玉手 英利

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/28 03:33
 
アバター
研究者氏名
玉手 英利
 
タマテ ヒデトシ
eメール
tamatesci.kj.yamagata-u.ac.jp
URL
http://www-sbiol.kj.yamagata-u.ac.jp/~tamalab/
学位
理学修士(東北大学), 理学博士(東北大学), 理学士(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1983年4月
 - 
1989年3月
山形大学医学部 助手
 
1989年4月
 - 
1998年3月
学校法人専修大学石巻専修大学 助教授
 
1998年4月
 - 
2003年3月
学校法人専修大学石巻専修大学 教授
 
2003年4月
 - 
2017年3月
山形大学 理学部 生物学科 教授
 
2013年4月
 - 
2018年3月
山形大学 理学部 部長(学部長含む)
 

学歴

 
 
 - 
1977年3月
東北大学 理学部 生物学科
 
 
 - 
1983年3月
東北大学 理学研究科 生物学
 

論文

 
Phylogeneic relationships among deer in China from mitochondrial DNA cytochrome B sequences.(共著)
Li M, Tamate HB, Wei FW, Wang XM, Masuda R, Sheng HL and Ohtaishi N.
ACTA THELIOLOGICA   48(2) 207-219   2003年6月   [査読有り]
A simple method for isolation of microsatellites from the Japanese squirrel, Sciurus lis, without constructing a genomic library. (共著)
Shibata K, Bandoh K, Yaekashiwa N, Matsuzaka T and Tamate HB.
Molecular Ecology Notes   3(4) 657-658   2003年10月   [査読有り]
Use of microsatellite markers to assess the spatial genetic structure of a population of sika deer Cervus nippon on Kinkazan Island, Japan.(共著)
Okada A, Tamate HB, Minami M, Ohnishi N and Takatsuki S.
ACTATHELIOLOGICA   50(2) 227-240   2005年4月   [査読有り]
Mitochondrial phylogeography and subspecific variation in the red panda(Ailurusfulgens): implications for conservation.(共著)
Li M, Wei F, Goossens B, Feng Z, Tamate HB, Bruford MW, Funk SM.
Molecular Phylogenetics and Evolution   36(1) 78-89   2005年4月   [査読有り]
Distribution of two distinct lineages of sika deer (Cervus nippon) on Shikoku Island revealed by mitochondrial DNA analysis.(共著)
Yamada M, Hosoi E, Tamate HB, Nagata J, Tatsuzawa S, Tado H, Ozawa S.
Mammal Study   31(1) 23-28   2006年6月   [査読有り]

Misc

 
遺伝的多様性から見えてくる日本の哺乳類相:過去・現在・未来
玉手英利
地球環境   18 159-167   2013年   [査読有り][依頼有り]
ニホンジカの来た道−DNAによる系統分類
玉手英利
森林技術   858 2-7   2013年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Comparative phylogeography of sika deer, Japanese macaques, and black bears reveals unique population history of large mammals in Japan. In The wild mammals of Japan.
Tamate HB et al. (担当:共著)
Shokodo   2009年7月   
Evolutionary significance of admixture and fragmentation of sika deer populations in Japan. In Sika Deer, Biology and Management of Native and Introduced Populations
Tamate HB et al. (担当:共著)
Springer   2009年7月   
遺伝子の保護 野生動物保護の事典  野生生物保護学会編
玉手英利 (担当:共著)
朝倉書店   2009年10月   

講演・口頭発表等

 
Population genetic analysis of the calanoid copepods suggests genetic
Saitoh S, Suzuki H, Hanzawa N and Tamate HB
国際甲殻類学会   2009年9月22日   
東北地方のイノシシ・シカの分布拡大 [招待有り]
玉手英利、江成広斗
日本哺乳類学会2017年度大会   2017年9月10日   日本哺乳類学会
Species diversity of pelagic copepodes in the marine lakes of Palau.
Saitoh S, Suzuki H, Hanzawa N and Tamate HB
10th International Conference on Copepoda.   2008年7月13日   
金華山島ニホンジカにおける個体の遺伝的多様性が適応度に及ぼす影響
小城伸晃,大西信正,樋口尚子,岡田あゆみ,南正人,高槻成紀,玉手英利
日本進化学会第9回大会   2007年8月31日   日本進化学会
ニホンジカ(Cervus nippon)におけるMHCクラスII DRB遺伝子の発現様式
佐藤真菜美,玉手英利
日本進化学会第9回大会   2007年8月31日   日本進化学会