米林 甲陽

J-GLOBALへ         更新日: 06/02/28 00:00
 
アバター
研究者氏名
米林 甲陽
 
ヨネバヤシ コウヨウ
所属
石川県立大学
部署
生物資源環境学部 環境科学科 生物資源環境学部 環境科学科
職名
教授,名誉教授(京都府立大学)
学位
農学博士(京都大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1970年
 - 
1974年
 京都府立大学農学部 助手
 
1974年
 - 
1978年
 京都府立大学農学部 講師
 
1978年
 - 
1990年
 京都府立大学農学部 助教授
 
1990年
 - 
2002年
 京都府立大学農学部 教授
 
2002年
 - 
2005年
京都府立大学大学院農学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1969年
京都大学 農学研究科 農芸化学専攻
 
 
 - 
1966年
京都府立大学 農学部 農芸化学科
 

委員歴

 
1992年
 - 
2001年
日本土壌肥料学会  評議員、関西支部長、第2部門長
 
1990年
   
 
日本農芸化学会  関西支部評議員
 
1990年
 - 
1995年
日本ペドロジ-学会  評議員
 
1997年
 - 
2002年
International Humic Substances Society国際腐植物質学会  日本支部長
 
1991年
 - 
1996年
日本腐植物質学会  副会長,会長,評議員
 

受賞

 
1990年
日本土壌肥料学会賞
 

Misc

 
日本土壌肥科学雑誌   61, 231-234    1990年
腐植物質研究法.I,II,III
ペドロジスト   32,138-150: 33,37-48: 33,129-143    1988年
1988, 1989, 1989
生態系における腐植生成と脂肪族成分の変動
土壌の物理性   65,35-41    1992年
土壌肥料研究における新しい分析方法5.NMR法による土壌有機物の研究
日本土壌肥科学雑誌   64(2) 206-211   1993年
フミン物質の分離とそのキャラクタリゼーション
水環境学会誌   18(4) 257-260   1995年

書籍等出版物

 
腐植物質の平均化学構造推定法及びXAD樹脂による分画法"土壌構成成分解析法(II)-新しい手法,新しい考え方-"(日本土壌肥料学会編)
博友社   1993年   
土壌の事典"アミノ酸,アミノ糖,易分解性有機物,脂質,多糖類,炭素/窒素比,タンパク質,土壌有機物,ヒューミン,フィチン,腐植,腐植物質,有機酸,有機態炭素,有機態窒素,リグニン"
朝倉書店   1993年   
土壌腐植物質の生成過程とその評価法(農業技術体系・土壌施肥編,第1巻,追録第6号,土壌と根圏V)
農山漁村文化協会   1995年   
環境保全型農業における土壌有機物の役割 -土壌生態系における有機物の性質とメタン発生量-
環境保全型農業論、農林統計協会   1996年   
土壌の有機物″最新土壌学″(久馬一剛編)
朝倉書店   1997年   

Works

 
熱帯泥炭の土壌生態系に関する研究.1.木質泥炭の形態学的特徴
1990年
タイ国半島部のポドソル土壌に関する研究
1992年
熱帯泥炭地の土壌生態系と持続的利用に関する研究 -東南アジア低湿地泥炭土壌からのメタン発生について-
1993年

競争的資金等の研究課題

 
腐植物質の化学構造と機能に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 1985年 - 2010年
熱帯泥炭地の土壌生態系と持続的利用に関する研究
科学研究費補助金
研究期間: 1987年 - 2007年