山西 清文

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/03 16:46
 
アバター
研究者氏名
山西 清文
 
ヤマニシ キヨフミ
URL
http://www.hyo-med.ac.jp/department/drmt/hifuka.html

研究分野

 

経歴

 
2003年12月
 - 
現在
兵庫医科大学 皮膚科学 主任教授
 
2002年9月
 - 
2003年11月
三重大学医学部 皮膚科学講座 助教授
 
1991年4月
 - 
2002年8月
京都府立医科大学 皮膚科学教室 講師
 
1987年7月
 - 
1991年3月
京都府立医科大学 皮膚科学教室 助手
 
1987年4月
 - 
1987年6月
京都府立医科大学附属病院 皮膚科 修練医
 

学歴

 
1986年4月
 - 
1987年3月
大阪大学細胞工学センター 遺伝子情報研究部門 研究生
 
1981年4月
 - 
1985年3月
京都府立医科大学大学院 医学研究科 生理系生化学
 
1975年4月
 - 
1981年3月
京都府立医科大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2011年
 - 
現在
日本乾癬学会  理事
 
2005年
 - 
現在
日本乾癬学会  評議員
 
2005年
 - 
現在
日本皮膚悪性腫瘍学会  評議員
 
2005年
 - 
現在
日本皮膚アレルギー学会  評議員
 
2004年
 - 
現在
日本皮膚科学会  代議員
 
1994年
 - 
現在
日本研究皮膚科学会  評議員
 

論文

 
Fujita H, Terui T, Hayama K, Akiyama M, Ikeda S, Mabuchi T, Ozawa A, Kanekura T, Kurosawa M, Komine M, Nakajima K, Sano S, Nemoto O, Muto M, Imai Y, Yamanishi K, Aoyama Y, Iwatsuki K, Japanese Dermatological Association Guidelines Development Committee for the Guidelines for the Management and Treatment of Generalized Pustular Psoriasis.
The Journal of dermatology   45(11) 1235-1270   2018年11月   [査読有り]
Furukawa T, Matsui K, Kitano M, Yokoyama Y, Sekiguchi M, Azuma N, Imai Y, Hirota S, Yamanishi K, Sano H
Modern rheumatology   1-8   2018年9月   [査読有り]
Wada Y, Kusakabe M, Nagai M, Imai Y, Yamanishi K
The Journal of dermatology      2018年8月   [査読有り]
Ryu WI, Lee H, Bae HC, Jeon J, Ryu HJ, Kim J, Kim JH, Son JW, Kim J, Imai Y, Yamanishi K, Jeong SH, Son SW
Journal of dermatological science   90(3) 313-322   2018年6月   [査読有り]
Nagai M, Imai Y, Yamanishi K
The Journal of dermatology      2018年6月   [査読有り]
Kusakabe M, Imai Y, Natsuaki M, Yamanishi K
Acta dermato-venereologica   98(2) 278-279   2018年2月   [査読有り]
Yamanishi K
International journal of dermatology   57(2) e1   2018年2月   [査読有り]
Kanekura T, Seishima M, Honma M, Etou T, Eto H, Okuma K, Okubo Y, Yamaguchi Y, Kambara T, Mabuchi T, Suga Y, Morita A, Yamanishi K, Tsuruta D, Itoh K, Yamaji K, Ikeda S
The Journal of dermatology   44(12) 1353-1359   2017年12月   [査読有り]
Wada Y, Kusakabe M, Nagai M, Yamamoto M, Imai Y, Ide YH, Hirota S, Yamanishi K
The Journal of dermatology   44(11) e282-e283   2017年11月   [査読有り]
Imai Y, Hosotani Y, Ishikawa H, Yasuda K, Nagai M, Jitsukawa O, Gomi F, Nakanishi K, Yoshimoto T, Nakamura T, Yamanishi K
Scientific reports   7(1) 10053   2017年8月   [査読有り]
Natsuaki M, Takada N, Kawabata H, Ando S, Yamanishi K
The Journal of dermatology   41 834-836   2014年9月   [査読有り]
Kawasaki K, Yamanishi K, Yamada H
International journal of dermatology   54 295-301   2015年3月   [査読有り]
Nagai M, Nagai H, Tominaga C, Sakaguchi Y, Jitsukawa O, Ohgo N, Nishigori C, Yamanishi K
Acta dermato-venereologica      2014年11月   [査読有り]
Inoue Y, Yamamoto M, Sakaguchi Y, Jitsukawa O, Hayano K, Yamane M, Sakamoto M, Yamanishi K
Acta dermato-venereologica      2015年2月   [査読有り]
Ide YH, Tsukamoto Y, Ito T, Watanabe T, Nakagawa N, Haneda T, Nagai M, Yamanishi K, Hirota S
Pathology, research and practice   211 415-420   2015年5月   [査読有り]
Suga Y, Tsuda T, Nagai M, Sakaguchi Y, Jitsukawa O, Yamamoto M, Hitomi K, Yamanishi K
The Journal of dermatology      2015年3月   [査読有り]
Imai Y, Yasuda K, Sakaguchi Y, Futatsugi-Yumikura S, Yoshimoto T, Nakanishi K, Yamanishi K
Journal of dermatological science   74 159-161   2014年5月   [査読有り]
Konishi T, Tsuda T, Sakaguchi Y, Imai Y, Ito T, Hirota S, Yamanishi K
The Journal of dermatology   41 258-261   2014年3月   [査読有り]
Itoh M, Tatsukawa H, Eun-Seo L, Yamanishi K, Kojima S, Hitomi K
The journal of histochemistry and cytochemistry : official journal of the Histochemistry Society   61 793-801   2013年11月   [査読有り]
Washio K, Fukunaga A, Terai M, Hitomi K, Yamanishi K, Nishigori C
Acta dermato-venereologica      2013年10月   [査読有り]
Imai Y, Yasuda K, Sakaguchi Y, Haneda T, Mizutani H, Yoshimoto T, Nakanishi K, Yamanishi K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   110 13921-13926   2013年8月   [査読有り]
Yoshimi N, Imai Y, Kakuno A, Tsubura A, Yamanishi K, Kurokawa I
International journal of dermatology      2013年6月   [査読有り]
Imai Y, Aochi S, Iwatsuki K, Sano H, Yamanishi K
The Journal of dermatology   40(4) 294-296   2013年2月   [査読有り]
Haneda T, Imai Y, Koga H, Hashimoto T, Yamanishi K
The Journal of dermatology   40(4) 283-285   2013年1月   [査読有り]
Yamamoto M, Imai Y, Sakaguchi Y, Haneda T, Yamanishi K
Disease markers   34 153-161   2013年1月   [査読有り]
Oshimo T, Fukai K, Abe Y, Hozumi Y, Yokoi T, Tanaka A, Yamanishi K, Ishii M, Suzuki T
The Journal of dermatology   39(12) 1022-1025   2012年12月   [査読有り]
Yoshimi N, Kurokawa I, Kakuno A, Tsubura A, Yamanishi K
The Journal of dermatology   39(8) 744-745   2012年8月   [査読有り]
Yamamoto M, Tsuda T, Otaki Y, Nakanishi T, Yamanishi K
The Journal of dermatology   39(8) 716-718   2012年8月   [査読有り]
Takei-Taniguchi R, Imai Y, Ishikawa C, Sakaguchi Y, Nakagawa N, Tsuda T, Hollenberg MD, Yamanishi K
The Journal of dermatology   39(7) 625-631   2012年7月   [査読有り]
Nakagawa N, Yamamoto M, Imai Y, Sakaguchi Y, Takizawa T, Ohta N, Yagi N, Hatta I, Hitomi K, Takizawa T, Takeda J, Tsuda T, Matsuki M, Yamanishi K
Journal of dermatological science   65 196-206   2012年3月   [査読有り]
Otani N, Yamanishi K, Sakaguchi Y, Imai Y, Shima M, Okuno T
Journal of immunological methods   377 53-55   2012年3月   [査読有り]
Imai Y, Tsuda T, Aochi S, Futatsugi-Yumikura S, Sakaguchi Y, Nakagawa N, Iwatsuki K, Yamanishi K
Journal of dermatological science   64 75-77   2011年10月   [査読有り]
Aochi S, Tsuji K, Sakaguchi M, Huh N, Tsuda T, Yamanishi K, Komine M, Iwatsuki K
Journal of the American Academy of Dermatology   64(5) 879-887   2011年5月   [査読有り]
Itoh M, Kawamoto T, Tatsukawa H, Kojima S, Yamanishi K, Hitomi K
The journal of histochemistry and cytochemistry : official journal of the Histochemistry Society   59(2) 180-187   2011年2月   [査読有り]
Yamamoto M, Imai Y, Nakagawa N, Yamanishi K
The Journal of dermatology   38(2) 190-191   2011年2月   [査読有り]
Omoto Y, Yamanaka K, Tokime K, Kitano S, Kakeda M, Akeda T, Kurokawa I, Gabazza EC, Tsutsui H, Katayama N, Yamanishi K, Nakanishi K, Mizutani H
Journal of dermatological science   59(2) 129-135   2010年8月   [査読有り]
Erratum to "Neutrophil-dominant psoriasis-like skin inflammation induced by epidermal-specific expression of Raf in mice" [J. Dermatol. Sci. 58 (2010) 28-35].
Tartutani M, Imai Y, Yasuda K, Tsutsui H, Nakanishi K, Yamanishi K
Journal of dermatological science   59 64-71   2010年7月   [査読有り]
Tarutani M, Imai Y, Yasuda K, Tsutsui H, Nakanishi K, Yamanishi K
Journal of dermatological science   58(1) 28-35   2010年4月   [査読有り]
Azuma N, Natsuaki M, Yamanishi K, Kondo N, Iwasaki T, Morimoto M, Nishioka A, Sekiguchi M, Kitano M, Hashimoto N, Matsui K, Sano H
Nihon Rinsho Men'eki Gakkai kaishi = Japanese journal of clinical immunology   33(3) 149-153   2010年   [査読有り]
Ishikawa C, Tsuda T, Konishi H, Nakagawa N, Yamanishi K
Antimicrobial agents and chemotherapy   53 1760-1765   2009年5月   [査読有り]
Fujimoto T, Tsuda T, Yamamoto M, Tarutani M, Natsuaki M, Minami S, Ito T, Kozuka T, Yamanishi K
Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology : JEADV   23 202-203   2009年2月   [査読有り]
Sugimura Y, Hosono M, Kitamura M, Tsuda T, Yamanishi K, Maki M, Hitomi K
The FEBS journal   275(22) 5667-5677   2008年11月   [査読有り]
Miyata A, Natsuaki M, Yamanishi K
Experimental dermatology   17 843-848   2008年10月   [査読有り]
Tsuda T, Ishikawa C, Nakagawa N, Konishi H, Tarutani M, Matsuki M, Yamanishi K
The British journal of dermatology   159 730-732   2008年9月   [査読有り]
Nakagawa N, Tsuda T, Yamamoto M, Ito T, Futani H, Yamanishi K
The Journal of dermatology   35(7) 462-467   2008年7月   [査読有り]
Tsuda T, Ishikawa C, Konishi H, Hayashi Y, Nakagawa N, Matsuki M, Mizutani H, Yamanishi K
Antimicrobial agents and chemotherapy   52 1538-1541   2008年4月   [査読有り]
Tsujimura A, Matsuki M, Takao K, Yamanishi K, Miyakawa T, Hashimoto-Gotoh T
Frontiers in behavioral neuroscience   2 4   2008年   [査読有り]
Minami S, Nakagawa N, Ito T, Sadanobu N, Lin Y, Natsuaki M, Yamanishi K
Dermatologic surgery : official publication for American Society for Dermatologic Surgery [et al.]   33 1280-1282   2007年10月   [査読有り]
Human mast cell chymase cleaves pro-IL-18 and generates a novel and biologically active IL-18 fragment.
Omoto Y, Tokime K, Yamanaka K, Habe K, Morioka T, Kurokawa I, Tsutsui H, Yamanishi K, Nakanishi K, Mizutani H
Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)   177 8315-8319   2006年12月   [査読有り]
Terada M, Tsutsui H, Imai Y, Yasuda K, Mizutani H, Yamanishi K, Kubo M, Matsui K, Sano H, Nakanishi K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   103(23) 8816-8821   2006年6月   [査読有り]
Minami S, Sadanobu N, Ito T, Natsuaki M, Yamanishi K
The Journal of dermatology   33(4) 256-259   2006年4月   [査読有り]
Matsuno K, Yamada H, Iwata K, Jin D, Katsuyama M, Matsuki M, Takai S, Yamanishi K, Miyazaki M, Matsubara H, Yabe-Nishimura C
Circulation   112 2677-2685   2005年10月   [査読有り]
The expression of p63 during epidermal remodeling in psoriasis.
Shen CS, Tsuda T, Fushiki S, Mizutani H, Yamanishi K
The Journal of dermatology   32 236-242   2005年4月   [査読有り]
Apoptosis in the epidermis.
Yamanishi K, Shen CS, Mizutani H
Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)   289 171-174   2005年   [査読有り]
Drug eruption caused by azathioprine: value of using the drug-induced lymphocytes stimulation test for diagnosis.
Mori H, Yamanaka K, Kaketa M, Tamada K, Hakamada A, Isoda K, Yamanishi K, Mizutani H
The Journal of dermatology   31 731-736   2004年9月   [査読有り]
A case of a large dermatofibrosarcoma protuberans successfully treated with radiofrequency ablation and transcatheter arterial embolization.
Imai Y, Habe K, Imada M, Hakamada A, Isoda KI, Yamanishi K, Uchida A, Mizutani H
The Journal of dermatology   31 42-46   2004年1月   [査読有り]
Imai Y, Isoda K, Ito E, Hakamada A, Yamanishi K, Mizutani H
The Journal of dermatology   30 683-688   2003年9月   [査読有り]
Daimon Y, Yamanishi K, Murakami Y, Kirishima T, Ito Y, Minami M, Okanoue T
Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology   25(3) 281-286   2003年3月   [査読有り]
Kuramoto N, Takizawa T, Takizawa T, Matsuki M, Morioka H, Robinson JM, Yamanishi K
The Journal of clinical investigation   109 243-250   2002年1月   [査読有り]
Elevated expression of transglutaminase 1 and keratinization-related proteins in conjunctiva in severe ocular surface disease.
Nakamura T, Nishida K, Dota A, Matsuki M, Yamanishi K, Kinoshita S
Investigative ophthalmology & visual science   42 549-556   2001年3月   [査読有り]
Inada R, Matsuki M, Yamada K, Morishima Y, Shen SC, Kuramoto N, Yasuno H, Takahashi K, Miyachi Y, Yamanishi K
The American journal of pathology   157 1875-1882   2000年12月   [査読有り]
Hiiragi T, Sasaki H, Nagafuchi A, Sabe H, Shen SC, Matsuki M, Yamanishi K, Tsukita S
The Journal of biological chemistry   274(48) 34148-34154   1999年11月   [査読有り]
Nishida K, Yamanishi K, Yamada K, Dota A, Kawasaki S, Quantock AJ, Kinoshita S
The American journal of pathology   154 331-336   1999年2月   [査読有り]
Matsuki M, Yamashita F, Ishida-Yamamoto A, Yamada K, Kinoshita C, Fushiki S, Ueda E, Morishima Y, Tabata K, Yasuno H, Hashida M, Iizuka H, Ikawa M, Okabe M, Kondoh G, Kinoshita T, Takeda J, Yamanishi K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   95(3) 1044-1049   1998年2月   [査読有り]
Activation of the human transglutaminase 1 promoter in transgenic mice: terminal differentiation-specific expression of the TGM1-lacZ transgene in keratinized stratified squamous epithelia.
Yamada K, Matsuki M, Morishima Y, Ueda E, Tabata K, Yasuno H, Suzuki M, Yamanishi K
Human molecular genetics   6 2223-2231   1997年12月   [査読有り]
Ueda E, Ohno S, Kuroki T, Livneh E, Yamada K, Yamanishi K, Yasuno H
The Journal of biological chemistry   271(16) 9790-9794   1996年4月   [査読有り]
Epidermolysis bullosa simplex (Weber-Cockayne) associated with a novel missense mutation of Asp328 to Val in Linker 12 domain of keratin 5.
Matsuki M, Hashimoto K, Yoshikawa K, Yasuno H, Yamanishi K
Human molecular genetics   4 1999-2000   1995年10月   [査読有り]
Morishima Y, Ariyama T, Yamanishi K, Abe T, Ueda E, Yasuno H, Inazawa J
Genomics   28(2) 273-279   1995年7月   [査読有り]
Transcriptional regulation of human transglutaminase1 gene by signaling systems of protein kinase C, RAR/RXR and Jun/Fos in keratinocytes.
Yamada K, Yamanishi K, Kakizuka A, Kibe Y, Doi H, Yasuno H
Biochemistry and molecular biology international   34 827-836   1994年10月   [査読有り]
Konishi K, Morishima Y, Ueda E, Kibe Y, Nonomura K, Yamanishi K, Yasuno H
Biochemical and biophysical research communications   202(2) 976-983   1994年7月   [査読有り]
Up-regulation of elafin/SKALP gene expression in psoriatic epidermis.
Nonomura K, Yamanishi K, Yasuno H, Nara K, Hirose S
The Journal of investigative dermatology   103 88-91   1994年7月   [査読有り]
A novel mutation of Leu122 to Phe at a highly conserved hydrophobic residue in the helix initiation motif of keratin 14 in epidermolysis bullosa simplex.
Yamanishi K, Matsuki M, Konishi K, Yasuno H
Human molecular genetics   3 1171-1172   1994年7月   [査読有り]
Analysis of p53 gene mutations and loss of heterozygosity for loci on chromosome 9q in basal cell carcinoma.
Konishi K, Yamanishi K, Ishizaki K, Yamada K, Kishimoto S, Yasuno H
Cancer letters   79 67-72   1994年4月   [査読有り]
Localization of transglutaminase 1 mRNA in normal and psoriatic epidermis by non-radioactive in situ hybridization.
Nonomura K, Yamanishi K, Hosokawa Y, Doi H, Hirano J, Fukushima S, Yasuno H
The British journal of dermatology   128 23-28   1993年1月   [査読有り]
Structure of the gene for human transglutaminase 1.
Yamanishi K, Inazawa J, Liew FM, Nonomura K, Ariyama T, Yasuno H, Abe T, Doi H, Hirano J, Fukushima S
The Journal of biological chemistry   267 17858-17863   1992年9月   [査読有り]
Nosaka K, Yamanishi K, Nishimura H, Iwashima A
FEBS letters   305(3) 244-248   1992年7月   [査読有り]
Low incidence of Ha-ras oncogene mutations in human epidermal tumors.
Lieu FM, Yamanishi K, Konishi K, Kishimoto S, Yasuno H
Cancer letters   59 231-235   1991年9月   [査読有り]
Yamanishi K, Liew FM, Konishi K, Yasuno H, Doi H, Hirano J, Fukushima S
Biochemical and biophysical research communications   175(3) 906-913   1991年3月   [査読有り]
Differential detection of human papillomavirus DNA type 6 and 11 amplified by polymerase chain reaction.
Liew FM, Yamanishi K, Kishimoto S, Yasuno H
Journal of dermatological science   1 369-372   1990年9月   [査読有り]
Fujita T, Shibuya H, Hotta H, Yamanishi K, Taniguchi T
Cell   49(3) 357-367   1987年5月   [査読有り]
Fujita T, Shibuya H, Ohashi T, Yamanishi K, Taniguchi T
Cell   46(3) 401-407   1986年8月   [査読有り]
Yamanishi K, Iwashima A
Journal of cellular physiology   123(2) 235-240   1985年5月   [査読有り]
Role of polyamine synthesis in the stimulation of hexose transport by epidermal growth factor and 12-O-tetradecanoylphorbol-13-acetate in cultured mouse fibroblasts.
Yamanishi K, Oku T, Iwashima A
Cell biology international reports   8 636   1984年8月   [査読有り]
Yamanishi K, Hasegawa T, Iwashima A
FEBS letters   174(1) 71-75   1984年8月   [査読有り]
Yamanishi K, Nishino H, Iwashima A
Biochemical and biophysical research communications   117(2) 637-642   1983年12月   [査読有り]
Yamanishi K, Nishino H, Iwashima A
Experientia   39(9) 1036-1037   1983年9月   [査読有り]

Misc

 
下腿潰瘍に対する圧迫療法のすすめ
伊藤 孝明, 中川 登, 永井 諒, 草壁 みのり, 和田 吉弘, 林 秀樹, 藤本 真由, 夏秋 優, 山西 清文
日本皮膚外科学会誌   22(2別冊) 208-208   2018年8月
足底の潰瘍で初発した原発性皮膚未分化大細胞リンパ腫の1例
尼木 麻実, 今井 康友, 永井 諒, 山西 清文
日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集   34回 134-134   2018年6月
新生児にみられる紅皮症
山西 清文
日本皮膚科学会雑誌   128(5) 1019-1019   2018年5月
乾癬様皮疹を伴ったNFKB2遺伝子変異による分類不能型免疫不全症の1例
永井 諒, 今井 康友, 山西 清文
日本皮膚科学会雑誌   128(5) 1182-1182   2018年5月
光パッチテストが診断に有用であったピルフェニドンによる光線過敏型薬疹の1例
草壁 みのり, 今井 康友, 夏秋 優, 山西 清文
アレルギー   67(4-5) 687-687   2018年5月
タクロリムスは2型自然リンパ球が産生するTh2サイトカインの産生を抑制する
細谷 友雅, 今井 康友, 石川 裕人, 安田 好文, 永井 諒, 實川 織江, 中西 憲司, 善本 知広, 山西 清文, 五味 文
日本眼科学会雑誌   122(臨増) 254-254   2018年3月
魚鱗癬皮膚における自然免疫系分子の活性化
山西 清文, 今井 康友, 羽田 孝司, 内山 良介
角化症研究会記録集   32 8-12   2018年3月
リパスジル塩酸塩水和物による接触皮膚炎の1例
草壁 みのり, 今井 康友, 夏秋 優, 山西 清文
日本皮膚科学会雑誌   128(2) 243-243   2018年2月
抗VII型コラーゲン抗体の測定が診断と病勢評価に有用であった後天性表皮水疱症の1例
和田 吉弘, 今井 康友, 山本 雅章, 山西 清文
西日本皮膚科   79(5) 511-511   2017年10月
マムシ咬傷後に生じた片側性Beau's linesの1例
草壁 みのり, 今井 康友, 永井 諒, 山西 清文
皮膚の科学   16(4) 274-275   2017年8月
鷲尾健, 福永淳, 寺井美奈子, 錦織千佳子, 人見清隆, 山西清文
角化症研究会記録集   28th 23-26   2014年3月
小宮根真弓, 馬渕智生, 小澤明, 青山裕美, 岩月啓氏, 秋山真志, 池田志斈, 黒沢美智子, 金蔵拓郎, 佐野栄紀, 武藤正彦, 山西清文, 照井正
日本皮膚科学会雑誌   124(2) 201   2014年2月
小西朋子, 小西朋子, 黒川一郎, 桑水流健二, 芝岡美枝, 覚野綾子, 螺良愛郎, 山西清文
皮膚科の臨床   56(1) 106-109   2014年1月
山西清文
週刊日本医事新報   (4676) 56-57   2013年12月
安水真規子, 深井和吉, 鶴田大輔, 磯野員倫, 皆川京子, 羽田孝司, 山西清文, 阿部優子, 穂積豊, 鈴木民夫
皮膚の科学   12(5) 353   2013年10月
羽田孝司, 伊藤孝明, 山西清文, 福本隆也
Skin Cancer   28(1) 24-28   2013年6月
古川紗綾佳, 今井康友, 山西清文
皮膚の科学   12(3) 229   2013年6月
真鍋蘭, 夏秋優, 山西清文, 指宿千恵子, 足立厚子
日本皮膚科学会雑誌   123(5) 991   2013年4月
真鍋蘭, 山本雅章, 中川登, 伊藤孝明, 山西清文
日本皮膚科学会雑誌   123(4) 493-494   2013年4月
夏秋優, 吉見宣子, 山西清文
皮膚科の臨床   54(11) 1497-1501   2012年10月
今井康友, 善本隆之, 中西憲司, 山西清文, 善本知広
アレルギー   61(9/10) 1527   2012年10月
古川紗綾佳, 今井康友, 上田英一郎, 山西清文
皮膚科の臨床   54(10) 1337-1340   2012年10月
古川紗綾佳, 夏秋優, 山西清文
皮膚の科学   11(5) 409-412   2012年10月
富永千春, 夏秋優, 山西清文
皮膚の科学   11(4) 290-293   2012年8月
富永春, 夏秋優, 山西清文
日本皮膚科学会雑誌   122(7) 1799   2012年6月
吉見宣子, 山西清文, 黒川一郎, 覚野綾子, 螺良愛郎
日本皮膚科学会雑誌   122(7) 1802   2012年6月
吉見宣子, 山西清文, 黒川一郎, 覚野綾子, 覚野綾子
日本皮膚科学会雑誌   122(7) 1807-1808   2012年6月
山西清文
新薬と臨床   61(6) 1330-1336   2012年6月
羽田孝司, 今井康友, 真鍋蘭, 伊藤孝明, 山西清文, 飯室正樹
皮膚の科学   11(3) 226-227   2012年6月
覚道真理子, 岡本陽子, 岡本陽子, 山西清文, 西村実果, 谷澤隆邦, 細貝昇, 管原由恵, 三村博子, 仲田洋美, 久保秀司, 久保秀司, 玉置知子, 玉置知子
日本遺伝カウンセリング学会誌   33(2) 63   2012年5月
石村直也, 今井康友, 真鍋蘭, 羽田孝司, 山西清文
日本皮膚科学会雑誌   122(4) 1203   2012年4月
山西清文
日本皮膚科学会雑誌   122(4) 1023   2012年4月
真鍋蘭, 夏秋優, 山西清文
皮膚の科学   11(2) 180   2012年4月
山西清文, 山本雅章, 坂口祥子, 福永淳
角化症研究会記録集   26th 30-33   2012年3月
羽田孝司, 石村直也, 今井康友, 伊藤孝明, 山西清文, 黒川一郎, 螺良愛郎
皮膚の科学   11(1) 105   2012年2月
福田佳奈子, 足立厚子, 佐々木祥人, 一角直行, 西岡美南, 小猿恒志, 廣畑成也, 山西清文, 小川豊, 福本毅
皮膚脈管膠原病研究会抄録集   35th 22   2012年
武藤正彦, 天谷雅行, 池田志斈, 石河晃, 岩月啓氏, 大塚藤男, 金田眞理, 亀岡洋祐, 清水宏, 下村裕, 新関寛徳, 錦織千佳子, 橋本隆, 日野田裕治, 山西清文
稀少難治性皮膚疾患に関する調査研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   213-281   2012年
照井正, 黒沢美智子, 岩月啓氏, 小澤明, 武藤正彦, 池田志斈, 小宮根真弓, 山西清文, 佐野栄紀, 金蔵拓郎, 馬淵智生
稀少難治性皮膚疾患に関する調査研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   39-44   2012年
伊藤孝明, 中川登, 石村直也, 山本雅章, 谷口怜子, 羽田孝司, 山西清文, 古川紗綾佳
日本フットケア学会雑誌   9(3) 71   2012年
山西清文, 今井康友, 津田達也, 青地聖子, 岩月啓氏
稀少難治性皮膚疾患に関する調査研究 平成23年度 総括・分担研究報告書   115-117   2012年
中川登, 伊藤孝明, 石村直也, 山本雅章, 谷口怜子, 羽田孝司, 山西清文, 古川紗綾佳
日本フットケア学会雑誌   9(3) 71   2012年
富永千春, 今井康友, 山西清文, 黒川一郎
皮膚の科学   10(6) 530   2011年12月
大桑久弥, 田村邦宣, 福岡和也, 柴田英輔, 金村晋吾, 神谷瞳, 本田実紀, 政近江利子, 大搗泰一郎, 前田理沙, 平山倫子, 寺田貴普, 岡田あすか, 村上亜紀, 山田秀哉, 田端千春, 中野孝司, 鳥井郁子, 西上隆之, 辻村亨, 夏秋優, 山西清文
肺癌   51(4) 297-298   2011年8月
吉見宣子, 夏秋優, 山西清文
J Environ Dermatol Cutan Allergol   5(3) 288   2011年7月
今井康友, 善本知広, 善本隆之, 中西憲司, 山西清文
J Environ Dermatol Cutan Allergol   5(3) 289   2011年7月
上田英一郎, 中川登, 山西清文, 山下由紀子, 福井義一
西日本皮膚科   73(3) 318   2011年6月
羽田孝司, 夏秋優, 山西清文
皮膚の科学   10(3) 199-202   2011年6月
黄昌弘, 今井康友, 中川登, 上田英一郎, 伊藤孝明, 夏秋優, 山西清文
皮膚の科学   10(3) 238-239   2011年6月
名波正義, 櫨木聡, 小瀧慶長, 蓮池由紀子, 倉賀野隆裕, 野々口博史, 中西健, 今井康友, 山西清文
日本アフェレシス学会雑誌   30(2) 173   2011年5月
山西清文
日本皮膚科学会雑誌   121(5) 886   2011年4月
山本雅章, 中川登, 羽田孝司, 古川紗綾佳, 武井怜子, 伊藤孝明, 山西清文, 宇野歩美
日本皮膚科学会雑誌   121(5) 921   2011年4月
羽田孝司, 夏秋優, 山西清文
日本皮膚科学会雑誌   121(5) 916   2011年4月
古川紗綾佳, 中川登, 羽田孝司, 伊藤孝明, 夏秋優, 山西清文
皮膚の科学   10(2) 190   2011年4月
黄昌弘, 河野容子, 山本雅章, 上田英一郎, 山西清文
日本皮膚科学会雑誌   121(3) 568   2011年3月
長岡悠美, 夏秋優, 中川登, 宮本園子, 山西清文
皮膚科の臨床   53(3) 536-537   2011年3月
武井怜子, 今井康友, 東田千春, 中川登, 山西清文
Skin Cancer   25(3) 388-389   2011年2月
長岡悠美, 今井康友, 津田達也, 夏秋優, 山西清文, 津田健吉
皮膚科の臨床   53(2) 273-276   2011年2月
武藤正彦, 岩月啓氏, 石河晃, 清水宏, 池田志斈, 大塚藤男, 錦織千佳子, 金田眞理, 新関寛徳, 橋本隆, 天谷雅行, 亀岡洋祐, 山西清文
稀少難治性皮膚疾患に関する調査研究 平成22年度 総括・分担研究報告書   181-184   2011年
真鍋蘭, 今井康友, 山西清文, 青地聖子, 岩月啓氏
日本乾癬学会学術大会   26th 157   2011年
黒沢美智子, 池田志斈, 上原里程, 中村好一, 岩月啓氏, 大野貴司, 清水宏, 山本明美, 山西清文, 小宮根真弓, 青山裕美, 永井正規, 太田晶子, 稲葉裕
稀少難治性皮膚疾患に関する調査研究 平成22年度 総括・分担研究報告書   33-37   2011年
黒沢美智子, 池田志斈, 上原里程, 中村好一, 岩月啓氏, 大野貴司, 清水宏, 山本明美, 山西清文, 小宮根真弓, 青山裕美, 川村孝, 永井正規, 太田晶子, 稲葉裕
特定疾患の疫学に関する研究 平成22年度 総括・分担研究報告書   186-197   2011年
山西清文, 今井康友, 津田達也, 青地聖子, 岩月啓氏
稀少難治性皮膚疾患に関する調査研究 平成22年度 総括・分担研究報告書   105-107   2011年
古川紗綾佳, 古川紗綾佳, 今井康友, 真鍋蘭, 山西清文
日本乾癬学会学術大会   26th 158   2011年
今井康友, 今井康友, 山西清文, 中西憲司
Top Atopy   9(4) 36-42   2010年12月
吉見宣子, 吉見宣子, 夏秋優, 山西清文
J Environ Dermatol Cutan Allergol   4(5) 394   2010年11月
深井和吉, 大霜智子, 阿部優子, 穂積豊, 田中あけみ, 石井正光, 山西清文, 鈴木民夫
日本人類遺伝学会大会プログラム・抄録集   55th 215   2010年10月
西村明子, 夏秋優, 山西清文
皮膚の科学   9(5) 452-457   2010年10月
長岡悠美, 夏秋優, 山西清文
皮膚の科学   9(5) 462-464   2010年10月
武井怜子, 夏秋優, 山西清文
皮膚の科学   9(5) 458-461   2010年10月
夏秋優, 吉見宣子, 山西清文
J Tradit Med   27(Supplement) 108   2010年8月
河野容子, 夏秋優, 山西清文
皮膚の科学   9(4) 397   2010年8月
今井康友, 水谷仁, 中西憲司, 山西清文
Vis Dermatol   9(8) 858-859   2010年7月
宮本園子, 津田達也, 夏秋優, 山西清文
臨床皮膚科   64(8) 577-580   2010年7月
山本麻未, 津田健吉, 末永浩一, 和田沙代子, 渡邊将平, 笠間周平, 高岡俊雄, 木村卓, 梶山幸司, 武田正中, 芳川浩男, 長岡悠美, 山西清文
臨床神経学   50(7) 498   2010年7月
宮本園子, 伊藤孝明, 中川登, 山西清文, 木村鉄宣
臨床皮膚科   64(7) 493-496   2010年6月
羽田孝司, 津田達也, 今井康友, 中川登, 伊藤孝明, 夏秋優, 山西清文, 澤田暁宏
皮膚の科学   9(3) 298   2010年6月
吉見宣子, 栗木安弘, 夏秋優, 山西清文
皮膚の科学   9(3) 304   2010年6月
生駒晃彦, 福岡美友紀, 宮地良樹, 白藤宣紀, 山崎修, 岩月啓氏, 辛島正志, 前山泰彦, 橋本隆, 津田達也, 山西清文, 北場俊, 乾重樹, 片山一朗, 戸倉新樹
皮膚の科学   9(Suppl.14) 25-30   2010年6月
玉置邦彦, 瀧川雅浩, 橋本隆, 山西清文, 片山一朗, 岩月啓氏
皮膚の科学   9(Suppl.14) 31-35   2010年6月
武井怜子, 中川登, 伊藤孝明, 山西清文
Skin Cancer   25(1) 25-28   2010年5月
東直人, 夏秋優, 山西清文, 岩崎剛, 岩崎剛, 森本麻衣, 西岡亜紀, 関口昌弘, 北野将康, 橋本尚明, 松井聖, 佐野統
アレルギー   59(3/4) 434   2010年4月
宇野歩美, 中川登, 古川紗綾佳, 羽田孝司, 山本雅章, 上田英一郎, 伊藤孝明, 夏秋優, 山西清文, 福本隆也
皮膚の科学   9(2) 185   2010年4月
吉見宣子, 夏秋優, 樽谷勝仁, 山西清文
皮膚の科学   9(2) 132-136   2010年4月
青地聖子, 辻和英, 阪口政清, 許南浩, 津田達也, 山西清文, 小宮根真弓, 岩月啓氏
日本皮膚科学会雑誌   120(3) 691   2010年3月
山本雅章, 今井康友, 東田千春, 中川登, 山西清文
日本皮膚科学会雑誌   120(3) 744   2010年3月
羽田孝司, 中川登, 武井怜子, 山本雅章, 伊藤孝明, 夏秋優, 山西清文
日本皮膚科学会雑誌   120(2) 266   2010年2月
長岡悠美, 夏秋優, 山西清文
日本皮膚科学会雑誌   120(2) 259-260   2010年2月
大霜智子, 深井和吉, 石井正光, 鈴木民夫, 阿部優子, 穂積豊, 横井俊明, 山西清文
日本皮膚科学会雑誌   120(2) 268   2010年2月
武井怜子, 津田達也, 山西清文
臨床皮膚科   64(2) 117-120   2010年2月
村上正文, 林義明, 津田達也, 山西清文
皮膚の科学   9(Suppl.13) 24-29   2010年2月
山西清文, 津田達也, 石川千香
稀少難治性皮膚疾患に関する調査研究 平成21年度 総括・分担研究報告書   80-82   2010年
東直人, 夏秋優, 山西清文, 近藤宣幸, 近藤宣幸, 岩崎剛, 岩崎剛, 森本麻衣, 西岡亜紀, 関口昌弘, 北野将康, 橋本尚明, 松井聖, 佐野統
日本臨床免疫学会会誌   33(3) 149-153 (J-STAGE)   2010年
山西清文
稀少難治性皮膚疾患克服のための生体試料の収集に関する研究 平成21年度 総括・分担研究報告書   33-37   2010年
古川紗綾佳, 今井康友, 上田英一郎, 山西清文
日本乾癬学会学術大会   25th 179   2010年
池田志斈, 高木敦, 黒沢美智子, 山本明美, 小宮根真弓, 橋本隆, 清水宏, 山西清文, 武藤正彦
稀少難治性皮膚疾患克服のための生体試料の収集に関する研究 平成21年度 総括・分担研究報告書   23-27   2010年
今井康友, 古川紗綾佳, 津田達也, 上田英一郎, 山西清文
皮膚の科学   8(6) 816   2009年12月
武井怜子, 夏秋優, 山西清文
皮膚の科学   8(6) 810   2009年12月

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 山西 清文
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 山西 清文
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 中川 登
培養表皮角化細胞をプロテアーゼ活性化受容体2(PAR2)のアゴニストペプチドの存在下にIL-1ssあるいはTNF-αで刺激するとCXCL8産生が増強され、その作用はテトラサイクリンによって有意に抑制された。また、アゴニストペプチドとIL-17刺激ではCXCL1の産生増強もみられ、その効果はシクロスポリンA,活性型ビタミンD3,コルチコステロイドで有意に抑制された.以上より、PAR2の活性化は皮膚炎の促進にかかわるとともに,皮膚炎抑制作用を有するこれらの薬剤は表皮角化細胞のPAR2を介する炎...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 山西 清文
角層におけるタンパク質架橋構造としてGln-Lys結合とSS結合が存在するが、これらの形成機構や調節については十分解明されていない。本研究では、トランスグルタミナーゼ活性およびSS結合の局在を高感度に可視化する蛍光基質を用いた組織化学を実施し、これらのタンパク架橋構造が角化の進行に従って順序よく形成され、角層を強靱な構造に維持していることを明らかにした。さらに、トランスグルタミナーゼ1遺伝子改変マウス皮膚の形態的観察から、トランスグルタミナーゼ1がSS結合の局在化にも必須の役割を果たすこと...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 人見 清隆
タンパク質架橋酵素であるトランスグルタミナーゼは、高等動物では8つのアイソザイムが多彩な生命現象に関わる。反応においては基質中の特定のグルタミン残基を酵素が認識する。こうしたグルタミン残基を含む最小基質としてのペプチド配列を、ファージ提示型ライブラリを用い、皮膚特異的酵素や産業利用されている放線菌由来酵素について解明した。最小基質配列に相当するペプチドを用い、高感度な酵素活性検出系の確立や有用な機能タンパク質の固相化などの応用的展開も行った。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 山西 清文
マイクロRNA(miRNA)は遺伝子の発現調節を司る機能分子であり、近年さまざまな疾患の病態を知る新しい手がかりとして注目されている。本研究では表皮の増殖・終末分化に関わるmiRNAを探索し、その下流にある遺伝子の発現調節機構とシグナル伝達およびその制御について研究を展開してきた。まず、ヒト表皮角化細胞を培養し、Ca^<2+>誘導により発現の変化するmiRNAをマイクロアレイによりスクリーニングした。その結果、Ca^<2+>存在下ではhsa-let7b、hsa-miR-29aなどのmiRN...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 水谷 仁
本年度は昨年度行った自然免疫型アトピー性皮膚炎モデルマウスである特異的カスパーゼ1トランスジェニックマウス(KCASP1Tg)表皮で発現する遺伝子の網羅的解析にくわえて、同じく我々が開発した自然免疫型アトピー性皮膚炎モデルマウスIL-18トランスジェニックマウス(KIL-18Tg)についても同腹の対照マウスより得た表皮で発現する遺伝子の解析を試みた。正常対照およびKCASP1Tg, KIL-18Tg皮疹部皮膚から行いアトピー性皮膚炎発症条件における遺伝子の発現プロフィールをスクリーニングし...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 山西 清文
本研究では、魚鱗癬皮膚形成に関わる代償性表皮再構築システムの解明を目的に、トランスグルタミナーゼ1遺伝子異常に起因する遺伝子発現プロフィールの変化を機能ゲノム学的に解析して表皮再構築システムに関わる機能遺伝子の同定を試みた。まず、トランスグルタミナーゼ1欠損マウス(TGM1 KO)、および同腹の対照マウスより得た表皮で発現する遺伝子を網羅的に解析した。正常対照およびTGM1KO皮膚からmRNAを調製し、蛍光ラベルcDNAプローブを作製後、FANTOMデータベースのマウスcDNAから6,00...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2001年 - 2003年    代表者: 野坂 和人
チアミン反応性貧血症候群(OMIM 249270)は巨赤芽球性貧血と糖尿病、難聴を三主徴とし、チアミンの大量投与によりそれらの症状が軽減する.本症の原因異常酵素として補酵素チアミンピロリン酸合成に必須であるチアミンピロホスホキナーゼ(TPK)とチアミン輸送タンパク質のいずれかが考えられていたが、申請者らは本症の原因遺伝子(THTR1)を決定し、THTR1が高親和性チアミン輸送タンパク質をコードすることを明らかにした.さらにヒトおよびマウスのTPK cDNAを単離し酵素学的性質を解析した.し...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2001年 - 2003年    代表者: 水谷 仁
Caspase-1とIL-18を皮膚に過剰に発現するマウスモデルを作成し,アトピー性皮膚炎(AD)に類似の皮膚症状を引き起こすことに成功した。皮膚症状と全身の免疫学的解析を行い,このマウスがIL-18を大量に産生し,このIL-18がIL-4,IL-5,IL-10等を誘導することを明らかにした.またこれらの症状がADを発症する免疫学的背景である全身的なサイトカインプロフィルがTh2型に変異しており、マスト細胞の増加とヒスタミン血症を起こすことにより両モデル動物が非常に強い掻破行動を示すことを...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2001年 - 2003年    代表者: 山西 清文
Netherton症候群は魚鱗癬、アトピー症状、陥入性裂毛を特徴とする疾患である。その原因遺伝子としてプロテアーゼインヒビターSPINK5が同定されている。しかし、SPINK5が制御するプロテアーゼとその活性化システムの詳細は不明である。本研究では魚鱗癬モデルを用いて皮膚におけるセリンプロテアーゼ系の役割を探索し、魚鱗癬の疾患病態解明することを目的として実験を行った。トランスグルタミナーゼ1ノックアウトマウスは皮膚のバリア障害により生後すぐに死亡するため魚鱗癬の症状は示さないが、このマウス...
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽的研究, 萌芽研究)
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 山西 清文
表皮における遺伝子機能の補充、変異遺伝子の矯正など、遺伝子レベルの治療については、遺伝子の送達効率、導入した遺伝子の安定性、ベクターの免疫原性、発現効率の問題などにより、未だに理想的な表皮遺伝子治療用ベクター系は得られていない。しかし、vesicular stomatitis virusのエンベロープをウイルス表面にもつ組換えpseudotypeレンチウイルスベクターを用いれば、遺伝子が非分裂細胞のゲノムに組み込まれ、遺伝子導入後持続的に長期の遺伝子発現(6ヶ月以上)が期待できる。そこで、...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 山西 清文
非水庖型魚鱗癬様紅皮症(NBCIE)は,臨床的に粗大褐色調の板状鱗屑を特徴とする常染色体劣性葉状魚鱗癬(Lamellar ichthosis, LI)とそれ以外の紅皮症に微細白色鱗屑伴う病型に分類されるが,これらの症例の一部に周辺帯(CE)形成異常とトランスグルタミナーゼ1(TGase 1)の変異が検出されている.CEの産生にはTGase 1が必須であることは,TGase 1ノックアウトマウス(TGase 1^<-/->)の解析によりすでに証明したが,TGase 1異常がLIに見られるよう...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1999年 - 2000年    代表者: 山西 清文
本研究では,疾患病態における角化関連遺伝子の転写調節の脱制御機構を解明することを目的に,角化特異的遺伝子であるトランスグルタミナーゼ1遺伝子の発現調節をモデルとし,新生仔マウスとトランスグルタミナーゼ1遺伝子欠損マウス皮膚をもちいて,in vivoにおける遺伝子発現解析を実施した.まず,in situ hybridization(ISH)により,創傷治癒過程においてトランスグルタミナーゼ1遺伝子発現が強く誘導されることを発見した.トランスグルタミナーゼ1遺伝子の発現は,K6遺伝子発現ととも...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 山西 清文
TGase 1遺伝子欠損マウス(TGase 1^<-/->)を作製し、この遺伝子破壊がもたらす生物学的な影響を個体レベルで解析した。ES R1細胞における相同組換えを利用して、TGase 1遺伝子の転写開始点と翻訳開始コドン周辺を含むエクソン1〜3を破壊するターゲティングをおこない、キメラマウスを経て、TGase 1^<-/->を作製した。TGase 1^<-/->では角質形成は未熟で、cell envelopeは欠落し、それを構成するロリクリンの局在異常が観察された。TGase 1^<-...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 山西 清文
先天性角化異常症である常染色体劣性葉状魚鱗癬のモデルとして、その原因遺伝子のひとつであるトランスグルタミナーゼ1(TGase1)遺伝子のノックアウトマウスを作製した。相同染色体組み換えを利用して、ES細胞においてTGase1遺伝子にヘテロの変異をもつESクローン得るために、まず、ヒトTGase1 cDNA (2.6kb)の配列をもとにプライマーを作製し、CD-1マウス表皮RNAを鋳型としてRT-PCRを行った。得られたマウスTGase1 cDNAを用いて、129/SvJゲノムライブラリーを...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1994年 - 1995年    代表者: 山西 清文
常染色体劣性葉状魚鱗癬のモデルを作製するために、疾患遺伝子であるトランスグルタミナーゼ1(TGasel)の遺伝子を解析した。まず,転写調節領域を明らかにするため、TGasel遺伝子の5′上流2.5kbの欠失変異体をルシフェラーゼ(Luc)遺伝子に組み換えたレポーター遺伝子を作製し、ERSKラット角化細胞に導入後、Luc活性を測定し、TGasel遺伝子の転写活性を測定した。protein kinaseCを活性化するTPAを作用させた場合、Luc活性の著名な増加が観察され、転写活性化に必要な領...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1993年 - 1993年    代表者: 山西 清文
本年度の研究によって、角化細胞においてloricrinなどの蛋白を架橋して疎水性の不溶性裏打ち構造を作り角質の産生に重要な役割を果たすtransglutaminase1(TGasel)の遺伝子と、この酵素の基質の一つである好中球elastase inhibitor elafin/SKALPの遺伝子は、正常表皮では角層直下の顆粒層において発現しているが、乾癬表皮ではいずれも基底層に近い有棘層から角層近くまで過剰な発現が見られることがin situ hybridizationによって明らかとな...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1991年 - 1992年    代表者: 安野 洋一
本研究では、皮膚悪性腫瘍のなかでも、近年その発症頻度が急速に増加しつつある基底細胞癌(basal cell carcinoma;BCC)に関わる癌抑制遺伝子について解析を行なった。まず、種々の悪性腫瘍においてその変異が高頻度に認められているp53遺伝子の点突然変異の有無に関して11例のBCCについてPCR-SSCP(polymerase chainreaction-single strand conformation polymorphism)を用いて、p53遺伝子のexon2から11にお...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1989年 - 1990年    代表者: 安野 洋一
ヒト細胞の腫瘍化には癌遺伝子あるいは癌抑制遺伝子の変異が密接に関与することが明らかにされつつある。本研究では、皮膚角化細胞の増殖調節機構、その脱制御機構をめぐる細胞工学的研究を踏まえて、皮膚腫瘍、とくに表皮系の腫瘍を対象として、これらの遺伝子の異常を検討し、その臨床的意義や腫瘍化のメカニズムを明らかにしようと試みた。皮膚角化細胞の増殖はcAMP系をはじめ種々の増殖調節系によりコントロ-ルされていると考えられるが、癌遺伝子Haーrasの培養表皮細胞ヘの導入、発現により増殖が脱制御されることを...
角化症の分子病態解析
共同研究
炎症性皮膚疾患の分子病態解析
共同研究
皮膚疾患の分子病態解析
共同研究
トランスグルタミナーゼ異常症
共同研究