石原 真理子

J-GLOBALへ         更新日: 11/01/25 00:00
 
アバター
研究者氏名
石原 真理子
 
イシハラ マリコ
所属
明海大学
部署
歯学部 歯学科 基礎化学分野
職名
講師
学位
歯学博士(明海大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

Misc

 
波多野 元久, 山田 多啓男, 官田 捷信, 吉田 哲, 奥沢 誠一, 清水 聡, 三浦 浩一, 石原 真理子, 谷 覚
臨床薬理   15(1) 227-228   1984年
ラット遊離肝細胞に関する研究-細胞賦活剤Platoninに及ぼす光の影響-
臨床薬理   16(1)    1985年
波多野 元久, 宇野 公男, 佐藤 精一, 西村 享, 石原 真理子
臨床薬理   18(1) 87-88   1987年
分子軌道法によるエナミノスルホンの炭素-窒素巣結合の回転束縛の考察
日本化学会第79春季年会      2001年
N, N-二置換エナミノスルホンの異常NMR吸収パターンの分子軌道法による考察
1999年度明海大学ハイテクリサーチ研究発表会      2000年

書籍等出版物

 
2003年度総合理科実験
博文社   2003年   
2002年度総合理科実験・化学実験
リュウワ印刷   
Functional Polyphenols and Carotenes with Antioxidative Action 2005 P133-176
Research Signpost37/661 (2),Fort p.o., Trivandrum-695 023, Keraia, India   2005年   
2005年度総合理化実験書
博文社   2005年   
Quantitative structure-cytotoxicity relationship analysis of betulinic acid and its derivatives by semiemprical molecular-orbital method
Anticancer Res 25:.3951-3956,   2005年   
2005.

講演・口頭発表等

 
Beta-carotene誘導体のラジカル捕捉作用
第44回歯科基礎医学会学術大会,(石原真理子、藤澤盛一郎   2002年   
Polyene類のStoichiometric factors (n). (石原真理子、藤澤盛一郎)
第45回歯科基礎医学会   2003年   
Application of semiempirical method to estimate cytotoxicity of flavonoids. (Ishihara M.)
IADR 82nd General Session   2004年   
Cytotoxicity of bis-GMA and its interaction with dipalmitoylphosphatidylcholine (DPPC) liposomes.
51st JADR   2003年   
Interaction between Wine phenolics and benzoyl peroxide (BPO) radicals.
IADR 81st General Session   2003年   

Works

 
フェノール系抗酸化剤のフリーラジカル捕捉に関する化学量論的研究
2001年
フェノール系抗酸化剤のフリーラジカル捕捉に関する化学量論的研究
2001年
半経験的分子構造軌道法を用いた分子構造とアポトーシス誘導活性の相関関係の体系化
2003年

競争的資金等の研究課題

 
ベンゾチアゾールの合成への応用
研究期間: 1991年   
ポリフェノールラジカル中間体の研究
研究期間: 2000年   
フェノール系抗酸化剤のフリーラジカル捕捉に関する化学量論的研究
科学研究費補助金
研究期間: 2001年   
半経験的分子軌道法を用いた分子構造とアポトーシス誘導活性の相関関係の体系化
科学研究費補助金
研究期間: 2003年