鈴木 道隆

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/27 11:59
 
アバター
研究者氏名
鈴木 道隆
 
スズキ ミチタカ
eメール
suzukihq.u-hyogo.ac.jp
URL
http://www.u-hyogo.ac.jp/research/center/coordinator/
所属
兵庫県立大学
部署
産学連携・研究推進機構
職名
研究企画コーディネーター、特任教授
学位
工学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
兵庫県立大学 産学連携・研究推進機構 研究企画コーディネーター、特任教授
 
2008年4月
 - 
2017年3月
兵庫県立大学 大学院工学研究科 教授
 
2004年4月
 - 
2008年3月
兵庫県立大学 大学院工学研究科 准教授
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
(一社)日本粉体工業技術協会  混合・成形分科会コーディネーター
 
2009年
   
 
(一社)日本粉体工業技術協会  "粉体技術"誌 編集副委員長兼編集小委員長
 

受賞

 
2015年3月
兵庫県 教育功労者表彰
 
1986年
化学工学会 化学工学論文賞
 
1995年
粉体工学情報センター学術奨励賞
 
2017年1月
(一社)日本粉体工業技術協会 委員会・部門賞
 

論文

 
鈴木 道隆、高見 明和、飯村 健次、佐藤根 大士、治部 亘記
粉体工学会誌   51(9) 623-628   2014年9月   [査読有り]
鈴木道隆,吉川真央,飯村健次,佐藤根大士,石井克典
粉体工学会誌   50(6) 405-409   2013年6月   [査読有り]
鈴木道隆、田中智博、飯村健次、佐藤根大士
粉体工学会誌   49(9) 669-674   2012年9月   [査読有り]

Misc

 
鈴木 道隆, 六車 嘉貢, 廣田 満昭, 大島 敏男
粉体工学会誌   25(5) 287-291   1988年
鈴木 道隆, 大島 敏男
粉体工学会誌   26(4) 250-254   1989年
鈴木 道隆, 中辻 幸敏, 廣田 満昭, 大島 敏男
化学工学論文集   16(5) 1074-1079   1990年
鈴木道隆, 阪田隆敏, 中村彰二, 広田満昭, 大島敏男
化学工学論文集   17(2) 417-422   1991年
鈴木 道隆, 大島 敏男
粉体工学会誌   25(4) 204-208   1988年

書籍等出版物

 
入門 粒子・粉体工学 改訂第2版
椿淳一郎、鈴木道隆、神田良照 (担当:共著)
日刊工業新聞社   2016年12月   
微粒子最密充填のための粒度分布・粒子形状・表面状態制御
鈴木 道隆
R&D支援センター   2014年   
粒砕と粉体物性
培風館   1986年   ISBN:ISBN4-563-04261-7
粉体工学概論(共著)
粉体工学情報センター   1995年   
化学工学の進歩30微粒子制御
槙書店   1996年   ISBN:ISBN4-8375-0641-0

講演・口頭発表等

 
Hydrophobic Surface Treatment of Quartz Powder by Planetary Milling
The 4th JAPAN-RUSSIA Symposium on Mechanochemistry, Nagoya   1992年   
Effect of Size Distribution on Relation Between Co-ordination Number and Void Fraction of Spherical Particle System
World Congress on Particle Technology 3, Brighton, UK   1998年   
Effect of Size Distribution of Sand for Reclamation on Liquefaction by Earthquake
First Asian Particle Technology Symposium, Bangkok,Thailand   2000年   
Particle Arrengement on Plate Using Mechano-Chemical Reaction
World Congress on Particle Technology 4. Sydney, Australia   2002年   
Development of Water Repellent using Nano-Particles
2nd Asian Particle Technology Symposium 2003, Penang, Malaysia   2003年   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
フラクタル構造による超揆水機能の発現
2001年

競争的資金等の研究課題

 
メカノケミカル反応を利用した表面改質
微粒子の最密充填
研究期間: 1980年   
X線CTスキャン装置を用いた粉粒体充填構造ならびに粒子形状測定
研究期間: 2001年   
ナノ粒子を利用した透明超撥水面の作製
科学研究費補助金
研究期間: 2003年 - 2013年
可視光の波長よりも粒子径が小さなナノ粒子を塗布することによって、微細な凹凸を付け、超撥水面を作製する。この表面は粉塵付着防止効果も併せ持つ。

特許

 
界面活性粒子、ポリマー粒子及びその製造方法
2003-64110
高炉スラグの固結防止剤
2009-179547