瀨川 洋

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/13 12:30
 
アバター
研究者氏名
瀨川 洋
 
セガワ ヒロシ
所属
奥羽大学
部署
歯学部口腔衛生学講座
職名
教授
学位
歯学博士(奥羽大学)

プロフィール

 このたび、平成25年4月1日㈪付をもちまして、奥羽大学歯学部口腔衛生学講座教授を拝命いたしました。東北歯科大学を卒業後、本学大学院歯学研究科で口腔衛生学を専攻して、学位取得後、平成2年に助手として任用され、講師、助教授、准教授として23年間勤めてきました。また、嘗てボーイスカウトであったことから日本連盟初代総長の後藤新平の自治三訣「人のお世話にならぬよう、人のお世話をするよう、そしてむくいを求めぬよう」を信念としてきましたが、とくに本学においては様々な方々のお世話になってきました。これからはそのご厚情に少しでも報いることができますよう、日々の講義、実習、学生指導そして研究を通じて、人間性豊かな歯科医師の育成に、より一層努めて参りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
 - 
2014年3月
奥羽大学 歯学部口腔衛生学講座 准教授
 
1996年10月
 - 
2007年3月
奥羽大学 歯学部口腔衛生学講座 助教授
 
1993年3月
 - 
1996年9月
奥羽大学 歯学部口腔衛生学講座 講師
 
1990年4月
 - 
1993年3月
奥羽大学 歯学部口腔衛生学講座 助手
 

学歴

 
 
 - 
1990年
奥羽大学 大学院歯学研究科 口腔衛生学専攻
 
 
 - 
1984年
東北歯科大学 歯学部 歯学科
 

委員歴

 
2014年1月
 - 
現在
日本歯科医療管理学会  指導医(第1号)
 
 
   
 
日本歯科医療管理学会  認定医(第1号)
 
 
   
 
日本公衆衛生学会  日本公衆衛生学会認定専門家(0141号)
 
 
   
 
日本ドライマウス研究会  ドライマウス認定医(第559号)
 
 
   
 
日本禁煙学会  禁煙専門歯科医師(2186号)
 
 
   
 
日本禁煙科学会  禁煙支援外来歯科医師(第09244号)
 
 
   
 
日本口腔衛生学会  認定医(第21号)
 
 
   
 
日本口腔衛生学会  地域歯科保健指導医(第12号)
 
1993年
   
 
日本口腔衛生学会  評議員
 
1993年
   
 
奥羽大学歯学会  評議員
 
1993年
 - 
2000年
奥羽大学歯学会  理事
 
1993年4月
 - 
2010年3月
日本口腔衛生学会  東北地方会幹事
 
1994年
   
 
日本歯科医療管理学会  評議員
 
1997年
 - 
2007年
郡山市環境審議会委員
 
1998年
   
 
日本歯科医療管理学会東北支部  理事
 
1999年
   
 
日本口腔衛生学会  査読委員
 
1999年
 - 
2003年
福島県保健福祉部健康増進課歯科保健専門員
 
2000年
 - 
2002年
健康ふくしま21計画策定委員会委員
 
2000年
 - 
2002年
健康ふくしま21計画・歯の健康分科会委員長
 
2001年
   
 
健康ふくしま21評価検討会委員
 
2001年
   
 
日本口腔衛生学会  認定委員会委員
 
2004年
   
 
日本歯科医療管理学会  理事
 
2004年
   
 
(社)日本学校歯科医会  制度第1委員会委員(学識)
 
2004年
   
 
日本歯科医療管理学会東北支部会  専務理事
 
2005年
   
 
(社)日本学校歯科医会  広報第1委員会委員(学識)
 
2005年
   
 
日本口腔衛生学会  指導医小委員会委員
 
2005年
 - 
2007年
郡山市環境審議会副会長
 
2006年
 - 
2008年
郡山市廃棄物減量等推進審議会委員
 
2006年4月
 - 
2008年4月
防衛庁  防衛モニター
 
2007年
 - 
2007年
郡山市総合計画審議会委員・第3分科会会長
 
2008年
   
 
郡山市公共事業評価委員会委員
 
2008年3月
 - 
2012年3月
陸上自衛隊東北方面総監部  - 平成20年・21年度東北方面隊オピーニオンリーダー(東北方第359号)
 
2009年5月
 - 
2011年3月
日本口腔衛生学会東北地方会  幹事会事務局長
 
2010年
   
 
日本歯科医療管理学会  常任理事
 
2010年
   
 
日本歯科医療管理学会東北支部  支部長
 
2010年4月
   
 
東北口腔衛生学会  幹事
 
2011年
   
 
社団法人大阪府学校歯科医会  学術顧問
 
2011年
 - 
2013年
日本禁煙学会  Scientific Advisor
 
2011年4月
   
 
日本公衆衛生学会  地方試験委員会委員
 

受賞

 
1998年
東北地区歯科医学会表彰
 
2010年
東北地区歯科医学会表彰
 

論文

 
田中 克典, 川合 宏仁, 島村 和宏, 山崎 信也, 釜田 朗, 瀬川 洋, 佐々木 重夫, 齋藤 高弘
日本歯科医療管理学会雑誌   46(1) 42-47   2011年6月
山崎 信也, 川合 宏仁, 島村 和宏, 釜田 朗, 瀬川 洋, 佐々木 重夫, 齋藤 高弘
日本歯科医療管理学会雑誌   45(2) 94-99   2010年8月
川合 宏仁, 島村 和宏, 瀬川 洋, 佐々木 重夫, 釜田 朗, 山崎 信也, 齋藤 高弘
日本歯科医療管理学会雑誌   45(2) 78-82   2010年8月
動機付けに主眼をおいた口腔保健プログラムの効果
瀬川 洋, 島村和宏, 佐々木重夫, 川合宏仁, 山崎信也, 齋藤高弘
日本歯科医療管理学会雑誌   44(4) 235-240   2010年
当院の顎矯正手術における上下顎複合手術の術後管理について
川合宏仁, 島村和宏, 瀬川 洋, 佐々木重夫, 中島 丘, 釜田 朗, 山崎信也, 齋藤高弘
日本歯科医療管理学会雑誌   43(4) 224-231   2009年
部分性無歯症の長期経過観察-義歯による咬合再構成-
齋藤高弘, 島村和宏, 清野晃孝, 釜田 朗, 佐々木重夫, 瀬川 洋
障害者歯科   29(1) 49-53   2008年
歯周病と基本健康診査項目の関連性
瀨川 洋, 沼田 匠, 山口靖明
福島県保健衛生雑誌   17(2) 28-30   2008年
高齢者における口腔ケア
瀨川 洋
感染防止   18(5) 21-25   2008年
働き盛りを支援する「ヘル歯(シ)-教室」の試み
瀨川 洋, 沼田 匠, 岡田玄四郎, 木村 隆
福島県保健衛生情報   16(2) 35-38   2007年
歯科衛生士学生に対するレセプトコンピューター実習の有用性について
齋藤高弘, 釜田 朗, 島村和宏, 池嶋一兆, 瀬川 洋
日本歯科医療管理学会雑誌   41(2) 111-115   2006年
バイオフィルム感染症と口腔ケアの重要性
瀨川 洋
感染防止   16(5) 19-27   2006年
福島県における学校歯科保健の取り組み-他律的健康つくりから自律的健康つくりへの変容を目指した教材の検討-
瀬川 洋, 木村 篤, 中木哲朗, 岡田玄四郎, 木村 隆
日本学校歯科医会会誌   96 86-91   2006年
歯・口の健康つくりの観点から「食教育」を考える
瀬川 洋
日本学校歯科医会会誌   96 50-56   2006年
福島県における歯科保健事業の評価システムの構築
口腔衛生学会雑誌   55(3) 204-206   2005年
福島県における歯科保健事業の評価システムの構築
口腔衛生学会雑誌   55(3) 204-206   2005年
乳幼児歯科健康診査マニュアル2005
㈱石井電算印刷      2005年
全身的合併疾患を有する患者における医科との診療情報提供書についての検討
障害者歯科   25(2) 108-114   2004年
新たな病診連携システムの構築-病診連携の現状と問題点-
日本歯科医療管理学会雑誌   35(4) 330-335   2001年
歯学部学生のHIV/AIDSに関する知識と意識について
日本歯科医療管理学会雑誌   31(3) 295-299   1997年
歯学部学生の喫煙習慣と歯科保健行動について
日本歯科医療管理学会雑誌   30(1) 25-28   1995年
歯学部および歯科衛生士学生の歯周組織の健康状態と歯科保健行動について
日本歯科医療管理学会雑誌   30(1) 29-33   1995年
歯科衛生士学生のHIV/AIDSに関わる認識について
日本歯科医療管理学会雑誌   30(2) 142-146   1995年
精神障害者の歯科保健対策 第4報 歯磨きの評価法の考案
日本歯科医療管理学会雑誌   30(1) 21-24   1995年
歯学部第1学年生の自宅学習について
日本歯科医学教育学会雑誌   11(1) 91-96   1995年
福島県における1歳6か月児齲蝕有病の推移
奥羽大学歯学誌   22(2) 78-85   1995年
歯学部入学当初における学生生活行動の実態
日本歯科医療管理学会雑誌   30(2) 159-163   1995年
大臼歯部の歯垢の磨き残し部位とその刷掃指導について
日本歯科医療管理学会雑誌   30(2) 138-141   1995年
歯周疾患有病者の歯科保健行動の変容についての検討
日本歯科医療管理学会雑誌   29(2) 103-107   1994年
福島県県中地域における成人歯科保健事業 第1報 開始時の実態
奥羽大学歯学誌   20(1) 108-114   1993年
咀嚼の満足度についての検討
奥羽大学歯学誌   20(1) 115-121   1993年
実験的歯牙抜去に伴う対合歯および周囲歯槽骨の動態
奥羽大学歯学誌   20(1) 31-35   1993年
瀬川 洋, 浜田 節男, 宮澤 忠蔵, 清水 秋雄
口腔衛生学会雑誌   42(2) 176-183   1992年
唾液グルコース消費率の歯科保健指標としての有用性についての検討
奥羽大学歯学誌   19(4) 472-478   1992年
瀬川 洋, 菊地 正樹, 宮澤 忠蔵, 清水 秋雄
口腔衛生学会雑誌   41(2) 152-157   1991年
ハムスター口内撮影装置を応用した歯槽骨計測の基礎的研究(学位論文)
奥羽大学歯学誌   17(2)    1990年

Misc

 
瀬川 洋
日本歯科医療管理学会雑誌   45(1)    2010年6月
瀬川 洋, 釜田 朗, 清野 晃孝, 齋藤 高弘, 天野 義和
日本歯科医療管理学会雑誌   43(1)    2008年6月
広瀬 公治, 瀬川 洋, 車田 文雄, 大橋 明石, 長岡 正博, 結城 昌子
奥羽大学歯学誌   35(1)    2008年1月
佐々木 重夫, 清野 晃孝, 島村 和宏, 川合 宏仁, 瀬川 洋, 山崎 信也, 齋藤 高弘
障害者歯科 = JOURNAL OF THE JAPANESE SOIETY FOR DISABILITY AND ORAL HEALTH   28(3)    2007年9月
島村 和宏, 猪狩 道代, 加川 千鶴世, 篠田 奈々, 鈴木 厚子, 春山 博貴, 相澤 徳久, 鈴木 康生, 瀬川 洋
奥羽大学歯学誌   34(3) 114-115   2007年9月
遠隔歯科診療コンサルティションシステムに関する研究
瀨川 洋, 内藤義久, 川合宏仁, 山崎信也
福島県保健衛生情報   16(1) 2-5   2006年
小学生用歯・口の健康つくり教材 歯とお口の健康 おしえて!はっぴいくん
㈱阿部紙工      2005年
障害者における全身麻酔中のコンピューテッド・デンタル・ラジオグラフィー使用による歯科治療の有用性の評価
日本歯科医療管理学会雑誌   40(2) 138-144   2005年
働き盛りの歯・口腔の健康づくりを支援する健康教室の有用性
みちのく歯学誌   35(1) 2 35   2004年
奥羽大学歯学部附属病院における全身麻酔症例の変化
福島県保健衛生学会誌   34, 66~67    2004年
障害児・者の日帰りまたは1泊入院全身麻酔下歯科治療に対するアンケート
福島県保健衛生学会誌   34, 64~65    2004年
障害児・者に対するクリニカルパス導入を試みて
福島県保健衛生学会誌   34, 60~61    2004年
中学生用歯・口の健康つくり教材 Welcome to Ha(歯)ppy Island
㈱阿部紙工      2004年
小規模事業所における福利・厚生事業に関する実態調査-歯科健診事業などの実施状況-
みちのく歯学誌   34(1) 2 8   2003年
安全な医療に向けて~マニュアル作成の経緯と今後の取り組み~
福島県保健衛生学会誌   33, 62~63    2003年
当院における障害児者全身麻酔下歯科治療および地域医療機関との連携
福島県保健衛生学会誌   33, 60~61    2003年
医療事故防止マニュアルをはじめとする当院の医療安全対策に関する検討
日本歯科医療管理学会雑誌   37(4) 455-461   2003年
オンライン生体情報モニターによる有病者歯科治療連携システムの有用性
日本歯科医療管理学会雑誌   37(4) 399-407   2003年
福島県における「歯っぴいライフ8020事業」の10年のあゆみ
みちのく歯学誌   33(1) 2 32~33   2002年
ライフステージの違いによる口腔カンジタ菌の動態
福島県保健衛生学会誌   32, 54~55    2002年
福島県における病診連携に関わる歯科保健医療の現状
みちのく歯学誌   32(1) 2 30   2001年
奥羽大学歯学部附属病院における障害児・者歯科診療
みちのく歯学誌   32(1) 2 25   2001年
障害児・者におけるチーム歯科医療の現状
福島県保健衛生学会誌   31, 14~15    2001年
健康ふくしま21計画
福島県保健福祉部健康増進課      2001年
食を通した生きがい健康づくり対策事業報告書
福島県保健福祉部健康増進課      2001年
学校歯科保健対策としての米沢方式に対する保護者の意識
みちのく歯学誌   31(1) 2 44~45   2000年
奥羽大学歯学部附属病院における障害児・者歯科診療 ~歯科診療のノーマライゼーションをめざして~
福島県保健衛生学会誌   30, 50~51    2000年
学校歯科保健対策としての米沢方式の再検討 -歯科診療所における対応について-
みちのく歯学誌   30(1) 2 66~68   1999年
歯っぴいライフ8020事業から(その2)8020達成者の5~7年後の状況について
みちのく歯学誌   30(1) 2 52~53   1999年
学校歯科保健対策としての米沢方式のう蝕罹患状況への影響について
みちのく歯学誌   29(1) 2 21~22   1998年
コンピュータ支援による学生指導の試み
日本歯科医学教育学会雑誌   13(2) 236   1998年
歯ブラシのブリッスルの耐久性と植毛部の広がり度に伴う歯垢除去効果
歯科衛生士   21(4) 78-81   1997年
歯学部における学生指導の対応について
日本歯科医学教育学会雑誌   12(2) 183-186   1997年
歯科保健担当者の業務に関わる認識について
歯界展望/別冊   154    1996年
歯科診療時におけるゴム手袋の着用とその意義について
みちのく歯学誌   26(1) 2 6~7   1995年
臼歯部用歯ブラシの刷掃効果に関する臨床試験
歯科衛生士   19(2) 70-77   1995年
福島県県中地域における成人歯科保健事業 第3報 ―CPITNと有病認識―
みちのく歯学誌   24(1) 2 17~19   1993年
フッ素取り込みに及ぼすエキシマレ-ザ-光の照射効果
口腔衛生学会雑誌   43(4) 470-471   1993年
福島県県中地域における成人歯科保健事業, CPITN と自覚症状の関連性
口腔衛生学会雑誌   43(4) 426-427   1993年
「歯ぐきの健康づくり」モデル事業報告書
福島県県中地域成人歯科保健会      1993年
福島県県中地区における成人歯科保健事業 第2報
みちのく歯学誌   23(1) 2 5~7   1992年
ロール綿で採取した唾液のグルコース消費
奥羽大学歯学誌   19(4) 493-497   1992年
福島県県中地区における成人歯科保健事業
みちのく歯学誌   22(1) 2 12~14   1991年
エナメル質のフッ素イオン取り込みと結晶内CO32-の挙動各種フッ素イオン濃度による検討
口腔衛生学会雑誌   41(4) 484-485   1991年
ハムスターの歯槽骨計測の検討 Length measuring法とDensitometry法の有用性
口腔衛生学会雑誌   40(4) 550-551   1990年
ハムスタ-の軟X線口内撮影法に関する研究 歯槽骨の規格撮影と経日的観察
口腔衛生学会雑誌   38(4) 602-603   1988年
ハムスタ-の実験歯周炎に関する研究 -軟X線口内撮影装置による骨吸収の観察-
口腔衛生学会雑誌   36(4) 426-427   1986年
1歳6か月児の保育環境と乳歯う蝕罹患との関連性
みちのく歯学誌   16(1) 2 16-18   1985年
ハムスタ-の実験歯周炎に関する研究 -軟X線による歯槽骨の口内撮影装置の試作-
口腔衛生学会雑誌   35(4) 106-107   1985年

書籍等出版物

 
歯科医療管理 医療の質と安全管理のために
瀨川 洋 (担当:分担執筆, 範囲:Ⅲ編経営管理 2章 歯科医療の需給と供給 ⑤歯科医師数および分布 ⑥就業歯科衛生士・就業歯科技工士数 ⑦歯科医療機関数 ⑧歯科技工の動向)
医歯薬出版株式会社   2011年11月   
口腔保健実践ガイドブック 第2版
瀨川 洋 (担当:分担執筆, 範囲:第2章口腔内診査 8. 口腔清掃度の診査法 第9章口腔清掃指導)
株式会社 学建書院   2010年12月   
唾液検査ハンドブック
㈱ヒョーロン   2008年   ISBN:978-4-930881-85-4
生活と健康-測地と評価法- 第3版第2刷
㈱学建書院   2008年   ISBN:978-4-7624-1600-2
生活と健康-測定と評価法- 第3版第2刷
㈱学建書院   2006年   ISBN:4-7624-1600-2
口腔保健実践ガイドブック
㈱学建書院   2005年   ISBN:4-7624-0645-7
生活と健康-測定と評価法-第2版第1刷
㈱学建書院   2004年   ISBN:4-7624-1600-2
歯, 口腔の健康診断法マニュアル
㈱阿部紙工   2001年   

担当経験のある科目

 

Works

 
「歯ぐきの健康づくり」モデル事業(地域保健医療推進事業)
1990年 - 1992年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2004年 - 2006年    代表者: 瀬川洋
目的奥羽大学歯学部附属病院(センター)と一次歯科医療機関(拠点)との間で平成13年2月26日からリアルタイム双方向性の遠隔歯科診療支援システムを構築・運用し,歯科治療時のリスクの軽減,危険性の予測および偶発症の発生予防など安全性の確保が確認された。本システムはナローバンドであることからプログラム動作や画面の切替などアプリケーション稼働時の速度低下による不具合が生じ,端末から送信された医療情報と医用画像に基づいた診断に支障をきたすことが判明した。そこで,新たなネットワークの構築と医療情報と医...
新たな病診連携システムの構築
共同研究
研究期間: 2000年   
歯周疾患有病者の歯科保健行動の変容に関する研究
その他の研究制度
働き盛り世代を支援する歯科健康教育に関する研究
官民連帯共同研究
研究期間: 2002年   
12歳児を支援する歯・口の健康つくり教材の検討
官民連帯共同研究
研究期間: 2003年