佐藤 浩子

J-GLOBALへ         更新日: 14/05/06 08:08
 
アバター
研究者氏名
佐藤 浩子
 
サトウ ヒロコ
所属
川村学園女子大学
部署
文学部 国際英語学科
職名
教授
学位
文学修士(中央大学), 文学修士(パリ第三大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1998年4月
 - 
現在
川村学園女子大学 文学部 教授
 

Misc

 
『人生―この叶えられぬもの』―高齢者問題をめぐって―
佐藤 浩子
女性空間   (30) 176-182   2013年5月
モーヴ:アフリカとフランスがひとつとなる色
佐藤 浩子
女性空間   (29) 20-32   2012年6月
『苦悩』―戦争の証言あるいは愛の物語―
佐藤 浩子
川村学園女子大学研究紀要   23(1) 1-12   2012年3月
フロラ・トリスタンと『ロンドン散策』―「労働者連合」へ向けて―
佐藤 浩子
川村学園女子大学女性学年報   (5) 17-25   2010年10月
二月革命と「フェミニスト新聞」―<女>たちの熱き闘い―
佐藤 浩子
女性空間   (27) 20-33   2010年5月
ルイ=フィリップ統治下の「フェミニスト新聞」にみる<女>とは
佐藤 浩子
女性空間   (25) 35-46   2008年6月
フランスの女性雑誌・新聞の誕生と発展(1)
佐藤 浩子
川村学園女子大学女性学年報   (4) 73-77   2007年3月
ボーヴォワール―『第二の性』と<母性>
佐藤 浩子
川村学園女子大学女性学年報   (3) 43-50   2005年10月
Apercu des mutations de la famille japonaise a travers des femmes ecrivains et des femmes dessinatrices de manga
Hiroko SATO
CLIO Histoire, Femmes et Societe   (19) 123-134   2004年4月   [依頼有り]
母と娘-デュラスの「未発表ノート」-
佐藤浩子
女性空間   (20) 201-208   2003年6月

書籍等出版物

 
『フランスから見る日本ジェンダー史』
佐藤 浩子 (担当:共著, 範囲:現代日本の家族とその解体 女性作家と女性漫画家の作品から)
新曜社   2007年5月   
『鈴木康司中央大学教授退職記念論文集』
佐藤 浩子 (担当:共著, 範囲:『愛人』における<無意識の裏切り>と<詩的転位>)
七月堂   2004年3月   
『限りなき視線』
佐藤浩子 (担当:共著, 範囲:『アガタ』―<近親相姦>あるいは<永遠の愛>の可能性―)
駿河台出版社   1996年3月   
『フランス文学研究』
佐藤浩子 (担当:共著, 範囲:『愛人』―「魅惑」からの解放と自伝的エクリチュール―)
七月堂   1994年1月   

競争的資金等の研究課題

 
女性作家とジェンダー