福嶌 教隆

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 12:22
 
アバター
研究者氏名
福嶌 教隆
 
フクシマ ノリタカ
所属
神戸市外国語大学
部署
外国語学部 イスパニア学科
職名
名誉教授
学位
言語学博士(マドリード大学), 文学修士(*大阪外国語大学*), その他
科研費研究者番号
50102794

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1976年4月
 - 
1979年3月
天理大学 助手
 
1979年4月
 - 
1982年3月
天理大学 講師
 
1982年4月
 - 
1995年3月
神戸市外国語大学 助教授
 
1995年4月
 - 
2017年3月
- 神戸市外国語大学 教授
 
2017年4月
 - 
現在
神戸市外国語大学 名誉教授
 

学歴

 
1970年4月
 - 
1974年3月
大阪外国語大学 外国語学部 イスパニア語学科
 
1974年4月
 - 
1976年3月
大阪外国語大学 外国語学部 イスパニア語学専攻修士課程
 
1986年9月
 - 
1992年6月
マドリード大学 言語学部 スペイン言語学科博士課程
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本イスパニヤ学会  副会長
 
2016年7月
 - 
現在
Real Academia Espan'ola  Acade'mico correspondiente extranjero
 
2016年4月
 - 
現在
日本イスパニヤ学会  理事
 
2015年
 - 
現在
日本ロマンス語学会  会長
 
2011年
 - 
現在
東京セルバンテス文化センター・スペイン語研究審議会  委員
 

論文

 
スペイン語の2つの接続法過去について
福嶌 教隆
ロマンス語研究 (日本ロマンス語学会)   50 31-39   2017年   [査読有り]
日本語に接続法は存在するか?
福嶌 教隆
神戸外大論叢   65(3) 1-25   2015年3月
日本文学のスペイン語訳についての一試案
福嶌 教隆
愛知県立大学文字文化財研究所紀要   1 133-152   2015年3月
アントニオ・カベサスによる日本文学のスペイン語訳について
福嶌 教隆
スペイン語世界のことばと文化   year 2014 83-102   2015年2月
日西モダリティ対照研究史(2)
福嶌 教隆
神戸外大論叢   64(5) 3-18   2014年3月

Misc

 
イスパニア語モダリティ研究の最近の動向について
福嶌教隆
神戸外大論叢、神戸市外国語大学   42(1) 1-14   1991年
イスパニア語の叙法対立に関する一試論
福嶌教隆
神戸外大論叢、神戸市外国語大学   41(2) 51-66   1990年
EL HECHO DE QUE節について
福嶌教隆
イスパニカ(日本イスパニヤ学会)   34 97-112   1990年
Ignacio Bosque博士の文法研究について
福嶌教隆
イスパニカ(日本イスパニヤ学会)   32 31-42   1988年
「Lo+形容詞+es que」構文における叙法選択について
福嶌教隆
神戸外大論叢、神戸市外国語大学   43(7) 51-65   1992年

書籍等出版物

 
世界遺産で学ぶスペイン語
福嶌 教隆
朝日出版社   2018年1月   
Handbook of Japanese Contrastive Linguistics (P.Pardeshi & T.Kageyama, eds.)
福嶌 教隆 (担当:共著, 範囲:pp.635-652 "Modality in Japanese and Spanish")
De Gruyter Mouton, Berlin & Boston   2018年   
現代スペインの諸言語の形態論についての対比的研究
福嶌 教隆 (担当:共著, 範囲:25%)
科研費による自費出版   2016年3月   
スペイン語大辞典
山田善郎・吉田秀太郎・中岡省治・東谷穎人・監修 (担当:分担執筆, 範囲:37分の1)
白水社   2015年9月   
スペイン語学概論
高垣敏博・監修 (担当:共著, 範囲:第6章 動詞の叙法(pp.77-91))
くろしお出版   2015年6月   

講演・口頭発表等

 
La distribucio'n geogra'fica del uso del subjuntivo
福嶌 教隆
日本スペイン語スペイン語圏文化国際学会第3回大会   2018年10月6日   
de ahi' que節の叙法選択について
福嶌 教隆
日本イスパニヤ学会第63回大会(於神奈川大学)   2017年10月7日   
Pasado, presente y futuro del subjuntivo en espan'ol
福嶌 教隆
日本スペイン語スペイン語圏文化国際学会第2回大会   2015年10月3日   
Indicativo y subjuntivo. Reglas de uso [招待有り]
福嶌 教隆
日本・スペイン・ラテンアメリカ学会   2015年5月16日   
Funcionamiento de las universidades japonesas y su relacio'n con las empresas [招待有り]
福嶌 教隆
Univerdidad Nacional de Educacio'n a Distancia (Spain)特別講演会   2014年5月8日   

担当経験のある科目

 

Works

 
日西対照研究(国立国語研究所日西対照研究班)
1990年 - 2000年
現代スペイン語の動詞研究(神戸市外国語大学外国学研究所研究班)
1991年
スペイン語文法課題の検索データバンク(科学研究費基盤研究(c)一般)課題番号13610639(代表:高垣敏博)平成13・14・15年度
2001年 - 2004年
日本語話者を対象とするスペイン語教育(神戸市外国語大学研究班)
2002年 - 2004年
How to teach Spanish to native Japanese speakers(神戸市外国語大学研究班)
2005年 - 2006年

競争的資金等の研究課題

 
医療通訳・コーディネーターの教育プログラムの看護大学と外国語大学による開発と検証
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(基盤研究B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 加藤 憲司
現代スペインの諸言語の形態論についての対比的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(基盤研究C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 福嶌 教隆
医療通訳・コーディネーターの教育プログラムの看護大学と外国語大学による共同開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(基盤研究B)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 金川 克子
現代スペインの諸言語の語彙に関する対比的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(基盤研究C)
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 福嶌 教隆
現代スペインの諸言語に関する統語的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業(基盤研究C)
研究期間: 2007年4月 - 2009年3月    代表者: 福嶌 教隆