印東 道子

J-GLOBALへ         更新日: 14/04/24 15:18
 
アバター
研究者氏名
印東 道子
 
イントウ ミチコ
所属
国立民族学博物館
部署
民族社会研究部 民族社会研究部
職名
教授
学位
学術博士((ニュージーランド)), 学術修士((ニュージーランド))

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1976年
 - 
1981年
 東京女子大学文理学部 助手
 
1988年
 - 
2000年
 北海道東海大学国際文化学部 助教授・教授
 
2000年
   
 
-  国立民族学博物館 教授
 
2001年
   
 
-   総合研究大学院大学 教授
 
2006年
 - 
2011年
- 放送大学 客員教授
 

学歴

 
1982年2月
 - 
1988年3月
ニュージーランド・オタゴ大学大学院博士課程 人類学部 
 
1981年3月
 - 
1982年2月
ニュージーランド・オタゴ大学大学院修士課程 人類学部 
 
 
 - 
1976年
東京女子大学 文理学部(文科系) 史学科西洋史
 

委員歴

 
2011年10月
 - 
現在
日本学術会議第22期連携会員  自然人類学分科会
 
2009年4月
 - 
現在
日本オセアニア学会  理事
 
2009年10月
 - 
2011年9月
日本学術会議第21期特任連携会員  自然人類学分科会
 
2006年
 - 
2008年
日本学術会議第20期連携会員
 
2001年
 - 
現在
日本人類学会  評議員
 

受賞

 
2006年
大同生命地域文化研究奨励賞
 

論文

 
Strontium isotope analysis of prehistoric faunal remains excavated from Fais Island in Micronesia
Gakuhari, T. et al.
People and Culture in Oceania   13 69-81   2014年2月   [査読有り]
ミクロネシア・ファイス島におけるサメ・マグロ類の利用と時間変化
印東 道子
動物考古   30 83-104   2013年3月   [査読有り]
Investigating the Global Dispersal of Chickens in Prehistory Using Ancient Mitochondrial DNA Signatures.
Storey, AA. , et al.
PLoS ONE   7(7) 1-11   2012年7月   [査読有り]
Island of pelagic fishermen: Temporal changes in preshitoric fishing on Fais, Micronesia.
Intoh, Michiko (with R. Ono)
Journal of Island and Coastal Archaeology   6(2) 255-28   2011年8月   [査読有り]
Introduction: Archaeology and Historical Ecology in the Pacific Basin
Fitzpatrick, S.M. and M. Intoh
Pacific Science(Special Issue, edited by Fitzpatrick and Intoh)   63(463-464)    2009年

書籍等出版物

 
ミクロネシアにおける古環境研究と人間居住高宮広土・新里貴之(編)『琉球列島先史・原史時代における環境と文化の変遷に関する実証的研究』第2集
印東 道子 (担当:分担執筆, 範囲:211-224 頁)
六一書房   2014年3月   
南太平洋のサンゴ島を掘る:女性考古学者の謎解き
印東 道子
臨川書店   2014年2月   
人類の移動誌
印東 道子 (担当:編者)
臨川書店   2013年4月   
『人類大移動:アフリカからイースター島へ』
印東 道子 (担当:編者)
朝日新聞出版   2012年2月   
『オセアニア学』592pp, 京都大学学術出版会(共編著)
京都大学学術出版会   2009年   ISBN:9784876987894
Physical characteristics of the Taumako pottery.
Leach, F. and Davidson, J., Archaeology on Taumako: A Polynesian outlier in the Eastern Solomon Islands. New Zealand Journal of Archaeology (Special Publication) , pp.415-420   2008年   
Historical Significance of the Southwest Islands of Palau.
Clark, S. O'Corner and F.Leach (eds.), Islands of Inquiry: Papers in Honour of Atholl Anderson. Terra Australis 29.   2008年   ISBN:9781921313899
「ミクロネシアの伝統的交易」「パンダナス」「大海原への植民:考古学からみたオセアニア文化」
国立民族学博物館(編)『オセアニア:海の人類大移動』昭和堂   2007年   ISBN:978-4-8122-0752-9
「生態資源の利用と象徴化」
内堀基光(編)『資源と人間』(資源人類学第1巻)pp.183-208、弘文堂   2007年   ISBN:978-4-335-51091-5
『生態資源と象徴化』印東道子編(資源人類学 第7巻)
弘文堂   2007年   ISBN:978-4-335-51097-7

講演・口頭発表等

 
Human migrations and/or cultural contacts in Oceania.
印東 道子
Sokendai International Symposium 'Modern Human Diversity on Genes and Culture: with special reference to Asia and Oceania'   2014年2月3日   
Can we distinguish 'human migration' from 'cultural contacts'?: A discussion on the western Micronesian case.
印東道子
20'th Indo Pacific Prehistory Association Congress (Siem Reap, Cambodia, 12-18, 2014)   2014年1月14日   
「オセアニア考古学における年代測定」
印東 道子
公開シンポジウム「考古学における年代測定の重要性」総合研究大学院大学 戦略的研究プロジェクト(現生人類の拡散による遺伝子と文化の多様性創出に関する総合的研究)   2012年3月   
考古データから見たオセアニアにおける現生人類の多様化と均質化:土器文化を中心に」シンポジウム「現生人類の多様化と均質化を遺伝子と文化から探る」
印東 道子
第66回日本人類学会大会(11月2~4日、慶應義塾大学)   2011年11月2日   
「ファイス島出土人骨のミトコンドリアDNA分析」
篠田謙一・印東道子
第66回日本人類学会大会(11月2~4日、慶應義塾大学)   2011年11月2日   

競争的資金等の研究課題

 
ミクロネシアの先史文化
オセアニアの土器文化
オセアニアの島嶼環境と人間居住