田中 和雄

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/14 03:06
 
アバター
研究者氏名
田中 和雄
 
タナカ カズオ
所属
専修大学
部署
商学部
職名
教授
学位
商学修士(中央大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1988年3月
中央大学 商学研究科 商学
 
 
 - 
1976年3月
中央大学 商学部 商業・貿易
 

論文

 
テイラー・リズムにおける「ゼロ・サム的統制概論」の批判的検討
田中 和雄
商学論纂第28巻第2号、中央大学   >   1986年9月
メイヨー・レスリスバーガー労務学説に関する一考察
田中 和雄
経営研究第40巻第1号、大阪市立大学   >   1989年4月
労務管理と「テイラー主義」(2)-フリードマンおよびエドワーズの所論を中心に-
田中 和雄
経営研究第42巻第1号、大阪市立大学   >   1991年5月
雇用・労働システムの模索「ビジネス・エッセンシャルズ経営」
田中 和雄
有斐閣   >   2003年10月
アメリカ企業における職務概念の変化と人事革新-3Mのコンピテンシー適用事例との関連で-
田中 和雄
専修大学商学研究所 商学研究所報 第35巻第1号   >   2003年10月

Misc

 
中央大学企業研究編『「日本的経営」の再検討』
田中 和雄
『経営研究』、大阪市立大学   >   1994年5月
井上昭一 他編『アメリカ企業経営史』
田中 和雄
『商学総論』、関西大学   >   2000年8月
The Role of Human Resource Planning in Japanese Production Manegement
田中 和雄
>   1996年12月
Using Human Resource Plannning Model to Support High Productivity of Japanese Company
田中 和雄
>   1996年9月
Manpower Plannning System : System Dynamics Approach
田中 和雄
>   1995年9月

書籍等出版物

 
アメリカにおけるヒューマン・リソース・マネジメントの展開と労使関係
日本経営学会編 (担当:共著)
『21世紀の企業経営』、千倉書房   1999年9月   
ヒューマン・リソース・マネジメントの展開と労使関係
丸山祐一、川岸清編 (担当:共著)
『今日の企業と経営』、八千代出版   2000年4月   
担当:第7章 ヒューマン・リソース・マネジメントの展開と労使関係

講演・口頭発表等

 
産業社会の管理方策-メイヨー・レスリスバーガーの労務学説を中心に-
日本経営学会関西部会   1988年12月1日   日本経営学会関西部会
アメリカにおける労使関係の変容と人的資源管理
日本経営学会関西部会   1998年1月1日   日本経営学会関西部会
「職務」概念の変化とHRM
日本経営学会関東部会    2004年4月24日   日本経営学会関東部会 
アメリカ企業における「職務」概念の変化とHRM
日本経営学会   2004年9月2日   日本経営学会
アメリカにおける労使関係の変容と「ヒューマン・リソース・マネジメント」
日本経営学会   1998年9月1日   日本経営学会

競争的資金等の研究課題

 
人的資源管理の研究