 奈佳子, 下方 浩史
眼科臨床医報   94(4) 539-542   Apr 2000
高齢者の視機能について調査を実施し,立体視と年齢及び他の視機能との関連を検討した.立体視は高齢者においても比較的よく保たれていた.相関分析により,立体視は年齢と共に低下していき,視力及びコントラスト感度と正の相関を,左右眼の視力差と負の相関を示した
頸椎後縦靱帯骨化症に対する椎弓形成術の手術成績とQOL
藤村 祥一, 藤原 奈佳子, 原田 征行, 植山 和正
厚生省特定疾患対策研究事業研究報告書 脊柱靱帯骨化症に関する調査研究班   平成11年度 152-156   Mar 2000
頸椎後縦靭帯骨化症(OPLL)に対する椎弓形成術が患者のQOLに影響を及ぼす要因を分析し,頸椎OPLL患者のQOL向上の為の手術治療方針について検討した.18施設,19診療科の頸椎OPLL手術患者のADLとQOLアンケート調査例の内,椎弓形成術の5年以上経過例を対象として分析した.手術法は262例中,椎弓形成術が219例を占め,術後5年以上経過例は151例であった.頸椎椎弓形成術の単独手術例が126例,複数高位病変の合併に対する合併手術例が25例であった.単独手術は改善率49.8%,合併手...
後縦靱帯骨化症の疫学的研究 日常生活動作能力(ADL)と健康関連QOL尺度(SF-36)の関連及び社会資源利用状況について
藤原 奈佳子, 河合 伸也, 原田 征行, 井形 高明, 今給黎 篤弘, 岩田 久, 植山 和正, 岡島 行一, 金田 清志, 木村 友厚, 四宮 謙一, 神宮司 誠也, 玉置 哲也, 中原 進之介, 中村 耕三, 中村 孝志, 馬場 久敏, 飛騨 一利, 藤井 克之, 藤村 祥一, 松永 俊二, 守屋 秀繁, 米延 策雄
厚生省特定疾患対策研究事業研究報告書 脊柱靱帯骨化症に関する調査研究班   平成11年度 161-162   Mar 2000
Case-control studies using pooled controls -Comparisons of odds ratios between 12 diseases-.
Annual Report of Research Committee on Epidemiology of Intractable Diseases   H10 127-132   1999
後縦靱帯骨化症患者のADLとQOLに関する疫学研究(第1報) 調査項目及び調査方法
藤原 奈佳子, 河合 伸也, 黒川 高秀, 神宮司 誠也, 茂手木 三男, 守屋 秀繁, 酒匂 崇, 井形 高明, 今給黎 篤弘, 植山 和正
厚生省特定疾患研究報告書 骨・関節系疾患調査研究班   105-113   Sep 1998
在宅高齢者の基礎体力と歯科指標との関連について
藤原 奈佳子, 佐藤 寿一, 栗木 清典, 徳留 信寛, 佐久間 重光, 荒木 章純, 伊藤 裕, 福春 道太郎, 佐藤 祐造, 星野 秀樹
社会医学研究   (特別) 59-60   Jul 1998
頸椎後縦靱帯骨化症の手術成績とQOL
藤村 祥一, 原田 征行, 植山 和正, 河合 伸也, 中村 耕三, 神宮寺 誠也, 岡島 行一, 守屋 秀繁, 酒匂 崇, 井形 高明, 今給黎 篤, 金田 清志, 佐藤 光三, 嶋村 正, 玉置 哲也, 中村 孝志, 馬場 久敏, 飛騨 一利, 藤原 奈佳子, 米延 策雄, 藤井 克之
厚生省特定疾患研究報告書 骨・関節系疾患調査研究班   101-104   Mar 1998
頸椎後縦靱帯骨化症(OPLL)患者に対する手術療法が患者のQOLに影響を及ぼす要因について頸椎OPLL手術症例262例(男84例・女78例,手術時年齢27〜85歳・平均56.7±8.9歳)を対象に検討した.本症に対する手術法は椎弓形成術が83%,前方除圧固定術が12%を占めていた.術後平均87.5ヵ月の手術成績はJOAスコアで術前9.8点から術後13.1点に改善し,改善率は40.2%であった.患者の手術満足度は,満足49.0%,まあ満足27.9%,不満足3.6%であった.手術成績は術前重症...
後縦靱帯骨化症患者のADLとQOLに関する疫学研究
藤原 奈佳子, 藤村 祥一, 河合 伸也, 黒川 高秀, 神宮司 誠也, 茂手木 三男, 守屋 秀繁, 酒匂 崇, 井形 高明, 今給黎 篤弘, 植山 和正, 金田 清志, 佐藤 光三, 嶋村 正, 玉置 哲也, 中村 孝志, 馬場 久敏, 飛騨 一利, 米延 策雄, 藤井 克之, 古賀 公明, 黒沢 洋一, 能勢 隆之, 徳留 信寛, 原田 征行
厚生省特定疾患研究報告書 骨・関節系疾患調査研究班   119-133   Mar 1998
後縦靱帯骨化症(OPLL)患者467名(男309名・女158名,平均年齢64.1±8.8歳)を対象に,患者の重症度評価(JOAスコア)と患者の主観的病態把握との関連,患者の疾病受容度(QOL)に関連する要因,および糖尿病の実態について調査した.上肢・下肢のJOAスコアによる評価と患者の主観的病態把握はほぼ一致していたが,知覚障害の評価は両者で若干異なっていた.QOLの主観的評価に用いた質問は「あなたにとって脊椎の病気は人生観にどのような影響を与えましたか」で,これに対し「特に影響ない」,「...
骨化による胸髄症の術後成績・QOL 胸椎後縦靱帯骨化症手術例についての検討
金田 清志, 鐙 邦芳, 長谷川 匡一, 原田 征行, 藤原 奈佳子
厚生省特定疾患研究報告書 骨・関節系疾患調査研究班   138-142   Mar 1998
胸椎OPLLの手術例の全国調査を行い,調査協力施設から合計263例の報告を得,経過観察時データのある207例について解析した(下肢症状のない例は除いた).1)経過観察時,JOAスコア(11点満点)の改善点数は,平均2.8点(後方除圧:2.4点,前方進入前方除圧3.5点,後方進入前方除圧2.9点,前後合併前方除圧0.6点)であった.過半数は3点以上の改善を示した.2)3点以上改善例の割合は,前方進入前方除圧で67%と最も大きかった.3)術中脊髄損傷の14例の報告があった.4)最も高頻度の術中...
Factors related to bone density in subacute myelo-optico neuropathy (SMON) patients
H9 152-156   1998
Studies on the association between physical strengths and cerebral functions in elderly free-living women.
Nagoya Journal of Health Physical Fittenss & Sports   21(1) 27-31   1998
Relationship between lifestyle and mental health among elderly persons using GHQ questionnaire.
Japanese Journal of Geriatrics   35 Suppl 105   1998
Studies on the association between physical strengths and cerebral functions in elderly free-living women.
Nagoya Journal of health physical fittenss & sports   21(1) 27-31   1998
後縦靱帯骨化症の疫学調査実施の提案
藤原 奈佳子, 能勢 隆之, 大城 等, 原田 征行, 大野 良之
厚生省特定疾患研究報告書 骨・関節系疾患調査研究班   87-89   Mar 1997
Age-specific physical activities in elderly free-livings.
Japanese Journal of Public Health(Supplement)   44(10) 997   1997
Relations between Lead Exposure and Peripheral Neuromuscular Functions of Lead-exposed Workers-Results of Tapping Test.
Jpn J Hyg   50(3) 748-753   1995
Japanese Journal of Clinical Ophthalmology   47(4) 665-669   1993
A Method of Interval Estimation for Number of Patients in the Nationwide Epidemiological Survey on Intractable Diseases.
Japanese Journal of Public   38(11) 880-883   1991
Epidemiological Features of Renal Tumor and Related Factors.
Pathology and CLinical Medicine   8(6) 720-725   1990
Journal of the Japanese Association for Cerebro-Cardio Vascular Disease Control   24(3) 178-182   1990
Epidemiological Features of Lung Cancer Deaths in Aichi Prefecture.
The Journal of the Nagoya City University Medical Association   40(3) 647-656   1989
Epidemiological Features of an Outbreak of Kawasaki Disease in Yokohama, Japan.
Japanese Journal of Public Health   36(2) 57-65   1989
Descriptive Epidemiology and Related Factors of Male Lung Cancer in Okinawa Prefecture. Journal of Health and Welfare Statistics
36(10) 14-21   1989
Japanese Journal of Psychosomatic Medicine   24(6) 467-477   1984

Books etc

 
Hospital Management
FUJIWARA Nakako (Part:Joint Work)
May 2019   ISBN:978-4-496-05420-4
Yellow-Card to the Abusive Language, Violent Acts and Sexual Harassments in Healthcare Settings: Case Study by Aichi Medical Association.
FUJIWARA Nakako, Miyaji Makoto (Part:Joint Work)
Oct 2009   
Trend of the literature on medical accidents during the past 16 years in Japan.
2003   
Epidemiological Study on the Ossification of the Spinal Ligaments.
1996   

Conference Activities & Talks

 
第1子をもつ母親の子育て情報と役立つ支援の課題
福田 由紀子, 石井 英子, 藤原 奈佳子, 川上 友美, 神谷 智子
日本公衆衛生学会総会抄録集   Oct 2015   
高年大学への受講がエイジング・イン・プレイス(地域居住)にもたらす影響
石井 英子, 三徳 和子, 藤原 奈佳子, 山田 裕子, 荒金 英子, 福田 由紀子
日本公衆衛生学会総会抄録集   Oct 2015   
高齢者のスレート型PC(iPad)を用いた食生活の実態と関心度の変化
伊井 みず穂, 紀平 為子, 川島 基子, 吉野 孝, 岡本 和士, 江上 いすず, 石川 豊美, 藤原 奈佳子, 入江 真行
日本公衆衛生学会総会抄録集   Oct 2015   
ストレート型PC(iPad)を用いた栄養管理システムの精度及び妥当性の検討
伊井 みず穂, 紀平 為子, 川島 基子, 吉野 孝, 岡本 和士, 江上 いすず, 藤原 奈佳子, 石川 豊美, 入江 真行
日本公衆衛生学会総会抄録集   Oct 2014   
在宅療養の継続を阻害するものは何か 愛知県における追跡調査から
加藤 憲, 天野 寛, 宮治 眞, 藤原 奈佳子, 内藤 道夫, 高見 精一郎, 高井 智代, 伊藤 健一, 横井 隆, 妹尾 淑郎
日本医療・病院管理学会誌   Aug 2014   

Works

 
Epidemiological Study on Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament of the Spine(OPLL)
2000
Validity of dietary records
2000
Associations between physical strengths and mental health in elderly free-living Japanese women.
2000
Quality of Life of Patients with the Ossification of the Spinal Ligaments
1996
Epidemiological study on ADL and QOL among OPLL (ossification of the posterior logitudinal ligament of the spine) patients.
1996
Related Factors of Lung Cancer in Okinawa Prefecture
1994
Epidemiological Features of Lung Cancer in Okinawa Prefecture
1993
Nationwide Survey of Primary Typical Retinitis Pigmentosa in Japan
1993
Nationwide follow-up of Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament and Ossification of the Yellow Ligament
1993
Case Control Study of Senile Disciform Macular Degeneration
1993
Descriptive Epidemiology of Selected Intractable Diseases in Japan. - Secular Trend and Geographical Pattern of Mortality -, In : Epidemiology of Intractable Diseases in Japan, The Epidemiology of Intractable Diseases Research Committee, The Ministry o・・・
1992
Descriptive Epidemiology of Selected Intractable Diseases in Japan. - Secular Trend and Geographical Pattern of Mortality -, In : Epidemiology of Intractable Diseases in Japan, The Epidemiology of Intractable Diseases Research Committee, The Minis...
Survey of Respiratory Diseases.
1992
Nationwide Survey of Primary Typical Retinitis Pigmentosa in Japan, In : Report of Research Committee on Chorioretinal Degenerations, The Ministry of Health and Welfare of Japan,
1991
Estimation of Prevalence of Intractable Diseases based on the Nationwide Survey
1989
Epidemiological Study of Elderly People
1986 - 1987

Research Grants & Projects

 
medical accidents
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: 2001   
Improvement of learning enviro
Grant-in-Aid for Scientific Research
Project Year: 2000   
Ouality of life of chronic diseases
Health and Labour Sciences Research Grants
Factors related to memorizing activity among elderly People
Grant-in-Aid for Scientific Research
Physical activities and neuro-psychological function of elderly people.