MASAFUMI UCHIDA

J-GLOBAL         Last updated: Dec 5, 2018 at 05:27
 
Avatar
Name
MASAFUMI UCHIDA
Affiliation
The University of Electro-Communications
Section
Graduate School of Informatics and Engineering, School of Informatics and Engineering, Department of Mechanical and Intelligent Systems Engineering, Cluster II (Emerging Multi-interdisciplinary Engineering)
Job title
Professor
Research funding number
00245341

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1992
 - 
Mar 1997
助手, 青山学院大学理工学部電気電子工学科
 
Apr 1997
 - 
Mar 2001
助教授, 和歌山大学教育学部
 
Apr 2001
 - 
Sep 2001
併任, 和歌山大学教育学部
 

Education

 
 
 - 
Mar 1988
電子工学科, Faculty of Engineering, Kogakuin University
 
 
 - 
Mar 1990
電気工学科専攻, Graduate School, Division of Engineering, Kogakuin University
 
 
   
 
長野県立伊那弥生ケ丘高等学校
 

Awards & Honors

 
May 1993
電気学会優秀論文発表賞
 

Published Papers

 
Masaki Terada and Masafumi Uchida
Artif Life and Robotics   ---   Sep 2018   [Refereed]
Postural control is an essential function of the human body that uses several senses and information from the body as input, processes the input and then provides output to the muscles for control. In this study, we examine a method wherein severa...
Fluctuation Analysis of Synchronous Repetitive Handwriting
Ryo Kumagai and Masafumi Uchida
Book of Abstracts UPoN2018   130-131   Jul 2018   [Refereed]
Gait Analysis Based on Transfer Entropy Method for Gait Stabilization
Kenkou Komaki, Hiroshi Kamoshita, and Masafumi Uchida
The 23th International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB 23th 2018)   CD-ROM OS17-2   Jan 2018   [Refereed]
Time Series Analysis of Body Sway Caused by Several Matrix-shaped Tactile Stimuli on Body Trunk
Masaki Terada and Masafumi Uchida
The 23th International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB 23th 2018)   CD-ROM OS17-1   Jan 2018   [Refereed]
Masaki Terada and Masafumi Uchida
HCI International 2017   566-574   2017   [Refereed]

Books etc

 
電気学会125年史
電気学会 (Part:Editor, 4章-5-5 生体計測)
電気学会   Oct 2013   

Conference Activities & Talks

 
運筆動作におけるゆらぎに関する一考察
新井健、熊谷亮、内田雅文
電気学会研究会資料、産業計測制御研究会   5 Jul 2018   電気学会
スマートフォンを用いた歩行時のゆらぎ計測
新井健、熊谷亮、内田雅文
電気学会研究会資料、計測研究会   22 Dec 2017   電気学会
魚型バルーンロボットの胸鰭機構における推進特性の計測
宮前 宏樹, 内田 雅文
IEEE主催2017年度第2回学生研究発表会   21 Dec 2017   IEEE IM Society
DFAを用いた反復的運筆動作のゆらぎ解析
熊谷亮、内田雅文
電気学会研究会資料、計測研究会   21 Dec 2016   電気学会
振動刺激に伴う身体動揺の混合正規分布モデルによる特徴抽出
大豆生田卓也、内田雅文
電気学会研究会資料、計測研究会   14 Oct 2016   電気学会

Teaching Experience

 
 

Research Grants & Projects

 
身体動作の運動学習過程における学習進展の可視化技術の研究
Project Year: Apr 2017 - Mar 2021
本研究課題は、書写・運筆練習やスポーツ・ダンスの運動学習、熟練を要する機器操作の習得過程において、時々刻々の身体動作から学習の進展具合を可視化する運動学習の支援技術を開発することが目的である。ヒトの身体動作の制御は認知的制御と身体的制御との2重構造であり、身体動作の学習過程は、前者の制御系から後者の制御系への遷移の過程と解釈される。また、身体動作が反復的であれば、その運動の基調的な変動からの逸脱、ズレの傾向は、前者であれば白色ノイズ的に、後者であれば白色ノイズから相応に遊離しながらゆらぐ。...
魚型バルーンロボットによる空間演出技術の研究
JST: 平成28年度マッチングプランナープログラム「企業ニーズ解決試験」
Project Year: Jun 2016 - Mar 2017
魚型バルーンロボットは軽量な内骨格構造に柔軟なバルーンを装着し、プロペラ・回転系推進駆動に頼らず、小さな振動系推進駆動で空中を遊泳・回遊する巨大魚の動きを模したバルーンロボットであり、安全・安心が配慮されたシステムを採用する。屋内イベント会場等の上空において、空中を水族館に見立て、FBR複数体を同時に魚らしく自動遊泳・回遊させることによって空間演出するシステムを開発する。本研究開発課題では、それを実現するために、当該ロボット1体をPC制御された空間において自動遊泳させ、指定された演出プログ...
触覚仮現運動を利用した触覚ディスプレイによる身体誘導の研究
Project Year: 2013 - 2016

Patents

 
特許第4862155号 : 個人認証方法、個人認証システム及び個人認証プログラム