柴 健次

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/06 03:15
 
アバター
研究者氏名
柴 健次
 
シバ ケンジ
eメール
kenshibakansai-u.ac.jp
URL
http://www2.itc.kansai-u.ac.jp/~t960031/
所属
関西大学
部署
会計研究科会計人養成専攻
職名
教授
学位
経営学修士, 博士(商学)
科研費研究者番号
40154231

学歴

 
 
 - 
1978年
大阪府立大学 経済学部 経営学科
 
1980年
   
 
神戸商科大学 経営学研究科 会計学
 

委員歴

 
1997年9月
 - 
現在
評議員
 
2009年9月
 - 
2015年9月
理事
 
2015年9月
 - 
現在
学会賞審査委員
 
2011年8月
 - 
2014年8月
学会賞審査委員会委員
 
1999年7月
 - 
2002年8月
理事
 

受賞

 
1991年
日本会計研究学会 日本会計研究学会賞
 

論文

 
外貨表示財務諸表項目の換算法と換算差損益の処理(共著)
柴 健次;リリア・テレサ相良
中央経済社『企業会計』   31巻4号67-76頁    1979年4月
外国財務諸表項目の換算に関する基本問題
SHIBA Kenji
神戸商科大学『星陵台論集』   14巻2号159-181頁    1981年2月
外貨換算会計の論理
柴 健次
大阪府立大学『経済研究』   28巻1号173-204頁    1983年3月
外貨換算会計モデルの再検討
柴 健次
日本会計学会『会計』   129巻2号131-142頁    1986年2月
為替会計における検討課題
柴 健次
中央経済社『企業会計』   38巻9号25-30頁    1986年9月

Misc

 
国際会計基準の導入と日本の会計制度に関する実態調査 作成者へのアンケート集計結果
柴 健次;岡田依里;川村義則;木本圭一;斎藤真哉;白石健治;阪智香;徳賀芳弘;野村嘉浩;林隆敏;弥永真生;山田辰己
関西大学商学会ワーキングペーパー   8号、1-31頁    2003年1月
座談会:企業再生に果たす会計の役割-実務と会計教育のあり方
柴 健次;奥山章雄;平松一夫
中央経済社『企業会計』   55巻12号17-34頁    2003年12月
ネットワーク時代の簿記
柴 健次
日本簿記学会 第19回関西部会統一論題『21世紀における簿記の展開』(同志社大学)      2003年5月
編著を語る「会計制度改革と企業行動」
柴 健次
日経金融新聞      2004年8月
地方政府におけるニュー・パブリックマネジメントの革新
柴 健次
日本地方自治研究学会第21回全国大会・国際会議シンポジウム      2004年8月

書籍等出版物

 
外貨換算会計論
柴 健次
大阪府立大学経済研究叢書   1987年3月   
Accounting and Financial Reporting in Japan Chapter 7 Domestic Financial Reporting by Japanese companies
SHIBA Kenji
Frederick D. S. Choi and Kazuo Hiramatsu eds. , Van Nostrand Reinhold(UK)   1987年7月   
環境変動と会計情報戦略:第9章 国際経営と為替変動会計」
柴 健次
『環境変動と会計情報戦略』 税務経理協会(吉田寛先生華甲記念論文集編集委員会)   1987年12月   
公会計の基本問題:第12章 非営利組織の財務報告目的と計算構造
柴 健次
『公会計の基本問題』 森山書店(吉田寛・原田富士雄編著)   1989年6月   
COFRI実務研究叢書:第6章 「証券化関連商品の会計」
柴 健次 (担当:共著)
COFRI実務研究叢書 『証券化の理論と実務』 中央経済社(企業財務制度研究会編)   1992年7月   

講演・口頭発表等

 
総合商社のグローバル戦略とディスクロージャー
柴 健次
『年報経営分析研究』 日本経営分析学会第13回秋季大会「総合商社の経営分析」セッション報告   1997年10月4日   
金融のグローバル化と会計の無国籍化
柴 健次
国際ビジネス学会第2回全国大会自由論題報告(於:神戸大学)   1995年11月   
証券市場における財務報告の在り方
柴 健次
日本会計研究学会第55回大会統一論題報告 (於:早稲田大学)   1996年9月   
金融商品の時価評価とヘッジ会計
柴 健次
国際会計研究学会第13回研究大会自由論題報告(於:東亜大学)   1996年12月   
日本企業のディスクロージャー・マインド:制度の標準化と意識の乖離
柴 健次
国際会計学会第17回大会自由論題報告   2000年10月7日   

Works

 
国際会計基準の導入と日本の会計制度に関する実態調査 作成者へのアンケート集計結果
その他   2003年
座談会:企業再生に果たす会計の役割-実務と会計教育のあり方
その他   2003年
ネットワーク時代の簿記
その他   2003年
編著を語る「会計制度改革と企業行動」
その他   2004年
地方政府におけるニュー・パブリックマネジメントの革新
その他   2004年

競争的資金等の研究課題

 
政府・非営利組織(広義には公共経営)の会計
企業会計の制度と理論の研究
経営と会計のリテラシーの定着に向けた教育研究
震災後に考えるリスクマネジメントとディスクロージャーの研究
行政コストマネジメントシステムの研究開発
研究期間: 2011年 - 2014年

社会貢献活動

 
税理士試験委員
【】  2003年 - 2005年1月
公認会計士試験委員
【】  2006年1月4日 - 2008年12月
日本学術会議第20期連携委員
【】  2007年4月 - 2008年9月
財団法人企業財務制度研究会証券化関連商品開示制度研究委員会委員
【】  1990年 - 1991年6月
財団法人企業財務制度研究会商法会計制度研究懇談会
【】  1994年 - 1995年12月