升本 眞二

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/06 20:39
 
アバター
研究者氏名
升本 眞二
 
マスモト シンジ
所属
大阪市立大学
部署
理学研究科 生物地球系専攻
職名
教授
学位
理学博士(大阪市立大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年3月
 - 
現在
大阪市立大学 都市防災教育研究センター 兼任研究員
 
2006年4月
 - 
現在
大阪市立大学 大学院理学研究科 教授
 
2001年4月
 - 
2006年3月
大阪市立大学 大学院理学研究科 助教授
 
1993年4月
 - 
2001年3月
大阪市立大学 理学部 助教授
 
1984年4月
 - 
1993年3月
大阪市立大学 理学部 助手
 

学歴

 
1981年4月
 - 
1984年3月
大阪市立大学大学院 理学研究科 後期博士課程 地質学専攻
 
1979年4月
 - 
1981年3月
大阪市立大学大学院 理学研究科 前期博士課程 地質学専攻
 
1975年4月
 - 
1979年3月
大阪市立大学 理学部 地学科
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本情報地質学会  評議員
 
2013年4月
 - 
2017年3月
日本情報地質学会  会長
 
1993年4月
 - 
2013年3月
日本情報地質学会  評議員
 

受賞

 
2015年
日本古生物学会論文賞
 
2010年
日本情報地質学会論文賞
 
2009年
日本情報地質学会論文賞
 
2008年
日本情報地質学会論文賞
 

論文

 
Web Sharing of Three-Dimensional Geological Data using Open Source Software
Nonogaki S., Masumoto S. and Nemoto T.
Proc. Int. Conf. GIS-IDEAS2018   353-358   2018年   [査読有り]
Visualization of three-dimensional geologic model using WebGL
Nemoto T., Masumoto S., Nonogaki S. and Raghavan V.
Proc. Int. Conf. GIS-IDEAS2018   331-334   2018年   [査読有り]
Study on Stratigraphic Correlation Support System for 3-D Subsurface Geological Modeling using Borehole Data based on Logical Model of Geologic Structure
Masumoto S., Nemoto T.,Sakurai K., Nonogaki S. and Raghavan V.
Proc. Int. Conf. GIS-IDEAS2018   320-325   2018年   [査読有り]
Vinayaraj P., Raghavan V., Metz M., Delucchi L. and Masumoto S.
ISPRS International Journal of Geo-Information   6(3(89)) 1-17   2017年   [査読有り]
Evaluating parameters for BS-Horizon surface generation using elevation data
Thi An Tran, Masumoto S., Raghavan V., Nonogaki S., Yonezawa G., Nemoto T.
Geoinformatics   28(2) 31-50   2017年   [査読有り]

Misc

 
ボーリングデータを用いた3次元地質モデリングのための地層対比支援システムの検討
升本 眞二, 根本 達也, 櫻井 健一, 野々垣 進, ベンカテッシュ ラガワン
第29回日本情報地質学会講演会講演要旨集   41-42   2018年
X線CT画像を用いたサンゴの内部構造解析システムの開発
今井 凜太郎, 根本 達也, 江﨑 洋一, 升本 眞二
第29回日本情報地質学会講演会講演要旨集   21-22   2018年
大阪府千里丘陵における等高線間情報から作成したDEMと航空写真から作成したDSMとの比較
平山 雄貴, 根本 達也, 升本 眞二
第29回日本情報地質学会講演会講演要旨集   9-10   2018年
野々垣 進, 升本 眞二, 根本 達也
日本地質学会第124年学術大会講演要旨      2017年
升本 眞二, 根本 達也, 櫻井 健一, ラガワン ベンカテッシュ, 野々垣 進
日本地質学会第124年学術大会講演要旨      2017年

書籍等出版物

 
いのちを守る都市づくり[アクション編]
大阪市立大学都市防災研究グループ編 (担当:共著)
大阪公立大学共同出版会   2013年   
FOSS4G HAND BOOK
朝日 孝輔, 井上 修, 岩崎 亘典, 植村 哲士, 升本 眞二,他8名 (担当:分担執筆)
開発社   2011年   
GIS Technology for Sustainable Management of Natural Resources and Agricultural Products
Raghavan V., Masumoto S.(Kitagawa K. ed.) (担当:分担執筆)
Nagoya University ICCAE and JICA-Chubu   2005年   
地球学へのいざない
益田 晴恵, 奥平 敬元, 相川 信之, 中川 康一, 升本 眞二, 他9名 (担当:分担執筆)
大阪公立大学共同出版会   2004年   
地すべりと地質学
藤田 崇, 升本 眞二, 三田村 宗樹, 平野 昌繁, 横田 修一郎, 他12名 (担当:分担執筆)
古今書院   2002年   

講演・口頭発表等

 
WebGLを用いた地質ボクセルモデルの可視化
根本 達也, 升本 眞二, 野々垣 進
日本地質学会第125年学術大会(つくば特別大会)   2018年12月   
Study on Stratigraphic Correlation Support System for 3-D Subsurface Geological Modeling using Borehole Data based on Logical Model of Geologic Structure
Masumoto S., Nemoto T., Sakurai K., Nonogaki S. and Raghavan V.
Int. Conf. GeoInformatics for Spatial-Infrastructure Development in Earth and Allied Sciences (GIS-IDEAS) 2018   2018年11月   
Visualization of three-dimensional geologic model using WebGL
Nemoto T., Masumoto S., Nonogaki S. and Raghavan V.
Int. Conf. GIS-IDEAS2018   2018年11月   
Web Sharing of Three-Dimensional Geological Data using Open Source Software
Nonogaki S., Masumoto S. and Nemoto T.
Int. Conf. GIS-IDEAS2018   2018年11月   
Construction and Evaluation of 3-D Geological Model for Urban Geospatial Analysis
Yonezawa G., Nonogaki S., Mitamura M., Sakurai K., Luan Xuan Troung, Masumoto S., Nemoto T. and Raghavan V.
Int. Conf. GIS-IDEAS2018   2018年11月   

競争的資金等の研究課題

 
WebGIS3次元地質モデラーを効率的に活用するための地層対比支援システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2016年 - 2018年
信頼度を含む高分解能地質情報を発信するためのWebGIS3次元地質モデラーの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年 - 2015年
水環境モニタリングからみる紅河流域都市の変容と持続可能性-ハノイを中心として-
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2012年 - 2015年
衛星データと地球地図を用いた環境劣化評価システムの構築
文部科学省: 宇宙利用促進調整委託費
研究期間: 2012年 - 2014年
広域地質情報発信のための分散共有型WebGIS 3次元地質モデリングシステムの構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2010年 - 2012年