森本 善樹

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/23 03:19
 
アバター
研究者氏名
森本 善樹
 
モリモト ヨシキ
eメール
morimotosci.osaka-cu.ac.jp
URL
http://www.sci.osaka-cu.ac.jp/chem/org2/index.html
所属
大阪市立大学
部署
理学研究科 物質分子系専攻
職名
教授
学位
理学博士(北海道大学), 理学修士(北海道大学)
その他の所属
大阪市立大学
科研費研究者番号
90244631

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
 - 
現在
大阪市立大学 大学院理学研究科 教授
 
1992年4月
 - 
現在
大阪市立大学 理学研究科 物質分子系専攻 教授
 
2001年4月
 - 
2007年3月
大阪市立大学 大学院理学研究科 助教授
 
1999年4月
 - 
2001年3月
大阪市立大学 理学部 助教授
 
1995年10月
 - 
1999年3月
大阪市立大学 理学部 講師
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1991年3月
北海道大学 理学研究科 化学専攻
 
1981年4月
 - 
1985年3月
北海道大学 理学部 化学科
 

委員歴

 
2007年
 - 
2008年
日本化学会  近畿支部代議員
 
2003年
 - 
2006年
有機合成化学協会  評議員
 
2000年
 - 
2003年
有機合成化学協会  関西支部幹事
 
1997年
 - 
1999年
日本化学会  「化学と工業」誌トピックス委員会委員
 

受賞

 
2018年4月
公益財団法人長瀬科学技術振興財団 長瀬研究振興賞 エナンチオ発散現象を示す天然物の探索とその生成機構の解明
 
2018年3月
公立大学法人大阪市立大学 永年勤続表彰 永年勤続表彰
 
2003年11月
有機合成化学協会関西支部 有機合成化学協会関西支部賞 立体選択的ポリテトラヒドロフラン構築法の開発と天然物合成への展開
 
2001年3月
日本化学会 日本化学会若い世代の特別講演会特別講演証 高度な対称性を有するスクワレン由来細胞毒性ポリエーテル、テウリレンとグラブレスコールの全合成
 
1999年3月
有機合成化学協会 有機合成化学協会藤沢薬品工業研究企画賞 高酸化状態にあるレニウムを用いる酸化反応の開発とその有機合成への展開
 

論文

 
Kunihiro Matsumura, Keisuke Nishikawa, Hiroaki Yoshida, Matsumi Doe, and Yoshiki Morimoto
RSC ADVANCES   8(21) 11296-11303   2018年3月   [査読有り]
Evaluation of Aculeatin and Toddaculin Isolated from Toddalia asiatica as Anti-inflammatory Agents in LPS-Stimulated RAW264 Macrophages
Momochika Kumagai, Akio Watanabe, Izumi Yoshida, Takashi Mishima, Munetomo Nakamura, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto
BIOLOGICAL & PHARMACEUTICAL BULLETIN   41(1) 132-137   2018年1月   [査読有り]
Anti-inflammatory activity of aculeatin and toddaculin, which are coumarins with a similar structure isolated from Toddalia asiatica (L.) LAM., was evaluated using lipopolysaccharide (LPS)-stimulated RAW264 mouse macrophage cells. Both acul...
Keisuke Nishikawa, Kengo Yamauchi, Seiho Kikuchi, Shinnosuke Ezaki, Tomoyuki Koyama, Haruka Nokubo, Kunihiro Matsumura, Takeshi Kodama, Momochika Kumagai, and Yoshiki Morimoto
CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL   23(40) 9535-9545   2017年7月   [査読有り]
Momochika Kumagai, Keisuke Nishikawa, Takashi Mishima, Izumi Yoshida, Masahiro Ide, Keiko Koizumi, Munetomo Nakamura, and Yoshiki Morimoto
BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS   27(11) 2401-2406   2017年6月   [査読有り]
Akihiro Hoshino, Haruka Nakai, Miyako Morino, Keisuke Nishikawa, Takeshi Kodama, Kento Nishikibe, and Yoshiki Morimoto
ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION   56(11) 3064-3068   2017年3月   [査読有り]

Misc

 
複雑な分子の創薬開発を可能にする分子技術の創出
森本 善樹
公益財団法人アステラス病態代謝研究会「平成25年度第45回助成研究報告集」   https://www.astellas.com/jp/by   2016年   [依頼有り]
トリテルペンポリエーテルの生合成鍵反応の研究
森本 善樹
旭硝子財団助成研究成果報告2011      2011年   [依頼有り]
大学って何?
森本 善樹
るつぼ   58 46-48   2010年   [依頼有り]
創薬を目指した新奇骨格をもつ細胞毒性アルカロイドハウアミンの化学合成研究
森本 善樹
医科学応用研究財団研究報告2008   27 391-395   2010年   [依頼有り]
化学合成を基盤とした細胞毒性オキサスクアレノイドの分子科学的研究
森本 善樹
平成17年度~平成19年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書   1-89   2008年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
改訂3版 基礎化学実験
大阪市立大学大学院理学研究科基礎教育化学実験グループ 編 (担当:共著, 範囲:基礎化学実験Ⅰ 3. 有機化合物の反応と合成;基礎化学実験Ⅱ 1. アジピン酸の合成(ケトン-エノラートの酸化) 2. 安息香酸メチルの合成(カルボン酸のエステル化反応) 他)
ふくろう出版   2017年   ISBN:978-4-86186-686-9
改訂2版 基礎化学実験
大阪市立大学大学院理学研究科基礎教育化学実験グループ 編 (担当:共著, 範囲:基礎化学実験Ⅰ 3. 有機化合物の反応と合成;基礎化学実験Ⅱ 1. アジピン酸の合成(ケトン-エノラートの酸化) 2. 安息香酸メチルの合成(カルボン酸のエステル化反応) 他)
ふくろう出版   2014年   ISBN:978-4-86186-585-5
天然物合成で活躍した反応─実験のコツとポイント
有機合成化学協会 編 (担当:分担執筆, 範囲:68 Shiの不斉エポキシ化;83 Curtius転位)
化学同人   2011年   ISBN:978-4-7598-1479-8
高校生・化学宣言PART3
中沢 浩,森本 善樹 他 (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 12 高校化学グランドコンテストを支える人々)
遊タイム出版   2010年   ISBN:978-4-86010-281-4
改訂版 基礎化学実験
大阪市立大学大学院理学研究科基礎教育化学実験グループ 編 (担当:共著, 範囲:基礎化学実験Ⅰ 3. 有機化合物の反応と合成;基礎化学実験Ⅱ 1. アジピン酸の合成(ケトン-エノラートの酸化) 2. 安息香酸メチルの合成(カルボン酸のエステル化反応) 他)
ふくろう出版   2010年   ISBN:978-4-86186-416-2

講演・口頭発表等

 
Tetrodotoxin骨格の合成
野口隆幸,武田莉奈,丸山高弘,荒木勇介,西川慶祐,森本善樹
日本化学会第99春季年会   2019年3月   
Total Synthesis of Histrionicotoxin 235A
Kunihiro Matsumura, Hiroaki Yoshida, Tomoyuki Koyama, Toshiki Niwa, Keisuke Nishikawa, and Yoshiki Morimoto
The 14th International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry   2018年11月   
Toward Efficient Synthesis of Cytotoxic Bromotriterpenoid Middle Molecules Integrated by Chemical and Enzymatic Syntheses
Yoshiki Morimoto
The 4th International Symposium on Middle Molecular Strategy   2018年11月   
水銀トリフラート触媒を用いた1-アザスピロ[5.5]ウンデカン骨格の一挙構築によるヒストリオニコトキシン235Aの全合成
松村匡浩,吉田浩明,高見麻衣,小山智之,西川慶祐,森本善樹
第60回天然有機化合物討論会   2018年9月   
ヒストリオニコトキシン235Aの全合成
松村匡浩,西川慶祐,吉田浩明,高見麻衣,丹羽俊輝,小山智之,森本善樹
第38回有機合成若手セミナー「明日の有機合成を担う人のために」   2018年8月7日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
化学合成と酵素合成の反応集積化によるトリテルペノイド中分子の高効率合成
文部科学省: 科学研究費助成事業
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月    代表者: 森本 善樹
含ハロゲン船底防汚物質のケミカルバイオロジー
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 沖野 龍文
エナンチオ発散現象を示す天然物の探索とその生成機構の解明
公益財団法人長瀬科学技術振興財団: 長瀬科学技術振興財団研究助成
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 森本 善樹
複雑な分子の創薬開発を可能にする分子技術の創出
公益財団法人アステラス病態代謝研究会: アステラス病態代謝研究会研究助成金
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 森本 善樹
化学合成を基盤とした生物活性天然物の分子科学的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2008年4月 - 2012年3月    代表者: 森本 善樹

社会貢献活動

 
第13回化学生態学研究会
【講師】  2018年6月22日 - 2018年6月23日
第15回高校化学グランドコンテスト
【情報提供, 運営参加・支援, 調査担当】  2018年
シンポジウム「天然物化学の新展開」
【講師】  2017年9月23日
米子高専学生の合成有機化学研究室見学
【助言・指導, 情報提供, 企画】  2017年9月8日
北海道大学講演会
【講師】  2017年8月10日