重松 孝昌

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/01 02:57
 
アバター
研究者氏名
重松 孝昌
 
シゲマツ タカアキ
URL
http://sauron.urban.eng.osaka-cu.ac.jp
所属
大阪市立大学
部署
工学研究科 都市系専攻
職名
教授
学位
博士(工学)(大阪市立大学)
科研費研究者番号
80206086

研究分野

 

経歴

 
2015年3月
 - 
2018年3月
大阪市立大学 都市防災教育研究センター 兼任研究員
 
1988年4月
 - 
現在
大阪市立大学 工学研究科 都市系専攻 教授
 
2010年4月
   
 
大阪市立大学 大学院工学研究科 教授
 
2004年4月
   
 
大阪市立大学 工学部 助教授
 
2000年4月
   
 
大阪市立大学 工学部 講師
 
1988年
   
 
大阪市立大学 工学部
 

学歴

 
 
 - 
1988年
大阪市立大学 工学系研究科 土木工学専攻
 
 
 - 
1986年
大阪市立大学 工学部 土木工学科
 

委員歴

 
2009年12月
 - 
2019年6月
土木学会海岸工学委員会沿岸域研究連携推進小委員会  委員長
 
2017年7月
 - 
現在
日本沿岸域学会  理事
 
2011年5月
 - 
2013年5月
土木学会関西支部:東北地方太平洋沖地震による津波災害特別調査研究委員会  幹事長
 
2011年5月
 - 
2013年5月
土木学会  関西支部:東北地方太平洋沖地震による津波災害特別調査研究委員会 幹事
 
2011年4月
 - 
現在
近畿地方整備局港湾空港部門総合評価委員会委員  委員
 

論文

 
波動場における多孔質体近傍の微細流動特性についての基礎的研究
中條壮大,小塚 泉,辻本剛三,重松孝昌
土木学会論文集   74(2) I_991-I_996   2018年11月   [査読有り]
干潟健全度指数を用いた大阪湾の 干潟のサービスの定量化 ―東京湾と大阪湾の比較による干潟の特徴―
岡田知也,三戸勇吾,菅野孝則,高橋俊之,秋山吉寛, 黒岩 寛,遠藤 徹,大谷壮介,矢持 進,上月康則, 日下部敬之,大塚耕司,山中亮一,重松孝昌,中野和之,宇城 真,桑江朝比呂
土木学会論文集   74(2) I_1417-I_1422   2018年11月   [査読有り]
低い鉛直平板脚部の洗堀特性に関する研究
中原悠輔,重松孝昌
土木学会論文集   74(2) I_829-I_834   2018年11月   [査読有り]
スリット諸元が有脚式離岸堤の 局所洗掘特性に及ぼす影響に関する研究
山野貴司・酒井大樹・重松孝昌・藤原隆一
土木学会論文集,B2(海岸工学)   74(2) I_835-I_840   2018年11月   [査読有り]
An Experimental Study on the Interaction between Oscillatory Flow and Idealized Porous Bed
Takaaki Shigematsu, Sota Nakajo, and Yuya Okada
Journal of Coastal Research   85(2) 981-985   2018年5月   [査読有り]

Misc

 
草魂
重松孝昌
コンクリート工学   51(10) 847-847   2014年10月   [依頼有り]
都市気温へおよぼす大阪湾の海水温の影響
重松 孝昌
海洋開発論文集   25 1047-1052   2009年   [査読有り]
ケーブルで連結されたブロックによる底質制御に関する研究
重松 孝昌
海洋開発論文集   25 1275-1280   2009年   [査読有り]
中空ブロックを用いたハイブリッド人工リーフに関する実験的研究
重松 孝昌
海洋開発論文集   25 617-622   2009年   [査読有り]
大水深捨石投入における個別要素法を用いた堆積形状の予測
重松 孝昌
海洋開発論文集   25 1005-1010   2009年   [査読有り]

書籍等出版物

 
生活現場で学ぶアクティブラーニング型防災教育(2017年度板)
生田英輔,大阪府立大学COC研究所,河本ゆう子,佐伯大輔,重松孝昌,三田村宗樹,森永速男,吉田大介 (担当:共著)
大阪市立大学都市防災教育研究センター   2018年3月   
コミュティ防災の基本と実践
公立大学連携地区防災教室ワークブック編集委員会・大阪市立大学都市防砂教育研究センター 編 (担当:共著)
大阪公立大学共同出版会   2018年3月   
生活現場で学ぶアクティブラーニング型防災教育(2016年度版)
森一彦 他 (担当:共著)
大阪市立大学都市防災教育研究センター   2017年3月   
いのち守る都市づくり[アクション編] みんなで備える広域複合災害
西澤良記・宮野道雄・森一彦・重松孝昌・加藤司・三田村宗樹ほか38名 (担当:共著)
大阪公立大学共同出版会   2013年3月   
東北地方太平洋沖地震による津波災害から学ぶ ―南海・東南海地震による津波に備えて
間瀬肇,重松孝昌編
土木学会関西支部   2013年3月   ISBN:9784810608090

講演・口頭発表等

 
波浪発電の現状と将来 [招待有り]
重松孝昌
TMC技術研修会   2018年3月28日   
光ファイバを用いた有脚式離岸堤脚部の局所洗掘計測手法
土木学会第72回年次学術講演会   2017年10月   
不透過壁の前面に円柱が存在する波動場における飛沫の発生条件に関する実験的研究
日本流体力学会 年会2017   2017年8月   
スロッシング挙動に及ぼすプレートの設置条件の影響に関する数値シミュレーション
日本流体力学会 年会2017   2017年8月   
波動場におかれた鉛直平板が洗掘特性に及ぼす影響に関する実験的研究
日本流体力学会 年会2017   2017年8月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
サイエンスカフェ(防災研究座談会)
公益財団法人セコム科学技術振興財団: 学術集会および科学技術振興事業助成
研究期間: 2018年10月 - 2021年3月
波動場における多孔質体内の局所流動がエネルギー減衰および物質輸送に及ぼす影響
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
流れに起因する膜体変形の計算手法に関する基礎研究
東亜建設工業株式会社技術研究開発センター: 共同研究
研究期間: 2018年9月 - 2019年3月
地域変容に対応した避難行動要支援者のための地区共助計画システムの構築に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 宮野道雄
多孔質体間隙構造解析とそれに基づく乱れの生成メカニズムの解明に関する基礎研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 重松 孝昌

特許

 
特開2003-278125(P2003-2781525A) : 堤体
小田 一紀・重松 孝昌・巻幡 敏秋・田中 洋・武田 純男・藤田 孝

社会貢献活動

 
住吉区総合防災訓練 防災講座
【講師】  大阪市住吉区  (大阪市苅田南小学校)  2017年11月11日
「水害と非難の流れ」についての授業
防災士養成講座
【講師】  大阪市立大学都市防災教育研究センター  (大阪市立大学)  2017年9月30日
大阪市立東高等学校
【助言・指導】  (大阪市東高等学校)  2017年4月1日 - 2018年3月31日
「課題研究」に対するアドバイス・指導・評価を行った.
体験型進路学習
【講師】  (大阪府立高津高校)  2013年7月11日