渡邊 能行

J-GLOBALへ         更新日: 08/07/30 00:00
 
アバター
研究者氏名
渡邊 能行
 
ワタナベ ヨシユキ
所属
京都府立医科大学
部署
大学院医学研究科 地域保健医療疫学
学位
医学博士(京都府立医科大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1986年
京都府立医科大学 医学研究科 社会医学
 
 
 - 
1978年
京都府立医科大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
1987年
 - 
1989年
日本公衆衛生学会  評議員,評議員,評議員
 
1994年
   
 
日本衛生学会  評議員
 
1993年
   
 
日本消化器集団検診学会  評議員
 
1997年
   
 
日本消化器病学会  評議員
 
1999年
   
 
日本疫学会  評議員
 

Misc

 
消化器集団検診   89    1990年
アジア諸国における胃潰瘍/十二指腸潰瘍比の実態と胃癌死亡との関連に関する疫学研究
京府医大誌   100(2)    1991年
大腸癌のリスクファクター
総合臨林   41(2)    1992年
最近の消化器疾患の臨床疫学
総合臨林   39(5)    1989年
渡辺 能行, 多田 正大, 川本 一祚, 魚住 玄通, 梶原 譲, 林 恭平, 山口 勝通, 村上 健二, 三崎 文夫, 赤坂 裕三, 川井 啓市
日本消化器病学会雑誌   81(2) 185-193   1984年

書籍等出版物

 
地域医療の展開とその阻害因子
中央法規出版   1984年   
老年者における消化器疾患の疫学
金芳堂   1989年   
世界における大腸癌の疫学
文光堂   1993年   
胃がん検診の実施状況と有効性の評価/これからの胃がんスクリーニング
メジカルビュー社   2002年   
住民検診・職域検診・人間ドックのためのがん検診計画ハンドブック
南江堂(三木一正、渡邊能行編集)   2004年   

Works

 
厚生科学研究費補助金による障害保健福祉総合研究事業「精神障害者等が快適に安全に生活するためのインフラの整備に関する研究-身体合併症、アメニティ、身体的健康度とQOLについて-」
2001年 - 2003年

競争的資金等の研究課題

 
消化器疾患の疫学的研究
脳卒中の発生要因の疫学研究
痴呆の発生要因の疫学研究