本澤 巳代子

J-GLOBALへ         更新日: 17/01/13 13:57
 
アバター
研究者氏名
本澤 巳代子
学位
法学博士(関西大学), 法学修士(関西大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
筑波大学 人文社会系 教授
 
1983年4月
 - 
1984年3月
日本学術振興会 奨励研究員
 
1984年7月
 - 
1986年6月
ドイツ・アレクサンダー・フォン・フンボルト財団 奨励研究員 (バイロイト大学招待研究者)
 
1985年4月
 - 
1987年3月
財団法人比較法研究センター 研究員
 
1987年4月
 - 
1991年11月
大阪府立大学 経済学部 講師
 

学歴

 
 
 - 
1976年
関西大学 法学部 法律学科
 
 
 - 
1983年
関西大学 法学研究科 私法学
 

委員歴

 
2012年9月
 - 
2012年9月
ベルリン日独センター  第4回日独国際会議「家族と職業の両立を図る-今の政治の課題」オーガナイザー
 
2014年3月
   
 
茨城県  政府調達苦情検討委員会委員
 
2012年9月
 - 
2012年9月
ベルリン日独センター  Symposium Balanceakt Familienzeit - Berufszeit/オーガナイザー
 
2001年
   
 
日本家族<社会と法>学会  理事
 
2000年
   
 
日本社会保障法学会  理事
 

受賞

 
1984年
アレキサンダー・フォン・フンボルト財団 フンボルト研究奨励金
 
ドイツのアレキサンダー・フォン・フンボルト財団が博士学位を取得した優秀な研究者を対象に支給する研究奨励金

論文

 
日独韓における介護保険の現状と課題に関する比較研究
本澤,巳代子
グローバルエイジングへの国境なき挑戦      2013年5月
財産分与に関する再検討(家族法改正研究会第4回シンポジウム「離婚法グループ中間報告会」報告)
本澤,巳代子
戸籍時報   (694)    2013年3月
福祉・介護サービスの室向上のためのアウトカム評価拠点に関する研究-法学の視点からの政策評価・提言-
本澤巳代子;脇野幸太郎;岡本朋巳
福祉・介護サービスの質の向上のためのアウトカム評価拠点   154-159   2012年5月
福祉・介護サービスの質向上のための介護者支援に関する研究-イギリスのケアラー法と「介護者のための全国戦略」を参考として-」
本澤巳代子;岡本朋巳
福祉・介護サービスの質向上のためのアウトカム評価拠点   158-164   2012年5月
虐待・暴力法制の各国比較からみえた課題
本澤巳代子
虐待防止法の総合的研究   30-35   2012年3月

書籍等出版物

 
トピック社会保障法 第8版
本澤,巳代子 (担当:編者)
信山社   2014年4月   ISBN:9784797286687
若手・中堅の執筆陣を起用し、毎年何らかの改正が行われる社会保障法の分野で、常に新たな法改正に関する最新情報を取り入れて、毎年改訂を重ねている社会保障法の教科書である。
家族ための総合政策-日独国際比較の視点から-
本澤,巳代子 (担当:編者)
信山社   2007年9月   ISBN:9784797285468
本澤とフォン・マイデル教授の共同企画で、日本におけるドイツ2005・2006の公式行事の一つとして2006年3月9日から11日まで開催した日独会議「少子高齢社会と家族のための総合政策」における講演原稿と提言をまとめた書籍である。
家族ための総合政策Ⅱ-市民社会における家族政策-
本澤,巳代子 (担当:編者)
信山社   2009年12月   ISBN:9784797254563
本澤とフォン・マイデル教授が共同企画し、筑波大学とベルリン日独センターの主催で2009年11月13日から15日までの3日間にわたり開催した第2回日独会議「少子高齢社会と家族のための総合政策」における講演原稿および提言をまとめた書籍である。
家族のための総合政策Ⅲ-家族と職業の両立-
本澤,巳代子 (担当:編者)
信山社   2013年10月   ISBN:9784797254648
本澤とギーセン大学マイヤー=グレーヴェ教授が共同で企画し、ベルリン日独センター、筑波大学、ギーセン大学が共同で、2012年9月17日~18日にベルリン日独センターで開催した第4回日独シンポジウム「家族と職業の両立を図る-今の政治の課題」における日独研究者はおよび実務家の講演原稿をまとめたものである。
トピック社会保障法第7版
本澤,巳代子
不磨書房   2013年4月   

講演・口頭発表等

 
Altenpglege und Familie in Japan [招待有り]
Motozawa,Miyoko
Studentisches Symposium "Das Ende der Tradition: Familienpolitik in Asien auf dem Weg in die Moderne?   2015年1月11日   
日本における家族政策-高齢社会における家族のための総合政策の現状と課題ー [招待有り]
本澤,巳代子
デュッセルドルフ大学40周年記念シンポジウム「日本とドイツの家族政策」   2015年1月9日   デュッセルドルフ大学、筑波大学、ケルン文化センター
無縁社会と社会保障法 [招待有り]
本澤,巳代子
日本家族<社会と法>学会第31回学術大会シンポジウム「無縁社会と家族法」   2014年11月1日   日本家族<社会と法>学会
民法上の扶養義務と生活保護 [招待有り]
本澤,巳代子
近畿弁護士連合会夏季研修会「生活保護と扶養義務のあり方」   2014年7月12日   近畿弁護士連合会
The 1st International Conference on Global Aging Tsukuba - Challenges of Global Aging across Borders and Academic Fields
本澤,巳代子
The 1st International Conference on Global Aging Tsukuba - Challenges of Global Aging across Borders and Academic Fields   2014年1月24日   つくばグローバルエイジングセンター準備室

Works

 
働く女性への支援に関する国際比較(ミュンヘン市におけるアンケート調査)
本澤, 巳代子   その他   1993年 - 1993年
介護保険のサービス利用契約に関するアンケート調査(東京都と共同実施)
本澤, 巳代子   その他   2003年 - 2003年
ドイツにおける家族政策の展開とワークライフバランス推進に関する調査研究
本澤, 巳代子   その他   2009年1月 - 2009年1月

競争的資金等の研究課題

 
多元多層化する家族と法の全体像に関する実証的比較法研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤(B)
研究期間: 2012年4月 - 2016年3月    代表者: 床谷文雄
本研究では、現代家族が抱える様々な問題に対する法の対応を実証的かつ比較法的に分析することで、あるべき家族法の全体像を構想する。そのために、カップル社会の変容、親子関係の新しい形、孤独死、無縁死、高齢者介護、世代間扶養、孤立と暴力、多元手金場紛争解決方法の展望を切り口として、新しい家族と法の実体化を促進する。
グローバルエイジングへの国境なき挑戦~経験の共有と尊重を支える日本初学際ネットワークによる提言に関する研究
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 田宮菜奈子
家族のための総合政策-虐待・暴力防止法制における国際比較を中心に-
日本学術振興会: 基盤研究(A)
研究期間: 2011年4月 - 2015年3月    代表者: 本澤巳代子
家族内の児童虐待、配偶者間暴力、高齢者虐待、障がい者虐待の防止に関する法制度について、国際基準を含め11か国の比較検討を行うとともに、医学等との学際的研究を行うものである。
家族のための総合政策~企業と市民社会ネットワーク構築を目指して~
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 本澤巳代子
少子高齢社会における家族のための総合政策として、企業におけるワークライフバランス施策および市民社会における多世代交流のための市民活動振興と交流拠点形成について、ドイツの取組を紹介し日本に示唆を与えることを目的としている。
中国の高齢者介護保障に関する比較法的研究-日本の老人医療・介護保障制度との比較を中心として
日本学術振興会: 特別研究員奨励費
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 呉紅敏