大竹 孝司

J-GLOBALへ         更新日: 19/04/08 15:22
 
アバター
研究者氏名
大竹 孝司
 
オオタケ タカシ
eメール
otakee-listeninglab.com
URL
http://www.e-listeninglab.com
所属
E-Listening Laboratory
学位
学術博士 (Ph.D)(米国テキサス大学オースチン校大学院)

プロフィール

1980年代、アメリカの大学院で言語学の教育を受けると共にアメリカの大学で言語教育に携わりました。帰国後、フランスに本部があるHFSP (Human Frontier Science Program)の研究支援による国際共同研究(欧州・北米・アジア)に参画。この研究成果を基にドイツの国立研究機関であるMax Planck Institute for PsycholinguisticsのComprehension group(リーダー:Anne Cutler)と国際共同研究を展開しました。研究内容は、自然言語の語彙認識のメカニズムを心理言語学の観点から解き明かすこと及びそれに付随する音声・音韻に関わる諸問題です。詳細はウエブサイトを御覧ください(http://www.e-listeninglab.com)。

研究分野

 
 
  • 言語学 / 言語学 / 心理言語学、音声・音韻論

経歴

 
2004年9月
 - 
現在
E-Listening Laboratory 基礎研究・開発 所長
 
2004年9月
 - 
2013年8月
オランダ,マックスプランク心理言語学研究所 言語理解グループ (Anne Cutler) リサーチ・アソシエイト
 
1993年4月
 - 
2004年8月
獨協大学 外国語学部・外国語学研究科 教授
 
2003年8月
 - 
2003年8月
オランダ,マックスプランク心理言語学研究所  言語理解グループ (Anne Cutler) 客員研究員
 
2002年8月
 - 
2002年8月
オランダ,マックスプランク心理言語学研究所 言語理解グループ (Anne Cutler) 客員研究員
 
2001年9月
 - 
2001年9月
オランダ,マックスプランク心理言語学研究所 言語理解グループ (Anne Cutler) 客員研究員
 
2000年8月
 - 
2000年8月
オランダ,マックスプランク心理言語学研究所 言語理解グループ (Anne Cutler) 客員研究員
 
1998年1月
 - 
1998年3月
オランダ、マックスプランク心理言語学研究所 言語理解グループ (Anne Cutler) 客員研究員
 
1997年3月
 - 
1997年12月
米国オハイオ州立大学 言語学部 フルブライト上級研究員(Mary Beckman)
 
1990年4月
 - 
1993年3月
獨協大学 外国語学部 助教授
 
1988年5月
 - 
1990年3月
国際武道大学 一般教育部 助教授
 
1986年9月
 - 
1988年5月
米国アマースト大学 アジア言語文学学部 助教授
 
1983年9月
 - 
1986年5月
米国テキサス大学オースチン校 東洋アフリカ言語文学学部 講師(非常勤)
 
1981年9月
 - 
1983年5月
米国テキサス大学オースチン校 東洋アフリカ言語文学学部 助手
 

学歴

 
1983年9月
 - 
1987年6月
米国テキサス大学オースティン校博士課程 修了(PhD) 言語学部 
 
1981年9月
 - 
1983年6月
米国テキサス大学オースティン校修士課程 修了(MA) 言語学部 
 
1977年4月
 - 
1981年3月
獨協大学 外国語学部 英語学科
 

委員歴

 
1996年4月
 - 
2005年3月
日本音声学会  評議員
 
2004年4月
 - 
2004年7月
日本音声学会  理事
 
2001年4月
 - 
2004年3月
日本音韻論学会  理事
 
2001年4月
 - 
2003年4月
日本音声学会  編集委員
 
2002年4月
 - 
2003年3月
日本学術振興会  科学研究費補助金第一段審査委員
 
2002年9月
 - 
2002年9月
米国NSF(National Science Foundation)  Ad hoc committee
 
1994年4月
 - 
1995年3月
日本英語学会  全国大会委員
 

論文

 
モーラの時間的属性の再考
大竹孝司
音韻研究   (19) 59-66   2016年   [査読有り]
日本語の埋め込み語の分布に与える要因
大竹孝司
音韻研究   (16) 53-60   2013年   [査読有り]
OTAKE Takashi and CUTLER Anne
Language and Speech   56(4) 554-572   2013年   [査読有り]
即時性の駄洒落におけるプロソディーの機能
大竹孝司
音韻研究   (15) 27-34   2012年   [査読有り]
CUTLER Anne OTAKE Takashi and BRUGGEMAN L.
Journal of Acoustical Society of America   132(2) EL55-EL66   2012年   [査読有り]
日本語の掛詞の方略と語彙認識-段駄羅の分析による検証-
大竹孝司
音韻研究   (14) 35-42   2011年   [査読有り]
Dajare is more flexible than puns: Evidence from word play in Japanese
音声研究   14(1) 76-85   2010年   [査読有り]
Dajare is not the lowest form of wit
OTAKE Takashi
Proceedings of Interspeech 2010 (Makuhari, Japan)   USB 1250-1253   2010年   [査読有り]
Competition in the perception of spoken Japanese words
OTAKE Takashi, MCQUEEN James and CUTLER Anne
Proceedings of Interspeech 2010 (Makuhari, Japan)   USB 114-117   2010年   [査読有り]
WARNER Natasha, OTAKE Takashi and ARAI Takayuki
Language and Speech   53(1) 1-25   2010年   [査読有り]
「空耳アワー」のメカニズムと語彙認識
大竹孝司
音韻研究   (12) 27-34   2009年   [査読有り]
CUTLER Anne, OTAKE Takashi and MCQUEEN James
Journal of Acoustical Society of America   125(3) 1693-1703   2009年   [査読有り]
The role of Japanese pitch accent in spoken-word recognition: Evidence from middle-aged accentless dialect listeners
OTAKE Takashi and HIGUCHI Mari
Proceedings of Interspeech 2008 (Brisbane, Australia)   CD-ROM 1097-1100   2008年   [査読有り]
Interlingual near homophonic words and phrases in L2 listening: Evidence from misheard song lyrics
OTAKE Takashi
Proceedings of International Conference of Phonetics Sciences (Saabrucken, Germany)   CD-ROM 777-781   2007年   [査読有り]
MURTY Larita, OTAKE Takashi and CUTLER Anne
Language and Speech   (50) 77-99   2007年   [査読有り]
On the limits of L1 influence on non-L1 listening: Evidence from Japanese perception of Korean
CUTLER ANNE, KIM Jeesun and OTAKE Takashi
Proceedings of Eleventh Australian International Conference on Speech Science and Technology (Aukland, New Zealand)   106-111   2006年   [査読有り]
CUTLER Anne, WEBER Andrea and OTAKE Takashi
Journal of Phonetics   34(2) 268-284   2006年   [査読有り]
A role of pitch accent in spoken-word recognition in accentless Japanese dialect: Evidence from Fukushima listeners
OTAKE Takashi and HIGUCHI Mari
Proceedings of Speech Prosody 2004 (Nara, Japan)   41-44   2004年   [査読有り]
Phoneme-based word activation in spoken-word recognition: Evidence from Japanese school children
OTAKE Takashi, SAKAMOTO Yoko and KONAMI Y.
Proceedings of the Seventh International Conference on Spoken Language Processing (Cheju, Korea)   CD-ROM 337-340   2004年   [査読有り]
Word activation model by Japanese school children without knowledge of Roman alphabets
Proceedings of the Seventh International Conference on Speech Communication and Technology, (Geneva Switzerland) CD-ROM   2105-2108   2003年   [査読有り]
Rhythmic similarity effects in non-native listeningg
CUTLER Anne, MURTY Larita and OTAKE Takashi
Proceedings of the XIV International Congress of Phonetic Sciences (Barcelona, Spain)   CD-ROM 329-332   2003年   [査読有り]
CUTLER ANNE and OTAKE Takashi
Journal of Memory and Language   46(2) 296-322   2003年   [査読有り]
語彙認識におけるプロソディーの機能
大竹孝司
音声研究   6(2) 56-65   2002年   [査読有り]
Submoraic awareness by Japanese school children: Evidence from a novel game
OTAKE Takashi and IIJIMA Akemi
Proceedings of the Seventh International Conference on Spoken Language Processing (Denver, USA)   2569-2572   2002年   [査読有り]
日英語モノリンガル話者と日英語バイリンガル話者によるメタ言語としての音韻単位の認識
大竹孝司 山本圭子
音声研究   5(1) 107-116   2001年   [査読有り]
日本語を母語とする幼児の音節の下位構造の認識と普遍性
大竹孝司 今井良昌
音韻研究   (4) 81-88   2001年   [査読有り]
Japanese can be aware of syllables and morae: Evidence from Japanese-English bilingual children
OTAKE Takashi and YAMAGUCHI Yuuka
Proceedings of the Sixth International Conference on Speech Communication and Technology (Aaborg, Denmark)   141-144   2001年   [査読有り]
Recognitition of (Almost) Spoken Words: Evidence from Word Play in Japanese
OTAKE Takashi and CUTLER Anne
Proceedings of the Sixth International Conference on Speech Communication and Technology (Aaborg, Denmark)   465-468   2001年   [査読有り]
MCQUEEN James, OTAKE Takashi and CUTLER Anne
Journal of Memory and Language   45(1) 103-132   2001年   [査読有り]
Contrastive studies of spoken-language processing
CUTLER Anne and OTAKE Takashi
音声研究   1(3) 4-13   2000年   [査読有り][招待有り]
心内辞書の音韻単位とその認識
大竹孝司 米山聖子
音韻研究   (3) 21-28   2000年   [査読有り]
A set of Japanese word cohorts rated fro relative familiarity
OTAKE Takashi and CUTLER Anne
Proceedings of the Sixth International Conference on Spoken Language Processing (Beijing, China)   3 2179-2182   2000年   [査読有り]
The effect of kana literacy acquisition on the speech segmentation unit used by Japanese young children
INAGAKI Kayoko, HATANO Giyoo and OTAKE Takashi
Journal of Experimental Child Psychology   75(1) 70-91   2000年   [査読有り]
Listeners' representations of within-word structure: Japanese preschool children
OTAKE Takashi and YONEYAMA Kiyoko
Proceedings of the XIII International Congress of Phonetic Sciences (San Francisco, USA)   3 2193-2196   1999年   [査読有り]
OTAKE Takashi and CUTLER Anne
Journal of Phonetics   27(3) 229-253   1999年   [査読有り]
CUTLER ANNE and OTAKE Takashi
Journal of Acoustical Society of America   105(3) 1877-1888   1999年   [査読有り]
Non-native listeners' representations of within-word structure
OTAKE Takashi, YONEYAMA Kiyoko and MAKI Hideki
Proceedings of the Sixteenth International Congress on Acoustics and the 135th Meeting of the Acoustical Society of America (Seattle, USA)   2 2067-2068   1998年   [査読有り]
Can a moraic nasal occur word-initially in Japanese?
OTAKE Takashi and YONEYAMA Kiyoko
Proceedings of the Fourth International Conference on Spoken Language Processing (Philadelphia, USA)   3 2454-2457   1996年   [査読有り]
The processing of word prosody in Japanese
CUTLER ANNE and OTAKE Takashi
Proceedings of the Sixth Australian International Conference on Speech Science and Technology, (Adelaide, Australia)   599-604   1996年   [査読有り]
OTAKE Takashi, YONEYAMA Kiyoko, CUTLER Anne and van der Lugt Arie
Journal of Acoustical Society of America   100(6) 3831-3842   1996年   [査読有り]
Rhythmic similarity effects in non-native listening
van Bezooijen Renee, de Graaf Tjeerd and OTAKE Takashi
Proceedings of the XIII International Congress of Phonetic Sciences (Stockholm, Sweden)   3 680-683   1995年   [査読有り]
A moraic status and syllable structure in speech perception
OTAKE Takashi and YONEYAMA Kiyoko
Proceedings of the Thirteenth International Congress of Phonetic Sciences (Stockholm, Sweeden)   2 686-689   1995年   [査読有り]
Listeners' representations of within-word structure: A cross-linguistic and cross-dialectal investigation
OTAKE Takashi, DAVIS Sally and CUTLER Anne
Proceedings of the Fourth International Conference on Speech Communication and Technology (Madrid, Spain)   3 1703-1706   1995年   [査読有り]
Mora or phoneme? Further evidence for language specific listening
CUTLER Anne and OTAKE Takashi
Journal of Memory and Language   (33) 824-844   1994年   [査読有り]
Mora or syllable? Speech segmentation in Japanese
OTAKE Takashi, HATANO Giyoo, CUTLER Anne and MEHLER, Jacques
Journal of Memory and Language   (32) 258-278   1993年   [査読有り]
Counter evidence for mora timing
OTAKE Takashi
Proceedings of the 16th LACUS Forum   313-322   1989年   [査読有り]
A cross linguistic contrast in the temporal compensation effect
OTAKE Takashi
日本音声学会会報   (191) 14-19   1989年   [査読有り]
A temporal compensation effect in Arabic and Japanese
日本音声学会会報   (189) 19-24   1988年   [査読有り]

Misc

 
音節と拍(項目執筆)
大竹 孝司
新版日本語教育事典      2005年   [依頼有り]
メタ言語としての音節の下位構造の発達に関する研究
大竹孝司
情報科学研究   (19) 1-6   2001年
音韻論と語彙認識
大竹孝司
英語青年   145(11) 711-711   2000年2月   [査読有り][依頼有り]
A database of relative familiarity rating for Japanese words with initial overlap
OTAKE Takashi Cutler Anne
情報科学研究   (18) 23-32   2000年
第14回国際音声科学会議 (ICPhs99)
大竹孝司
英語青年   145(8) 543-543   1999年11月   [依頼有り]
音声知覚の普遍性と個別性
大竹孝司
英語青年   145(5) 347-347   1999年8月   [依頼有り]
音声学・音韻研究と認知のパラダイム
大竹孝司
英語青年   145(3) 162-162   1999年6月   [依頼有り]
音声知覚から見た母音挿入の心的実在性について
大竹孝司
国際交流年報   (10) 421-434   1997年
日英語のモノリンガル話者とバイリンガル話者心内辞書表示
大竹孝司 山本圭子
情報科学研究   (14) 31-52   1996年
異なった話速における鼻音モーラの認識
大竹 孝司
情報科学研究   (13) 23-32   1995年
鼻音モーラの時間長と音節構造の認識
大竹孝司
情報科学研究   (13) 23-32   1995年
音声知覚における促音と音節の関係
大竹孝司
情報科学研究   (12) 35-43   1994年
音声認識における文字の影響
大竹孝司
情報科学研究   (11) 33-41   1993年
日本語音声のセグメンテーション・ユニット
大竹孝司
電子情報通信学会技術報告   90(108) 385-400   1991年
Acoustical characteristic of vocalic sequences in Japanese and English and cross language interference in their production
OTAKE Takashi
Texas Linguistic Forum   (25) 117-142   1989年
日本語のリズムの構造と日本語学習者
大竹孝司
電子情報通信学会技術研究報告   88(156) 15-20   1989年
話せる英語のサイエンス
大竹孝司
Newsweek日本語版   19(26) 37-38   2004年   [依頼有り]

書籍等出版物

 
現代音韻論の動向
大竹孝司 (担当:分担執筆, 範囲:「音韻研究におけるモーラの定義の変遷」(158-161))
開拓社   2016年   
Handbook of Japanese Phonetics and Phonology
OTAKE Takashi (担当:分担執筆, 範囲:Mora and mora-timing (158-161))
Mouton de Gruyter : Berlin   2015年   
Asymmetries in Phonology: An East-Asian Perspective
大竹孝司 (担当:分担執筆, 範囲:第5章 Asymmetry of phoneme perception in L2 listening (93-113))
くろしお出版   2008年   
Leading Edge Research in Cognitive Psychology
OTAKE Takashi and CUTLER Anne (担当:分担執筆, 範囲:Evidence against "unit of perception (79-104))
Nova Science Publisher, NY   2006年   
Handbook of East Asian Psycholinguistics Vol. 2 Japanese
OTAKE Takashi (担当:分担執筆, 範囲:Speech segmentation by Japanese listeners and its language-universality and language-specificity (201-207))
Cambridge University Press: Cambridge.   2006年   
朝倉心理学講座5 言語心理学 
大竹孝司 (担当:分担執筆, 範囲:第2章 「発話の知覚」 (18-34))
朝倉書店   2006年   
Advances in Psychology Research 24
OTAKE Takashi and CUTLER Anne (担当:分担執筆, 範囲:Evidence against "unit of perception (57-42))
Nova Science Publisher, NY   2003年   
音声言語の知覚の単位と音韻単位:音節とモーラ
大竹孝司 (担当:分担執筆, 範囲:音韻研究:理論と実践(175-178))
開拓社   1996年   
Phonological Structure and Language Processing: Cross-linguistic Studies
OTAKE Takashi and CUTLER Anne (担当:共編者)
Mouton de Gruyter : Berlin   1996年   
Phonological Structure and Language Processing: Cross-linguistic Studies (eds. OTAKE Takashi and CUTLER Anne)
OTAKE Takashi, HATANO Giyoo and YONEYAMA Kiyoko (担当:分担執筆, 範囲:Speech segmentation by Japanese (183-201))
Mouton de Gruyter, Berlin   1996年   
認知心理学3 言語
大竹孝司 (担当:分担執筆, 範囲:第6章「音声知覚」(131-144))
東京大学出版会   1995年   

講演・口頭発表等

 
古典語におけるモーラの位置づけの再考とモーラ・タイミング
大竹孝司
2017年度第31回日本音声学会全国大会(東京大学)   2017年9月   
言葉のリズムと語彙認識におけるモーラの概念の再考
大竹孝司
2016年度第30回日本音声学会全国大会(早稲田大学)   2016年9月   
Why monolingual Japanese speakers encounter Japanese words in watching Korean TV dramas with subtitles?
OTAKE Takashi
Phonology Forum 2016 (Kanazawa, Japan)   2016年8月   
Can Japanese preschoolers recognize embedded words?
OTAKE Takashi
International Conference on Phonetics and Phonology (ICPP 2015)   2015年9月   
言葉のリズムの再考
大竹孝司
2015年度日本音声学会第331回研究会   2015年6月   
モーラの時間的属性の再考
大竹孝司
2015年日本音韻論学会春季研究会(首都大学東京・秋葉原キャンパス)   2015年6月   
Some factors influencing the distribution of embedded words in Japanese
OTAKE Takashi
Phonology Forum 2012(Sendai, Japan)   2012年8月   
The role of prosody in spontaneous dajare
OTAKE Takashi
Phonology Forum 2011(Kyoto, Japan)   2011年8月   
Dajare is not the lowest form of wit
OTAKE Takashi
Interspeech 2010 (Makuhari, Japan)   2010年9月   
Some strategies in kakekotoba in Japanese and spoken-word recognition: A case study of dandara
OTAKE Takashi
Phonology Forum 2010 (Shizuoka, Japan)   2010年8月   
Dajare is more liberal than puns: Evidence from wordplay in Japanese
OTAKE Takashi
International Phonetic and Phonology Forum (Kobe, Japan)   2009年8月   
The role of Japanese pitch accent in spoken-word recognition: Evidence from middle-aged accentless dialect listeners
OTAKE Takashi
Interspeech 2008 (Brisbane, Australia)   2008年9月   
Mechanism of "Soramimi-hour" and spoken-word recognition
OTAKE Takashi
Phonology Forum 2008 (Kanazawa, Japan)   2008年8月   
Interlingual near homophonic words and phrases in L2 listening: evidence from misheard song lyrics
OTAKE Takashi
The Fifteenth International Conference of Phonetics Sciences (Saabrucken, German)   2007年8月   
第二言語話者の音声知覚の非対称性と語彙認識への影響
大竹孝司
認知・言語・学習研究会(東京大学)   2006年11月   
Representation of within-word structure and Japanese speech timing [招待有り]
OTAKE Takashi
152nd Meeting of the Acoustical Society of America joint with the Acoustical Society of Japan (Honolulu, Hawaii)   2006年11月   
Asymmetry in L2 Listening
大竹孝司
PAIK4月例会(神戸大学)   2006年4月   
小学生の語彙候補活性化モデル
大竹孝司
第22回日本英語学会全国大会音韻論シンポジウム(獨協大学)   2004年11月   
日本の音声学教育
大竹 孝司
第22回日本英語学会全国大会音韻論シンポジウム(   2004年11月   
Phoneme-based word activation in spoken-word recognitioin: Evidence from Japanese school children
OTAKE Takashi
The Seventh International Conference on Spoken Language Processing (Cheju, Korea)   2004年9月   
Recognition of an onset-rime structure by Japanese monolinguals and Japanese-English bilinguals
OTAKE Takashi
2004 English Phonology Workshop (Seoul, Korea)   2004年6月   
Can Japanese listeners recognize morae as well as phonemes as word boundary cues?
OTAKE Takashi and SAKAMOTO Yoko
The 147th Meeting of the Acoustical Society of America (New York, U.S.A)   2004年5月   
A role of pitch accent in spoken-word recognition in accentless Japanese dialect: Evidence from Fukushima listeners
OTAKE Takashi and HIGUCHI Mari
Speech Prosody 2004 (Nara, Japan)   2004年3月   
日英語バイリンガル話者によるonset-rimeの認知のメカニズム
大竹孝司
第21回日本英語学会大会(静岡県立大学)   2003年11月   
音節構造内におけるメタ言語としての音韻単位の認識のメカニズム-モノリンガル話者とバイリンガル話者のデータから
大竹孝司
2003年度日本音声学会全国大会(関西大学)   2003年9月   
Latent ability to manipulate phonemes by Japanese preliterates in Roman alphabet
OTAKE Takashi and SAKAMOTO Yoko
The Seventh International Conference on Speech Communication and Technology (Geneva, Switzerland)   2003年9月   
語彙候補活性化モデルにおける音韻単位の普遍性の可能性
大竹孝司
第126回日本言語学会大会(青山学院大学)   2003年6月   
日本語とスペイン語のバイリンガル話者による音節構造の認識
大竹孝司
第1回日本認知心理学会(日本大学文理学部)   2003年5月   
No role of prosody in spoken-word recognition: Evidence from middle-aged accentless Fukushima speakers
OTAKE Takashi and HIGUCHI Mari
Linguistics and Phonetics 2002 (Urayasu, Chiba, Japan)   2002年7月   
小学生による音韻単位の認識
大竹孝司
第121回日本言語学会大会(九州大学)   2001年11月   
音素認識とローマ字の獲得に関する研究
大竹孝司
2001年度日本音声学会全国大会(神戸海星女子大学)   2001年9月   
Recognition of (Almost) spoken words: Evidence from word play in Japanese
OTAKE Takashi and CUTLER Anne
The Sixth International Conference on Speech Communication and Technology (Aalborg, Denmark)   2001年9月   
Japanese can be aware of syllables and morae: Evidence from Japanese-English bilingual children
OTAKE Takashi
The Sixth International Conference on Speech Communication and Technology (Aalborg, Denmark)   2001年9月   
英語話者の心内辞書の音韻単位とその認識
大竹孝司
第18回日本英語学会全国大会(神戸松蔭女子大学)   2000年11月   
幼児の音節とモーラの認識-3音節4モーラ語の場合-
大竹孝司
2000年度日本音声学会全国大会(麗澤大学)   2000年10月   
A set of Japanese word cohorts rated for relative familiarity
OTAKE Takashi and CUTLER Anne
Fifth International Conference on Spoken Language Processing (Beijing, China)   2000年10月   
The mora in Japanese: more a segmentation unit than a lexical access unit
CUTLER Anne, OTAKE Takashi and MCQUEEN James
AMLaP2000 (Leiden, the Netherlands)   2000年9月   
日本語を母語とする幼児の音節の下位構造の認識とその普遍性
大竹孝司
音韻論フォーラム2000(山口大学)   2000年8月   
幼児による音韻単位の認識
大竹孝司
第120回日本言語学会大会(千葉大学)   2000年6月   
Listeners’representation of within-word structure: A cross-linguistic study of Japanese and English
OTAKE Takashi
The Seventh Conference on Laboratory Phonology (Nijmegen, the Netherlands)   2000年6月   
心内辞書の音韻単位と音韻論
大竹孝司
第17回日本英語学会全国大会音韻論シンポジウム(成蹊大学)   1999年11月   
Phonological representation in Japanese and American rap music: Further evidence for mora timing
OTAKE Takashi
The 138th Meeting of the Acoustical Society of America (Columbus, Ohio, U.S.A.)   1999年11月   
Listeners’ representations of within-word structure of native and non-native words by Japanese speakers
OTAKE Takashi and YONEYAMA Kiyoko
The138th Meeting of the Acoustical Society of America (Columbus, Ohio, U.S.A.)   1999年11月   
心内辞書の音韻単位とその認識
大竹孝司
1999年度日本音声学会全国大会(千葉大学)   1999年9月   
心内辞書における音節とモーラの認識
大竹孝司
音韻論フォーラム1999(都立大学)   1999年9月   
Listeners’ representations of within-word structure: Japanese preschool children
OTAKE Takashi and YONEYAMA Kiyoko
The Thirteenth International Congress of Phonetic Sciences (San Francisco, U.S.A.)   1999年8月   
Phonological units in speech segmentation and phonological awareness
OTAKE Takashi and YONEYAMA Kiyoko
The Fifth International Conference on Spoken Language Processing (Sydney, Australia)   1998年12月   
Non-native listeners’ representations of within-word structure
OTAKE Takashi
The 16th International Congress on Acoustics and the 135th Meeting of the Acoustical Society of America (Seattle, U.S.A)   1998年8月   
Listeners’ representations of within-word structure for bilingual Japanese speakers of English and monolingual speakers of Japanese and English
OTAKE Takashi
The 134th Meeting of the Acoustical Society of America (San Diego, U.S.A)   1997年12月   
Listeners' representations of within-word structure [招待有り]
OTAKE Takashi
UC Santa Cruz’ Linguistics Colloquium (University of California at Santa Cruz, California, U.S.A)   1997年11月   
Listeners' representations of within-word structure,
OTAKE Takashi
Johns Hopkins’ Cognitive Science Colloquium (Johns Hopkins University, Baltimore, U.S.A)   1997年6月   
A moraic duration in speech processing in Japanese
OTAKE Takashi
The 133th Meeting of the Acoustical Society of America (College Station, Pennsylvania, U.S.A)   1997年6月   
Can a mora occur word-initially in Japanese?,
OTAKE Takashi
The Fourth International Conference on Spoken Language Processing (Philadelphia, Pennsylvania, U.S.A)   1996年10月   
日系ブラジル人の心内辞書表示
大竹孝司
第110回日本言語学会全国大会(東北大学)   1995年10月   
Listeners' representations of within-word structure: A cross-linguistic and cross-dialectal investigation
OTAKE Takashi
The Fourth International Conference on Speech Communication and Technology (Madrid, Spain)   1995年9月   
How can a moraic status be recognized in speech perception?, [招待有り]
OTAKE Takashi
The Second Workshop on Processing Consequences of Contrasting Language Phonologies (Trieste, Italy)   1995年7月   
A moraic nasal and a syllable structure in Japanese
OTAKE Takashi
The Third International Conference on Spoken Language Processing (Yokohama, Japan)   1994年9月   
日本語音声の知覚の構造:音節とモーラの共存の可能性
大竹孝司
音韻論ワークショップ(大阪外国語大学)   1993年9月   
分節の単位と音節構造の普遍性と個別性
大竹孝司
第10回日本英語学会全国大会音韻論シンポジウム(東京外国語大学)   1992年11月   
外国語音声の知覚 [招待有り]
大竹孝司
東京大学医学部医学音声研究所コロキュアム (東京大学)   1992年7月   
Mora and syllables in the segmentation of Japanese [招待有り]
OTAKE Takashi
The 25th International Congress of Psychology (Brussels, Belgium)   1992年7月   
Mora or syllable? Speech segmentation in Japanese
OTAKE Takashi
Workshop on the Psycholinguistic Consequences of Contrasting Language Phonologies (Trieste, Italy)   1991年6月   
日本語音声のセグメンテーション・ユニット
大竹孝司
音声研究会 (学士会館赤門分館)   1991年3月   
言語のリズムと音節構造
大竹孝司
音声・聴覚研究会(東京学芸大学)   1990年3月   
日本語学習者の日本語音声におけるアクセントの影響
大竹孝司
平成元年度日本音響学会秋季研究発表会(富山大学)   1989年10月   
鼻音の時間的特性とモーラタイミング
大竹孝司
平成元年度日本音響学会秋季研究発表会(富山大学)   1989年10月   
Counter evidence for mora timing
OTAKE Takashi
The Sixteenth LACUS Forum (Kingston, Ontario, Canada)   1989年8月   
モーラ数と時間の直線性に関する考察:日本語学習者の場合
大竹孝司
第98回日本言語学会大会(神奈川大学)   1989年6月   
A cross linguistic contrast in the temporal compensation effect
OTAKE Takashi
The 117th Meeting of the Acoustical Society of America (Syracuse, NY, USA)   1989年5月   
A reexamination of the compensation effect in the mora hypothesis
OTAKE Takashi
The Second Joint Meeting of the Acoustical Society of America and the Acoustical Society of Japan (Honolulu, Hawaii, USA)   1988年11月   
補償効果について
大竹孝司
1988年度日本音声学会全国大会(昭和女子大学)   1988年10月   
The temporal organization of Japanese and its acquisition by English speakers
OTAKE Takashi
The Third Annual Meeting of the Pacific Linguistics Conference (Eugene, Oregon, USA)   1987年10月   

競争的資金等の研究課題

 
語彙認識のメカニズムと音韻情報に関する総合的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(C)
研究期間: 2002年4月 - 2004年8月    代表者: 大竹 孝司
音声言語の理解のメカニズムにおける音韻情報の役割の普遍性と個別性に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(C)
研究期間: 1999年4月 - 2001年3月    代表者: 大竹 孝司
語彙認識のメカニズムと音韻情報の研究
国際コミュニケーション基金: 研究助成
研究期間: 1998年4月 - 2001年3月    代表者: 大竹 孝司
電気通信と音声知覚の基礎研究ー日英語バイリンガル話者の知覚のメカニズム
(財)電気通信普及財団: 研究調査助成
研究期間: 1997年4月 - 1999年3月    代表者: 大竹 孝司
クロスランゲージ研究による音声言語処理過程の解明
日本学術振興会: 日仏科学協力事業(国際共同研究助成)
研究期間: 1996年4月 - 1998年3月    代表者: 筧一彦(研究分担者として参加)
音声言語処理過程における音韻知識の対照研究
マックス・プランク協会: 国際共同研究助成
研究期間: 1994年9月 - 1997年8月    代表者: Anne Cutler (研究分担者として参加)
音声言語の知覚のモデルに関する研究
文部省: 科学研究費補助金基盤研究(C)
研究期間: 1994年4月 - 1997年3月    代表者: 大竹 孝司
日本語音声:日本語のモーラと音節構造に関する総合的研究
文部省: 科学研究費補助金重点領域研究
研究期間: 1992年4月 - 1994年3月    代表者: 杉藤美代子(原口班(E-10) 研究分担者として参加
音声言語の処理過程における音韻知識の対照研究
ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム: 国際共同研究助成
研究期間: 1990年9月 - 1993年8月    代表者: Jacques Mehler and Anne Cutler(日本グループ研究分担者として参画)
日本語学習者による日本語音声のリズムに関する研究
(財)日本サウンド技術振興財団: 研究助成
研究期間: 1989年4月 - 1990年3月    代表者: 大竹 孝司