谷 徹

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 03:14
 
アバター
研究者氏名
谷 徹
 
タニ トオル
所属
立命館大学
部署
文学部人間研究学域
職名
教授
学位
博士(東北大学)
その他の所属
立命館大学立命館大学立命館大学

研究分野

 
 

経歴

 
1986年4月
 - 
1994年3月
九州歯科大学歯学部・講師
 
1994年4月
 - 
1996年3月
城西大学女子短期大学部・助教授
 
1996年4月
 - 
2003年3月
城西国際大学人文学部・助教授
 
2003年4月
   
 
現職
 

学歴

 
 
 - 
1985年3月
慶應義塾大学大学院 文学研究科 哲学専攻
 

委員歴

 
2000年
   
 
日本現象学会 委員
 
2005年
 - 
2007年
日本現象学会 事務局長
 
1999年
 - 
2003年
日本哲学会 編集委員
 
2000年
 - 
2002年
日本倫理学会 編集委員・和辻賞選考委員
 
2003年
 - 
2005年
実存思想協会 理事
 

論文

 
文明・文化と「零」
谷 徹
文明と哲学   (10) 29-50   2018年3月
Body, Language and Mediality
Tani Toru
Yearbook for Eastern and Western Philosophy Walter de Gruyter   2017(2) 165-177   2017年11月
文明・文化と「五」
谷 徹
文明と哲学   (9) 119-138   2017年3月
あいだであう――生命の実在?
谷 徹
現代思想   44(20) 143-163   2016年10月
文明・文化と「四」
谷 徹
文明と哲学   (8) 23-38   2016年3月

Misc

 
酒井潔・佐々木能章・長綱啓典編『ライプニッツ読本』
谷 徹
『週刊読書人』      2013年5月
榊原哲也著『フッサール現象学の生成[方法の成立と展開]』
谷 徹
『実存思想論集』   26 171-174   2011年6月
藤野寛氏の書評に対して
谷 徹
『週刊読書人』      2008年12月
貫成人『真理の哲学』
谷 徹
『週刊読書人』      2008年5月
ヤン・パトチカ『歴史哲学についての異端的論考』
谷 徹
『週刊読書人』      2007年11月

書籍等出版物

 
Philosophie im gegenwaertigen Japan "Fuer eine Phaenomenologisierung von "Kultur""
Hans Peter Liederbach, Ito Toru, Kadowaki Shunsuke, Kashima Toru, Mine Hideki, Nakaoka Narifumi
IUDICIUM Verlag GmbH, Muenchen   2017年1月   ISBN:978-3-86205-490-9
『生命と死のあいだ 臨床哲学の諸相』 「対談・生と死のあいだ 木村敏・野家啓一・谷徹・内海健」
木村敏、野家啓一、内海健
河合文化教育研究所   2017年1月   ISBN:978-4-7772-0454-0
『内的時間意識の現象学』 エトムント・フッサール著
筑摩書房   2016年12月   ISBN:978-4-480-09768-2
Kontexte des Leiblichen "Leib als Medium"
Cathrin Nielsen, Karel Novotny, Thomas Nenon
Verlag Traugott Bautz GmbH, Nordhausen   2016年7月   ISBN:978-3-95948-139-7
『フッサール デカルト的省察』 「フッサールの問いは終わらない」
原著:E・フッサール 翻訳:船橋弘 解説:谷 徹 
中央公論新社   2015年11月   ISBN:978-4-12-160164-3

講演・口頭発表等

 
身体、媒体、あいだ
4th Conference of the European Network of Japanese Philosophy   2018年9月6日   
私は思考しうるか?
河合臨床哲学シンポジウム 「人称――その成立とゆらぎ」   2016年12月11日   
媒体性の現象学的形而上学
土井道子記念京都哲学基金「形而上学と現象学」   2016年9月2日   
Body, Language and Mediality
Embodiment. Phenomenology East/West   2016年5月5日   
Awai -- the Japanese concept of betweenness
Phenomenology and Oriental Philosophy   2015年4月18日   

担当経験のある科目

 

Works

 
Doing Phenomenology in Different Ways
その他   2018年3月
回想――近さと遠さ
その他   2011年3月 - 2011年3月
書物が私を作った
その他   2008年8月 - 2008年8月