行岡 秀和

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/01 14:56
 
アバター
研究者氏名
行岡 秀和
 
ユキオカ ヒデカズ
所属
大阪行岡医療大学医療学部理学療法学科
部署
救急医学講座
職名
教授
学位
医学博士

研究分野

 
 

経歴

 
2014年
 - 
現在
大阪行岡医療大学 医療学部 学部長
 
2013年
 - 
現在
大阪行岡医療大学医療学部理学療法学科 救急医学講座 教授
 
2005年
 - 
現在
行岡医学研究会行岡病院 麻酔・救急・集中治療科 副院長
 
2000年
 - 
2005年
大阪市立大学大学院医学研究科 救急生体管理医学 助教授
 
1993年
 - 
2000年
大阪市立大学医学部 救急部 助教授
 
1987年
 - 
1993年
大阪市立大学医学部 麻酔・集中治療医学講座 講師
 
1984年
 - 
1985年
英国ウェ-ルズ大学医学部 麻酔学講座 リサーチフェロー
 

学歴

 
 
 - 
1976年
大阪市立大学 医学部 医学科
 

委員歴

 
2018年
 - 
現在
日本救命医療学会  名誉会員
 
2016年
 - 
現在
日本集中治療医学会  名誉会員
 
2016年
 - 
現在
日本救急医学会  功労会員
 
2016年
 - 
現在
大阪府医師会  功労会員
 
2015年
 - 
現在
日本臨床救急医学会  機関誌編集委員会委員長
 
2015年
 - 
現在
日本蘇生学会  功労会員
 
2014年
 - 
現在
日本呼吸療法医学会  利益相反委員会委員
 
2013年
 - 
現在
日本呼吸療法医学会  専門医委員会委員
 
2013年
 - 
現在
日本集中治療医学会  個人情報・利益相反検討委員会委員
 
2012年
 - 
2015年
日本臨床救急医学会  機関誌編集委員会副委員長
 
2012年
 - 
現在
日本救命医療学会  評議員
 
2011年
 - 
2014年
日本呼吸療法医学会  利益相反委員会委員長
 
2005年
 - 
2015年
日本蘇生学会  蘇生医療検討委員会委員
 
2003年
 - 
2015年
日本呼吸療法医学会  評議員
 
2002年
 - 
2015年
日本蘇生学会  評議員
 
1998年
 - 
現在
日本臨床救急医学会  評議員
 
1998年
 - 
2016年
日本救急医学会  評議員
 
1993年
 - 
2016年
日本集中治療医学会  評議員
 
2008年
 - 
2014年
日本集中治療医学会  薬事・規格・安全対策委員会委員長
 
2008年
 - 
2011年
日本呼吸療法医学会  機関誌「人工呼吸」編集委員長
 
2005年
 - 
2011年
日本集中治療医学会  個人情報・利益相反検討委員会委員長
 
2005年
 - 
2011年
日本集中治療医学会  専門医審査委員会委員
 
2005年
 - 
2011年
日本呼吸療法医学会  評議員審査委員会委員
 
2003年
 - 
2008年
日本集中治療医学会  危機管理委員会委員長
 
2002年
 - 
2008年
日本集中治療医学会  社会保険対策委員会委員
 
2002年
 - 
2008年
日本集中治療医学会  理事
 
2007年
   
 
日本集中治療医学会近畿地方会  第52回会長
 
2001年
 - 
2007年
日本集中治療医学会  専門医試験委員会委員
 
2003年
 - 
2006年
日本集中治療医学会  用語委員会委員
 
2000年
 - 
2006年
日本救急医学会近畿地方会  心肺蘇生に関する統計基準検討委員会委員長
 
2000年
 - 
2006年
日本集中治療医学会  機関誌編集委員会委員
 
2003年
 - 
2005年
日本麻酔科学会  救急医療対策専門部会員
 
2000年
 - 
2005年
日本蘇生学会  地域緊急蘇生医療システム検討委員会委員
 
2004年
   
 
日本中毒学会西日本部会  第24回世話人
 
1997年
 - 
2001年
日本麻酔科学会  救急医療対策委員会委員
 
2001年
   
 
日本救急医学会近畿地方会  第84回 会長
 
1996年
 - 
2000年
日本救急医学会近畿地方会  心肺蘇生に関する統計基準検討委員会副委員長
 
1996年
 - 
1999年
日本麻酔科学会  評議員
 
1996年
 - 
2016年
日本心臓血管麻酔学会  評議員
 
1996年
 - 
現在
日本循環制御医学会  評議員
 
1993年
 - 
現在
日本救急医学会近畿地方会  幹事
 
1992年
 - 
現在
麻酔科・救急医療研究会  世話人
 

受賞

 
1994年
第40回大阪市医学会市長賞
 
1996年
救急医療功労者として大阪府医師会長から表彰
 
1997年
救急医療功労者として大阪府下消防長会会長から感謝状贈呈
 
2002年
救急医療功労者として大阪府知事から表彰
 

論文

 
Kajino K, Iwami T, Berg RA, Hiraide A, Hayashi Y, Yukioka H, Tanaka H, Shimazu T, Sugimoto H
Emergency medicine journal : EMJ   26 492-496   2009年7月   [査読有り]
Iwami T, Nichol G, Hiraide A, Hayashi Y, Nishiuchi T, Kajino K, Morita H, Yukioka H, Ikeuchi H, Sugimoto H, Nonogi H, Kawamura T
Circulation   119(5) 728-734   2009年2月   [査読有り]
Nishiuchi T, Hayashino Y, Fukuhara S, Iwami T, Hayashi Y, Hiraide A, Ikeuchi H, Yukioka H, Matsuoka T
Resuscitation   78(3) 307-313   2008年9月   [査読有り]
Endo S, Aikawa N, Fujishima S, Sekine I, Kogawa K, Yamamoto Y, Kushimoto S, Yukioka H, Kato N, Totsuka K, Kikuchi K, Ikeda T, Ikeda K, Yamada H, Harada K, Satomura S
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   14(3) 244-249   2008年6月   [査読有り]
Iwami T, Kawamura T, Hiraide A, Berg RA, Hayashi Y, Nishiuchi T, Kajino K, Yonemoto N, Yukioka H, Sugimoto H, Kakuchi H, Sase K, Yokoyama H, Nonogi H
Circulation   116(25) 2900-2907   2007年12月   [査読有り]
Kodama T, Yukioka H, Kato T, Kato N, Hato F, Kitagawa S
Internal medicine (Tokyo, Japan)   46(11) 699-704   2007年   [査読有り]
[Present condition of out-of-hospital emergency medical services in Japan].
Iwami T, Kawamura T, Kajino K, Hiraide A, Yukioka H, Nonogi H
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   95(12) 2408-2413   2006年12月   [査読有り]
Iwami T, Hiraide A, Nakanishi N, Hayashi Y, Nishiuchi T, Uejima T, Morita H, Shigemoto T, Ikeuchi H, Matsusaka M, Shinya H, Yukioka H, Sugimoto H
Resuscitation   69(2) 221-228   2006年5月   [査読有り]
Aikawa N, Fujishima S, Endo S, Sekine I, Kogawa K, Yamamoto Y, Kushimoto S, Yukioka H, Kato N, Totsuka K, Kikuchi K, Ikeda T, Ikeda K, Harada K, Satomura S
Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy   11(3) 152-159   2005年6月   [査読有り]
[Infection and plasma procalcitonin].
Yukioka H
Clinical calcium   15(3) 152-157   2005年3月   [査読有り]
Hayashi Y, Hiraide A, Morita H, Shinya H, Nishiuchi T, Yukioka H, Ikeuchi H, Matsusaka M, Shigemoto T, Ueshima T, Iwami T, Kai T, Fujii C
Resuscitation   63(2) 161-166   2004年11月   [査読有り]
Effect of enteral nutrition of monoacetoacetin on bacterial translocation in burned rats.
Takahata T, Ohira M, Nishiguchi Y, Sawai M, Ueda N, Naito S, Kato N, Yukioka H, Hirakawa K
JPEN. Journal of parenteral and enteral nutrition   28 301-307   2004年9月   [査読有り]
Nishiuchi T, Hiraide A, Hayashi Y, Uejima T, Morita H, Yukioka H, Shigemoto T, Ikeuchi H, Matsusaka M, Iwami T, Shinya H, Yokota J
Resuscitation   59 329-335   2003年12月   [査読有り]
Terai T, Yukioka H, Ueda H, Tanaka M
Journal of clinical anesthesia   15 570-571   2003年11月   [査読有り]
Yukioka H
Critical care medicine   31 2417-8; author reply 2418   2003年9月   [査読有り]
Iwami T, Hiraide A, Nakanishi N, Hayashi Y, Nishiuchi T, Yukioka H, Yoshiya I, Sugimoto H
Resuscitation   57 145-152   2003年5月   [査読有り]
Maeda H, Fujita MQ, Zhu BL, Yukioka H, Shindo M, Quan L, Ishida K
Forensic science international   127 82-87   2002年6月   [査読有り]
Superior mesenteric vein thrombosis presented transient false positivity for lupus anticoagulant under heparin treatment.
Kato N, Yukioka H, Yoshida G, Kurita S, Hirakawa K, Koh KR
European journal of emergency medicine : official journal of the European Society for Emergency Medicine   9 67-70   2002年3月   [査読有り]
Plasma procalcitonin in sepsis and organ failure.
Yukioka H, Yoshida G, Kurita S, Kato N
Annals of the Academy of Medicine, Singapore   30 528-531   2001年9月   [査読有り]
More accurate Sedation-Agitation Scale grading.
Yukioka H
Critical care medicine   29 698   2001年3月   [査読有り]
[Emergency medicine in the new century(discussion)].
Tanaka K, Yukioka H, Tanikawa K, Ishihara S, Maekawa T
Masui. The Japanese journal of anesthesiology   49 Suppl S73-8   2000年12月   [査読有り]
Earlier extubation after esophagectomy is successfully performed with thoracic epidural bupivacaine combined with thoracic and lumbar epidural morphine.
Yukioka H
Anesthesia and analgesia   89 1592   1999年12月   [査読有り]
Preoperative epidural morphine using double-catheter technique for esophagectomy.
Mizutani K, Oda Y, Terai T, Yukioka H, Asada A
Osaka city medical journal   45 129-138   1999年12月   [査読有り]
[Assessment of postoperative pain using face scale judged by nurses: comparison between hepatectomy and esophagectomy].
Terai T, Yukioka H
Masui. The Japanese journal of anesthesiology   48 981-985   1999年9月   [査読有り]
Concurrent administration of amrinone with nitric oxide most improves PaO2/FiO2 in acute respiratory and cardiac failure.
Yukioka H, Hayashi M, Yamada T, Fujimori M
European journal of emergency medicine : official journal of the European Society for Emergency Medicine   6 161-164   1999年6月   [査読有り]
Nakatani K, Yukioka H, Fujimori M, Maeda C, Noguchi H, Ishihara S, Yamanaka I, Tase C
The American journal of emergency medicine   17 203-206   1999年3月   [査読有り]
Oral clonidine to control hypertension after head injury.
Kariya N, Shindoh M, Nishi S, Yukioka H, Asada A
European journal of emergency medicine : official journal of the European Society for Emergency Medicine   6 77-79   1999年3月   [査読有り]
Oda Y, Shindoh M, Yukioka H, Iimuro S, Nishi S, Asada A, Nagata T
Intensive care medicine   24 1231   1998年11月   [査読有り]
Kariya N, Shindoh M, Nishi S, Yukioka H, Asada A
Journal of clinical anesthesia   10 514-517   1998年9月   [査読有り]
Elevated methemoglobin in patients with sepsis.
Ohashi K, Yukioka H, Hayashi M, Asada A
Acta anaesthesiologica Scandinavica   42 713-716   1998年7月   [査読有り]
Yabe M, Nishikawa K, Terai T, Yukioka H, Fujimori M
Anesthesia and analgesia   86 1194-1200   1998年6月   [査読有り]
Mori T, Nishikawa K, Terai T, Yukioka H, Asada A
Anesthesiology   88 1558-1565   1998年6月   [査読有り]
Pain evaluation in the intensive care unit: observer-reported faces scale compared with self-reported visual analog scale.
Terai T, Yukioka H, Asada A
Regional anesthesia and pain medicine   23 147-151   1998年3月   [査読有り]
Effects of inhaled nitric oxide on platelet-activating factor-induced pulmonary hypertension in dogs.
Yamada T, Yukioka H, Hayashi M, Asada A, Inoue M
Acta anaesthesiologica Scandinavica   42 358-368   1998年3月   [査読有り]
[Anesthetic management of cesarean section in a patient with pulmonary embolism due to deep venous thrombosis].
Yabe M, Yukioka H, Nomura T, Nakatani K, Nishikawa K, Tatekawa S, Asada A
Masui. The Japanese journal of anesthesiology   46 1585-1589   1997年12月   [査読有り]
Crush syndrome sustained in the 1995 Kobe, Japan, earthquake; treatment and outcome.
Oda Y, Shindoh M, Yukioka H, Nishi S, Fujimori M, Asada A
Annals of emergency medicine   30 507-512   1997年10月   [査読有り]
Escherichia coli O157 infection disaster in Japan, 1996.
Yukioka H, Kurita S
European journal of emergency medicine : official journal of the European Society for Emergency Medicine   4 165   1997年9月   [査読有り]
[Acute angle-closure glaucoma after total hip replacement surgery].
Ujino H, Morimoto O, Yukioka H, Fujimori M
Masui. The Japanese journal of anesthesiology   46 823-826   1997年6月   [査読有り]
Lidocaine-induced hemodynamic effects are enhanced by the inhibition of endothelium-derived relaxing factor in dogs.
Toyoyama H, Yukioka H, Hayashi M, Tatekawa S, Fujimori M
Acta anaesthesiologica Scandinavica   41 766-773   1997年6月   [査読有り]
Bupivacaine does not suppress cardiac sympathetic nerve activity during halothane anesthesia in the cat.
Nishikawa K, Terai T, Morimoto O, Yukioka H, Asada A
Acta anaesthesiologica Scandinavica   41 595-601   1997年5月   [査読有り]
[Two cases of crush syndrome associated with intractable pain].
Kurita S, Oda Y, Terai T, Yukioka H, Fujimori M, Asada A
Masui. The Japanese journal of anesthesiology   46 511-514   1997年4月   [査読有り]
Administration of epidural bupivacaine combined with epidural morphine after esophageal surgery.
Terai T, Yukioka H, Fujimori M
Surgery   121 359-365   1997年4月   [査読有り]
[Intraoperative continuous epidural lidocaine combined with preoperative administration of epidural morphine for post-hepatectomy pain relief].
Terai T, Yukioka H, Fujii T, Yabe M, Asada A
Masui. The Japanese journal of anesthesiology   46 100-104   1997年1月   [査読有り]
Intraoperative continuous epidural lidocaine for early postoperative analgesia.
Mizutani K, Oda Y, Nakamoto T, Yukioka H, Fujimori M, Asada A
Osaka city medical journal   42 125-134   1996年12月   [査読有り]
[Cesarean section under spinal anesthesia for a patient with chronic renal failure].
Azuma K, Nakamoto T, Terai T, Nishikawa K, Yukioka H, Fujimori M
Masui. The Japanese journal of anesthesiology   45 880-883   1996年7月   [査読有り]
Effects of lidocaine on pulmonary circulation during hyperoxia and hypoxia in the dog.
Yukioka H, Hayashi M, Tatekawa S, Fujimori M
Regional anesthesia   21 327-337   1996年7月   [査読有り]
An unusual presentation of crush syndrome following syncope.
Oda Y, Nomura T, Shindoh M, Nishi S, Yukioka H, Fujimori M
Anaesthesia and intensive care   24 389-391   1996年6月   [査読有り]
Lung uptake of lidocaine during hyperoxia and hypoxia in the dog.
Hasegawa K, Yukioka H, Hayashi M, Tatekawa S, Fujimori M
Acta anaesthesiologica Scandinavica   40 489-495   1996年4月   [査読有り]
Nishikawa K, Yabe M, Mori T, Terai T, Yukioka H, Fujimori M
Anesthesia and analgesia   82 551-557   1996年3月   [査読有り]
[Effective treatment of a man with head injury and multiple rib fractures with epidural analgesia].
Kariya N, Oda Y, Yukioka H, Fujimori M
Masui. The Japanese journal of anesthesiology   45 223-226   1996年2月   [査読有り]
Effects of intravenous mepivacaine on renal sympathetic nerve activity in the cat during nitrous oxide and nitrous oxide-halothane anesthesia.
Morimoto O, Nishikawa K, Yukioka H, Fujimori M
Regional anesthesia   21 41-48   1996年1月   [査読有り]
Choi YK, Yukioka H, Yamada T, Hayashi M, Fujimori M
Journal of anesthesia   9 318-323   1995年12月   [査読有り]
[A case of graft-versus-host disease following red cell concentrate (MAP-CRC) transfusion].
Nakamoto T, Nishi S, Shindoh M, Hayashi M, Yukioka H, Fujimori M, Maekawa N
Masui. The Japanese journal of anesthesiology   44 1261-1264   1995年9月   [査読有り]
A case of herpes zoster myelitis occurring during epidural analgesia.
Oda Y, Terai T, Yukioka H, Fujimori M
Anesthesia and analgesia   81 646-648   1995年9月   [査読有り]
[Tele-ECG transmission for patients with out-of-hospital cardiac arrest in Osaka City].
Shindoh M, Nishi S, Kurita S, Hayashi M, Yukioka H, Fujimori M
Masui. The Japanese journal of anesthesiology   44 890-894   1995年6月   [査読有り]
[Clinical study of postoperative sedation in pediatric patients--effects of inhalation anesthetics and postoperative analgesics].
Yamamoto I, Yukioka H, Fujimori M
Masui. The Japanese journal of anesthesiology   43 1191-1195   1994年8月   [査読有り]
Effects of intravenous lidocaine on cardiac sympathetic nerve activity and A-V conduction in halothane-anesthetized cats.
Nishikawa K, Terai T, Morimoto O, Yukioka H, Fujimori M
Acta anaesthesiologica Scandinavica   38 115-120   1994年2月   [査読有り]
Concealed Wolff-Parkinson-White syndrome detected during spinal anaesthesia.
Nishikawa K, Mizoguchi M, Yukioka H, Asada A, Fujimori M
Anaesthesia   48 1061-1064   1993年12月   [査読有り]
[Spinal anesthesia for empty sella syndrome associated with diabetes insipidus--a case report].
Tani Y, Terai T, Yukioka H, Fujimori M
Masui. The Japanese journal of anesthesiology   42 1371-1374   1993年9月   [査読有り]
A double-blind comparison of lidocaine and mepivacaine during epidural anaesthesia.
Terai T, Yukioka H, Fujimori M
Acta anaesthesiologica Scandinavica   37 607-610   1993年8月   [査読有り]
Intravenous lidocaine as a suppressant of coughing during tracheal intubation in elderly patients.
Yukioka H, Hayashi M, Terai T, Fujimori M
Anesthesia and analgesia   77 309-312   1993年8月   [査読有り]
Prostaglandin E1 as a hypotensive drug during general anesthesia for total hip replacement.
Yukioka H, Asada K, Fujimori M, Shimazu A
Journal of clinical anesthesia   5 310-314   1993年7月   [査読有り]
[Plasma potassium concentrations during N2O-enflurane anesthesia in patients on chronic hemodialysis].
Yukioka H, Fujimori M
Masui. The Japanese journal of anesthesiology   42 402-405   1993年3月   [査読有り]
Self-assessment of the cephalad analgesia level after spinal or epidural anesthesia.
Yukioka H, Terai T, Fujimori M
Regional anesthesia   17 95-98   1992年3月   [査読有り]
[Hemodynamic and catecholamine responses during enflurane anesthesia for pheochromocytoma].
Terai T, Yukioka H, Fujimori M
Masui. The Japanese journal of anesthesiology   41 182-189   1992年2月   [査読有り]
[Perioperative management of patients on maintenance hemodialysis: serum potassium and hemodynamic changes during anesthesia].
Yukioka H, Kurita S, Fujimori M
Masui. The Japanese journal of anesthesiology   41 33-36   1992年1月   [査読有り]
Yukioka H, Ryo K, Fujimori M
Journal of anesthesia   5 303-305   1991年7月   [査読有り]
[General anesthesia for cesarean section in a patient with Marfan's syndrome associated with dissecting aortic aneurysm].
Hayashi M, Terai T, Nishikawa K, Yukioka H, Fujimori M
Masui. The Japanese journal of anesthesiology   40 622-626   1991年4月   [査読有り]
Nishikawa K, Shindoh M, Yukioka H, Fujimori M
Journal of anesthesia   5 195-198   1991年4月   [査読有り]
[Comparison of effects of intravenous versus intramuscular famotidine on pH and volume of gastric juice].
Tatekawa S, Yukioka H, Fujimori M, Shiba K, Kubota Y, Hamai R, Satoh E, Ogata A, Kawasaki O
Masui. The Japanese journal of anesthesiology   39 1619-1625   1990年12月   [査読有り]
Lidocaine intoxication during general anesthesia.
Yukioka H, Hayashi M, Fujimori M
Anesthesia and analgesia   71 207-208   1990年8月   [査読有り]
[Hypertensive response to labetalol in pheochromocytoma].
Enoki N, Satoh Z, Ogata A, Yukioka H, Nishimura K, Fujimori M
Masui. The Japanese journal of anesthesiology   33 1008-1011   1984年9月   [査読有り]
Influence of alpha- and beta-adrenergic blockade on systemic and pulmonary hemodynamics during intravenous administration of local anesthetics.
Yukioka H, Tatekawa S, Nishimura K, Fujimori M
Acta anaesthesiologica Scandinavica   28 339-347   1984年6月   [査読有り]
New adaptor for intravascular electrocardiogram.
Tatekawa S, Yukioka H, Nishimura K, Frijimori M
Anesthesia and analgesia   61 884   1982年10月   [査読有り]
A study of a noninvasive method for measuring central venous pressure during general anesthesia.
Yukioka H, Tatekawa S, Nishimura K, Fujimori M
Anesthesia and analgesia   60 901-903   1981年12月   [査読有り]
[Prader-Willi syndrome and anesthetic management (author's transl)].
Yukioka H, Kitamura E, Nagata N, Fujimori M
Masui. The Japanese journal of anesthesiology   28 518-521   1979年5月   [査読有り]

Misc

 
行岡秀和, 田勢長一郎, 谷川攻一, 黒田泰弘, 中川隆, 村川徳昭
蘇生   33(3) 145-145   2014年11月
集中治療 ICUにおける鎮痛と鎮静
行岡 秀和
麻酔科学レビュー   2016 285-289   2016年1月
非侵襲性陽圧換気(NPPV)中の鎮痛薬や鎮静薬の併用は、NPPVの失敗に関与するとの報告がある。デクスメデトミジンについては、NIV不耐スコアを改善しないこと、抜管後の夜間投与で心房細動が減少すること、術後神経認知機能障害のリスクが低いこと、小児に長期投与可能であること、などが報告されている。せん妄に関しては、鎮静関連せん妄は持続せん妄に比べて予後が良いこと、睡眠の質とせん妄発症は関係しないことなどの報告がある。デクスメデトミジン、コルチコステロイド、ベンゾジアゼピン、スタチンなどの薬剤と...
J-PADガイドライン 集中治療領域における痛み・不穏・せん妄管理の現状調査
植村 桜, 古賀 雄二, 吹田 奈津子, 茂呂 悦子, 鶴田 良介, 西 信一, 長谷川 隆一, 行岡 秀和, 布宮 伸
日本集中治療医学会雑誌   23(Suppl.) 350-350   2016年1月
【ズバリ知りたい 鎮痛・鎮静管理の基本ルールと最新知識】 (Theme 1)基本ルールの前に 鎮痛・鎮静薬を整理しよう
行岡 秀和
呼吸器ケア   13(3) 272-276   2015年3月
集中治療 ICUにおける鎮痛と鎮静
行岡 秀和
麻酔科学レビュー   2015 280-284   2015年2月
ICUにおける鎮痛と鎮静については、デクスメデトミジンの重症神経損傷やアルコール離脱症候群患者への投与、ならびに長期投与の有効性、安全性が報告された。痛みの評価法では、患者の自己申告が信頼性が高く、Numeric Rating Scale-Visualが最も良いとされた。早期リハビリテーションが推奨されているが、早期認知療法と理学療法の併用が報告された。デクスメデトミジン、日本版痛み・不穏・せん妄ガイドライン、痛みの評価、早期リハビリテーション、低一回換気量と鎮痛・鎮静、睡眠とせん妄に関す...
J-PADのリハビリテーション分野への活用法 医師の立場から
行岡 秀和
日本集中治療医学会雑誌   22(Suppl.) [REL2-1]   2015年1月
行岡秀和
救急・集中治療   26(9-10) 1307-1313   2014年10月
布宮 伸, 西 信一, 吹田 奈津子, 行岡 秀和, 植村 桜, 三浦 幹剛, 今中 翔一, 鶴田 良介, 古賀 雄二, 茂呂 悦子, 神津 玲, 長谷川 隆一, 日本集中治療医学会J-PADガイドライン作成委員会,一般社団法人日本集中治療医学会
日本集中治療医学会雑誌   21(5) 539-579   2014年9月
本ガイドラインは、それまで日本集中治療医学会規格・安全対策委員会(当時)で進行中であった作業を引き継ぐ形で、2013年3月に発足したJ-PADガイドライン作成委員会が作成した、集中治療室における成人重症患者に対する痛み・不穏・せん妄管理のための臨床ガイドラインである。その作成方法は米国で作成された「2013 PAD guidelines」に準じているが、内容は「2013 PAD guidelines」以降の文献の検討をも加えたはがりでなく、人工呼吸管理中以外の患者に対する対応や身体抑制の問...
行岡秀和
臨床麻酔(真興交易)   38 411-421   2014年3月
日本版PADガイドライン(JPAD)の作成とせん妄患者へのチームケアアプローチ 鎮静管理
行岡 秀和
日本集中治療医学会雑誌   21(Suppl.) [S-1   2014年1月
村川徳昭, 田勢長一郎, 谷川攻一, 黒田泰弘, 中川隆, 行岡秀和
蘇生   32(3) 164   2013年10月
行岡秀和
耳鼻咽喉科・頭頚部外科   85(10) 766-773   2013年9月
行岡秀和
日本臨床救急医学会雑誌   16(3) 526   2013年6月
行岡秀和
蘇生   31(3) 152   2012年10月
行岡秀和
日本救急医学会雑誌   23(10) 662   2012年10月
行岡 秀和
日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine   19(2) 162-164   2012年4月
行岡秀和, 尾崎孝平, 鶴田良介, 西信一, 布宮伸, 宮内善豊, 多治見公高, 上嶋健治, 土手健太郎, 妙中信之, 福岡敏雄, 吉持智恵, 庄司由美, 山口典子, 山田章子, 足羽孝子, 伊藤聡子, 遠藤みどり, 安藤朋子, 吉持智恵, 庄司由美, 安藤朋子
日本集中治療医学会雑誌   19(1) 99-106   2012年1月
行岡 秀和, 尾崎 孝平, 鶴田 良介, 西 信一, 布宮 伸, 宮内 善豊, 多治見 公高, 上嶋 健治, 土手 健太郎, 妙中 信之, 福岡 敏雄, 吉持 智恵, 庄司 由美, 山口 典子, 山田 章子, 足羽 孝子, 伊藤 聡子, 遠藤 みどり, 安藤 朋子
日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine   19(1) 99-106   2012年1月
行岡秀和
ナーシングケアQ&A   (40) 240-241   2011年12月
行岡秀和
ナーシングケアQ&A   (40) 242-243   2011年12月
林 靖之, 西内 辰也, 梶野 健太郎, 大石 泰男, 行岡 秀和, 石見 拓, 横山 広行, 甲斐 達朗
日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine   18(3) 363-368   2011年7月
行岡秀和
人工呼吸   27(2) 254-259   2010年12月
林 靖之, 西内 辰也, 梶野 健太郎, 行岡 秀和, 平出 敦, 池内 尚司, 甲斐 達朗
日本外傷学会雑誌 = Journal of the Japanese Association for the Surgery of Trauma   24(1) 21-26   2010年1月
行岡 秀和
日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine   15(3) 355-357   2008年7月
我が国の新しい研究課題 救急領域
石見 拓, Nichol Graham, 平出 敦, 梶野 健太郎, Berg Robert, 林 靖之, 西内 辰也, 西山 知佳, 森田 大, 行岡 秀和, 池内 尚司, 杉本 壽, 野々木 宏, 川村 孝
J-ReSS   1 16-16   2008年3月
行岡 秀和, 鮎川 勝彦, 池田 寿昭, 石川 清, 川前 金幸, 谷川 攻一, 中 敏夫, 西田 修, 成松 英智, 宮内 善豊, 池松 裕子, 大草 智子, 足羽 孝子
日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine   15(1) 103-116   2008年1月
妙中信之, 行岡秀和, 足羽孝子, 鶴田良介, 磨田裕, 長谷川隆一, 氏家良人
人工呼吸   24(2) 146-167   2007年12月
加藤 昇, 行岡 秀和
日本救急医学会雑誌 = Journal of Japanese Association for Acute Medicine   18(2) 31-38   2007年2月
行岡 秀和
日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine   14(1) 1-3   2007年1月
石見 拓, 川村 孝, 梶野 健太郎, 平出 敦, 行岡 秀和, 野々木 宏
日本内科学会雑誌   95(12) 2408-2413   2006年12月
平成3年に救急救命士制度が導入されて以来, 病院前救護体制の整備が進んでいる. 病院外心停止例の救命率は, 除細動までに要する時間の短縮などに伴い年々改善してきているがいまだ不十分なものである. 今後は, 地域のメディカルコントロール体制を確立し, 個々の事例へのフィードバックだけでなく, ウツタイン様式によるデータ収集など地域の救急システムの質を客観的に検証するという姿勢を持って病院前救護体制の更なる改善を進める必要がある.
行岡秀和
日本臨床麻酔学会誌   26(7) 654-663   2006年11月
田中和夫, 行岡秀和
救急・集中治療   17 E229-E234   2006年1月
行岡 秀和
日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine   13(1) 14-16   2006年1月
行岡秀和
救急・集中治療   17(11/12) 1287-1292   2005年12月
寺井 岳三, 植田 秀雄, 行岡 秀和
におい・かおり環境学会誌   36(5) 275-279   2005年9月
行岡 秀和, 池田 寿昭, 石川 清, 川前 金幸, 谷川 攻一, 宮内 善豊, 高岡 勇子, 境美 代子
日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine   12(3) 227-241   2005年7月
小玉 忠知, 行岡 秀和, 加藤 昇, 栗田 聡, 五谷 寛之
蘇生   24(1) 1-4   2005年3月
五谷 寛之, 榎本 誠, 門口 竜司, 吉田 玄, 山野 慶樹, 栗田 聡, 加藤 昇, 行岡 秀和, 高岡 邦夫
日本マイクロサージャリー学会会誌 = Journal of Japanese Society of Reconstructive Microsurgery   17(3) 329-340   2004年8月
行岡秀和
救急・集中治療   16(2) 167-172   2004年2月
行岡秀和
日本集中治療医学会雑誌   11(1) 5-6   2004年1月
行岡秀和
救急・集中治療   15 E229-E233   2003年12月
行岡秀和
現代医療   35 1222-1226   2003年5月
行岡 秀和, 栗田 聡, 吉田 玄, 加藤 昇
日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine   10(2) 131-134   2003年4月
新谷 裕, 平出 敦, 行岡 秀和, 森田 大, 西内 辰也, 池内 尚司, 林 靖之, 松阪 正訓, 木内 俊一郎, 中谷 壽男
日本救急医学会雑誌   14(3) 131-137   2003年3月
加藤昇, 吉田玄, 栗田聡, 行岡秀和
日本救命医療研究会雑誌   16 23-28   2002年11月
行岡 秀和, 栗田 聡, 吉田 玄, 加藤 昇
日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine   9(4) 419-422   2002年10月
新谷裕, 森田大, 平出敦, 林靖之, 重本達弘, 行岡秀和, 池内尚司, 西内辰也, 高岡諒
小児科臨床   55(3) 423-424   2002年3月
行岡秀和
救急・集中治療   13(10) 1015-1024   2001年10月
行岡 秀和, 吉田 玄
日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine   8(2) 89-95   2001年4月
行岡秀和
Lisa   8(3) 242-245   2001年3月
前田均, 行岡秀和, 小川雅史
救急医学   25(2) 244-245   2001年2月
吉田 玄, 行岡 秀和, 加藤 昇
ICUとCCU   25(2) 117-123   2001年2月
岡田あかね, 行岡秀和, 栗田聡, 新藤光郎, 中筋正人, 西信一, 浅田章
日本救命医療研究会雑誌   13 51-55   2000年12月
行岡秀和
ICUとCCU   24(8) 583-590   2000年8月
森田大, 行岡秀和, 平出敦, 池内尚司, 林靖之, 重本達弘, 西内辰也, 新谷裕, 桂田菊嗣
大阪医学   34(1) 55-60   2000年8月
森田 大, 平出 敦, 行岡 秀和, 池内 尚司, 林 靖之, 重本 達弘, 西内 辰也, 新谷 裕, 植嶋 利文, 高岡 諒, 大浦 淳史, 岩井 江美子, 山口 剛, 吉田 泰雄, 飯森 正人, 吉井 桂樹, 下川 健次, 尾辻 信義, 中西 範幸, 杉本 壽, 吉矢 生人, 桂田 菊嗣
日本救急医学会雑誌   11(4) 191-192   2000年4月
行岡秀和
綜合臨床   48(11) 2520-2523   1999年11月
行岡秀和
ICUとCCU   23(10) 735-741   1999年10月
寺井岳三, 行岡秀和
麻酔   48(9) 981-985   1999年9月
松浦 康司, 林 正則, 行岡 秀和, 山田 徳洪, 浅田 章
日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine   6(3) 211-214   1999年7月
行岡秀和
ICUとCCU   23(4) 263-270   1999年4月
寺井 岳三, 行岡 秀和, 浅田 章
The journal of the Japan Society of Pain Clinicians = 日本ペインクリニック学会誌   5(4) 463-469   1998年10月
新藤 光郎, 行岡 秀和, 西 信一, 栗田 聡, 中谷 桂治, 林 正則, 浅田 章
日本救急医学会雑誌   9(6) 225-235   1998年6月
行岡秀和
ICUとCCU   22(4) 241-246   1998年4月
中谷桂治, 行岡秀和, 林正則, 新藤光郎, 西信一, 浅田章
ICUとCCU   22(3) 193-199   1998年3月
矢部充英, 行岡秀和, 野村哲也, 中谷桂治, 西川精宣, 立川茂樹, 浅田章
麻酔   46(12) 1585-1589   1997年12月
飯田容子, 行岡秀和, 東浩司, 中本達夫, 新藤光郎, 西信一, 浅田章
悪性高熱研究の進歩   20 51-54   1997年11月
栗田 聡, 行岡 秀和, 新藤 光郎
日本集団災害医療研究会誌   2(1) 37-42   1997年8月
氏野博昭, 森本修, 藤森貢, 行岡秀和
麻酔   46(6) 823-826   1997年6月
栗田聡, 小田裕, 寺井岳三, 行岡秀和, 藤森貢, 浅田章
麻酔   46(4) 511-514   1997年4月
寺井岳三, 浅田章, 行岡秀和
ペインクリニック   18(1) 20-23   1997年2月
中谷 桂治, 林 正則, 新藤 光郎, 西 信一, 行岡 秀和, 藤森 貢
日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine   4(1) 25-31   1997年1月
小田 裕, 栗田 聡, 新藤 光郎, 西 信一, 行岡 秀和, 藤森 貢, 浅田 章
日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine   4(1) 49-52   1997年1月
辻井健二, 行岡秀和, 寺井岳三, 西信一, 藤森貢, 大谷真由美
ICUとCCU   20(12) 1041-1045   1996年12月
行岡 秀和
治療   78(10) 3282-3284   1996年10月
寺井岳三, 行岡秀和, 藤井崇, 矢部充英, 藤森貢
麻酔と蘇生   32(3) 235-237   1996年9月
安田勝弘, 行岡秀和, 栗田聡, 林正則, 新藤光郎, 西信一, 藤森貢
救急医学   20(8) 981-983   1996年8月
小山 伸一, 行岡 秀和, 森本 修, 新藤 光郎, 西 信一, 前田 均, 藤森 貢, 若杉 長英
日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine   3(3) 235-239   1996年7月
東浩司, 中本達夫, 寺井岳三, 西川精宣, 行岡秀和, 藤森貢
麻酔   45(7) 880-883   1996年7月
狩谷伸享, 小田裕, 行岡秀和, 藤森貢
麻酔   45(2) 223-226   1996年2月
中本達夫, 西信一, 新藤光郎, 林正則, 行岡秀和, 藤森貢, 前川直輝
麻酔   44(9) 1261-1264   1995年9月
安田勝弘, 行岡秀和, 栗田聡, 林正則, 新藤光郎, 西信一, 藤森貢
日本救命医療研究会雑誌   9 101-106   1995年8月
進藤光郎, 安部順子, 西信一, 行岡秀和, 浅田章, 藤森貢
ICUとCCU   19(7) 629-634   1995年7月
新藤光郎, 西信一, 栗田聡, 林正則, 行岡秀和, 藤森貢
麻酔   44(6) 890-894   1995年6月
矢部 充英, 行岡 秀和, 林 正則, 新藤 光郎, 西 信一, 藤森 貢
日本集中治療医学会雑誌 = Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine   2(2) 61-65   1995年4月
山本 勲, 行岡 秀和, 藤森 貢
麻酔   43(8) p1191-1195   1994年8月

書籍等出版物

 
行岡 秀和
真興交易(株)医書出版部   2005年2月   ISBN:4880037419
行岡 秀和
総合医学社   2001年9月   ISBN:4883782239

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2002年 - 2005年    代表者: 平出 敦
プレホスピタルケアにおけるメディカルコントロールを推進するためには、特に病院外心停止症例に対する系統的なアプローチが重要である。この研究は、大阪ウツタインプロジェクトとして、ウツタイン様式で地域網羅的におこなった病院外心停止の記録集計が基礎になっている。1998年のデータでは、心停止にて救急隊が関与した症例のうち、目撃された心原性心停止(889例)については、1年生存率は2.9%であり、社会復帰は2%にすぎなかった。1年生存率は、年を追うごとに2.5%(1999年),3.6%(2000年)...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 行岡 秀和
救急搬送の質的問題を検討するには、重症度患者の搬送の実態を明らかにすることが必要である。病院外心停止(OHCA)症例は、最も時間的、空間的要因に影響されるが、長期的予後との関係を見たものは殆どない。そこで、大阪市ならびに大阪府全域の公立消防局の救急隊が全域を網羅して展開されているOHCAに関する記述集計プロジェクトであるウツタイン大阪プロジェクトで得られたデータを解析した。その結果、次の事柄が明らかになった。1.救急サービスを受けている住民約8,800,000に対し、1998年5月から20...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 1995年 - 1998年    代表者: 行岡 秀和
[方法]ペントバルビタール麻酔犬の左肺下葉(LLL)を、別の犬(ドナー犬)の股静脈血を用いて一定流量で灌流した。シクロオキシゲナーゼ阻害薬であるイブプロフェン(IBU)12.5mg/kgを前処置後、U46619(thromboxane analog)により平均LLL肺動脈圧(PAP_<LLL>)を約25mmHgに増加させた。低酸素群ではIBU12.5mg/kg前処置後,3%O_2で換気し、LLLを低酸素状態にした。ついでU46619により平均LLL肺動脈圧を約25mmHgに増加させた。この...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C), 基盤研究(C))
研究期間: 1995年 - 1997年    代表者: 西川 精宣
硬膜外の麻薬、局所麻酔薬、ならびにα_2アゴニストの投与は術後鎮痛に寄与しているが、低血圧、徐脈をきたすこともある。本研究は、オピオイドならびにα_2アゴニストの硬膜外投与による心臓交感神経活動と刺激伝導系の変化を調べ、その作用部位について検討することを目的とした。実験I:ネコをα-クロラロースで麻酔し、右頚静脈と右大腿静脈より4極カテーテル電極を挿入し、心房-HIs束伝導時間、房室結節機能的不応期、心房有効不応期等の諸量を、心房ペーシング下に心房早期刺激法で測定した。血圧、心拍数、心臓交...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(B), 基盤研究(B))
研究期間: 1994年 - 1996年    代表者: 立川 茂樹
ビ-グル犬を使用した交差肺循環灌流モデルで、TNF-α(10μg/kg/min)はサイクロオキシゲナーゼ阻害薬(COI)とEDRF阻害物質であるNG-nitro-L-arginineを投与してプロスタグランディンとEDRFを阻害した状態でのみ肺動脈圧の上昇が生じた。また、この状態ではアンギオテンシンIIによる肺動脈の収縮作用や、3%酸素による低酸素性肺血管収縮反応も増強がみられた。よって肺循環においては、プロスタグランディンやEDRFによって、TNF-αによる肺高血圧やHPVの増強作用、ア...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(C))
研究期間: 1992年 - 1994年    代表者: 西川 精宣
胸部硬膜外麻酔中の房室伝導抑制の機序は、交感神経心臓枝の遮断に加えて、知覚遮断や局所麻酔薬の血中濃度上昇に起因する中枢神経の抑制や、刺激伝達系への直接作用等考えられ複雑である。また近年、一酸化窒素の合成酵素(NOS)が房室結節にも存在が確認されたが、その関与は不明である。硬膜外麻酔で生じた低血圧の治療に用いる昇圧剤の刺激伝達系に対する作用を知ることも重要である。ハロセンで麻酔した猫を脳固定装置に固定し、中脳網様体構造に刺入したタングステン電極から多ニューロン活動を導出した。T9/10間より...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(B))
研究期間: 1991年 - 1993年    代表者: 立川 茂樹
本研究は、混合静脈血の影響を直接評価できるように交叉循環肺灌流モデルで実験をおこなってきた。研究過程において、プロスタサイクリンのほか、種々の因子が肺血管の反応性に影響を生じることがわかった。本年度は、昨年度にひき続いて内皮由来血管拡張因子(EDRF)の肺血管反応性とHPVに及ぼす影響について検討を行なった。EDRF阻害物質であるニトロ-L-アルギニンを投与してHPVを調べたところ、イブプロフェン(Cyclooxygenase阻害物質)の前処置で生じたHPVは、ニトロ-L-アルギニンの追加...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(A))
研究期間: 1989年 - 1992年    代表者: 行岡 秀和
リドカインの肺血管収縮作用の機序を考えるには、肺循環を調節する因子について検討する必要がある。内皮依存弛緩因子(EDRF)により肺循環が調節されていることが示唆されたが、今回はアセチルコリン(Ach)に加え、プロスタサイクリン(PGI_2),イソプロテレノール(ISOP),ブラディキニン(BK)の肺循環に及ぼす作用を検討し、同時にEDRF阻害薬(N^G-nitro-L-arginine:L-NNA)の影響を検討した。犬を笑気-ハロセン麻酔下に開胸し、左肺上葉を切除し、左肺下葉と右肺との分離...
文部科学省: 科学研究費補助金(一般研究(B))
研究期間: 1986年 - 1988年    代表者: 藤森 貢
局所麻酔薬リドカインの肺血管, 血液ガス値に及ぼす影響ならびに肺への取り込みを調べるため, 2頭の犬を用いて分離肺循環の実験系を確立した.〔分離肺循環の方法〕犬をGOF麻酔下に開胸し, 左上葉ならびに心臓葉を切除し, 左下葉の気管支にチューブを挿入して右肺との分離換気を行なった. 左肺下葉動精脈に灌流用および圧測定用のカテーテルを留置し, もう一頭の犬の股静脈血をポンプを用いて一定流量で左下葉肺動脈に送血し, 左肺静脈からドナー犬の外頭静脈へ返血した. 送血カニューレよりリドカインを微量注...