犬童 健良

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/07 11:39
 
アバター
研究者氏名
犬童 健良
 
インドウ ケンリョウ
URL
http://www.xkindo.net/cog_dec/front_e.html
所属
関東学園大学
部署
経済学部経営学科
職名
教授
学位
経済学修士(筑波大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1992年
 - 
1995年
関東学園大学専任講師
 
1995年
 - 
2002年
同上助教授
 
2003年
   
 
- 同上教授
 

学歴

 
 
 - 
1992年
筑波大学 社会工学研究科 計量計画学
 
 
 - 
1989年
筑波大学 経営・政策科学研究科 経営政策科学
 
 
 - 
1985年
筑波大学 第三学群 社会工学類社会経済計画専攻
 

受賞

 
1989年
日本認知科学会発表賞(1989大会ポスター)
 

論文

 
犬童 健良
関東学園大学経済学紀要 The research bulletin of economics, Kanto Gakuen University   44 19-43   2018年3月
犬童 健良
行動経済学   9(0) 81-84   2017年   [査読有り]
本論文は,アレの背理における共通比効果(あるいは確実性効果)の要因を分析するため,クジ間の比較を交差的注目ネットワークモデルとしてモデル化し,先行研究(犬童,2013)の交差的注目の実証データを再解釈した.交差的注目とは,仮想的に選択されたクジの一つの可能な結果を条件として,選択されなかったクジの別の結果に注目することである.草的注目ネットワークでは,一対のクジ間の比較における認知的活動を,一方のクジの可能な結果を仮想的な参照点として,もう一方のクジの可能な結果がどれだけ気になるかの指標と...
犬童 健良
関東学園大学経済学紀要   42(0) 1-20   2017年
This paper studied cognitive modeling based on the cross attentional network for gamble comparison tasks developed by Indo (2013, 2014a, 2016b) by reanalyzing the empirical data and connecting it to the game theoretical model first studied in tran...
犬童 健良
関東学園大学経済学紀要   43(0) 12-33   2017年
Pythagorean expectation is a simple yet experimentally robust method that utilizes a single parameter for predicting the winning percentages of sports teams based on the score ratio. The score ratio can be defined as runs scored divided by runs al...
犬童 健良
認知科学   23(2) 153-169   2016年6月   [査読有り]
犬童 健良
関東学園大学経済学紀要   41 32-63   2016年3月
犬童 健良
日本認知科学会第32回全国大会発表論文集   409-418   2015年9月   [査読有り]
犬童 健良
関東学園大学経済学紀要   40 25-103   2015年3月
犬童 健良
日本認知科学会第31回大会予稿   864-872   2014年9月   [査読有り]
犬童 健良
関東学園大学経済学紀要第39集   39 53-80   2014年3月
犬童 健良
第6回エージェントと人工知能についての国際会議(ICAART 2014)   243-248   2014年3月   [査読有り]
犬童 健良
関東学園大学経済学紀要   38 9-23   2013年3月
Prologを用いることによって2人3代替案に対する制限領域上の社会厚生関数を生成する
犬童 健良
Progress in Economics Research   18 163-187   2011年   [招待有り]
犬童 健良
行動経済学   6 70-73   2013年   [査読有り]
犬童健良
第11回認知的モデリングの国際会議(ICCM 2012)   232-233   2012年4月   [査読有り]
局所多数決による選好形成のマルチエージェントシミュレーション
犬童 健良
関東学園大学経済学紀要   37 259-275   2012年3月
Modeling cognitive processes in decision making.
Kenryo Indo
関東学園大学経済学紀要   36 1-29   2011年
プロフィールを制限した社会的順序:最小浸透的独裁集合と交叉隣接ペア消去
犬童健良
関東学園大学経済学紀要   35 Ⅰ-12   2010年
犬童健良
Proceedings of AESCS'07   130-140   2007年7月   [査読有り]
Kenryo Indo
Computational Economics   30(1) 57-63   2007年   [査読有り]

Misc

 
情報マネジメントの来歴:小特集「経営情報システム」概説
関東学園大学経済学紀要   第32集第2号 pp.135-138    2005年

書籍等出版物

 
Parallel Possibility Results of Preference Aggregation and Strategy-proofness by using Prolog In Proceedings of the 6th International Conference on Agents and Artificial Intelligence
犬童 健良 (担当:分担執筆)
SCITEPRESS Digital Library   2014年3月   ISBN:978-989-758-016-1
Modeling risky decision making by cellular automata, In N. Rußwinkel, U. Drewitz & H. van Rijn (eds.), Proceedings of the 11th The International Conference on Cognitive Modeling, Berlin: Universitaetsverlag der TU Berlin.
INDO Kenryo (担当:分担執筆, 範囲:pp. 232-233)
Universitätsverlag der TU Berlin   2012年4月   ISBN:978-3-7983-2408-4
Generating Social Welfare Functions over Restricted Domains for Two Individuals and Three Alternatives Using Prolog. In A. Tavidze (ed.), Progress in Economics Research, Volume 18, Chapter 8, pp. 163-187
Kenryo Indo (担当:分担執筆)
Nova Science Publishers   2011年   ISBN:978-1-61668-547-8
Modeling a small agent society based on the social choice logic programming, In T. Terano et al. (eds.), Agent-Based Approaches in Economic and Social Complex Systems V: Post-proceedings of the AESCS international workshop 2007, pp.93-104.
Springer Verlag   2009年   ISBN:978-4-431-87433-1

講演・口頭発表等

 
日本語文の語彙的ネットワークの安定性
犬童 健良
日本認知科学会第35回大会,立命館大学大阪茨木キャンパス   2018年8月30日   
リスク選択において参照点を聞き出す簡単な方法
犬童 健良
日本認知科学会第34回大会,金沢大学   2017年9月13日   
認知的ネットワークによるアレの背理におけるリスク態度変化の説明
犬童 健良
行動経済学会第10回大会,一橋大学国立キャンパス   2016年12月3日   
ポテンシャルゲームを用いてクジ比較における認知をモデル化する
犬童 健良
日本認知科学会第33回大会,北海道大学   2016年9月18日   
リスク下の選択における認知的資源配分:注目の枠組みの最適性
犬童 健良
日本認知科学会第31回大会 20,名古屋大学   2014年9月20日   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
ビジネス情報技術と統計シミュレーション
1998年
経営情報システム技術の動向
2002年
ITを活用した意思決定の数理的モデルの教育
2008年