TERADA Motoichi

J-GLOBAL         Last updated: Dec 14, 2017 at 02:58
 
Avatar
Name
TERADA Motoichi
E-mail
teradahum.nagoya-cu.ac.jp
URL
http://www.hum.nagoya-cu.ac.jp/~terada
Affiliation
Nagoya City University
Section
Graduate School of Humanities and Social Sciences Culture and Coexistence(Western Cultural Studies)
Job title
Professor

Academic & Professional Experience

 
 
   
 
研究職歴(英)【英R】
 

Education

 
 
 - 
1977
Faculty of Liberal Arts, The University of Tokyo
 

Committee Memberships

 
 
   
 
委員歴、役員歴(英)【英R】
 

Published Papers

 
エピステモローグ、ダランベール
一橋論叢   99/6,    1988
エルヴェシウス対ディドロ-人間観をめぐる二つの理論の構造的対立-
一橋論叢   91/2,    1984
十八世紀前半の理性-ブロー=デランド『批判的哲学史』をめぐって-
一橋論叢   97/5,54-74    1987
ダランベールと形而上学
フィロソフィア・イワテ   /20,3-9    1988
キリスト教中心主義の超克を求めて-名古屋大学-八世紀自由思想コレクションをめぐって-
思想と現代(白石書店)   /32,100-129    1993

Books etc

 
『国際文化学への招待----衝突する文化、共生する文化』「はじめに」「序論」第11章「18世紀ヨーロッパはオリエントをどうとらえたか」「あとがき」
新評論   1999   
「編集知」の世紀----一八世紀フランスにおける「市民的公共圏」と『百科全書』----
日本評論社   2003   
Intercultura/el: Balance y perspectivas(担当:Le role de l'interculturel au Japon depuis la deuxieme moitie du XIXeme siecle)
CIDOB Edicions/Barcelona   2002   
Diderot, l’Encyclopedie&autres etudes. Sillages de Jacques Proust(担当:Le triptyque japonais de Jacques Proust)
Centre international d’etude du XVIIIe siecle Ferney-Voltaire   2010   
啓蒙の地下文書I (担当:『啓蒙の地下文書』が拓く新たな『啓蒙』研究の地平、『生死一如』)
法政大学出版局   2008   

Research Grants & Projects

 
啓蒙期の哲学史を対象に異文化対話と理性の構造転換との関連を解明する総合的研究
Project Year: 1995 - 1997
18世紀フランスにおける創発論的自然観の研究
Project Year: 2001 - 2004
中国医学の身体観がモンペリエ学派の生気論的生命観の成立に果たした役割の研究
後期ディドロの生理学的自然観の研究?『生理学要綱』の間テクスト的読解?

Social Contribution

 
シンポジウム「ESDと大学」企画立案、コーディネーター、司会
[]  大学  (名古屋市立大学滝子キャンパス)  Oct 2012 - 5 Feb 2013
シンポジウム「ESDと大学」企画立案、コーディネーター、司会
中部ESD拠点第三分科会にて審議
[]  大学  (中部大学名古屋キャンパス)  Oct 2012 - Jan 2013
2014年ESD会議に向けた高等教育におけるESD科目実施細目、評価細目の審議