生城 真一

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/06 19:55
 
アバター
研究者氏名
生城 真一
 
イクシロ シンイチ
URL
http://www.pu-toyama.ac.jp/BR/sakaki/
所属
富山県立大学
部署
工学部 生物工学科
職名
教授
学位
博士(学術)(広島大学)
その他の所属
富山県立大学

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
富山県立大学 大学院工学研究科生物工学専攻 教授
 
2007年4月
 - 
2017年3月
富山県立大学 大学院工学研究科生物工学専攻 准教授
 
2005年4月
 - 
2007年3月
富山県立大学 工学部生物工学研究センター 助教授
 
2004年4月
 - 
2005年3月
兵庫県立大学 大学院生命理学研究科 助手
 
1992年4月
 - 
2004年3月
姫路工業大学 理学部アイソトープセンター 助手
 

学歴

 
 
 - 
1992年
広島大学 生物圏科学研究科 生体機能科学
 
 
 - 
1987年
広島大学 総合科学部 環境科学
 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本フードファクター学会  理事
 
2016年4月
 - 
2018年3月
日本薬物動態学会  日本薬物動態学会代議員
 
2016年4月
 - 
2018年3月
日本農芸化学会  日本農芸化学会中部支部幹事
 
2013年4月
 - 
2018年3月
日本ビタミン学会  日本ビタミン学会代議員
 
2015年4月
 - 
2017年3月
日本生化学会  日本生化学会北陸支部幹事
 

論文

 
Tanaka S, Oyama M, Nishikawa M, Ikushiro S, Hara H
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   1-12   2018年9月   [査読有り]
Uno Y, Takahira R, Murayama N, Ishii Y, Ikenaka Y, Ishizuka M, Yamazaki H, Ikushiro S
Biochemical pharmacology   155 172-181   2018年9月   [査読有り]
Mano H, Ikushiro S, Sakaki T
The Journal of steroid biochemistry and molecular biology   183 221-227   2018年10月   [査読有り]
Ono Y, Sugiyama S, Matsushita M, Kitazawa T, Amano T, Uno Y, Ikushiro S, Teraoka H
Xenobiotica; the fate of foreign compounds in biological systems   1-9   2018年7月   [査読有り]
Nishikawa M, Yasuda K, Takamatsu M, Abe K, Nakagawa K, Tsugawa N, Hirota Y, Tanaka K, Yamashita S, Ikushiro S, Suda T, Okano T, Sakaki T
The Journal of steroid biochemistry and molecular biology      2018年7月   [査読有り]
Mano H, Takano M, Ikushiro S, Kittaka A, Sakaki T
Biochemical and biophysical research communications      2018年9月   [査読有り]
Nakamura T, Kinjo C, Nakamura Y, Kato Y, Nishikawa M, Hamada M, Nakajima N, Ikushiro S, Murota K
Archives of biochemistry and biophysics   645 126-136   2018年5月   [査読有り]
Matsumura E, Nakagawa A, Tomabechi Y, Ikushiro S, Sakaki T, Katayama T, Yamamoto K, Kumagai H, Sato F, Minami H
Scientific reports   8(1) 7980   2018年5月   [査読有り]
Mano H, Ikushiro S, Saito N, Kittaka A, Sakaki T
The Journal of steroid biochemistry and molecular biology   178 55-59   2018年4月   [査読有り]
Yasuda K, Tohyama E, Takano M, Kittaka A, Ohta M, Ikushiro S, Sakaki T
The Journal of steroid biochemistry and molecular biology   178 333-339   2018年4月   [査読有り]
Yasuda K, Sugimoto H, Hayashi K, Takita T, Yasukawa K, Ohta M, Kamakura M, Ikushiro S, Shiro Y, Sakaki T
Biochimica et biophysica acta. Proteins and proteomics   1866(1) 23-31   2018年1月   [査読有り]
Nishikawa M, Masuyama Y, Nunome M, Yasuda K, Sakaki T, Ikushiro S
Applied microbiology and biotechnology   102(2) 723-732   2018年1月   [査読有り]
Sakaki T, Yasuda K, Nishikawa M, Ikushiro S
Yakugaku zasshi : Journal of the Pharmaceutical Society of Japan   138(3) 357-363   2018年   [査読有り]
Ishisaka A, Ikushiro S, Takeuchi M, Araki Y, Juri M, Yoshiki Y, Kawai Y, Niwa T, Kitamoto N, Sakaki T, Ishikawa H, Kato Y
Molecular nutrition & food research   61(9)    2017年9月   [査読有り]
Horiuchi H, Usami A, Shirai R, Harada N, Ikushiro S, Sakaki T, Nakano Y, Inui H, Yamaji R
The Journal of nutrition   147(9) 1631-1639   2017年9月   [査読有り]
Kurita A, Miyauchi Y, Ikushiro S, Mackenzie PI, Yamada H, Ishii Y
The Journal of pharmacology and experimental therapeutics   361(2) 199-208   2017年5月   [査読有り]
Yasuda K, Yogo Y, Sugimoto H, Mano H, Takita T, Ohta M, Kamakura M, Ikushiro S, Yasukawa K, Shiro Y, Sakaki T
Biochemical and biophysical research communications   486(2) 336-341   2017年4月   [査読有り]
Mano H, Nishikawa M, Yasuda K, Ikushiro S, Saito N, Sawada D, Honzawa S, Takano M, Kittaka A, Sakaki T
The Journal of steroid biochemistry and molecular biology   167 61-66   2017年3月   [査読有り]
Ikushiro S, Nishikawa M, Masuyama Y, Shouji T, Fujii M, Hamada M, Nakajima N, Finel M, Yasuda K, Kamakura M, Sakaki T
Molecular pharmaceutics   13(7) 2274-2282   2016年7月   [査読有り]
Sakakibara Y, Katoh M, Imai K, Kondo Y, Asai Y, Ikushiro S, Nadai M
Biopharmaceutics & drug disposition   37(5) 314-319   2016年7月   [査読有り]
Inui H, Itoh T, Yamamoto K, Ikushiro S, Sakaki T
International journal of molecular sciences   15(8) 14044-14057   2014年8月   [査読有り]
Nakamura T, Murota K, Kumamoto S, Misumi K, Bando N, Ikushiro S, Takahashi N, Sekido K, Kato Y, Terao J
Molecular nutrition & food research   58(2) 310-317   2014年2月   [査読有り]
Kato Y, Haraguchi K, Onishi M, Ikushiro S, Endo T, Ohta C, Koga N, Yamada S, Degawa M
Biological & pharmaceutical bulletin   37(3) 504-509   2014年   [査読有り]
Watanabe KP, Kawai YK, Ikenaka Y, Kawata M, Ikushiro S, Sakaki T, Ishizuka M
PloS one   8(9) e75689   2013年9月   [査読有り]
Kato Y, Onishi M, Haraguchi K, Ikushiro S, Ohta C, Koga N, Endo T, Yamada S, Degawa M
Biological & pharmaceutical bulletin   36(10) 1594-1601   2013年   [査読有り]
Uchihashi S, Nishikawa M, Sakaki T, Ikushiro S
Drug metabolism and pharmacokinetics   28(3) 260-264   2013年   [査読有り]
Yasuda K, Ikushiro S, Wakayama S, Itoh T, Yamamoto K, Kamakura M, Munetsuna E, Ohta M, Sakaki T
Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals   40(10) 1917-1926   2012年10月   [査読有り]
Uchihashi S, Nishikawa M, Sakaki T, Ikushiro S
Journal of biochemistry   152(4) 331-340   2012年10月   [査読有り]
Kato Y, Tamaki S, Haraguchi K, Ikushiro S, Sekimoto M, Ohta C, Endo T, Koga N, Yamada S, Degawa M
Toxicology and applied pharmacology   263(3) 323-329   2012年9月   [査読有り]
Nagaoka K, Hanioka N, Ikushiro S, Yamano S, Narimatsu S
Drug metabolism and pharmacokinetics   27(4) 388-397   2012年   [査読有り]
Yasuda K, Ikushiro S, Kamakura M, Munetsuna E, Ohta M, Sakaki T
Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals   39(9) 1538-1545   2011年9月   [査読有り]
Kato Y, Onishi M, Haraguchi K, Ikushiro S, Ohta C, Koga N, Endo T, Yamada S, Degawa M
Toxicology and applied pharmacology   254(1) 48-55   2011年7月   [査読有り]
Uchihashi S, Fukumoto H, Onoda M, Hayakawa H, Ikushiro S, Sakaki T
Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals   39(5) 803-813   2011年5月   [査読有り]
Kato Y, Suzuki H, Haraguchi K, Ikushiro S, Ito Y, Uchida S, Yamada S, Degawa M
Toxicology and applied pharmacology   249(3) 238-246   2010年12月   [査読有り]
Sugatani J, Sadamitsu S, Kurosawa M, Ikushiro S, Sakaki T, Ikari A, Miwa M
Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals   38(10) 1655-1664   2010年10月   [査読有り]
Kasai N, Ikushiro S, Shinkyo R, Yasuda K, Hirosue S, Arisawa A, Ichinose H, Wariishi H, Sakaki T
Applied microbiology and biotechnology   86(2) 773-780   2010年3月   [査読有り]
Kasai N, Ikushiro SI, Shinkyo R, Yasuda K, Hirosue S, Arisawa A, Ichinose H, Wariishi H, Sakaki T
Applied microbiology and biotechnology      2010年1月   [査読有り]
Kato Y, Haraguchi K, Kubota M, Seto Y, Okura T, Ikushiro S, Koga N, Yamada S, Degawa M
Drug metabolism and disposition: the biological fate of chemicals   38(1) 150-156   2010年1月   [査読有り]

Misc

 
堀部恭平, 西川美宇, 安田佳織, 阿部圭祐, 真野寛生, 中川公恵, 岡野登志夫, 生城真一, 榊利之
ビタミン   92(4) 238   2018年4月
真野寛生, 生城真一, 高野真史, 橘高敦史, 榊利之
ビタミン   92(4) 220   2018年4月
西川美宇, 安田佳織, 高松将士, 阿部圭祐, 堀部恭平, 真野寛樹, 橘高敦史, 高野真史, 中川公恵, 岡野登志夫, 生城真一, 榊利之
ビタミン   92(4) 237   2018年4月
岡本海利, 安田佳織, 真野寛生, 西川美宇, 川越文裕, 橘高敦史, 生城真一, 榊利之
ビタミン   92(4) 239   2018年4月
高橋亜弥, 生城浩子, 後藤春菜, 伊藤恵実, 生城真一, 平林義雄, 矢野貴人, 神谷信夫, 神谷信夫, 宮原郁子
ビタミン   92(4) 208   2018年4月
安田佳織, 岡本海利, 西川美宇, 真野寛生, 中川公恵, 津川尚子, 岡野登志夫, 川越文裕, 橘高敦史, 生城真一, 榊利之
ビタミン   92(4) 238   2018年4月
阿部圭祐, 西川美宇, 堀部恭平, 安田香織, 真野寛生, 橘高敦史, 高野真史, 中川公惠, 岡野登志夫, 生城真一, 榊利之
ビタミン   92(4) 237   2018年4月
加藤陽二, 加藤陽二, 室田佳恵子, 石坂朱里, 石坂朱里, 伊藤美紀子, 伊藤美紀子, 生城真一
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2018 ROMBUNNO.2B04a07 (WEB ONLY)   2018年3月
榊 利之, 安田 佳織, 西川 美宇, 生城 真一
薬学雑誌   138(3) 357-363   2018年3月
セサミンの代謝とジクロフェナクとの相互作用について報告した。ヒト肝ミクロソームを用いた各P450分子種特異的反応とセサミン代謝反応との相関およびP450分子種特異的抗体を用いた活性阻害実験から、主要な分子種はCYP2C9であること、寄与率は低いがCYP1A2も関与していることが示唆された。ヒトにおけるセサミン代謝にはCYP、UDP-グルクロン酸転移酵素(UGT)、硫酸抱合酵素(SULT)、カテコール-O-メチルトランスフェラーゼ(COMT)といった種々の薬物代謝酵素が重要な役割を果たしてい...
ゲノム編集法により作成したCYP27B1遺伝子欠損およびVDR遺伝子改変ラットを用いたビタミンD作用メカニズムの解明
西川 美宇, 安田 佳織, 高松 将士, 阿部 圭祐, 堀部 恭平, 真野 寛生, 中川 公恵, 津川 尚子, 岡野 登志夫, 生城 真一, 榊 利之
日本薬学会年会要旨集   138年会(3) 139-139   2018年3月
CYP24A1遺伝子欠損ラットを用いた25-ヒドロキシビタミンD3代謝様式の解明
安田 佳織, 西川 美宇, 岡本 海利, 高松 将士, 阿部 圭祐, 真野 寛生, 中川 公恵, 津川 尚子, 岡野 登志夫, 生城 真一, 榊 利之
日本薬学会年会要旨集   138年会(3) 142-142   2018年3月
中山舞, 西川美宇, 西川美宇, 安田佳織, 鎌倉昌樹, 榊利之, 生城真一
日本フードファクター学会学術集会講演要旨集   23rd 106   2018年
加藤陽二, 加藤陽二, 河合翔太, 室田佳恵子, 中村俊之, 中村宜督, 生城真一
日本フードファクター学会学術集会講演要旨集   23rd 106   2018年
ゲノム編集法で作出したI型くる病モデルCYP27B1遺伝子欠損ラットへの25-ヒドロキシビタミンD3投与の効果
堀部 恭平, 西川 美宇, 安田 佳織, 高松 将士, 阿部 圭祐, 岡本 海利, 真野 寛生, 中川 公恵, 津川 尚子, 岡野 登志夫, 生城 真一, 榊 利之
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [3P-0210]   2017年12月
ゲノム編集法で作出したCYP27B1 KOおよび変異型VDR導入ラットの比較による25-ヒドロキシビタミンD3の作用メカニズムの解明
阿部 圭祐, 西川 美宇, 安田 佳織, 堀部 恭平, 高松 将士, トウ・キンエキ, 真野 寛生, 岡本 海利, 中川 公恵, 津川 尚子, 岡野 登志夫, 生城 真一, 榊 利之
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [3P-0211]   2017年12月
LC/MS/MSを利用した血中ビタミンD3代謝物の一斉分析法の確立
安田 佳織, 西川 美宇, 岡本 海利, 高松 将士, 阿部 圭祐, 中川 公恵, 津川 尚子, 岡野 登志夫, 生城 真一, 榊 利之
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [3P-0212]   2017年12月
CYP24A1遺伝子欠損ラットを用いた25-ヒドロキシビタミンD3代謝様式の解明
岡本 海利, 安田 佳織, 西川 美宇, 高松 将士, 阿部 圭祐, 真野 寛生, 中川 公恵, 津川 尚子, 岡野 登志夫, 生城 真一, 榊 利之
生命科学系学会合同年次大会   2017年度 [3P-0213]   2017年12月
ラット肝灌流試験、及び硫酸転移酵素(SULTs)スクリーニング系を用いたビスフェノール類(BPs)代謝動態の解析
藤木 純平, 家子 貴裕, 岡田 美和, 林 良弥, 井上 博紀, 西川 美宇, 生城 真一, 榊 利之, 岩野 英知
環境ホルモン学会研究発表会要旨集   20回 75-75   2017年12月
遺伝子改変出芽酵母を用いた医薬品アシルグルクロン酸抱合体合成技術の開発
生城 真一, 西川 美宇, 増山 優香, 藤井 美春, 安田 佳織, 濱田 昌弘, 中島 範行, 榊 利之
The Journal of Toxicological Sciences   42(Suppl.) S187-S187   2017年6月
ラット、マウスおよびヒトの主要モルヒネUDP-グルクロン酸転移酵素(UGT)分子種の酵素反応速度論的解析による比較
沖 大貴, 栗田 歩実, 宮内 優, 生城 真一, Mackenzie Peter I., 石井 祐次
The Journal of Toxicological Sciences   42(Suppl.) S314-S314   2017年6月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 生城 真一
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 生城 真一
前年度に引き続き、機能性食品成分としてのポリフェノール化合物の生体代謝物(グルクロン酸抱合体や硫酸抱合体)を遺伝子改変酵母を用いて大量に調製するシステムの構築を目指した。1)UDP-グルクロン酸転移酵素及びUDP-グルコース脱水素酵素を同時に組み込んだ出芽酵母株を構築した。前年度構築した分子種に加えて、ヒトUGT1種、マウスUGT2種、ウサギUGT1種を新たに加えてその抱合能の評価をおこなった。ポリフェノールとしてケルセチンを基質として用いて大量合成の検討をおこなった。4箇所の水酸基に...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 赤松 美紀
医薬品の薬物代謝に関与する酵素系は主にcytochrome P450 (CYP)スーパーファミリーであり,数種の重要なヒトCYP代謝酵素が存在する.本研究では,ヒトの主要なCYPによる多様な構造の化合物の代謝物をin silico予測できるシステムを構築することを目的とした.結果として,ドッキングシミュレーションより代謝物の構造が,水素原子の引き抜きエネルギー計算より生成する代謝物の生成比順序が予測され,代謝物予測システム構築が可能となった.
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 木村 成伸
シアノバクテリアSynechocystis sp. PCC6803にAcidovorax sp. KKS102株ビフェニル分解酵素系遺伝子やラット肝臓シトクロムP4501A1遺伝子を導入することにより,ビフェニルやダイオキシンを貧栄養環境下で水酸化できる新規シアノバクテリア株を作製した。芳香族環境汚染物質のバイオレメディエーションにおけるシアノバクテリアの有用性が確認できた。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 榊 利之
放線菌由来ビタミンD水酸化酵素の立体構造を解明し、2箇所にアミノ酸変異を導入することにより活性を飛躍的に上昇させることに成功し、有用性の高い3種のビタミンD水酸化体を効率よく製造することに成功した。また、多くの新規ビタミンD誘導体を合成し、それらの生物活性および代謝様式を調べたところ、体内で代謝されにくく、抗癌作用の高い化合物を得ることに成功した。

特許

 
生城 真一, 榊 利之, 安田 佳織
生城 真一, 榊 利之, 安田 佳織