HAKAMATA Yoji

J-GLOBAL         Last updated: Oct 17, 2018 at 15:21
 
Avatar
Name
HAKAMATA Yoji
Affiliation
Nippon Veterinary and Life Science University
Section
Faculty of Veterinary Science, School of Veterinary Nursing and Technology
Job title
Associate Professor
Degree
Doctor of reterinary science (#223)(Nippon Veterinary and Life Science University)

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Tanaka, H., Kataoka, M., Isobe, S., Yamamoto, T., Shirakawa, K., Endo, J., Satoh, T., Hakamata, Y., Kobayashi, E., Sano, M., Fukuda, K.
PLoS One   12(7) e0180615   2017   [Refereed]
119. Motoyo MARUYAMA, Masahiko FUJISAWA, Makoto YOKOSUKA, Toru R. SAITO, Shin-ichi HAYAMA, Toshio AKIMOTO, and Yoji HAKAMATA.
Experimental Animal   65(4) 447-454   Nov 2016   [Refereed]
丸山 基世, 藤澤 正彦, 横須賀 誠, 斎藤 徹, 羽山 伸一, 秋元 敏雄, 袴田 陽二
Experimental Animals   65(4) 447-454   Oct 2016
肝臓の薬物代謝酵素シトクロムP450(CYP)の一部は性的二形性を示し、薬物の効果や副作用の性差の原因として臨床上重要な問題となっている。ラットにおいてCYPの性的二形性は下垂体成長ホルモン(GH)の分泌パターンの性差に強く依存するとされているが、詳細なメカニズムは明らかでない。我々は、以前にマウスアルブミンエンハンサー/プロモーターの制御下で、肝細胞特異的に蛍光タンパク質DsRed2遺伝子を発現するトランスジェニック(Alb-DsRed2 Tg)ラットを作製し、肝DsRed2発現が成熟雄...
Yamamoto S, Nagao Y, Kuroiwa K, Hakamata Y, Ichida M, Saito-Ohara F, Tominaga K, Endo H
Transgenic research   23(5) 757-765   Oct 2014   [Refereed]
Ito, U., Hakamata, Y., Watabe, K, Oyanagi, K.
Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology   34(4) 360-369   Aug 2014   [Refereed]

Misc

 
肝硬変に対する骨髄細胞治療 f-MRIならびに発光イメージング技術を利用した解析
小林 英司, 熊谷 政代, 絵野沢 伸, 袴田 陽二, 余川 隆
Organ Biology   23(3) 81-81   Oct 2016
スナネズミ骨髄由来間葉系幹細胞の特性解析
大坂 優衣, 寺谷 工, 丸山 基世, 藤澤 正彦, 袴田 陽二
日本獣医生命科学大学研究報告   (63) 133-133   Dec 2014
日獣大オリジナルのGFPトランスジェニックマウスの作製および特性解析
丸山 基世, 藤澤 正彦, 中垣 和英, 羽山 伸一, 福田 孝一, 三好 一郎, 田中 実, 袴田 陽二
日本獣医生命科学大学研究報告   (60) 58-66   Dec 2011
日獣大オリジナルのトランスジェニックマウス作製記録 GFPマウスの系統化と特性解析
丸山 基世, 五十嵐 遥, 藤澤 正彦, 吉本 真衣, 高橋 香織, 野中 菜々美, 平井 翠, 蛭田 那津子, 中垣 和英, 羽山 伸一, 福田 孝一, 三好 一郎, 田中 実, 袴田 陽二
日本獣医生命科学大学研究報告   (60) 239-239   Dec 2011
バイオイメージングシステムを利用したトランスジェニックラットの遺伝子型判別の有効性
吉本 真衣, 高橋 香織, 丸山 基世, 藤澤 正彦, 袴田 陽二
日本獣医学会学術集会講演要旨集   151回 277-277   Mar 2011

Books etc

 
Ultrastructure of astrocytes associated with progressing selective neuronal death or impending infarctio after repeated ischemia.
Scientific Publishers, Pharmacology of Cerebral Ischemia 1996   1996   
Features and threshold of infarct development in ischemic maturation phenomenon. (共著)
Maturation Phenomenon in Cerebral Ischemia (]G0002[)   1997   
Ischemic tolerance in the maturation of disseminated selective neuronal necrosis and cerebral infarction after repetitive ischemia. (共著)
Maturation Phemonenon in Cerebral Ischemia (]G0003[)   1999   
Temporal profile of cortical injury following ischemic insult just below and at the threshold level for induction of infarction : light and electron microscopic study. (共著)
Maturation Phenomenon in Cerebral Ischemia (]G0003[)   1999   
Mitochondrial dysfunction and maturation phenomenon in ischemic gerbil cortex. (共著)
Maturation Phenomenon in Cerebral Ischemia (]G0003[)   1999   

Conference Activities & Talks

 
茶葉含有成分L-テアニンの十二指腸潰瘍治癒効果の検討
藤原 正彦, 橘 侑里, 袴田 陽二
日本獣医学会学術集会講演要旨集   Aug 2017   
茶葉含有成分L-テアニンの十二指腸潰瘍治癒効果の検討
藤原 正彦, 橘 侑里, 袴田 陽二
日本獣医学会学術集会講演要旨集   Aug 2017   
成長ホルモン分泌パターンに依存する性的二形性ラット肝シトクロムP450遺伝子発現の検出のための新しいin vivo解析モデル
丸山 基世, 藤澤 正彦, 横須賀 誠, 斎藤 徹, 羽山 伸一, 秋元 敏雄, 袴田 陽二
Experimental Animals   Oct 2016   
肝臓の薬物代謝酵素シトクロムP450(CYP)の一部は性的二形性を示し、薬物の効果や副作用の性差の原因として臨床上重要な問題となっている。ラットにおいてCYPの性的二形性は下垂体成長ホルモン(GH)の分泌パターンの性差に強く依存するとされているが、詳細なメカニズムは明らかでない。我々は、以前にマウスアルブミンエンハンサー/プロモーターの制御下で、肝細胞特異的に蛍光タンパク質DsRed2遺伝子を発現するトランスジェニック(Alb-DsRed2 Tg)ラットを作製し、肝DsRed2発現が成熟雄...
肝硬変に対する骨髄細胞治療 f-MRIならびに発光イメージング技術を利用した解析
小林 英司, 熊谷 政代, 絵野沢 伸, 袴田 陽二, 余川 隆
Organ Biology   Oct 2016   
ヒスタミン受容体刺激によるマウス肝へのnaked DNA導入効率向上の試み
藤澤 正彦, 荒井 香南, 袴田 陽二
日本獣医学会学術集会講演要旨集   Aug 2015   

Works

 
Establishment of transgenic rat for organ trans plantation reserch
2000

Research Grants & Projects

 
Transgenic animal Research