当麻 庄司

J-GLOBALへ         更新日: 17/07/26 20:03
 
アバター
研究者氏名
当麻 庄司
 
トウマ ショウジ
所属
北海学園大学
部署
工学部 社会環境工学科
職名
名誉教授
学位
Ph.D.(パーデュー大学)
その他の所属
大起コンサルタント(株)

研究分野

 
 

学歴

 
1978年9月
 - 
1980年12月
パーデュー大学大学院 工学研究科修士課程 構造工学
 
1977年1月
 - 
1978年8月
パーデュー大学大学院 工学研究科博士課程 構造工学
 
 
 - 
1967年
神戸大学 工学部 土木工学科
 

Misc

 
道路橋示方書における軸方向圧縮力と不等端曲げモーメントを受ける部材の座屈安定照査式に関する検討
構造工学論文集   (47A) 113-124   2001年
銅道路橋の新荷重(B荷重)による鋼重増加の統計的分析
土木学会論文集   (619) 1-47   1999年
鋼道路橋の新荷重の鋼重データに基づく構造的特徴の分析
土木学会論文集   (598) 1-44   1998年
鋼道路橋の鋼重データベース (共著)
橋梁   29(8) 55-67   1993年
疑似水平カー塑性ヒンジ解析法の鋼骨組構造設計への適用性(共著)
鋼構造論文集   3(12) 21-30   1996年

書籍等出版物

 
よくわかる有限要素構造解析入門 (共著)
技法堂出版   1996年   
対話形式による橋梁設計シミュレーション
共立出版   2005年   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
骨組鋼構造物の弾塑性2次解析
研究期間: 1977年 - 1995年
鋼構造物の限界状態設計法
研究期間: 1977年 - 1995年
構造物の耐震設計
フロンティア研究
研究期間: 1995年   
日欧米の耐震設計比較
世界各国における合成桁橋の設計比較
研究期間: 2007年 - 2010年
ベンチマークとなる設計条件を提示し、それに従って設計した世界各国の設計結果を比較して、自国のより合理的な設計基準のあり方を研究する。