関 哲行

J-GLOBALへ         更新日: 15/05/23 23:13
 
アバター
研究者氏名
関 哲行
 
セキ テツユキ
所属
流通経済大学
部署
社会学部 国際観光学科
職名
教授
学位
文学修士(上智大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

委員歴

 
1993年
 - 
1995年
スペイン史学会  スペイン史学会代表
 
1993年
 - 
1995年
歴史学研究会  研究部長
 

論文

 
民衆信仰とマイノリティ論の可能性
関 哲行
歴史学研究   (905) 31-33   2013年5月   [招待有り]
中近世スペインとマグリブ地方における宗教的マイノリティーの移動
関 哲行
SOIAS   (9) 274-286   2013年3月
中近世スペインの旅人たちーーユダヤ人(ユダヤ教徒)、キリスト教徒、モリスコを例として
関 哲行
史学   80(2・3) 124-131   2011年6月

Misc

 
サンチェス・アルボルノスの自由小土地所有者テーゼ
土地制度史学   28(112)    1986年
12世紀前半のサンチャゴ・デ・コンポステラにおけるコミューン運動(上)
流通経済大学社会学部開校記念論文集      1989年
12世紀前半のサンチャゴ・デ・コンポステラにおけるコミューン運動(中)
流通経済大学社会学部論叢   1(2)    1991年
アストゥーリアス・レオン王国における自由小土地所有者問題をめぐって
スペイン史研究   2    1985年
10〜11世紀前半のアストゥーリアス・レオン王国における封建制
上智史学   23    1978年

書籍等出版物

 
ヨーロッパ中近世の兄弟会
関 哲行 (担当:共著, 範囲:第6章 スペイン)
東京大学出版会   2014年9月   
地中海世界の旅人
関 哲行 (担当:共著, 範囲:中近世イベリア半島における宗教的マインリティーの移動ーーユダヤ人とコンベルソ、マラーノを中心に)
慶応大学出版会   2014年3月   
中近世ヨーロッパの政治と宗教
関 哲行 (担当:共著, 範囲:第15章 近世スペインにおけるモリスコ問題)
ミネルヴァ書房   2014年3月   
西欧中世における都市・農村関係の研究
九州大学出版会   1988年   
西洋中世のキリスト教と社会
刀水書房   1983年   

講演・口頭発表等

 
Pilgrimage to Santiago de Compostela and the Supporting Travel Network
第6回日韓西洋中世史研究集会   2007年   

Works

 
イスラムの都市性全体集会報告書
1991年

競争的資金等の研究課題

 
中近世キリスト教世界の多元性とグローバル・ヒストリーへの視角
日本学術振興会: 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 甚野 尚志
四国遍路の学際的総合研究
日本学術振興会: 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 寺内 浩
ヨーロッパにおける政治と宗教のダイナミズムと国際的秩序の形成
日本学術振興会: 科研基盤B
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月    代表者: 甚野尚志
中近世スペインにおける奴隷制
中世スペインのユダヤ人共同体