田島 誉士

J-GLOBALへ         更新日: 18/02/20 18:20
 
アバター
研究者氏名
田島 誉士
 
タジマ モトシ
所属
酪農学園大学
部署
獣医学群
職名
教授
学位
獣医学博士(北海道大学), 獣医学修士(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
酪農学園大学 獣医学群獣医学類 教授
 
2007年4月
 - 
2012年3月
北海道大学大学院獣医学研究科 附属動物病院 准教授
 
2001年4月
 - 
2007年3月
北海道大学大学院獣医学研究科 附属動物病院 助教授
 
1999年9月
 - 
2001年3月
北海道大学 獣医学部附属家畜病院 助教授
 
1995年4月
 - 
1999年8月
北海道大学大学院 獣医学研究科 講師
 

学歴

 
1984年4月
 - 
1989年3月
北海道大学大学院 獣医学研究科 予防治療学専攻
 

委員歴

 
2016年8月
 - 
現在
農林水産業・食品産業科学技術研究推進機構  研究課題評価分科会委員
 
2016年7月
 - 
現在
世界牛病学会  副会長
 
2014年6月
 - 
現在
北海道農業共済組合連合会  損害評価委員
 
2013年5月
 - 
現在
さっぽろ獣医師会  会長
 
2012年7月
 - 
現在
世界牛病学会  理事
 
2012年6月
 - 
2018年6月
家畜感染症学会  会長
 
2010年6月
 - 
2018年6月
家畜感染症学会  評議員
 
2005年
 - 
現在
北海道獣医師会  理事
 
1994年
 - 
現在
日本獣医学会  評議員
 
2014年6月
 - 
2017年3月
農林水産省  獣医事審議会専門委員
 
2014年2月
 - 
2017年3月
(独)農業・食品産業技術総合研究機構  農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業 1次(書面)審査専門評価委員
 
2014年3月
 - 
2016年3月
日本学術振興会  科学研究費委員会専門委員
 
2011年11月
 - 
2013年7月
日本学術振興会  特別研究員書面審査委員
 
2006年
 - 
2013年5月
さっぽろ獣医師会  副会長
 
2000年
 - 
2013年
北海道獣医師会石狩支部  理事
 
1996年
   
 
大動物臨床研究会  理事
 

受賞

 
2003年
日本産業動物獣医学会(北海道)地区学会長賞
 
2009年
日本獣医学会賞
 

論文

 
Intrauterine infection with bovine leukemia virus in pregnant dam with high viral load.
田島 誉士
J. Vet. Med. Sci   79(12) 2036-2039   2017年12月
Increase of cells expressing PD-1 and PD-L1 and enhancement of IFN-γ production via PD-1/PD-L1 blockade in bovine mycoplasmosis.
Goto, S., Konnai, S., Okagawa, T., Nishimori, A., Maekawa, N., Gondaira, S., Higuchi, H., Koiwa, M., Tajima, M., Kohara, J., Ogasawara, S., Kato, Y., Suzuki, Y., Murata, S. & Ohashi, K.
Immunity, Inflammation and Disease   10 1-9   2017年   [査読有り]
Immunological effects of chitosan on bovine peripheral blood mononuclear cells in vitro.
Ohtsuka, H., Kamikawa,N., Tomioka, M., Maeda, Y., Hirose, K. & Tajima, M
J. Chitin and Chitosan Sci.   4(1) 74-79   2016年   [査読有り]
Ando,T., Takino, T., Makita, K., Tajima, M., Koiwa, M. & Hagiwara,K
J. Vet. Med. Sci.   78(11) 1672   2016年   [査読有り]
Comparison of vaccination protocols for bovine herpesvirus type1 and bovine viral diarrhea virus.
J. Vet. Med. Res.   2(5) 1034-1037   2015年   [査読有り]
田島誉士
日本獣医師会雑誌   63(1) 33-37   2010年   [査読有り][招待有り]
KADOHIRA Mutsuyo, TAJIMA Motoshi
Journal of Veterinary Medical Sciences   72(5) 635-638   2010年   [査読有り]
Mingala, C.N., Konnai S, Tajima, M., Onuma M. & Ohashi, K.
Journal of Basic Microbiology   49(5) 495-500   2009年   [査読有り]
KAMEYAMA Ken‐ichiro, SAKODA Yoshihiro, MATSUNO Keita, ITO Asako, TAJIMA Motoshi, NAKAMURA Shigeyuki, KIDA Hiroshi
Microbiology and Immuology   52(5) 277-282   2008年   [査読有り]
Availability of oral swab sample for the detection of bovine viral diarrhea virus (BVDV) gene from the cattle persistently infected with BVDV.
Tajima, M., Ohsaki, T., Okazawa, M. and Yasutomi, I.
Japanese Journal of Veterinary Research   56 3-8   2008年   [査読有り]
HOSHINO Yuki, TAJIMA Motoshi, TAKAGI Satoshi, OSAKI Tomohiro, OKUMURA Masahiro, FUJINAGA Toru
Journal of Veterinary Medical Sciences   70(3) 309-312   2008年   [査読有り]
Yamasaki, M., Tajima, M., Yamato, O. Hwang S-J.., Ohta, H. & Maede, Y.
Journal of Parasitology   94(1) 119-124   2008年   [査読有り]
門平 睦代, 安富 一郎, マルコフ ジェニファー, 田島 誉士
獣医疫学雑誌   11(1) 32-39   2007年   [招待有り]
Kameyama, K., Sakoda, Y., Tamai, K., Igarashi, H., Tajima, M., Mochizuki, T., Namba, Y. & Kida, H.
Journal of Virological Methods   138(1-2) 140-146   2006年   [査読有り]
The prevalent genotypes of bovine viral diarrhea virus in Japan, Germany and the United States of America
Tajima, M.
Japanese Journal of Veterinary Research   54 129-134   2006年   [査読有り]
Kozasa, T., Tajima, M., Yasutomi, Y., Sano, K., Ohashi, K. & Onuma, M.
Veterinary Microbiology   106(1-2) 41-47   2005年   [査読有り]
Genetic and clinical analyses of bovine viral diarrhea virus isolated in the United States of America.
Tajima, M. & Dubovi, E.J.
Journal of Veterinary Diagnostic Investigation   17 8-13   2005年   [査読有り]
Heinz body hemolytic anemia with eccentrocytosis due to ingestion of Chinese chive (Allium tuberosum) and garlic (A. sativum) in a dog.
Yamato, O., Kasai, E., Katsura, T., Takahashi, S., Shiota, T., Tajima, M., Yamasaki, M. & Maede, Y.
Journal of American Animal Hospital Association   41 68-73   2005年   [査読有り]
小佐々隆志・田島誉士・安富一郎・佐野公洋・大橋和彦・小沼操
日獣会誌   57(11) 705-709   2004年   [査読有り]

Misc

 
牛ウイルス性下痢ウイルス持続感染牛対策とは!?
田島 誉士
臨床獣医   33(7) 12-15   2015年7月   [依頼有り]
BVDウイルス感染症の現状と対策
田島 誉士
家畜診療   62(1) 5-10   2015年1月   [依頼有り]
牛の内科実習− 皮膚に異常を示す疾病の診断
田島 誉士
臨床獣医   31(6) 45-48   2013年6月   [依頼有り]
知らぬ間に被害を及ぼす伝染病を防ぐには−牛ウイルス性下痢ウイルス(BVDV)感染症
田島 誉士
酪農ジャーナル   (10) 32-34   2013年   [依頼有り]
牛ウイルス性下痢ウイルス感染症
田島 誉士
日獣会誌   65(2) 111-117   2012年2月   [依頼有り]
牛の内科実習− 牛ウイルス性下痢ウイルス感染症対策
田島 誉士
臨床獣医   30(6) 59-62   2012年6月   [依頼有り]
牛の内科実習− 牛ウイルス性下痢・粘膜病(BVD-MD)
田島 誉士
臨床獣医   29(6) 45-49   2011年   [依頼有り]
PI牛の発生を抑える効果的ワクチンはない−シリーズ バイオセキュリティーを見直す
田島 誉士
デーリィマン   61(8) 30-31   2011年   [依頼有り]
牛ウイルス性下痢ウイルスと繁殖障害
加藤肇、田島 誉士
家畜診療   57(11) 689-691   2010年11月
増加傾向にある白血病の傾向と対策(2);診療・生産現場からの声に対して
今内 覚・田島誉士・小沼 操・大橋和彦
家畜診療   57(4) 201-207   2010年   [依頼有り]
BVDウイルス感染症の今
田島 誉士
家畜診療   56(12) 707-712   2009年   [依頼有り]
新獣医学辞典
緑書房      2008年
牛ウイルス性下痢ウイルス(BVDV)持続感染子牛
臨床獣医   24(4) 42-47   2006年
牛白血病ウイルス感染症の現状と対策—清浄化への道、まず新たな感染を防ぐことからー
今内 覚・田島誉士・小沼 操・大橋和彦
北獣会誌   53(9) 529-534   2009年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
これからの乳牛群管理のためのハードヘルス学<成牛編>
田島 誉士 (担当:共著, 範囲:牛群における疾病コントロール)
緑書房   2017年11月   
テレビ・ドクター 4 よくわかる乳牛の病気100選.
田島 誉士 (担当:監修)
デーリィマン社   2017年9月   
コアカリ産業動物臨床学
コアカリ獣医内科学(産業動物臨床学)編集委員会 (担当:共著)
文永堂出版   2016年12月   
子牛の医学
田島 誉士 (担当:共著)
緑書房   2014年   
獣医内科学第2版(大動物編)
田島 誉士 (担当:編者)
文永堂出版   2014年   

講演・口頭発表等

 
健康な乳牛における乳汁内白血球の免疫因子.
廣瀬帆南美、大塚浩通、加藤敏英、佐藤綾乃、清野貴志、田島誉士
第7回家畜感染症学会学術集会   2017年12月   
乾乳期乳牛への鼻腔粘膜ワクチン接種による分娩後の炎症性疾患の予防効果の検証.
内倉翔真、川本哲、田島誉士、大塚浩通、加藤敏英、小岩政照
平成29年度獣医学術地区学会(北海道)、産業動物獣医学会   2017年9月   
新たな視点からの牛ウイルス性下痢ウイルス清浄化対策法の必要性.
田島誉士、遠藤恭子、山本浩平、田中志奈、大塚浩通
平成29年度獣医学術地区学会(北海道)、産業動物獣医学会   2017年9月   
黄体期におけるエストロジェン投与が牛の子宮内膜厚変化に及ぼす効果とその機序に関する検討.
杉浦智親、北村亘、奥山みなみ、柳川洋二郎、田島誉士、片桐成二、森好政晴
第160回日本獣医学会   2017年9月   
牛マイコプラズマ感染症における免疫抑制機序の解明.
後藤伸也、今内覚、岡川朋弘、西森朝美、前川直也、樋口豪紀、小岩政照、田島誉士、小原潤子、加藤幸成、鈴木定彦、村田史郎、大橋和彦
第160回日本獣医学会   2017年9月   
鼻粘膜ワクチンを接種した黒毛和種におけるサイトカイン動態の評価.
小中一成、米山修、富田大祐、田島誉士、大塚浩通
平成28年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会(石川)   2017年2月   
マイコプラズマ感染子牛における予後と免疫因子との関係
近藤高広、大塚浩通、樋口豪紀、松田一哉、田島誉士、小岩政照
平成28年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会(石川)   2017年2月   
培養系における乳腺上皮細胞機能に及ぼすIRAPの効果
大塚浩通、中島恵一、富岡美智子、鈴木豊、田島誉士
第159回日本獣医学会(藤沢)   2016年9月   
呼吸器病発症した子牛へのTSV-2接種後の免疫機能の変化.
富田大祐、田口英司、石田優、林尚良、米山修、田島誉士、大塚浩通
成28年度獣医学術地区学会(北海道)、産業動物獣医学会   2016年9月   
子牛のマイコプラズマ感染症とパスツレラ感染症における免疫因子の比較.
大塚浩通、中薗将友、小岩政照、樋口豪紀、田島誉士
平成28年度獣医学術地区学会(北海道)、産業動物獣医学会   2016年9月   
牛ウイルス性下痢ウイルス2型の急性感染事例.
吉田隆志、西村恭一、吉田美葉、田島誉士
平成28年度獣医学術地区学会(北海道)、産業動物獣医学会   2016年9月   
Comparison of cytokine mRNA of peripheral CD4+CD8+ and gamma delta T cells between healthy Holstein and Japanese Black calves.
第29回世界牛病学会2016ダブリン   2016年7月   
Prevalence of bovine viral diarrhea virus infection in Hokkaido, Japan; epidemiological analyses based on the viral genotype.
田島 誉士
第29回世界牛病学会2016ダブリン   2016年7月   
ホルスタイン種子牛の体型と胸腺幅および末梢血白血球数との関連性
第5回家畜感染症学会学術集会   2015年12月   
乳牛におけるボルナ病ウイルス母子感染の分析疫学的相対リスク
安藤達哉、小林洋平、近藤達成、蒔田浩平、田島誉士、萩原克郎、小岩政照
平成27年度獣医学術地区学会産業動物獣医学会(北海道)   2015年9月   
2014年11月以降に北海道内で摘発された牛ウイルス性下痢ウイルス(BVDV)持続感染牛の疫学的解析
平成27年度獣医学術地区学会産業動物獣医学会(北海道)   2015年9月   
牛ウイルス性下痢ウイルス持続感染牛発生農家を基にした感染拡大様式の分析
平成27年度獣医学術地区学会産業動物獣医学会(北海道)   2015年9月   
LPS中和剤を含む牛サルモネラ不活化ワクチン接種牛の臨床病理学的所見
平成26年度獣医学術地区学会産業動物獣医学会(北海道)   2014年9月   
牛白血病ウイルス遺伝子検出法の簡易化の検討
平成26年度獣医学術地区学会産業動物獣医学会(北海道)   2014年9月   
The Japanese approach to the control of paratuberculosis
第28回世界牛病学会2014ケアンズ   2014年7月   
Transmission of bovine viral diarrhea virus (BVDV)by pregnant cows; observation in a farm
第28回世界牛病学会2014ケアンズ   2014年7月   
北海道産妊娠牛による牛ウイルス性下痢ウイルス伝播の実態
佐々木良輔
北海道獣医師会雑誌   2013年9月   
ホルスタイン種育成牛預託農場におけるHistophilus somniの浸潤状況調査
加藤肇、三宅英之、横川武史、佐藤礼一郎、大和田真紀、手塚聡、田島誉士
平成24年度獣医学術地区学会(北海道)、産業動物獣医学会   2012年9月   
牛ウイルス性下痢ウイルス持続感染牛における卵胞液へのウイルス分布.
小倉有美子、田島誉士
平成24年度獣医学術地区学会(北海道)、産業動物獣医学会   2012年9月   
Bulk tank milk test for surveillance of persistentlyinfected cattle with bovine viral diarrhea virus (BVDV);; effect for eradication in Hokkaido, Japan.
Tajima, M.&Helal, M,
第27回世界牛病学会   2012年6月   
Two-step vaccine programの牛ウイルス性下痢ウイルス2型に対する有用性評価.
加藤肇、江村有希子、澤向陽一、佐藤洋平、西松栄光、佐藤礼一郎、大西守、田島誉士
平成23年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会(北海道)   2012年2月   
Availability of tank lorry milk for the surveillance of persistently infected cattle with bovine viral diarrhea virus (BVDV).
第26回世界牛病学会   2010年11月   
メガファームにおける取組紹介—牛白血病ウイルス感染伝播阻止トライアルの実例—.
今内覚、安富一郎、田島誉士、村田史郎、大橋和彦
平成22年度獣医学術地区学会(北海道)、産業動物獣医学会・獣医公衆衛生学会合同シンポジウム   2010年9月   
牛ウイルス性下痢ウイルス(BVDV)感染症のウイルス遺伝子の多様性と防疫対策に関する研究.
第147回日本獣医学会   2009年4月   
牛ウイルス性下痢ウイルス(BVDV)ワクチンによる中和抗体価持続期間に関する調査.
加藤肇、一條祐一、佐藤礼一郎、江村有紀子、高久英徳、田島誉士
平成20年度日本産業動物獣医学会(北海道)   2008年9月   
Epidemic of bovine viral diarrhea virus (BVDV) infection originated from 3 persistently infected cattle on a farm during a 5-year period.
田島誉士、佐野公洋.
第25回世界牛病学会   2008年7月   
北海道湧別町における牛ウイルス性下痢ウイルス感染に関する量的リスク評価.
門平睦代、安富一郎、ジェニファーマルコフ、田島誉士
第144回日本獣医学会   2007年8月   
3頭の持続感染牛に起因した牛ウイルス性下痢ウイルスの一農家での流行とその清浄化対策
田島誉士、佐野公洋、西修、山下政秀、山口麻衣子、小林康治、井上統
平成19年度日本産業動物獣医学会(北海道)   2007年8月   
牛ウイルス性下痢ウイルス感染症摘発のための検査材料の簡易な採取法. 
田島誉士、岡沢学、安富一郎
平成18年度日本産業動物獣医学会(北海道)   2006年9月   
牛ウイルス性下痢ウイルス持続感染牛に対するウシインターフェロン-τおよびヒトインターフェロン-αの効果.
小原潤子、西倉由美子、田島誉士、小沼操、横溝祐一
第142回日本獣医学会   2006年9月   
Easy sampling method for the detection of bovine viral diarrhea virus (BVDV) gene from persistently infected cattle with BVDV.
第24回世界牛病学会   2006年7月   
牛ウイルス性下痢ウイルス持続感染牛の体内におけるウイルス非構造蛋白NS2−3の開裂. 
亀山健一郎、迫田義博、田島誉士、喜田宏
第141回日本獣医学会   2006年4月   
バルク乳中和抗体の検出による牛ウイルス性下痢ウイルスの浸潤状況調査.
田島誉士、小佐々隆志、安富一郎、佐野公洋、大橋和彦、小沼操
平成16年度日本産業動物獣医学会(北海道)   2004年8月   
牛ウイルス性下痢ウイルスに対するバルク乳スクリーニング検査の有用性. 
岡沢学、安富一郎、田島誉士、小沼操
平成16年度日本産業動物獣医学会(北海道)   2004年8月   
牛ウイルス性下痢ウイルス持続感染牛の白血球ではウイルス非構造蛋白NS2−3は開裂している. 
亀山健一郎、迫田義博、田島誉士、中村成幸、喜田宏
第138回日本獣医学会   2004年8月   
The prevalent pattern of field isolates of bovine viral diarrhea virus in the world based on genotyping.
第23回世界牛病学会   2004年7月   
北海道内で確認された牛ウイルス性下痢症ウイルスの抗原遺伝子解析に基づく流行パターン. 
平成15年度日本産業動物獣医学会   2004年2月   
北海道内で確認された牛ウイルス性下痢症ウイルスの抗原遺伝子解析に基づく流行パターン. 
平成15年度日本産業動物獣医学会(北海道)   2003年9月   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
ウシウイルス性下痢粘膜病ウイルスの抗原遺伝子解析による遺伝子型と病態との関連性
2001年 - 2002年
ウシウイルス性下痢症ウイルスの遺伝的多様性:貿易のための防疫対策確立
2001年 - 2003年
牛ウイルス性下痢症ウイルス感染牛の呈する非典型的臨床症状と病原因子との関連性
2003年 - 2005年
牛ウイルス性下痢ウイルス感染の清浄化対策:コホート研究によるリスク分析
2006年 - 2009年
牛ウイルス性下痢ウイルスの牛群汚染様式に関する疫学的・免疫学的解明
2010年

競争的資金等の研究課題

 
潜在性感染症としての牛ウイルス性下痢ウイルス対策:牛群間伝播様式の解明と防疫法
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究(B)
研究期間: 2014年4月 - 2018年3月    代表者: 田島 誉士
牛ウイルス性下痢ウイルスの牛群汚染様式に関する疫学的・免疫学的解明
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究(B)
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 田島 誉士
牛ウイルス性下痢ウイルス感染の清浄化対策:コホート研究によるリスク分析
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究(B)
研究期間: 2006年4月 - 2010年3月    代表者: 田島 誉士
牛ウイルス性下痢症ウイルス感染牛の呈する非典型的臨床症状と病原因子との関連性
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究(B)
研究期間: 2003年4月 - 2006年3月    代表者: 田島 誉士
ウシウイルス性下痢症ウイルスの遺伝的多様性:貿易のための防疫対策確立
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究B(2)海外
研究期間: 2001年4月 - 2004年3月    代表者: 田島 誉士
生産衛生向上飼養管理技術の開発—感染症
農林水産省: 家畜生産衛生向上対策事業
研究期間: 2001年4月 - 2004年3月    代表者: 小川 博之
ウシウイルス性下痢粘膜病ウイルスの抗原遺伝子解析による遺伝子型と病態との関連性
日本学術振興会: 科学研究費基盤研究C(2)
研究期間: 2001年4月 - 2003年3月    代表者: 田島 誉士
獣医学臨床教育指導システム
北海道大学: 総長裁量経費教育研究用設備充実費
研究期間: 2000年4月 - 2001年3月    代表者: 田島 誉士
ウシウイルス性下痢粘膜病における免疫寛容成立機序の解明とその予防法の確立
文部省: 科学研究費奨励研究A
研究期間: 1997年4月 - 1999年3月    代表者: 田島 誉士
シグナル伝達から見た牛白血球粘着不全症(BLAD)の生体防御欠損機構の解析
文部省: 科学研究費基盤研究(B)
研究期間: 1997年4月 - 1999年3月    代表者: 桑原 幹典
動物における難治性疾患の分子機構に関する研究
文部省: 科学研究費総合研究A
研究期間: 1996年4月 - 1998年3月    代表者: 長谷川 篤彦
家畜バベシア症の貧血発生機序の解明とその病態制御
文部省: 科学研究費一般研究B
研究期間: 1996年4月 - 1998年3月    代表者: 田島 誉士
ウシの白血球粘着異常症の遺伝子治療に関する基礎的研究
文部省: 科学研究費奨励研究A
研究期間: 1996年4月 - 1997年3月    代表者: 田島 誉士
獣医臨床DNA診断の確立
文部省: 科学研究費総合研究A
研究期間: 1995年4月 - 1996年3月    代表者: 長谷川 篤彦
PCR増幅パターンに変化のある牛ウイルス性下痢粘膜病ウイルスの遺伝子解析
文部省: 科学研究費奨励研究A
研究期間: 1995年4月 - 1996年3月    代表者: 田島 誉士
牛の白血球粘着異常症の遺伝子治療に関する基礎的研究
秋山財団: 奨励研究
研究期間: 1995年4月 - 1996年3月    代表者: 田島 誉士
牛ウイルス性下痢粘膜病ウイルスの遺伝子型と併発症との関係
文部省: 科学研究費奨励研究A
研究期間: 1994年4月 - 1995年3月    代表者: 田島 誉士
牛ウイルス性下痢粘膜病ウイルスによる糖尿病発症機序の解明
文部省: 科学研究費奨励研究A
研究期間: 1993年4月 - 1994年3月    代表者: 田島 誉士
牛ウイルス性下痢-粘膜病罹患牛における糖尿病発症機序の解明
文部省: 科学研究費奨励研究A
研究期間: 1991年4月 - 1992年3月    代表者: 田島 誉士
ウマ、ウシおよびイヌの末梢血リンパ球幼若化反応における反応性の違いに関する研究
文部省: 科学研究費奨励研究A特
研究期間: 1988年7月 - 1989年7月    代表者: 田島 誉士

社会貢献活動

 
牛ウイルス性下痢粘膜病(BVD-MD)の現状と対策
【講師, 助言・指導, 情報提供】  鹿児島県家畜畜産物衛生指導協会  平成29年度家畜生産農場清浄化支援対策事業に係る牛ウイルス性下痢粘膜病(BVD-MD)対策講習会  2017年11月21日 - 2017年11月21日
BVD-MDの防疫対策について
【講師, 助言・指導, 情報提供】  全国酪農業協同組合連合会  平成29年度北海道・都府県畜産主任者会議  2017年8月4日 - 2017年8月4日
牛ウイルス性下痢粘膜病(BVD−MD)の現状と対策について
【講師, 助言・指導, 情報提供】  静岡県東部および西部家畜保健衛生推進協議会  2017年3月7日 - 2017年3月8日
BVDウイルス感染症jの病態と対策
【講師, 助言・指導, 情報提供】  中央畜産会  平成28年度家畜伝染病等危機管理対策強化講習会  2016年11月21日 - 2017年1月26日
BVDV感染症の現状と今後の衛生対策j
【講師, 助言・指導, 情報提供】  群馬県JAあがつま酪農部  夏期セミナー2016  2016年9月16日 - 2016年9月16日
大分県畜産協会
【その他】  2016年9月16日 - 2016年9月16日
BVDV感染症の現状と対策
【講師, 助言・指導, 情報提供】  大分県畜産協会  BVD-MD対策講習会  2016年9月16日
JAあがつま
【その他】  2016年9月6日 - 2016年9月6日
北海道農業共済組合連合会
【その他】  2014年5月31日 - 2016年5月30日
農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業
【その他】  2015年2月2日 - 2016年3月28日
長野県松本家畜保健衛生所
【その他】  2016年2月18日 - 2016年2月18日
牛ウイルス性下痢粘膜病(BVD-MD)の病態と衛生対策について
【講師】  長野県松本家畜保健衛生所  家畜衛生研修会  2016年2月18日
北海道酪農技術セミナー
【その他】  2015年11月5日 - 2015年11月6日
北海道農政部
【その他】  2015年10月28日 - 2015年10月28日
化血研
【その他】  2015年8月3日 - 2015年8月4日
九州沖縄産業動物臨床研究会
【その他】  2015年7月11日 - 2015年7月12日
陸別町
【その他】  2015年2月24日 - 2015年2月24日
日本学術振興会
【その他】  2014年12月1日
北海道公共牧場会
【その他】  2014年8月21日 - 2014年8月21日
農林水産省獣医事審議会
【その他】  2014年6月
平成26年度「農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業」
【その他】  2014年2月10日 - 2014年3月28日
農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業
【その他】  2014年2月 - 2014年3月
道南獣医師会
【その他】  2014年1月9日 - 2014年1月9日
株式会社微生物化学研究所
【その他】  2013年11月7日 - 2013年11月8日
鹿児島県家畜臨床研究会、鹿児島県獣医師会、ゾエティス
【その他】  2013年11月2日 - 2013年11月2日
北海道農政部
【その他】  2013年10月24日 - 2013年10月24日
栃木県獣医師会
【その他】  2013年7月17日 - 2013年7月17日
さっぽろ獣医師会
【その他】  2013年7月1日
日本学術振興会
【その他】  2011年7月 - 2013年7月
北海道獣医師会石狩支部
【その他】  2013年6月
JA道央恵庭・北広島営農センター
【その他】  2013年5月30日 - 2013年5月30日
陸別町
【その他】  2013年2月13日 - 2013年2月14日
ゼノアック
【その他】  2010年2月 - 2013年2月
道央農協
【その他】  2012年11月20日 - 2012年11月20日
独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
【その他】  2011年11月 - 2012年4月
家畜感染症学会
【その他】  2012年4月
北海道獣医師会オホーツク支部
【その他】  2011年5月 - 2011年5月
北海道獣医師会
【その他】  2011年4月
北海道農業共済組合連合会
【その他】  2010年9月 - 2010年9月
北海道獣医師会根室支部
【その他】  2007年11月 - 2007年11月
北海道獣医師会留萌支部
【その他】  2006年11月 - 2006年11月
北海道獣医師会胆振支部
【その他】  2004年12月 - 2004年12月
北海道獣医師会石狩支部
【その他】  2003年11月 - 2003年11月
日本獣医師会
【その他】  2002年2月 - 2002年2月
酪農学園大学エクステンションセンター
【その他】  1999年5月 - 1999年5月
北海道大学獣医学学術交流基金群
【その他】  1999年3月 - 1999年3月
全農
【その他】  1996年7月 - 1996年7月
北海道農業共済組合連合会
【その他】  1995年6月 - 1996年6月
日本獣医学会
【その他】  1996年4月
北海道家畜衛生技術協議会
【その他】  1993年3月 - 1993年3月