渋谷 秀樹

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/06 03:18
 
アバター
研究者氏名
渋谷 秀樹
eメール
shibuhrikkyo.ac.jp
所属
立教大学
部署
法務研究科 法務専攻専門職学位課程
職名
教授
学位
法学修士
その他の所属
立教大学立教大学
科研費研究者番号
60170916

研究分野

 
 

経歴

 
1984年4月
 - 
1985年3月
大阪府立大学経済学部 助手
 
1985年4月
 - 
1988年3月
大阪府立大学経済学部 専任講師
 
1988年4月
 - 
1995年12月
大阪府立大学経済学部 助教授
 
1996年1月
 - 
1997年3月
大阪府立大学経済学部 教授
 
1997年4月
 - 
2000年3月
明治学院大学法学部 教授
 

学歴

 
 
 - 
1978年3月
東京大学 法学部 第二類(公法コース)学科
 
 
 - 
1981年3月
東京大学 法学政治学研究科 公法専門課程専攻
 
 
 - 
1984年3月
東京大学 法学政治学研究科 公法専門課程専攻
 

論文

 
Standing to Assert Constitutional Issues in Japan
渋谷秀樹
The Keizai Kenkyu The Journal of economic studies   34-4,36-1    2003年4月
Theoretical analysis about the deirjuoriy of the judiciary in constitutional litigations
Public law review   63, 57    2001年4月
新しい社会状況と憲法
日本国憲法を読み直す(紙谷雅子編)日本経済新聞社   1, 204    2000年4月
都道府県と市町村の関係―二層制の憲法原理的考案―
公法研究   62, 212    2000年4月
Constitutional interpretation in the contempory society
1, 204    2000年4月

書籍等出版物

 
Logical arguments over the constitution of Japan
2002年4月   
Invitation to the world of constitutional law
2001年4月   
Constitutional low part 2 : government
2000年4月   
Constitutional low part 1 : human rights
2000年4月   
The Theory of the Prerequisites to the Judicial and Constitutional Reviews
1995年4月   

競争的資金等の研究課題

 
憲法訴訟における主張の利益
研究期間: 1984年4月 - 現在
事件性の理論
Standing to Assert Constitutional Issues
"The Case-or-Controversy" Doctrine
地方自治論
研究期間: 2000年1月 - 現在
地方分権の展開に対応して,その憲法論的位置づけを研究している。

社会貢献活動

 
(財)アジア・太平洋人権情報センタ-
【】  1994年7月 - 現在
評議員
外務省専門職員採用試験
【】  1998年4月 - 現在
試験委員
東京都豊島区行政情報公開・個人情報保護
【】  2000年6月 - 現在
審議会委員
税務大学校
【】  2002年4月 - 現在
講師
自治大学校
【】  2002年4月 - 現在
講師