森本 英夫

J-GLOBALへ         更新日: 13/01/24 16:12
 
アバター
研究者氏名
森本 英夫
 
モリモト ヒデオ
学位
文学博士(早稲田大学), 文学修士(早稲田大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
京都外国語大学 外国語学部 フランス語学科 <教授>、名誉教授(大阪市立大学)、名誉教授(甲南女子大学)
 

学歴

 
 
 - 
1962年
早稲田大学 文学研究科 フランス文学
 
 
 - 
1957年
名古屋大学 文学部 文学科
 

委員歴

 
1973年
 - 
1988年
日本フランス語フランス文学会  幹事
 
1991年
 - 
1994年
日本フランス語教育学会  常任理事
 
1967年
 - 
1989年
日本ロマンス語学会  幹事
 
1991年
   
 
日本仏学史学会  常任理事
 

Misc

 
Guillaume d'Angleterreにおける動詞時称体系について
フランス語フランス文学研究   2    1963年
Erec et EnideにおけるSaviezとS(]J1169[)tes
10    1967年
時の補語の意義と時称-Erec et Enideにおける試み
人文研究   19(11)    1968年
文と時称意義-Erec et Enideの記述的分析
人文研究   21(3)    1969年
時称の統辞的記述の一方法について
フランス語学研究   9    1975年

書籍等出版物

 
フランス語動詞時称記述の方法-Chr(]J1117[)tien de Troyes のClig(]J1117[)sの分析
駿河台出版社   1979年   
時称相互関係の記述と時称体系
人文研究   1972年   
フランス語の社会学-フランス語史への誘い-
駿河台出版社   1988年   

競争的資金等の研究課題

 
料理から見た17世紀のフランス文化
研究期間: 1999年 - 2007年