志谷 匡史

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/19 11:53
 
アバター
研究者氏名
志谷 匡史
 
シタニ マサシ
所属
神戸大学
部署
大学院法学研究科 実務法律専攻
職名
教授
学位
法学修士(神戸大学), 博士(法学)(神戸大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1988年3月
神戸大学 大学院法学研究科博士課程後期課程単位修得退学  
 

論文

 
「監査役(会)の視点から見たコーポレートガバナンス改革」 ~現状の課題とより機能するためへの提言~
志谷 匡史ほか
関西支部監査実務研究会報告書   1-23   2019年8月
会計監査の規律づけ
志谷 匡史
Disclosure & IR   (8) 100-105   2019年2月
プロデュース事件東京高裁判決の検討ー東京高判平成30年3月19日ー
志谷 匡史
商事法務   (2172) 4-12   2018年7月   [査読有り][招待有り]
近時の米国証取法判例を振り返るー規則10b-5を中心に
志谷 匡史
商事法務   (2146) 28-38   2017年10月
経営決定権限の集中と牽制
志谷 匡史
岸田雅雄先生古稀記念論文集『現代商事法の諸問題』   523-546   2016年7月

Misc

 
株主割当増資と著しく不公正な方法による発行
志谷 匡史
平成28年度重要判例解説   108-109   2017年4月   [査読有り]
企業法務の視点―2016年第4 四半期の話題―
志谷 匡史
商事法務   (2128) 30-43   2017年3月
企業法務の視点―2016年第3 四半期の話題―
志谷 匡史
商事法務   (2119) 16-29   2016年12月
公開買付勧誘目的等でなされた株主名簿閲覧謄写請求の成否
志谷 匡史
商事法務   (2116) 52-56   2016年11月
会計監査人の積年
志谷 匡史
会社法判例百選〔第3版〕   154-155   2016年9月

書籍等出版物

 
金融商品取引法コンメンタール第1巻〔第2版〕
志谷 匡史 (担当:共著)
商事法務   2018年12月   
基礎から学べる金融商品取引法〔第4版〕
近藤 光男, 志谷 匡史, 石田 眞得, 釜田 薫子 (担当:共著)
弘文堂   2018年2月   
金融商品取引法
志谷 匡史 (担当:共著)
青林書院   2012年4月   
基礎から学べる金融商品取引法、第2章、第6章、第7章(161〜180頁)
志谷 匡史 (担当:共著)
弘文堂   2011年3月   
『神戸大学百年史』通史Ⅱ・新制神戸大学史
天野 雅敏, 山本 朗登, 釜田 史, 兒玉 州平, 志谷 匡史, 重富 公生, 河島 真, 金子 治平, 須崎 愼一, 足立 裕司, 富田 昌宏, 浦長瀬 隆, 野邑 理栄子, 奥村 弘, 西尾 久英, 木下 資一, 杉田 英昭, 湯田 拓史, 石田 憲治, 船寄 俊雄
神戸大学   2010年3月   
神戸大学百年史編集委員会編集。総頁数1189頁。第Ⅰ編第2部第4章、第3部第1,2,5章(156-180,182-220,266-288頁)を執筆。

講演・口頭発表等

 
会社法改正試案の概要について―投資家の関心・影響の視点から―
志谷 匡史
大阪商工会議所法律懇話会   2018年4月   
会社法制(企業統治等関係)の見直し―論点と課題―
志谷 匡史
日本監査役協会関西支部主催講演会   2017年7月   
会社役員の責任
志谷 匡史
大阪商工会議所法律懇話会   2017年7月   
役員の損害賠償責任(会社法・金商法)が問題となった裁判例と実務への示唆
志谷 匡史
大阪商工会議所法律懇話会   2016年7月   
会社法の諸論点—コーポレートガバナンスに関連して−
志谷 匡史
兵庫県司法書士会研修   2015年10月   兵庫県司法書士会

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
科学研究費補助金/基盤研究(B)
研究期間: 2018年4月 - 2022年3月    代表者: 井上 典之
学術研究助成基金助成金/基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 志谷 匡史
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 志谷 匡史
科学研究費補助金/基盤研究(B)
研究期間: 2011年       代表者: 行澤 一人
科学研究費補助金/基盤研究(C)
研究期間: 2010年       代表者: 井上 典之