高橋 康二

J-GLOBALへ         更新日: 05/10/03 00:00
 
アバター
研究者氏名
高橋 康二
 
タカハシ コウジ
所属
旭川医科大学
部署
病院 放射線部
職名
助教授
学位
医学博士(自治医科大学), 医学博士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1987年
 - 
1991年
自治医科大学 助手
 
1991年
 - 
1998年
自治医科大学 講師
 
1998年
 - 
2001年
旭川医科大学 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1982年
旭川医科大学 医学部 医学
 

受賞

 
1998年
北米放射線学会Certificate of Merit
 

Misc

 
子宮頚癌放射線治療例における血中CEA測定の臨床的意義
日本医学放射線学会雑誌   44(9)    1984年
悪性腫瘍の転移による骨性疼痛に対する合成ウナギカルシトニン誘導体の効果
癌と化学療法   12(10)    1985年
子宮頚癌放射線治療症例における治療前血中CEA値の予後因子としての意義
日本癌治療学会誌   21(10)    1986年
Hepato-Portal Subtraction Angiographyによる肝腫瘍性病変の描出
日本医学放射線学会雑誌   48(11)    1988年
子宮頸癌剤射線治療症例における腔内照射法の検討-多変量解析による低線量率と高線量率腔内照射法の比較-(共著)
日本学治療学会誌   22(6) 1185-1194   1987年

書籍等出版物

 
臨床放射線科のコツと落とし穴
中山書店   1999年   
胸部疾患におけるヘリカルCT、検査と読影「縦隔病変」
真興交易医書出版部   2000年   
救急診療メモ「顔面骨折, 胸部外傷の画像診断」
中外医学社   2000年   
必修 胸部画像診断
メディカルサイエンスインターナショナル   2001年   

競争的資金等の研究課題

 
胸部画像診断
腹部画像診断
インターベンショナルラジオロジー