鯉淵 典之

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/14 18:57
 
アバター
研究者氏名
鯉淵 典之
 
コイブチ ノリユキ
URL
http://nori3.dept.med.gunma-u.ac.jp/~nori
所属
群馬大学
職名
教授
学位
医学博士(群馬大学)

プロフィール

1985年 群馬大学医学部医学科卒業
1989年 群馬大学医学系研究科博士課程修了(内分泌研究所生理学講座,医博)
米国ロックフェラー大学Postdoctoral Fellow
(Department of Neurobiology and Behavior; Prof. Donald W. Pfaff)
1990年12月 獨協医科大学助手(生理学)、以降講師から助教授
1996年7月 ハーバード大学医学部Visiting Assistant Professor
(Division of Genetics, Department of Medicine, Brigham and Women’s Hospital, Harvard Medical School; Prof. William W. Chin)
2001年4月 群馬大学医学部生理学第一講座教授
2003年4月 群馬大学大学院医学系研究科医科学専攻
   器官機能学分野 教授(大学機構改組による配置替え)
2008年4月 同 応用生理学分野 教授(分野名改称による)現在に至る

研究分野

 
 

経歴

 
2008年4月
 - 
現在
群馬大学大学院医学系研究科 応用生理学分野 教授
 
2003年4月
 - 
2005年3月
群馬大学大学院医学系研究科 器官機能学分野 教授
 
2001年4月
 - 
2003年3月
群馬大学医学部 生理学第一講座 教授
 
1989年
 - 
1990年
ロックフェラー大学 博士研究員
 
1990年
 - 
1995年
獨協医科大学 助手
 

学歴

 
 
 - 
1989年
群馬大学 医学研究科 内分泌生理学
 
 
 - 
1985年
群馬大学 医学部 医学
 

委員歴

 
 
 - 
現在
日本内分泌学会  評議員
 
 
 - 
現在
日本医学教育学会  代議員
 
 
 - 
現在
環境ホルモン学会  副理事長
 
 
 - 
現在
日本生理学会  副理事長
 

論文

 
Ariyani W, Iwasaki T, Miyazaki W, Yu L, Takeda S, Koibuchi N
Toxicological sciences : an official journal of the Society of Toxicology   164(2) 417-427   2018年8月   [査読有り]
Ariyani W, Khairinisa MA, Perrotta G, Manto M, Koibuchi N
Cerebellum (London, England)   17(3) 247-251   2018年6月   [査読有り]
Amano I, Takatsuru Y, Khairinisa MA, Kokubo M, Haijima A, Koibuchi N
Endocrinology   159(4) 1910-1921   2018年4月   [査読有り]
Khairinisa MA, Takatsuru Y, Amano I, Erdene K, Nakajima T, Kameo S, Koyama H, Tsushima Y, Koibuchi N
Investigative radiology   53(2) 110-118   2018年2月   [査読有り]
Kaneko R, Takatsuru Y, Morita A, Amano I, Haijima A, Imayoshi I, Tamamaki N, Koibuchi N, Watanabe M, Yanagawa Y
The Journal of comparative neurology   526(3) 373-396   2018年2月   [査読有り]
Fujiwara Y, Miyazaki W, Koibuchi N, Katoh T
Frontiers in endocrinology   9 24   2018年   [査読有り]
Khairinisa MA, Takatsuru Y, Amano I, Kokubo M, Haijima A, Miyazaki W, Koibuchi N
Frontiers in endocrinology   9 228   2018年   [査読有り]
Sairenji TJ, Ikezawa J, Kaneko R, Masuda S, Uchida K, Takanashi Y, Masuda H, Sairenji T, Amano I, Takatsuru Y, Sayama K, Haglund K, Dikic I, Koibuchi N, Shimokawa N
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   114(49) 13042-13047   2017年12月   [査読有り]
Erdene K, Nakajima T, Kameo S, Khairinisa MA, Lamid-Ochir O, Tumenjargal A, Koibuchi N, Koyama H, Tsushima Y
Japanese journal of radiology   35(10) 568-573   2017年10月   [査読有り]
Haijima A, Lesmana R, Shimokawa N, Amano I, Takatsuru Y, Koibuchi N
The Journal of toxicological sciences   42(4) 407-416   2017年   [査読有り]

Misc

 
Kumaki X Iku / Yang D. / Noriyuki Koibuchi / Kiyoshige Takayama
Life Science   78(15) 1760-1766   2006年
KOIBUCHI NORIYUKI / JINGU HISAKA / IWASAKI TOSHIHARU / Chin W. William
The Cerebellum   2 279-289   2003年
Yousefi Behnaz / JINGU HISAKA / Ohta Misae / Umezu Motoaki / KOIBUCHI NORIYUKI
THYROID   15(4) 314-319   2005年
Gray SG / Kokkotou E / Dangond F / Iglesias AH / Lizcano F / Villanueva R / Camelo S / Jingu Hisaka / Teh BT / Koibuchi Noriyuki / Chin WW
J.Biol.Chem.   280(31) 28507-28518   2005年
Iwasaki Toshiharu, Takeshita Akira, Miyazaki Wataru, Chin W. William, Koibuchi Noriyuki
Endocrinology   147(3) 1452-1457   2006年

書籍等出版物

 
Central chemosensitivity and respiratory regulation: Identification of H+-sensitive neurons and analysis of hypercapnia-induced genes.
Recent Research Development in Biochemistry   2002年   
Fundamentos moleculares en medicina
Manual Moderno, Bogota   2005年   
医学大辞典
南山堂   2006年   
症例問題から学ぶ生理学 原書2版
丸善株式会社   2006年   ISBN:4-621-07731-7
みえる人体 構造・機能・病態
南江堂   2009年   
症例問題から学ぶ生理学「原書3版」
丸善   2009年   
オックスフォード生理学 第3版
丸善   2009年   
インテグレーテッドシリーズ2 生理学
東京科学同人   2010年   
ギャノング生理学 原著24版
丸善出版   2014年   
リッピンコットイラストリイテッド生理学
丸善出版   2014年   
医学を学ぶ
南江堂   2006年   
カラーイラストで学ぶ集中講義 生理学
メジカルビュー社   2008年   
生体統御システムと内分泌攪乱
2005年   
Taniguchi Symposia on Brain Sciences
Taniguchi Symposia on Brain Science   1988年   
Recent Progress in Perinatal Medicine
Meyer Nyomda, Budapest,   1993年   
カラーイラストで学ぶ集中講義 生理学
メジカルビュー社   2008年   
標準生理学 第7版
医学書院   2009年   
生物の事典 
朝倉書店   2010年   
Persistent organic pollutants (POPS) research in Asia.
2009年   
解剖生理学クリアブック
医学書院   2007年   
「生物学辞典」
東京化学同人   2010年   
Psychosomatic Medicine
International Congress Series   2006年   
Neuroplasticity, Development, and Steroid Hormone Action
CRC Press, Boca Raton.   2002年   
The Cerebellum and its disorders
Cambridge University Press, Cambridge   2002年   
Gender Differences in Prenatal Substance Exposure
American Psychological Association, Washington.   2012年   
Principles and Practice内分泌・代謝 医学生・レジデントのための必修エッセンス
文光堂   2011年   
Principles and Practice内分泌・代謝 医学生・レジデントのための必修エッセンス
文光堂   2011年   
Principles and Practice内分泌・代謝 医学生・レジデントのための必修エッセンス
文光堂   2011年   
Principles and Practice内分泌・代謝 医学生・レジデントのための必修エッセンス
文光堂   2011年   
Principles and Practice内分泌・代謝 医学生・レジデントのための必修エッセンス
文光堂   2011年   
Handbook of the Cerebellum and Cerebellar Disorders
Springer, New York   2013年   ISBN:978-94-007-1332-1
Handbook of the Cerebellum and Cerebellar Disorders
Springer, New York   2013年   ISBN:978-94-007-1332-1
標準生理学 第8版
医学書院   2014年   
標準生理学 第8版
医学書院   2014年   
医学教育白書2014年版('11-'14)
篠原出版   2014年   
カラーイラストで学ぶ 集中講義 生理学 改訂2版
メジカルビュー社   2014年   
カラーイラストで学ぶ 集中講義 生理学 改訂2版
メジカルビュー社   2014年   
生理学問題集(CBT準拠)
文光堂   2015年   
看護師国家試験 解剖生理学クリアブック-第2版-
医学書院   2015年   
看護師国家試験 解剖生理学クリアブック-第2版-
医学書院   2015年   

講演・口頭発表等

 
Localization of steroid receptor coactivator-1 (SRC-1) during postnatal period of development of rat cerebellum
第76回 日本内分泌学会学術総会   2003年   
受容体チロシンキナーゼのエンドサイトーシスとアダプター蛋白質の役割
平成17年度 特定領域研究班会議 「メンブレントラフィック」   2005年   
腹側延髄表面細胞由来の膜貫通型蛋白質のラット下位脳幹における分布
第79回 日本生理学会大会   2002年   
Postnatal changes of steroid receptor coactivator-1 (SRC-1) expression in rat cerebellum
第80回 日本生理学会大会   2003年   
高炭酸ガス血症で発現が高まる新規糖輸送体(Past-A)の同定とその機能解析
第80回 日本生理学会大会   2003年   
Ontogenic changes of Fos and glucocorticoid receptor expession in rat brain after stress-like ulcerogenic cinchophen i.p. injection
第25回 日本神経科学大会   2002年   
Ontogenic changes of Fos and glucocorticoid receptor expression in rat brain after stress-like ulcerogenic cinchohpen i.p. injection
第79回 日本生理学会大会   2002年   
Phosphorylation of JNK is involved in regulation of H+-induced c-Jun expression.
第81回 日本生理学会大会   2004年   
Neuronal expression of nuclear transcription factor MafG in the rat medulla oblongata after baroreceptor stimulation.
第81回 日本生理学会大会   2004年   
Characterization and gene expression analysis of congenital kyphoscoliotic rats.
第81回 日本生理学会大会   2004年   
Ontogenic changes in expression of neurotrophins and their receptors in the cerebellum of staggerer, an RORa mutant mouse
第7回 環境ホルモン学会研究発表会   2004年   
細胞外H+濃度の上昇はMafG-FosBヘテロダイマーのDNA結合能を高める
第82回 日本生理学会大会   2005年   
スタグラーマウスの小脳における神経成長/栄養因子とその受容体の発現解析
第82回 日本生理学会大会   2005年   
Gene expression profile of neurotrophins and their receptors during development of cerebellum in Staggerer, an RORa mutant mouse.
第78回 日本内分泌学会学術総会   2005年   
Gene expression profile of neurotrophins and their receptors during development of cerebellum in Staggerer, an RORa mutant mouse.
第78回 日本甲状腺学会大会   2005年   
Past-A, a novel proton-associated sugar transporter, regulates glucose homeostasis in the brain.
3rd International Conference on Signal Transduction   2002年   
Effects of postnatal stress by cinchophen injection on motor behavior in adult rat
第83回日本生理学会大会   2006年   
Analysis of hypercapnia-induced genes: Acidification of extracellular pH induced c-Jun expression by JNK phosphorylation via Ca2+ influx.
4th International Conference on Signal Transduction   2004年   
The affect of congenital hypothyroidism on the locomotor activity
第77回 日本内分泌学会学術総会   2004年   
Postnatal changes of glucocorticoid receptor expression in rat brain after stress-like ulcerogeniccinchophen i.p. injection
第80回日本生理学会大会   2003年   
甲状腺ホルモンによる脳発達の調節機構と環境化学物質による修飾機構
第78回日本内分泌学会学術総会   2005年   
The role of thyroid hormone on development of brain function and its modulation by PCB/hydroxylated PCB.
第28回日本神経科学大会   2005年   
Ontogenic changes in ulcerogenic cinchophen effect in neuroendocrine cells during postnatal rat brain development
第5回 環境ホルモン学会研究発表会   2002年   
Mild cerebellar ataxia observed in the transgenic mouse expressing a dominant-negative thyroid hormone receptor in the cerebellar Purkinje cell
Society for Neuroscience 31st Annual Meeting   2001年   
Mechanism of transcriptional repression by general repressor coactivator modulator (CoAM).
第82回日本生理学会大会   2005年   
Behavioral differences between congenital hypothyroid (rdw) and euthyroid rats
Society for Neuroscience 34th Annual Meeting   2004年   
Change in locomotor activity of congenital hypothyroid (rdw) rats
第6回 環境ホルモン学会研究発表会   2003年   
甲状腺ホルモンによる中枢神経系発達に及ぼす内分泌かく乱物質の作用
平成14年度 特定領域研究 研究成果報告会「内分泌撹乱物質の環境リスク」   2003年   
Past-A is a novel sugar transporter that is expressed in response to change of extracellular pH environment.
第5回 環境ホルモン学会研究発表会   2002年   
Low-dose PCB induces c-Jun expression of PC-12 cells.
第6回 環境ホルモン学会研究発表会   2003年   
低用量PCBはPC12細胞でc-Jun発現を引き起こす -Ca2+ channel活性化との関連性-
第7回 環境ホルモン学会研究発表会   2004年   
Gene expression profile of neurotrophins and their receptors in developing cerebellum of Staggerer, an ROR mutant mouse.
1st International Symposium on Biomedical Research Using Accelerator Technology   2005年   
Molecular responses to acidosis in the brainstem: Analysis of gene expression and signaling pathways by hypercapnia.
16th International Society for Arterial Chemoreception Conference   2005年   
Gene expression profile of neurotrophins and their receptors in developing cerebellum of Staggerer, an ROR mutant mouse.
35th Annual meeting, Society for Neuroscience   2005年   
Crosstalk between thyroid hormone receptor and retinoid receptor-related orphan receptor (ROR)a, and its modulation by polychlorinated biphenyl.
36th Annual Meeting, Society for Neuroscience   2006年   
発光物質を用いた新規「タンパク- タンパク- DNA結合」検出アッセイの開発
日本甲状腺学会   2006年   
様々な甲状腺ホルモン応答配列における甲状腺ホルモン受容体を介する転写機構における環境化学物質の影響の検討
第49回日本甲状腺学会大会   2006年   
「タンパク-核酸」 結合解析のための新規アッセイ法の樹立
環境ホルモン学会第9回研究発表会   2006年   
甲状腺ホルモン受容体における環境化学物質の作用点の解析
環境ホルモン学会第9回研究発表会   2006年   
低容量水酸化PCBはPC12細胞において膜電位とCa2+動態を変化させる
環境ホルモン学会第9回研究発表会   2006年   
種々の甲状腺ホルモン応答配列における甲状腺ホルモン受容体を介する転写へのPCBの影響
環境ホルモン学会第9回研究発表会   2006年   
新規「タンパク- タンパク- DNA結合」検出のためのin vitro Three-hybridアッセイの開発
日本分子生物学会2006フォーラム   2006年   
Alteration of intracellular Ca2+ homeostasis and membrane potential by low dose hydroxylated PCB in PC12 cells
第84回日本生理学会大会   2007年   
The role of thyoid hormone in developing cerebellum
第84回日本生理学会大会   2007年   
Development of a novel in vitro protein-DNA binding assay; Liquid fluorescence DNA pull down assay.
第84回日本生理学会大会   2007年   
Molecular mechanisms of PCB action on TR-ROR crosstalk in developing brain.
第84回日本生理学会大会   2007年   
Environmental disrupting chemicals affect DNA binding domain on thyroid hormone receptors
第84回日本生理学会大会   2007年   
Effect of PCB on progesterone receptor (PR)-mediated transcription in breast cancer cells.
第84回日本生理学会大会   2007年   
乳癌細胞に発現する核内ホルモン受容体への環境化学物質の影響
環境ホルモン学会第9回研究発表会   2006年   
Induction of nuclear receptor-mediated transcription by polychlorinated biphenyl (PCB) in breat cancer cells
第84回日本生理学会大会   2007年   
ダイオキシン/PCB類の新たな毒性評価の必要性-ダイオキシンは水酸化PCBよりも毒性が強いのか?
第83回日本生理学会大会   2006年   
Modulation of functional development of brain by polychlorinated biphenyls
第83回日本生理学会大会   2006年   
Introduction : Regulation of endocytosis of receptor tyrosine kinase
2006年   
Effectors of estrogen and tamoxifen actions in breast cancer cells
第83回日本生理学会大会   2006年   
RORα mutation induces changes of mRNA levels in neurotrophins and their receptors of developing cerebellum
第83回 日本生理学会大会   2006年   
Novel mechanism of SXR action on ER-mediated transcription in breast cancer cells
第83回日本生理学会大会   2006年   
Effects of PCBs on nuclear receptors-mediated transcription in breast cancer cells
第63回日本生理学会大会   2006年   
Effect of SXR on progesterone receptor (PR) -mediated transcription
第83回日本生理学会大会   2006年   
乳癌細胞におけるSXRを介する転写に対するPCBの影響とその作用機構の検討
環境ホルモン学会第8回研究発表会   2005年   
PCBによる乳癌細胞における転写制御への影響
環境ホルモン学会第8回研究発表会   2005年   
Coactivator Modulator (CoAM) による新たな転写抑制機構
第78回日本内分泌学会学術集会   2005年   
乳癌細胞におけるPCBによるSteroid Xenobiotic Receptor : SXRを介する転写への影響
第78回日本内分泌学会学術集会   2005年   
乳癌細胞における steroid xenobiotic receptor (SXR) によるエストロゲン作用の増強効果
第78回日本内分泌学会学術集会   2005年   
乳癌細胞における steroid and xenobiotic receptor (SXR) を介するタモキシフェン代謝への影響
第78回日本内分泌学会学術集会   2005年   
Effects of PCBs on steroid xenobiotic receptor (SXR)-mediated transcription
87th The Endocrine Society's Annual Meeting   2005年   
Novel Mechanism of Suppression of Thyroid Hormone (TH) Receptor (TR)-mediated Transcription by Polychlorinated Biphenyls (PCBs)
87th The Endocrine Society's Annual Meeting   2005年   
TRβ1-N末端とSRC-1の相互作用
第79回日本内分泌学会大会   2006年   
The effect of PCBs in TR-mediated transcription on native-TRE
2006年   
Molecular mechanisms of thyroid hormone action in developing brain.
第29回日本神経科学大会   2006年   
Functional analysis of CIN85 in regulation of receptor endocytosis
第84回日本生理学会大会   2007年   
新たな手法を用いたダイオキシン類のTRに介する転写への影響及び作用機構の解析ーダイオキシン類をAhRを介する毒性のみで評価して良いか?ー
第79回日本内分泌学会大会   2006年   
新たな機序によるエストロゲン作用の増強効果 ~steroid and xenobiotic receptor(SXR)は新たな乳癌悪性度判定マーカーになるか?~
第79回日本内分泌学会大会   2006年   
水酸化PCBと人体残留の毒性
第14回環境ホルモン学会講演会   2005年   
Possible novel indications of toxicity for PCBs and dioxins --- Their differential actions on TR-mediated transcription
88th The Endocrine Society's Annual Meeting   2006年   
The Interaction between TRβ-1-N-terminus and SRC-1 Serves a Full Transcriptional Activation Function of SRC-1
88th The Endocrine Society's Annual Meeting   2006年   

担当経験のある科目

 

特許

 
タンパク質-標的物質の結合検出方法
特願2006-064876