吉原 重美

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/17 12:40
 
アバター
研究者氏名
吉原 重美
 
ヨシハラ シゲミ
所属
獨協医科大学
部署
医学部 医学科 小児科
職名
教授
学位
博士(医学)(獨協医科大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
獨協医科大学医学部 小児科学 教授
 
2004年4月
 - 
2017年3月
獨協医科大学医学部 小児科学 准教授
 
1990年4月
 - 
2004年3月
獨協医科大学 第1小児科  講師
 
1993年6月
 - 
1995年5月
カリフォルニア大学サンフランシスコ校 研究員
 
1987年5月
 - 
1989年2月
静岡県立大学薬学部 研究員
 

学歴

 
 
 - 
1989年
獨協医科大学 医学研究科 小児科学
 
 
 - 
1983年
獨協医科大学 医学部 医学部
 

委員歴

 
2013年11月
 - 
現在
日本アレルギー学会  日本アレルギー学会専門医制度研修プログラム作成委員
 
2013年5月
 - 
現在
日本アレルギー学会  アレルギー編集委員
 
2013年4月
 - 
現在
日本小児呼吸器学会  学術委員
 
2013年4月
 - 
現在
栃木市教育委員会  栃木市学校給食食物アレルギーアドバイザー
 
2013年1月
 - 
現在
日本小児アレルギー学会  アナフィラキシー対応ワーキンググループ委員
 

受賞

 
2005年
関湊賞(第7回)獨協医科大学学術論文賞
 
1999年
関湊賞(第1回)獨協医科大学学術論文賞
 
1998年
大塚製薬学術論文賞(第5回)
 

論文

 
Sugai K, Kimura H, Miyaji Y, Tsukagoshi H, Yoshizumi M, Sasaki-Sakamoto T, Matsunaga S, Yamada Y, Kashiwakura JI, Noda M, Ikeda M, Kozawa K, Ryo A, Yoshihara S, Ogata H, Okayama Y
The Journal of allergy and clinical immunology   137(3) 774-781   2015年10月   [査読有り]
Yoshihara S, Kanno N, Fukuda H, Arisaka O, Arita M, Sekine K, Yamaguchi K, Tsuchida A, Yamada Y, Watanabe T, Shimizu T, Nishikawa K, Nishimuta T
Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology   64(4) 376   2015年10月   [査読有り]
Odajima H, Ebisawa M, Nagakura T, Fujisawa T, Akasawa A, Ito K, Doi S, Yamaguchi K, Katsunuma T, Kurihara K, Kondo N, Sugai K, Nambu M, Hoshioka A, Yoshihara S, Sato N, Seko N, Nishima S
Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology   64(4) 370   2015年10月   [査読有り]
Andelid K, Andersson A, Yoshihara S, Åhrén C, Jirholt P, Ekberg-Jansson A, Lindén A
International journal of chronic obstructive pulmonary disease   10 1253-1263   2015年   [査読有り]
Hamasaki Y, Kohno Y, Ebisawa M, Kondo N, Nishima S, Nishimuta T, Morikawa A, Aihara Y, Akasawa A, Adachi Y, Arakawa H, Ikebe T, Ichikawa K, Inoue T, Iwata T, Urisu A, Ohya Y, Okada K, Odajima H, Katsunuma T, Kameda M, Kurihara K, Sakamoto T, Shimojo N, Suehiro Y, Tokuyama K, Nambu M, Fujisawa T, Matsui T, Matsubara T, Mayumi M, Mochizuki H, Yamaguchi K, Yoshihara S
Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society   56(4) 441-450   2014年8月   [査読有り]
Yoshihara S, Yamada Y, Fukuda H, Tsuchiya T, Ono M, Fukuda N, Kanno N, Arisaka O
Allergology international : official journal of the Japanese Society of Allergology   63(2) 199-203   2014年6月   [査読有り]
Yoshihara S, Kusuda S, Mochizuki H, Okada K, Nishima S, Simões EA, C-CREW Investigators
Pediatrics   132(5) 811-818   2013年11月   [査読有り]
Imataka G, Sakamoto O, Yamanouchi H, Yoshihara S, Omura-Hasegawa Y, Tajima G, Arisaka O
Cell biochemistry and biophysics   67(1) 185-187   2013年9月   [査読有り]
[Bronchial asthma: progress in diagnosis and treatments. Topics: III. Care and treatments; 1. Early intervention and out-grow for pediatric asthma].
Yoshihara S
Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine   102(6) 1384-1391   2013年6月   [査読有り]
吉原重美, 藤澤隆夫, 栗原和幸, 宇理須厚雄, 濱崎雄平, 西牟田敏之, 西間三馨, 森川昭廣, 近藤直実
日本小児アレルギー学会誌   27(1) 107-115   2013年   [査読有り]
軽症/中等症持続型乳幼児喘息に対する低用量ブデソニド吸入用懸濁液の長期管理効果
今村直人, 立元千帆, 足立雄一, 村上巧啓, 淵澤竜也, 吉原重美, 中林玄一, 赤澤晃, 尾上洋一, 勝沼俊雄
日本小児科学科雑誌   117(4) 732-739   2013年   [査読有り]
Yoshihara S ,Fukuda H ,Abe T, Nishida M, Yamada Y, Kanno N, Arisaka O
Allergol Int   61(3) 405-410   2012年9月   [査読有り]
Katsunuma T, Ohya Y, Fujisawa T, Akashi K, Imamura N, Ebisawa M, Daikoku K, Kondo N, Terada A, Doi S, Nishimuta T, Noma T,Hamasaki Y, Kurihara K, Masuda K, Yamada T, Yamada M, Yoshihara S, Watanabe K, Watanabe T, Kitabayashi T, Morikawa A, Nishima S
Allergy Asthma Proc.   33(3) 28-34   2012年5月   [査読有り]
[Pediatric asthma: novel examinations and tools useful for diagnosis].
Yoshihara S
Arerugi = [Allergy]   61(2) 159-167   2012年2月   [査読有り]
Yoshihara S, Morimoto S, Momoi M, Eguchi M, Ihara M, Kanno N, Hirao J, Arisaka O
Arerugi = [Allergy]   61(1) 30-40   2012年1月   [査読有り]
クラリスロマイシンドライシロップの製剤切り替えによる小児服薬コンプライアンスに与える影響
吉原光恵, 吉原重美
小児科診療   75(11) 2169-2173   2012年
西田光宏, 吉原重美
日本小児アレルギー学会誌   26(5) 740-746   2012年
吉原重美, 森本哲, 桃井真理子, 江口光興, 井原正博, 菅野訓子, 平尾準一, 有阪治
アレルギー   61(1) 30-40   2012年
小児科外来における咳嗽患児に関する実態調査
山田裕美, 吉原重美
日本小児呼吸器疾患学会雑誌   23(1) 42-45   2012年
Editorial’喘息児サマーキャンプ療法の有用性について
吉原重美
日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会誌   10(1) 21-22   2012年
Yoshihara S, Kanno N, Fukuda H, Yamada Y, Fukuda N, Tsuchiya T, Arisaka O
Pediatric allergy and immunology : official publication of the European Society of Pediatric Allergy and Immunology   22(7) 667-670   2011年11月   [査読有り]
Noguchi E, Sakamoto H, Hirota T, Ochiai K, Imoto Y, Sakashita M, Kurosaka F, Akasawa A, Yoshihara S, Kanno N, Yamada Y, Shimojo N, Kohno Y, Suzuki Y, Kang MJ, Kwon JW, Hong SJ, Inoue K, Goto Y, Yamashita F, Asada T, Hirose H, Saito I, Fujieda S, Hizawa N, Sakamoto T, Masuko H, Nakamura Y, Nomura I, Tamari M, Arinami T, Yoshida T, Saito H, Matsumoto K
PLoS genetics   7(7)    2011年7月   [査読有り]
Harada M, Hirota T, Jodo AI, Hitomi Y, Sakashita M, Tsunoda T, Miyagawa T, Doi S, Kameda M, Fujita K, Miyatake A, Enomoto T, Noguchi E, Masuko H, Sakamoto T, Hizawa N, Suzuki Y, Yoshihara S, Adachi M, Ebisawa M, Saito H, Matsumoto K, Nakajima T, Mathias RA, Rafaels N, Barnes KC, Himes BE, Duan QL, Tantisira KG, Weiss ST, Nakamura Y, Ziegler SF, Tamari M
American journal of respiratory cell and molecular biology   44(6) 787-793   2011年6月   [査読有り]
山田裕美, 吉原重美
日本小児アレルギー学会誌   25(4) 692-699   2011年
症状安定期の運動誘発喘息スクリーニング法の検討
西田光宏, 山崎弦, 吉原重美, 有阪治
小児科臨床   64(7) 1679-1684   2011年
3回(12週)を一区分とした小児喘息コントロールテストの臨床的有用性の検討
西田光宏, 新田晃久, 刈屋桂, 山崎弦, 福島啓太郎, 吉原重美, 有阪治
小児科臨床   64(1) 67-72   2011年
Yoshihara S, Fukuda H, Arisaka O
Arzneimittel-Forschung   61(7) 421-424   2011年   [査読有り]
Larsson S, Nordenson A, Glader P, Yoshihara S, Lindén A, Slinde F
International journal of chronic obstructive pulmonary disease   6(1) 83-88   2011年   [査読有り]
Yamada Y, Matsumoto K, Hashimoto N, Saikusa M, Homma T, Yoshihara S, Saito H
International archives of allergy and immunology   154(3) 185-194   2011年   [査読有り]
Yamada Y, Yoshihara S
Allergol Int   59(4) 375-380   2010年12月   [査読有り]
Riise GC, Ericson P, Bozinovski S, Yoshihara S, Anderson GP, Lind?n A
J Heart Lung Transplant   29(7) 800-807   2010年7月   [査読有り]
Kondo N, Nishimuta T, Nishima S, Morikawa A, Aihara Y, Akasaka T, Akasawa A, Adachi Y, Arakawa H, Ikarashi T, Ikebe T, Inoue T, Iwata T, Urisu A, Ebisawa M, Ohya Y, Okada K, Odajima H, Katsunuma T, Kameda M, Kurihara K, Kohno Y, Sakamoto T, Shimojo N, Suehiro Y, Tokuyama K, Nambu M, Hamasaki Y, Fujisawa T, Matsui T, Matsubara T, Mayumi M, Mukoyama T, Mochizuki H, Yamaguchi K, Yoshihara S
Pediatr Int   52(2) 319-326   2010年4月   [査読有り]
Yoshihara S
Expert review of clinical immunology   6(2) 247-255   2010年3月   [査読有り]
[Impact of inhaled corticosteroid prescription at discharge from the emergency room on exacerbations of asthma in Japanese hospital].
Chohnabayashi N, Sugiyama K, Kato M, Kimura T, Mochiduki H, Yasuba H, Yoshihara S, Fukuda T, Morikawa A, Adachi M
Arerugi = [Allergy]   59(2) 123-136   2010年2月   [査読有り]
[Investigation of factors childhood asthma persisting into adulthood].
Kanno N, Yoshihara S, Arisaka O, Noda M
Arerugi = [Allergy]   59(1) 25-36   2010年1月   [査読有り]
フェキソフェナジン塩酸塩(アレグラ錠)の小児アレルギー性鼻炎・蕁麻疹・皮膚疾患に伴うそう痒に対する有効性および安全性の検討
吉原重美
小児科臨床   63(6) 1197-1213   2010年
吉原重美, 菅野訓子, 山田裕美, 福田典正, 土屋喬義, 福田啓伸, 阿部 利夫, 安藤保, 浅井秀実, 飯村昭子, 西田光宏, 小野三佳, 佐藤優子, 有阪治
日本小児アレルギー学会誌   24(5) 753-762   2010年
インターネットによる小児気管支喘息の実態調査
吉原重美
アレルギー・免疫   17(8) 1400-1406   2010年
当院患者アンケートに見る望ましい看護外来のあり方
福田典正, 福田由紀美, 廣田直子, 高野清美, 白寄由美子, 吉原重美
日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会誌   8(1) 222-230   2010年
当院患者アンケートにみる望ましい疾患パンフレットの一考察
福田典正, 土屋喬義, 吉原重美
日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会誌   8(1) 24-30   2010年
西田光宏, 吉原重美, 有阪治
日本小児アレルギー学会誌   24(5) 719-724   2010年
蝶名林直彦, 杉山公美弥, 加藤政彦, 木村輝明, 望月博之, 安場広高, 吉原重美, 福田健, 森川昭廣, 足立満
アレルギー   59(2) 123-136   2010年
菅野訓子, 吉原重美, 有阪治, 野田雅行
アレルギー   59(1) 25-36   2010年
Yoshihara S, Fukuda H, Abe T, Arisaka O
Biol Pharm Bull   33(10) 1763-1765   2010年   [査読有り]
Yoshihara S, Ono M, Yamada Y, Fukuda H, Abe T , Arisaka O
Pediatr Allergy Immunol   20(5) 486-492   2009年8月   [査読有り]
[Endpoint for therapy in allergic diseases: pediatric asthma].
Yoshihara S
Arerugi = [Allergy]   58(7) 739-44; quiz 745, 752   2009年7月   [査読有り]
Imada Y, Fujimoto M, Hirata K, Hirota T, Suzuki Y, Saito H, Matsumoto K, Akazawa A, Katsunuma T, Yoshihara S, Ebisawa M, Shibasaki M, Arinami T, Tamari M, Noguchi E
BMC Res Notes   2    2009年3月   [査読有り]
Harada M, Hirota T, Jodo AI, Doi S, Kameda M, Fujita K, Miyatake A, Enomoto T, Noguchi E, Yoshihara S, Ebisawa M, Saito H, Matsumoto K, Nakamura Y, Ziegler SF, Tamari M
Am J Respir Cell Mol Biol   40(3) 368-374   2009年3月   [査読有り]
運動誘発試験で肺機能低下を認めたコリン性じんま疹の1例
西田光宏,山崎弦,吉原重美,有阪治
小児科臨床   62(3) 451-455   2009年
シベレスタットナトリウム水和物が有効であった急性呼吸窮迫症候群を合併した麻疹肺炎の乳児例
福田啓伸, 吉原重美, 西田光宏、 片塩仁, 和気晃司, 平尾準一, 有阪治
日本小児呼吸器疾患学会雑誌   20(1) 12-17   2009年

Misc

 
吉原重美, 阿久津悟, 大森和枝, 福田啓伸, 有阪治
日本小児科学会雑誌   119(9) 1400   2015年9月
福田 啓伸, 吉原 重美
小児科診療   78(9) 1219-1226   2015年9月
吉原重美, 安藤裕輔
こどもケア   10(3) 2-8   2015年8月
吉原 重美
小児科   56(8) 1039-1045   2015年8月
塚田佳子, 今高城治, 山崎弦, 西田光宏, 吉原重美, 有阪治
小児科臨床   68(7) 1399-1402   2015年7月
吉原重美
日本小児呼吸器学会雑誌   26(1) 120-126   2015年6月
吉原重美
月刊アレルギーの臨床   (472) 537-541   2015年6月
菅井和子, 吉原重美, 池田政憲, 野田雅博
臨床とウイルス   43(2) S93   2015年5月
福田啓伸, 福田啓伸, 吉原重美, 田村元子, 田村元子, 有阪治
日本小児難治ぜん息・アレルギー疾患学会誌   13(2) 176   2015年5月
Shigemi Yoshihara, Shigemi Yoshihara, Sonomjants Munkhbayarlakh, Sohei Makino, Clyde Ito, Narantsetseg Logii, Sarangerel Dashdemberel, Hironori Sagara, Hironori Sagara, Takeshi Fukuda, Takeshi Fukuda, Osamu Arisaka
Allergology International   65(1) 67   2015年1月
© 2015 The Authors. Background: Bronchial asthma is a common but important chronic disease in children in all over the world. To take measures against prevalence of childhood asthma, many researchers have surveyed the actual statuses of childhood ...
海老澤 元宏, 伊藤 浩明, 西間 三馨, 赤澤 晃, 今井 孝成, 亀田 誠, 笹本 和広, 吉原 重美
日本小児アレルギー学会誌   29(2) 236-236   2015年
吉原 重美
アレルギー   63(10) 1366-1367   2014年12月
吉原 重美
Dokkyo journal of medical sciences   41(3) 277-284   2014年10月
吉原 重美
日本小児呼吸器学会雑誌 = Japanese journal of pediatric pulmonology   25(1) 27-30   2014年
吉原 重美
日本小児呼吸器学会雑誌 = Japanese journal of pediatric pulmonology   25(2) 126-136   2014年
海老澤 元宏, 西間 三馨, 赤澤 晃, 伊藤 浩明, 今井 孝成, 亀田 誠, 笹本 和広, 吉原 重美
日本小児アレルギー学会誌   28(1) 135-136   2014年
西田 光宏, 矢島 周平, 桑子 実由樹, 坂井 聡, 黒田 喜代子, 宮城 佳史, 宮本 健, 吉原 重美
日本小児アレルギー学会誌   28(5) 787-795   2014年
米国胸部学会(ATS)は2011年に,呼気NOを低値群と中間値群と高値群のゾーンに分類した呼気NO解釈のガイドラインを発表した.しかし,その背景や有用性は明らかでない.本研究は,吸入ステロイド薬(ICS)で治療中の症状が安定した12歳以上の喘息児を,%V50を補足したATSゾーンに分類し,各ゾーンの症例の特徴を解析した.その結果,以下の知見を得た.1:呼気NOと総IgEやダニ特異的IgE,および呼気NOと%V50などの末梢気道指標との相関が確認された.2:呼気NO低値群は,肺機能は良好でダ...
阿部 利夫, 吉原 重美
日本小児アレルギー学会誌   28(5) 860-866   2014年
ヒスタミン遊離試験は,好塩基球を用いたin vivoの検査であり,食物負荷試験に起きることがあるアナフィラキシーショックの危険性はない.この検査は,IgE(immunoglobulin E)を介した脱顆粒による化学伝達物質の放出を評価する検査であり,食物アレルギーの一部を評価している.アレルゲンが卵白,牛乳,小麦の食物アレルギーの場合,ヒスタミン遊離試験は有効な検査である.また,疑陽性がRAST(radio-allergosorbent test)に比較して少なく,食物除去を解除するための...
吉原 重美, 今井 孝成, 海老澤 元宏, 寺本 貴英, 南部 光彦, 西間 三馨
日本小児アレルギー学会誌   28(5) 884-893   2014年
菅野 訓子, 吉原 重美, 福田 啓伸, 福島 啓太郎, 阿部 利夫, 有阪 治, 山田 裕美, 土屋 喬義, 菊池 豊, 斉藤 真理, 五十嵐 浩, 柳川 進, 飯村 昭子, 安藤 保, 松下 卓
アレルギー   62(9) 1350   2013年10月
山田 裕美, 吉原 重美
アレルギー・免疫   20(9) 1268-1273   2013年9月
吉原重美
日本医師会雑誌   142(6) 1279-1283   2013年9月
吉原 重美, 福田 啓伸
International review of asthma & COPD   15(3) 123-127   2013年8月
福島 啓太郎, 吉原 重美, 渡部 弥栄子, 福田 啓伸, 山田 裕美, 有阪 治, J-OIT研究グループ
アレルギー   62(3) 435   2013年4月
小田嶋 博, 海老澤 元宏, 永倉 俊和, 藤澤 隆夫, 赤澤 晃, 伊藤 浩明, 土居 悟, 山口 公一, 勝沼 俊雄, 栗原 和幸, 近藤 直実, 菅井 和子, 南部 光彦, 星岡 明, 吉原 重美, 西間 三馨
アレルギー   62(3) 420   2013年4月
福田 啓伸, 吉原 重美, 菅野 訓子, 田村 元子, 市川 純子, 阿部 利夫, 有阪 治
アレルギー   62(3) 419   2013年4月
勝沼俊男, 吉原重美
アレルギー・免疫   20(3) 426-435   2013年3月
気管支喘息、慢性咳嗽への温度感受性TRPチャネル関連の治療応用
吉原重美
アレルギーと神経ペプチド   9 20-21   2013年
呼吸器救急 気管支喘息急性発作への対応―小児気管支喘息を中心に―
阿部利夫, 吉原重美
呼吸   32(9) 814-819   2013年
シンポジウム1 : 座長のまとめ 小児気管支喘息の長期管理の検証と展望 〜 2012 ガイドライン改訂を踏まえて〜
吉原重美, 井上壽茂
日本小児呼吸器学会   24(1) 25-25   2013年
保育園での食物アレルギーへの対応〜ガイドラインの活用の仕方〜
吉原重美
保育と保健   19(2) 22-26   2013年
過敏性肺炎、いつどのようにしてその治療を打ち切るか、エキスパートに聞く
阿部利夫, 吉原重美
小児科   54(5) 655-660   2013年
Pranlukast hydrate in the treatment of pediatric bronchial asthma
吉原 重美
Pediatric Health Medicine and Therapeutics   2013(4) 55-63   2013年   [査読有り]
吉原 重美
日本小児アレルギー学会誌 = The Japanese journal of pediatric allergy and clinical immunology   26(5) 762-768   2012年12月
西田 光宏, 吉原 重美
日本小児アレルギー学会誌 = The Japanese journal of pediatric allergy and clinical immunology   26(5) 740-746   2012年12月
Shigemi Yoshihara, Hironobu Fukuda, Toshio Abe, Mitsuhiro Nishida, Yumi Yamada, Noriko Kanno, Osamu Arisaka
Allergology International   61 405-410   2012年10月
Background: Virus infection is an important risk factor for aggravation of childhood asthma. The objective of this study was to examine the effect of drugs on aggravation of asthma induced by a common cold. Methods: Asthma control was examined in ...
福田 啓伸, 吉原 重美, 福島 啓太郎, 金子 堅太郎, 渡部 弥栄子, 山田 裕美, 有阪 治
アレルギー   61(9) 1539   2012年10月
菅野 訓子, 吉原 重美, 斎須 章浩, 辰元 宗人, 平田 幸一
アレルギー   61(9) 1523   2012年10月
福田 啓伸, 吉原 重美, 金子 堅太郎, 市川 純子, 田村 元子, 阿部 利夫, 有阪 治
アレルギー   61(9) 1459   2012年10月
山田 裕美, 吉原 重美
臨床免疫・アレルギー科   58(4) 425-428   2012年10月
吉原 重美
日本医事新報   (4600) 70-75   2012年6月
西田 光宏, 吉原 重美
アレルギー・免疫   19(5) 723-729   2012年5月
福島 啓太郎, 吉原 重美, 金子 堅太郎, 渡部 弥栄子, 福田 啓伸, 山田 裕美, 有阪 治
アレルギー   61(3) 534   2012年4月
RSウイルス感染症の重症化抑制による反復性喘鳴・喘息の予防
吉原重美
RSV Japan GEM 2012    14-15   2012年
乳児喘息について, JPGL2012:改定のポイントと今後の展望
吉原重美
グラクソ・スミスクライン株式会社 2       2012年
小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2012より「乳児(2歳未満)喘息への対応」を読み解く
吉原重美
AIR    11(1) 2-3   2012年
小児喘息患者のアドヒアランス向上に向けて―小児科医と薬剤師の連携―
吉原重美
第5回日本薬局学会学術総会記録集      2012年
ここまで来た小児気管支喘息のテーラーメイド治療〜遺伝子診断による薬剤選択と発症予防〜
吉原重美, 松井永子, 近藤直実
メディカル朝日      2012年
重症喘息治療の現状と今後の展望〜小児領域の立場から〜
吉原重美
教育医事新聞 第330号   5   2012年
食物アレルギー対応は?
吉原重美
下野新聞      2012年
気道ウイルス感染による喘息―RSVやHRVなどが発症・増悪に関与
吉原重美
Medical Tribune    45(6) 17   2012年
アレルゲンコンポーネント検査の意義
吉原重美
小児内科   44(12) 2047-2050   2012年
小児のウイルス性細気管支炎
吉原重美, 金子堅太郎
呼吸   31(9) 785-790   2012年
学校給食における食物アレルギーの現状と対応
吉原重美
学校給食   63(8) 26-32   2012年
小児呼吸器疾患のトータルケア―を目指して
吉原重美
日本小児呼吸器疾患学会雑誌   23(1) 1-2   2012年
小児気管支喘息の早期介入
吉原重美
日本国際医学協会誌No453   3-5   2012年
子どもの「せき」からわかる病気について
吉原重美
健康教室   63(7) 75-77   2012年
吉原重美
アレルギー   61(2) 159-166   2012年
ハチアレルギーと神経ペプチド
吉原重美
アレルギーと神経ペプチド   8 19   2012年
咳嗽のメカニズムと温度感受性TRPチャネル
吉原重美
アレルギーと神経ペプチド   8 28-32   2012年
小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2012の改定のポイント
吉原重美
日本アレルギー協会研修会   23-29   2012年
吉原 重美
日本小児アレルギー学会誌   26(1) 168-175   2012年
気管支喘息のearly interventionには,アレルゲン感作前に喘息の発症を予防する(一次予防),アレルゲン感作成立後に喘息の発症を予防する(二次予防),喘息発症後の重症化防止と早期寛解を目的とする治療(三次予防)がある.すなわち,乳幼児期のearly interventionは,喘息の発症,気道炎症および気道リモデリングの進展を抑制するのに重要な時期である.early interventionとしてアレルゲン曝露,受動喫煙,気道ウイルス感染などの対策として環境整備がある.同時に,...
西田 光宏, 吉原 重美
日本小児アレルギー学会誌   26(5) 740-746   2012年
コントロール不良な8歳の喘息児が喘息治療と特別支援学校通学目的で入院した.入院直後に症状は軽快し,怠薬と環境因子がコントロール不良の原因と考えた.環境因子の気道炎症への影響を検討する目的で,外泊前後の金曜日と月曜日に測定した呼気中一酸化窒素濃度(eNO)とピークフロー値(PEF)を比較した.結果は,eNOは外泊後に有意に上昇し,次の外泊前に有意に低下した(外泊前22.2±5.7 ppb,外泊後31.9±6.5,次外泊前19.5±7.3, p<0.01).PEFは有意な変化を認めなかった(外...
阿部 利夫, 吉原 重美
小児科診療   74(12) 1975-1977   2011年12月
山田 裕美, 吉原 重美
小児科診療   74(12) 1943-1945   2011年12月
山田 裕美, 吉原 重美
日本小児アレルギー学会誌 = The Japanese journal of pediatric allergy and clinical immunology   25(4) 692-699   2011年10月

書籍等出版物

 
日本小児呼吸器学会, 吉原 重美, 井上 壽茂, 望月 博之
診断と治療社   2014年   ISBN:9784787819703
PTM(Physicians’ Therapy Manual)『最新の疾患別治療マニュアル』
吉原重美 (担当:分担執筆, 範囲:小児気管支喘息の治療 最近の展開(解説))
日本メディス   2013年12月   
おかあさんの保健ノート
(監修)日本学校保健会, 吉原重美 (担当:共著, 範囲:食物アレルギーのお話し)
アルティナ   2013年11月   
新実 彰男, 相良 博典, 吉原 重美, 足立 満
総合医学社   2013年   ISBN:9784883788590
RSウイルス感染症×パリビズマブ DATA BOOK
吉原重美 (担当:分担執筆, 範囲:パリビズマブ投与の意義:小児科(反復性喘鳴の防止)の立場から)
メディカルレビュー社   2013年   

講演・口頭発表等

 
小児気管支喘息の最新の治療 小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2012を踏まえて
吉原重美
神戸小児科医会学術講演会   2012年   
長時間作用性β2刺激薬の小児気管支喘息治療における位置づけ―小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2012を踏まえてー
吉原重美
埼玉県北部小児疾患研究会   2012年   
Th1/Th2比からみた小児アレルギー疾患の長期管理におけるTh2サイトカイン阻害薬の有用性
福田啓伸, 吉原重美,山田裕美, 阿部利夫,土屋喬義,有阪治
第21回湯田上カンファレンス 喘息・アレルギー研究会   2012年   
小児軽症喘息のマネジメント〜新たなる知見を交えて〜
吉原重美
アボット・ラインカンファレンス 宇都宮   2012年   
栃木県における養護教諭からみたアレルギー学校生活管理指導表の活用に関する現状と問題点
福田啓伸, 吉原重美, 山田裕美, 荒井一徳, 有阪治
第12回食物アレルギー研究会   2012年   

Works

 
食物アレルギーをもつ子どもの防災対策(普及啓発) 栃木県Food Allergy Care研究会作成
池内寛子,近藤彩子,関口昌代,飯田悦子,川田容子, 齊藤克枝, 相川薫,吉原重美   その他   2012年
食物アレルギーをもつ子どもの栄養管理(防災・災害時) ,栃木県Food Allergy 研究会作成
池内寛子,近藤彩子,関口昌代,飯田悦子,川田容子, 齊藤克枝, 相川薫,吉原重美   その他   2012年
食物アレルギーをもつ子どもの避難所での支援対策 栃木県Food Allergy Care研究会作成 
池内寛子,近藤彩子,関口昌代,飯田悦子,川田容子, 齊藤克枝, 相川薫,吉原重美   その他   2012年
食物アレルギーの診断と治療。食に関する個別指導実践事例集・栃木県食物アレルギー研究報告, 栃木県教育委員会編集
2007年
学校におけるシックハウス対策に関する手引き, 栃木県学校環境衛生対策検討委員会報告書, pp1-11
2006年

競争的資金等の研究課題

 
全国中小企業団体中央会(経済産業省): ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金
研究期間: 2014年 - 2014年    代表者: 東都工業株式会社
ぜん息発症予防のための客観的評価指標によるスクリーニング基準
独立行政法人 環境再生保全機構: 第9期 気管支ぜん息の発症予防に関する調査研究
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 望月博之
RSウイルス気道感染予防によるアトピー型気管支喘息の発症抑制効果に関する研究
厚生労働省: 免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 望月博之
科学技術振興機構: JST復興促進プログラム(A-STEP)ライフイノベーション
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 松本太輝
栃木県産業振興センター: サポートユアビジネス事業(研究開発事業)
研究期間: 2012年 - 2012年    代表者: 佐畑浩司
食物アレルギーにおける経口免疫療法の確立と治癒メカニズムの解明に関する研究
厚生労働省: 免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 岩田力
獨協医科大学: 獨協医科大学関湊賞(研究助成金)
研究期間: 2010年 - 2010年    代表者: 吉原 重美
栄養教諭を中核とした食育推進事業
文部科学省: 文部科学省委託事業
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 中田智子
厚生労働省: 厚生労働科学科学特別研究事業
研究期間: 2009年 - 2009年    代表者: 近藤直実
アレルギー性疾患の発症・進展・重症化の予防に関する研究
厚生労働省: 免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 海老澤元宏
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 吉原 重美
我々は、カンナビノイド(CB)受容体作動薬がカプサイシンやタバコ煙などの非特異的刺激による気道炎症を抑制することをすでに報告した。そこで、今回は、CB受容体作動薬のモルモットを用いたアレルギー性気道炎症に対する抑制効果を検討した。平成18年度において、CB受容体作動薬は、合成CBアゴニストWIN 55212-2を用いてモルモット気道アレルギー性炎症に対する抑制効果を検討した。その結果、CBアゴニストWIN 55212-2(0.1mglkg iv)は、感作モルモットに対するOVA抗原吸入後の...
厚生労働省: 免疫アレルギー疾患等予防・治療研究事業
研究期間: 2005年 - 2007年    代表者: 須高松伸
食物等によるアナフィラキシー反応の原因物質(アレルゲン)の確定、予防・予知法の確立に関する研究
厚生労働省: 免疫・アレルギー疾患予防・治療研究事業
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 海老澤元宏
厚生労働省: 厚生労働科学研究費補助金 先端的厚生科学研究分野 免疫アレルギー疾患予防・治療研究
研究期間: 2000年 - 2005年    代表者: 森川昭廣
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 吉原 重美
【目的】ヒトにおいてPACAP(pituitary adenylate cyclase-activating peptide)1-27はサルブタモールと同程度のカルバコール気道収縮に対する気管支平滑筋弛緩効果を有するか検討した。次に、PACAP1-27とその誘導体である[Arg15,20,21Leu17]-PACAP1-27-Gly-Lys-Arg-NH2(BM-PACAP)の気道弛緩効果の強さと持続性について検討した。【対象・方法】ヒトの気管支標本を調整しマグヌス装置を用いカルバコールに...
食物アレルギーの実態及び誘発物質の解明に関する研究-食物アレルギーの診断に関する研
厚生労働省: 免疫・アレルギー疾患予防・治療研究事業
研究期間: 2000年 - 2002年    代表者: 海老澤元宏
伊藤記念財団: 食肉に関する助成研究調査
研究期間: 2002年       代表者: 吉原重美
伊藤記念財団: 食肉に関する助成研究調査
研究期間: 2001年       代表者: 吉原重美
オピオイドペプチドの抗炎症薬への応用に関する共同研究
研究期間: 2000年   
小児気管支喘息の気道リモデリングと抗炎症薬の早期介入
研究期間: 1999年   
伊藤記念財団: 食肉に関する助成研究調査
研究期間: 1999年       代表者: 吉原重美
家畜由来の神経ペプチドの気管支喘息薬への応用に関する研究
伊藤記念財団: 食肉に関する助成研究調査
研究期間: 1996年 - 1998年    代表者: 吉原重美
気管支ぜん息児の自己管理のためのピークフローの有効性と活用法に関する研究
環境庁公害健康被害補障予防協会(平成8年度,大気汚染による健康影響に関する総合的研究
研究期間: 1998年   
神経ペプチドの気管支喘息薬への応用に関する共同研究
研究期間: 1997年   
マルチメディアを用いたピークフローモニタリング管理と教育の試み
環境庁公害健康被害補償予防協会(平成元年度研究)
研究期間: 1996年   
ピークフローによる小児気管支喘息の管理に関する共同研究
環境庁公害健康被害補償予防協会(平成元年度研究)
研究期間: 1996年   
気道収縮の調節とブラジキニン、一酸化窒素に関する共同研究
研究期間: 1995年   
Vasoactive intestinal peptide(VIP), Pituitary adenylate cyclase activating polypeptide(PACAP)およびその誘導体の気道炎症抑制効果に関する共同研究
研究期間: 1995年   
Vasoactive intestinal peptide(VIP), Pituitary adenylate cyclase activating polypeptide(PACAP)およびその誘導体の気道拡張効果に関する共同研究
研究期間: 1995年   
PACAP(pituitary adenylate cyclase activating polypeptidle)/VIP(vasoactive intestinal peptide)の気道拡張効果
研究期間: 1994年   
日本・韓国・アメリカにおける小児アレルギー疾患の特徴
研究期間: 1994年   
モルモット皮膚冷水反復刺激による、気温、肺組織中、SubstancePの変化
環境庁公害健康被害補償予防協会(平成4年度研究
研究期間: 1993年   
小児気管支喘息に対する冷水浴鍛練療法の有効性の臨床的検討
環境庁公害健康被害補償予防協会(平成3年度研究
研究期間: 1992年   
モルモット水鍛練療法(冷水反復刺激)における肺・迷走神経組織中神経ペプチドの変化
環境庁公害健康被害補償予防協会(平成3年度研究
研究期間: 1992年   
百日咳,特に痙咳期の成立機序に及ぼすニューロペプタイドの関与に関する研究
文部科学省/日本学術振興会: 科学研究費補助金(奨励研究(A))
研究期間: 1991年       代表者: 吉原重美
喘息児の鍛練療法に関するアンケート調査(4)
環境庁公害健康被害補償予防協会(平成2年度研究
研究期間: 1991年   
能動感作モルモット気道における内因性サブスタンスPに及ぼす水鍛練療法(冷水反復刺激)の影響
環境庁公害健康被害補償予防協会(平成2年度研究
研究期間: 1991年   
気管支喘息の鍛練療法
環境庁健康被害補償予防協会 慢性閉塞性肺疾患の鍛錬療法に関する研究班
研究期間: 1991年   
環境庁健康被害補償予防協会: 平成元年度公害被害補償予防協会委託業務
研究期間: 1990年       代表者: 吉原重美
小児気管支喘息の鍛錬療法に関する共同研究
研究期間: 1990年   
タキキニン及びキニン拮抗剤のアレルギー性疾患(喘息,アトピー性皮膚炎)に対する治療効果
研究期間: 1988年   
気管支喘息の病態生理における神経ペプチドの役割に関する共同研究
研究期間: 1987年   
小児気管支喘息の発症と気道ウイルス感染に関する研究
気管支喘息の炎症性マーカーに関する研究
小児気管支喘息の気道リモデリングに関する研究
乳児喘息の病態生理に関する研究