秋元 実治

J-GLOBALへ         更新日: 10/06/07 00:00
 
アバター
研究者氏名
秋元 実治
 
アキモト ミノジ
所属
旧所属 青山学院大学 文学部 英米文学科
職名
教授
学位
文学博士(青山学院大学)

研究分野

 
 

学歴

 
 
   
 
東京大学 人文科学研究科 英語英文学専攻科
 
 
   
 
東京大学 人文科学研究科 英語英文学専攻
 
 
   
 
青山学院大学 文学部 英米文学科
 

受賞

 
1983年
1983年度市河賞受賞 "Idiomaticity"(財団法人語学教育研究所)
 
2003年
2003年第4回英語語法文法学会賞「文法化とイディオム化」(英語語法文法学会)
 

Misc

 
"Rivalry among the Verbs of Wanting"
English Historical Linguistics 2006(John Benjamins)   117-138   2008年
"On Rivalry in the History of English"
English Now: Selected Papers from the 20th IAUPE Conference in Lund 2007(Lund,Sweden)   226-247   2008年
"On the Declive of after and forth in Verb Phrases"
Syntax,Style and Grammatical Norms: English from 1500―2000(Dalton-Puffer,Kastovsky,Ritt&Schendl eds.)(Peter Lang)   39 11-31   2006年
「複合前置詞について」
『英語語法文法研究』(開拓社)   (12) 5-18   2005年
「Paston Lettersに見られる複合前置詞」
『英文学思潮』(青山学院大学英文学会)   1-15   2005年

書籍等出版物

 
『文法化―新たな展開』
(英潮社)   2005年   
『コーパスに基づく言語研究』
(ひつじ書房)   2004年   
『文法化とイディオム化』
(ひつじ書房)   2002年   
(編著)『文法化―研究と課題』
(英潮社)   2001年   
(編著)Collocational and idiomatic Aspects of Composite Predicates in the History of English
(John Benjamins)   1999年   

Works

 
「複合前置詞について」
2005年
“On the development of turn out as a parenthetical marker”
2003年
「イディオムと構文」
2003年
「文法化・イディオム化の研究」
2003年
『英語学要語辞典』
2002年

競争的資金等の研究課題

 
英語イディオム化・文法化の共時的、通時的研究、及び類型学的研究。