荻原 昭夫

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/06 17:22
 
アバター
研究者氏名
荻原 昭夫
 
オギハラ アキオ
URL
http://research.kindai.ac.jp/profile/ja.78496bff290a3064.html
所属
近畿大学
部署
工学部 情報学科
職名
教授
学位
博士(工学)(大阪府立大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1992年4月
 - 
1995年3月
大阪府立大学 助手
 
1995年4月
 - 
1999年3月
大阪府立大学 講師
 
1999年4月
 - 
2007年3月
大阪府立大学 助教授
 
2007年4月
 - 
2012年3月
大阪府立大学 准教授
 
2012年4月
 - 
現在
近畿大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1992年
大阪府立大学 工学研究科 電気工学専攻
 
 
 - 
1989年
大阪府立大学 工学研究科 電気工学専攻
 
 
 - 
1987年
大阪府立大学 工学部 電気工学科
 

委員歴

 
1994年
 - 
1995年
1995 IEEE Workshop on VLSI Signal Processing プログラム委員
 
1996年
 - 
1997年
電子情報通信学会  会誌編集委員
 
2001年
 - 
2002年
SICE Annual Conference 2002 実行委員
 
2006年
 - 
2006年
The 2006 IEEE Asia Pacific Conference on Circuits and Systems (APCCAS 2006) 査読委員
 
2007年
 - 
2007年
ISCIT 2007 (7th International Symposium on Communications and Information Technologies) 査読委員
 

論文

 
Improvement of the embedding capacity for audio watermarking method using non-negative matrix factorization
Harumi Murata, Akio Ogihara
Advances in Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing   1 107-114   2016年11月   [査読有り]
Harumi Murata, Akio Ogihara
IEEE International Symposium on Broadband Multimedia Systems and Broadcasting, BMSB   2016-July    2016年7月
© 2016 IEEE.In this paper, we propose an audio watermarking method using non-negative matrix factorization (NMF). The amplitude spectrogram of the host signal is decomposed the basis matrix and the activation matrix by NMF. These matrices are non-...
Digital watermark for real musical instrument sounds using non-negative matrix factorization
Harumi Murata, Akio Ogihara
Proc. 2016 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications   677-680   2016年7月   [査読有り]
Harumi Murata, Akio Ogihara
2015 15th International Symposium on Communications and Information Technologies, ISCIT 2015   117-120   2016年4月
© 2015 IEEE.A digital watermark is a technique to embed another digital data into digital contents such as music, image and movie. For audio signals, it is required that the sound quality of stego signal is not deteriorated. In existing methods, t...
Harumi Murata, Akio Ogihara
Proceedings - 2015 International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing, IIH-MSP 2015   156-159   2016年2月
© 2015 IEEE.For audio signals, the sound quality of the stego signal should not deteriorate as much as host signal. With current methods, high sound quality means that the difference between the host and stego signals is small. We proposed a metho...
Sho Yamamoto, Tsukasa Hirashima, Akio Ogihara
Studies in Computational Intelligence   619 101-112   2016年1月
© Springer International Publishing Switzerland 2016.In this paper, we described about a design of learning environment based on information structure and a realization of problem posing for learning disability. We design and developed software by...
山本 清高, 村田 晴美, 荻原 昭夫, 目加田 慶人
電気学会論文誌. C   136(12) 1661-1667   2016年
<p>This paper proposes a new regularization term of non-negative matrix factorization (NMF) for estimating pitch and onset time of electric bass. Both of them are indispensable information for automatic music transcription. However, it is difficul...
Harumi Murata, Akio Ogihara, Masaki Uesaka
IEICE Transactions on Information and Systems   E98D 89-94   2015年1月
Copyright © 2015 The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. Yajima et al. proposed a method based on amplitude and phase coding of audio signals. This method has relatively high sound quality because human auditory prop...
Harumi Murata, Akio Ogihara
Proceedings - 2014 10th International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing, IIH-MSP 2014   268-271   2014年1月
© 2014 IEEE. In this paper, we propose an audio watermarking method using processed sound of music. For audio signals, watermarks are embedded in time domain or Fourier domain. In existing methods, it is required that noises are not perceived in s...
Harumi Murata, Akio Ogihara, Shigetoshi Hayashi
ISPACS 2013 - 2013 International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems   51-54   2013年12月
In this paper, we propose a new watermarking method based on modification of sound pressure level between microphones. We focus on two characteristics of sound source. One is location of a dominant sound source will be maintained even if signal pr...
Blind audio watermarking based on multiplicative patchwork method with extension of embedding region
Harumi Murata, Akio Ogihara, Masaru Yamamoto
Proc. 2013 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications   653-656   2013年7月   [査読有り]
Application of synchronization code to multiple audio watermarking method based on average of absolute amplitude
Akio Ogihara, Harumi Murata, Natsumi Kishimoto
Proc. 2013 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications   657-660   2013年7月   [査読有り]
An audio watermarking method based on modification of sound pressure level between microphones
Harumi Murata, Akio Ogihara, Shigetoshi Hayashi
Proc. 2013 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications   669-672   2013年7月   [査読有り]
村田 晴美, 荻原 昭夫, 岩田 基 汐崎 陽
電子情報通信学会論文誌(D)   J96-D(4) 941-951   2013年4月   [査読有り]
An audio watermarking method using sampled sound for polyphonic music
Harumi Murata, Akio Ogihara, Motoi Iwata, Michifumi Yoshioka
Proc. 12th International Symposium on Communications and Information Technologies   104-109   2012年10月   [査読有り]
Sound quality improvement by converting an embedding domain for blind audio watermarking based on multiplicative patchwork method
Harumi Murata, Masaru Yamamoto, Akio Ogihara, Takeyuki Funabashi
Proc. 2012 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications      2012年7月   [査読有り]
論文番号 D-W1-05
Relationship between GOS length and tolerance to MP3 in multiple audio watermarking method based on average of absolute amplitude and variance of amplitude
Akio Ogihara, Natsumi Kishimoto, Harumi Murata
Proc. 2012 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications      2012年7月   [査読有り]
論文番号 F-W1-05
An audio watermarking method based on musical instrument identification
Harumi Murata, Akio Ogihara, Motoi Iwata, Michifumi Yoshioka
Proc. 2012 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications      2012年7月   [査読有り]
論文番号 F-W2-01
An application of blind source separation to audio watermarking
Akio Ogihara, Shigetoshi Hayashi, Harumi Murata
Proc. 2012 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications      2012年7月   [査読有り]
論文番号 F-W2-03
A sound quality improve method for phase shift keying based audio watermarking considering masking curve
Akio Ogihara, Masaki Uesaka, Shigetoshi Hayashi, Harumi Murata
Proc. 2012 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications      2012年7月   [査読有り]
論文番号 F-W2-02

Misc

 
An audio watermarking method by using sampling sound source
H.Murata, A.Ogihara, M.Iwata, A.Shiozaki
Proc. 2011 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications   922-925   2011年
A phase shift keying based audio watermarking method in consideration of masking curve
A.Ogihara, S.Hayashi, M.Iwata, A.Shiozaki
Proc. 2011 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications   934-937   2011年
An audio watermarking method based on variance of amplitude modification
A.Ogihara, N.Kishimoto, M.Iwata, A.Shiozaki
Proc. 2011 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications   926-929   2011年
Improvement of multiplicative patchwork audio watermarking by modifying both subsets
A.Ogihara, M.Yamamoto, H.Murata, M.Iwata, A.Shiozaki
Proc. 2011 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications   938-941   2011年
音楽電子透かしにおける埋込多重化に対する直流成分を用いた音質改善
村田晴美, 荻原昭夫, 岩田基, 汐崎陽
電子情報通信学会論文誌(A)   vol.J93-A(no.3) 171-180   2010年
Digital watermarking method warranting the lower limit of image quality of watermarked images
M.Iwata, T.Kanaya, A.Shiozaki, A.Ogihara
EURASIP Journal on Advances in Signal Processing   vol.2010 Article ID 426085   2010年
振幅の増減に基づく音楽電子透かしにおけるReed-Solomon符号を用いた音質改善法
荻原昭夫, 井上尚也, 岩田基, 汐崎陽
電子情報通信学会論文誌(A)   vol.J93-A(no.12) 835-839   2010年
Digital watermarking method for tamper detection and recovery of JPEG images
M.Iwata, T.Hori, A.Shiozaki, A.Ogihara
Proc. 2010 International Symposium on Information Theory and its Applications (ISITA2010)   309-314   2010年
An audio watermarking method by using automatic music transcription information
H.Murata, A.Ogihara, M.Iwata, A.Shiozaki
Proc. 2010 International Symposium on Information Theory and its Applications (ISITA2010)   303-308   2010年
A watermarking method for audio signals played with single musical instrument based on music transcription information
H.Murata, A.Ogihara, M.Iwata, A.Shiozaki
Proc. 2010 International Symposium on Communications and Information Technologies (ISCIT2010)   486-491   2010年
色差成分の分散を用いて微小な幾何学的改変に耐性を持たせた電子透かし法
崎山圭, 岩田基, 荻原昭夫, 汐崎陽
電子情報通信学会論文誌(A)   vol.92-A(no.3) 189-192   2009年
Sound quality improvement for multichannel audio watermarking
H.Murata, A.Ogihara, M.Iwata, A.Shiozaki
Proc. 2009 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications   1483-1486   2009年
Digital watermarking method using variance of chrominance in the pairs of adjoining blocks
K.Sakiyama, M.Iwata, A.Ogihara, A.Shiozaki
Proc. 2009 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications   1250-1253   2009年
Multi-layer audio watermarking based on amplitude modification
A.Ogihara, H.Murata, M.Iwata, A.Shiozaki
Proc. 2009 Fifth International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing (IIH-MSP 2009)   68-71   2009年
ロケーションマップの圧縮効率を高めた可逆電子透かし法
関屋宏光, 岩田基, 荻原昭夫, 汐崎陽
電子情報通信学会論文誌(D)   vol.J91-D(no.6) 1679-1683   2008年
A.Shiozaki, M.Iwata, A.Ogihara
IEICE Transactions on Information and Systems   E91-D(7) 2068-2071   2008年
振幅の増減に基づく音楽電子透かしにおける埋込の多重化による埋込容量の増大法
村田晴美, 荻原昭夫, 岩田基, 汐崎陽
電子情報通信学会論文誌(A)   vol.J91-A(no.12) 1240-1243   2008年
Multiple embedding for time-domain audio watermarking based on low-frequency amplitude modification
H.Murata, A.Ogihara, M.Iwata, A.Shiozaki
Proc. 2008 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications   1461-1464   2008年
A method of increasing watermark information capacity with five sections for audio watermarking method based on amplitude modification
A.Ogihara, N.Inoue, M.Iwata, A.Shiozaki
Proc. 2008 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications   1041-1044   2008年
Sound quality improvement by embedding position grouping for audio watermarking method using smearing transformation
A.Ogihara, T.Iwamoto, M.Iwata, A.Shiozaki
Proc. 2008 International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications   1045-1048   2008年

書籍等出版物

 
コンピュータ通信とネットワーク(第2版)
共立出版株式会社   1995年   
コンピュータ通信とネットワーク(第3版)
共立出版株式会社   1998年   
コンピュータ通信とネットワーク(第4版)
共立出版株式会社   2000年   
コンピュータ通信とネットワーク(第5版)
共立出版株式会社   2002年   
コンピュータネットワークの基礎
共立出版株式会社   2005年   

講演・口頭発表等

 
山本 清高, 村田 晴美, 荻原 昭夫, 目加田 慶人
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   2017年3月20日   
荻原昭夫, 村田晴美
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2017年3月7日   
森川裕介, 村田晴美, 荻原昭夫
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2017年3月7日   
村田 晴美, 荻原 昭夫
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   2017年3月6日   
村田 晴美, 荻原 昭夫
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   2017年1月30日   
村田 晴美, 荻原 昭夫
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   2016年11月17日   
宮原豪希, 山元翔, 荻原昭夫
電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2016年10月17日   
荻原昭夫, 安原尚吾, 村田晴美
電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2016年10月17日   
村田晴美, 荻原昭夫
電子情報通信学会技術研究報告   2016年9月8日   
村田晴美, 荻原昭夫
情報科学技術フォーラム講演論文集   2016年8月23日   
村田晴美, 荻原昭夫
電子情報通信学会技術研究報告   2016年5月12日   
村田晴美, 荻原昭夫
電子情報通信学会技術研究報告   2016年5月12日   
荻原昭夫, 村田晴美
電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM)   2016年3月1日   
村田晴美, 荻原昭夫
電子情報通信学会技術研究報告   2016年2月24日   
村田晴美, 荻原昭夫
電子情報通信学会技術研究報告   2016年1月11日   
山本清高, 村田晴美, 荻原昭夫, 目加田慶人
電子情報通信学会技術研究報告   2015年12月4日   
村田晴美, 荻原昭夫
電子情報通信学会技術研究報告   2015年11月5日   
藤木祥平, 荻原昭夫, 村田晴美
電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2015年10月10日   
番匠真, 荻原昭夫, 村田晴美
電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2015年10月10日   
宮原豪希, 山元翔, 荻原昭夫
電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集(CD-ROM)   2015年10月10日   

Works

 
送電線の故障診断に関する研究
1990年 - 1992年
離散HMMによる連続音声認識に関する研究
1997年
日経産業新聞「先端技術 電子透かし技術 進む開発」
2005年
朝日放送(TV) 「セキュリティシステムの解説」
2008年
大阪府立大学大学院工学研究科主催,技術紹介フェア,「株式市場における資産運用手法」
2001年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 荻原 昭夫
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 荻原 昭夫
我々が提案している多層型音楽電子透かし手法は、透かし情報の埋め込み処理を多層化することにより埋め込み容量の増大が実現可能である。しかしながら、多層化に応じて埋め込み処理による音質劣化が知覚されやすくなるという課題があった。そこで本研究では、“整合窓関数の最適化”および“誤り訂正符号を利用した音質改善手法”を多層型音楽電子透かし手法へ導入することで埋め込み処理に起因する音質劣化の軽減を可能とし、埋め込み容量と音質との両立を実現した。
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1997年 - 1998年    代表者: 荻原 昭夫
本課題では、様々な環境下における音声による対話(マン-マシンインターフェイス)の実現を目的とし、視聴覚融合音声認識システムに関する研究を行なった。具体的には,「人間の目の役割を演ずるテレビカメラ」と「耳の役割を演ずるマイクロホン」から得られた情報を対象としてモバイルコンピュータ上で統合認識処理を行なうことにより、柔軟性のあるマン-マシンインターフェイスの実現を試みている。本研究の目的である「モバイル視聴覚融合音声認識システム」は,3つの処理(「1.視聴覚情報のデータ収集」,「2.融合および...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1996年 - 1996年    代表者: 荻原 昭夫
本課題では,動画像を使用した視聴覚融合による人間と計算機との対話システムの実現を目的とし,視聴覚融合音声認識システムに関する研究を行なった.特に,近年,急速に普及しつつあるマルチメディアコンピュータ(「動画像の表示」や「音響信号の録音・再生」などの機能を有するコンピュータ)上に視聴覚融合音声認識手法を実装することで,特殊な装置を一切用いることなく音声認識システムを実現することを試みた.本研究で構築を行なった「マルチメディアコンピュータによる視聴覚融合音声認識システム」では,マルチメディアコ...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1995年 - 1995年    代表者: 荻原 昭夫
本課題では,動画像を使用した視聴覚融合による人間と計算機との対話システムの実現への第一段階として,比較的発話時間の短い文章(人間から計算機への一方通行)を対象とした視聴覚融合による音声認識システムを実現する事を目的とし,動画像を用いた視聴覚融合音声認識システムに関する研究を行なった.本研究で構築を行なった「フルフレーム画像を対象とした視聴覚融合音声認識システム」では,視聴覚情報の入力手段として “音声同期型動画像入力機能を有しているマルチメディアパソコン" を用いて,フルフレーム(30fp...