井上 松久

J-GLOBALへ         更新日: 05/11/26 00:00
 
アバター
研究者氏名
井上 松久
 
イノウエ マツヒサ
所属
北里大学
部署
医学部 医学科 微生物・寄生虫学
職名
教授,副学長
学位
医学博士

研究分野

 
 

委員歴

 
1991年
   
 
日本細菌学会  評議員
 
1995年
 - 
1999年
日本化学療法学会  評議員,理事
 
1996年
   
 
日本環境感染学会  評議員
 
1997年
   
 
国際化学療法学会  評議員(庶務担当)
 

受賞

 
1972年
日本細菌学会黒屋賞
 

Misc

 
臨床分離菌に対するRP59500の抗菌力
30    1992年
セファロスポリナーゼの免疫学的技法による局在性
44    1991年
大腸菌におけるキノロン剤の畜積とその因子
27    1991年
MRSAに対するイミペネムとβ-ラクタム剤の併用効果
27    1991年
クレブシエラオキシトカ菌由来のβラクタマーゼの精製とその性状
44 

書籍等出版物

 
セフエム系抗生物質
医薬ジャナール社   1991年   
医学の中の遺伝子工学
国際医学出版   1992年   
病原菌の薬剤耐性
学会出版センター   1993年   
キノロン系薬剤の使い方
医薬ジャーナル社   1993年   
医学微生物学の新しい展開
薬根出版   1993年   

Works

 
日本・ハンガリーに於ける黄色ブドウ球菌の薬剤耐性の調査研究
1990年
日本・インドネシア・オランダに於ける黄色ブドウ球菌のファージ型別化
1992年

競争的資金等の研究課題

 
細菌の薬剤耐性,感染症に関する研究
研究期間: 2002年 - 2004年
何故細菌は薬剤耐性を獲得するのか
研究期間: 2003年 - 2005年