HINO Masayuki

J-GLOBAL         Last updated: Nov 27, 2019 at 03:03
 
Avatar
Name
HINO Masayuki
E-mail
hinommed.osaka-cu.ac.jp
Affiliation
Osaka City University
Section
Graduate School of Medicine Clinical Medicine Course
Job title
Professor
Degree
Doctor of Medicine(The University of Tokyo)
Other affiliation
Osaka City Universit, Graduate School of MedicineOsaka City University Hospital
Research funding number
50244637

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
2002
 - 
Today
Hematology, Osaka City Universit, Graduate School of Medicine
 
2002
 - 
Today
Osaka City University Hospital
 
Apr 1992
 - 
Today
Professor, Graduate School of Medicine Clinical Medicine Course, Osaka City University
 

Education

 
Apr 1979
 - 
Mar 1985
Faculty of Medicine, Osaka City University
 

Published Papers

 
Nakane T, Okamura H, Tagaito Y, Koh S, Yoshimura T, Makuuchi Y, Nanno S, Nakamae M, Hirose A, Nakashima Y, Koh H, Hino M, Nakamae H
International journal of hematology   10(6) 736-742   Dec 2019   [Refereed]
日本人患者におけるHLA不一致非血縁ドナーからの同種造血細胞移植における、ボルテゾミブを含むGVHD予防に対する臨床第Ⅰ相試験を設計した。短期メソトレキサートおよびタクロリムスに加え、ボルテゾミブをday1、4、7に投与し、3段階の投与量を設定した。最初の6人(うち5人が骨髄)は1.3mg/m2/回で開始したところ、全例生着し、day100までにボルテゾミブによると思われる用量制限毒性は認めず、急性GVHD は2度を3人に認め、3-4度は認めなかった。以上の結果を踏まえ、1.3mg/m2を...
Fujishima Naohito, Uchida Toshiki, Onishi Yasushi, Jung Chul Won, Goh Yeow Tee, Ando Kiyoshi, Wang Ming Chung, Ono Chiho, Matsumizu Miyako, Paccagnella M. Luisa, Sleight Barbara, Vandendries Erik, Fujii Yosuke, Hino Masayuki
INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY      Oct 2019   [Refereed]
再発または難治性成人B細胞性急性リンパ性白血病(ALL)を対象として、イノツズマブオゾガマイシン(InO)と標準治療(SoC)を比較した国際非盲検無作為化第3相試験(INO-VATE)のアジア人患者のサブグループ解析を行った。SoC群に比較し、InO群で寛解率、最小残存病変陰性率が上回り、より多くの患者が造血幹細胞移植を受けることができ、全生存期間の中央値も延長した。類洞閉塞症候群はInO群で5人、SoC群で1人報告された。
Ido K, Nakamae M, Koh H, Okamura H, Nanno S, Nishimoto M, Takeoka Y, Hirose A, Nakashima Y, Hashimoto Y, Nakane T, Hino M, Nakamae H
Transplantation   103(10) 2201-2210   Oct 2019   [Refereed]
同種造血幹細胞移植を受け、WT1の値が得られた急性骨髄性白血病患者を対象として、予後を後方視的に解析した。非寛解例において、WT1 5,000 copies/μg RNA以上であることが死亡リスクを増加させた(HR 2.7、p = 0. 008)。WT1上昇に伴って死亡に対するハザード比が単調増加していることがわかった。WT1は腫瘍量の把握や移植前の治療の目標値として有用である可能性がある。
Nishimoto Mitsutaka, Hirose Asao, Koh Hideo, Nakamae Mika, Nanno Satoru, Okamura Hiroshi, Nakane Takahiko, Nakashima Yasuhiro, Hino Masayuki, Nakamae Hirohisa
BIOLOGY OF BLOOD AND MARROW TRANSPLANTATION   25(10) 2061-2069   Oct 2019   [Refereed]
移植後大量シクロフォスファミドを用いたHLA半合致同種造血幹細胞移植時にサイトカイン放出症候群がしばしば観察されるが、移植後治療成績との関連は十分に調べられていない。本論文では炎症性サイトカインである血清IL-6がサイトカイン放出症候群の重症度を反映し、移植直後の血清IL-6高値が移植後非再発死亡の上昇および生存率悪化との関連があることを報告している。
Sakatoku K, Takeoka Y, Miura A, Araki T, Fujitani Y, Yamamura R, Nakamae H, Ohta K, Hino M
Clinical lymphoma, myeloma & leukemia      Sep 2019   [Refereed]
骨髄異形成症候群(MDS)患者におけるfrailtyや合併症の予後・死因に対する影響を
調べた。118人の連続患者について後方視的に評価。Frailtyと合併症の増加に伴い感
染関連死亡の発生率増加と全生存期間の増悪がみられた。この効果は、IPSS-Rが低い患者でより顕著であった。本研究は、frailtyおよび合併症が低リスクMDSにおいて感染症死亡・予後の独立した予測因子である可能性を示唆している。

Misc

 
日野 雅之
(有)科学評論社 血液内科   78(2) 228-233   Feb 2019   [Refereed]
日野 雅之
(株)日本臨床社 日本臨床   75(増刊1 貧血学) 559-563   Jan 2017   [Refereed]
中前 美佳, 日野 雅之
(有)科学評論社 血液内科   73(4) 528-533   Oct 2016   [Refereed]
日野 雅之, 今井 重良
(有)科学評論社 血液内科   72(6) 771-776   Jun 2016   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
武村 和哉, 滝沢 恵津子, 田守 昭博, 中前 美佳, 久保田 浩, 日野 雅之
臨床化学   Aug 2019   (一社)日本臨床化学会
中舎 璃乃, 津田 昌宏, 待場 優里, 藤元 健太, 上殿 英記, 仲谷 慎也, 中根 孝彦, 森 克仁, 絵本 正憲, 日野 雅之, 稲葉 雅章
日本腎臓学会誌   Aug 2019   (一社)日本腎臓学会
藤元 健太, 津田 昌宏, 上殿 英記, 仲谷 慎也, 中嶋 康博, 森 克仁, 絵本 正憲, 山下 太郎, 日野 雅之, 稲葉 雅章
日本腎臓学会誌   Aug 2019   (一社)日本腎臓学会
池本 彩, 今井 重良, 久保田 浩, 藤坂 友子, 武田 真一, 藤岡 一也, 中前 美佳, 日野 雅之
日本医学検査学会抄録集   May 2019   (一社)日本臨床衛生検査技師会
武村 和哉, 上野 信弥, 滝沢 恵津子, 中前 美佳, 久保田 浩, 藤岡 一也, 日野 雅之
日本医学検査学会抄録集   May 2019   (一社)日本臨床衛生検査技師会