鈴木 克明

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/10 13:18
 
アバター
研究者氏名
鈴木 克明
 
スズキ カツアキ
所属
熊本大学
部署
教授システム学研究センター
職名
センター長・教授
学位
博士(教授システム学)(フロリダ州立大学(アメリカ合衆国)), 修士(教授システム学)(フロリダ州立大学(アメリカ合衆国))
その他の所属
熊本大学大学院社会文化科学研究科

研究分野

 
 

経歴

 
2006年
   
 
 熊本大学大学院社会文化科学研究科教授システム学 教授
 
2010年
 - 
2014年
 北陸先端科学技術大学院大学 大学院教育イニシアティブセンターアドバイザー
 

学歴

 
 
 - 
1987年
フロリダ州立大学 大学院(博士課程) 教授システム専攻
 
 
 - 
1981年
国際基督教大学 教養学部 教育学科
 

委員歴

 
2017年5月
 - 
現在
日本教育工学会  第8代会長
 
2016年
 - 
現在
International Board of Standards for Training, Performance and Instruction  Fellow
 
2011年
 - 
現在
日本教育工学会  理事
 
2009年5月
 - 
現在
教育システム情報学会  理事
 
2008年
 - 
現在
日本医療教授システム学会(JSISH)  理事
 

受賞

 
2012年
論文賞
 

論文

 
Development and practical use of e-learning to support students during fieldwork in the local community
Inoue, K., Nakashima, H., Otsuka, K., & Suzuki, K.
International Journal for Educational Media and Technology   12(1) 6-17   2018年7月   [査読有り]
Developing cultural intelligence (CQ): Designs for blended learning
Roux, P. W., Suzuki,K., Matsuba,R., & Goda, Y.
International Journal for Educational Media and Technology   12(1) 18-28   2018年7月   [査読有り]
参加者中心の学会デザインー教授システム学の視座よりー(紙上シンポジウム)
鈴木 克明
薬学雑誌   138(4) 533-536   2018年4月   [査読有り]
インストラクショナルデザイン研究の動向と看護教育における展望(特別寄稿)
鈴木 克明
医療看護研究   14(2) 1-8   2018年3月   [査読有り][招待有り]
Nakayama, M., Suzuki, K., Kogo, C., & Ueno, M.
EAI Endorsed Transactions on e-Learning   17(16)    2017年   [査読有り]

Misc

 
鈴木 雄清, 松葉 龍一, 鈴木 克明
日本教育工学会研究報告集   15(4) 5-9   2015年10月
天野 由貴, 松葉 龍一, 合田 美子, 鈴木 克明, アマノ ユキ, マツバ リュウイチ, ゴウダ ヨシコ, スズキ カツアキ, Amano Yuki, Matsuba Ryuichi, Goda Yoshiko, Suzuki Katsuaki
第31回全国大会講演論文集   663-664   2015年9月
学習者がeラーニング学習にひとりで取り組み、途中で挫折しないためには、教材コンテンツ自体に学習意欲を継続させる工夫が必要である. 本研究ではeラーニング教材を作成した教員自身が教材の見直しをおこなうことのできるチェックリストを開発することを目的としている. その前段階として本稿では、学習意欲継続のためのチェックリストに必要なカテゴリを整理した.
鈴木 克明
月刊薬事 = The pharmaceuticals monthly   57(9) 1505-1508   2015年8月

書籍等出版物

 
鈴木 克明, 美馬 のゆり, 竹岡 篤永, 室田 真男, 渡辺 雄貴, 市川 尚, 冨永 敦子, 高橋 暁子, 根本 淳子 (担当:共著)
北大路書房   2018年3月   ISBN:4762830135
ミネルヴァ書房   2017年3月   ISBN:4623078752
ミネルヴァ書房   2016年7月   ISBN:4623076970
市川 尚, 根本 淳子 (担当:監修)
北大路書房   2016年4月   ISBN:4762829269

講演・口頭発表等

 
What should we teach in higher education for MOOC era? Taxonomies as design guide
Suzuki, K., Ichimura, Y., & Roux, P. W.
International Conference on Media in Education   2017年8月   
市川 尚, 鈴木 克明
日本教育工学会研究報告集   2016年3月5日   
谷塚 光典, 東原 義訓, 喜多 敏博, 戸田 真志, 鈴木 克明
日本教育工学会研究報告集   2016年3月5日   
鈴木 雄清, 松葉 龍一, 鈴木 克明
日本教育工学会研究報告集   2015年10月31日   
天野 由貴, 松葉 龍一, 合田 美子, 鈴木 克明, アマノ ユキ, マツバ リュウイチ, ゴウダ ヨシコ, スズキ カツアキ, Amano Yuki, Matsuba Ryuichi, Goda Yoshiko, Suzuki Katsuaki
第31回全国大会講演論文集   2015年9月21日   
学習者がeラーニング学習にひとりで取り組み、途中で挫折しないためには、教材コンテンツ自体に学習意欲を継続させる工夫が必要である. 本研究ではeラーニング教材を作成した教員自身が教材の見直しをおこなうことのできるチェックリストを開発することを目的としている. その前段階として本稿では、学習意欲継続のためのチェックリストに必要なカテゴリを整理した.

Works

 
インストラクショナルデザイン技法の整理枠としてのレイヤーモデルの構築
2007年 - 2008年
e-ラーニング環境におけるパーソナリティ情報に基づいた学習意欲促進に関する研究
2007年 - 2008年
参加体験協同型のワークショップをeラーニングで可能にするための統合的研究
2007年 - 2008年
初等教育におけるメディア・リテラシー教育用リソース及びリソースガイドの開発研究
2007年 - 2008年