永沼 章

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/04 16:44
 
アバター
研究者氏名
永沼 章
 
ナガヌマ アキラ
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/283514c9302c7479e5755d8aa7ba6559.html

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東北大学 大学院薬学研究科 生命薬科学専攻 生命情報薬学講座 生体防御薬学分野 教授
 

学歴

 
 
 - 
1981年
北里大学 薬学研究科 公衆衛生学
 
 
 - 
1975年
日本大学 理工学部 薬学科
 

委員歴

 
1998年
   
 
日本薬学会  評議員(1998-1999)、理事(2003-2005)
 
1999年
   
 
日本生化学会  評議員(1999-)
 
1996年
   
 
日本トキシコロジー学会  評議員(1996-)、理事(2005-)
 
1999年
   
 
環境科学会  評議員(1999-)
 
1996年
   
 
日本衛生学会  評議員(1996-)
 

Misc

 
Kim H.R., Hwang G.W., Naganuma A., Chung K.H.
J. Toxicol. Sci.   41 711-717   2016年
Iwai-Shimada M., Takahashi T., Kim M.S., Fujimura M., Ito H., Toyama T., Naganuma A., Hwang G.W.
Sci. Rep.   6 38294   2016年
Hwang G.W., Fukumitsu T., Ogiwara Y., Takahashi T., Miura, N., Kuge S., Naganuma A.
Biochim. Biophys. Acta.   1860 1326-1333   2016年
メチル水銀の毒性
永沼 章、黄 基旭
毒性の科学 東京大学出版会   109-112   2014年
Lee, J.Y., Ishida, Y., Takahashi, T., Naganuma, A., Hwang, G.W.
Sci. Rep.   6 21528   2016年

講演・口頭発表等

 
Identification of novel low metabolites involved in methylmercury toxicity using metabolomic analysis
The 32th Annual Meeting of KSOT/KEMS   2016年   
LAMTOR 複合体に関連したメチル水銀によるオートファジー誘導機構
第 55 回日本薬学会東北支部大会   2016年   
メチル水銀によるケモカイン CCL4 の発現誘導に関わる転写因子 FOXA1 の機能解析
第 55 回日本薬学会東北支部大会   2016年   
AMPK活性化プロテインキナーゼの活性化による亜ヒ酸感受性の亢進
フォーラム2016衛生薬学・環境ときシコロジー   2016年   
メチル水銀暴露によるマウス脳内でのコレステロール25-水酸化酵素の発現誘導とその意義
フォーラム2016衛生薬学・環境ときシコロジー   2016年   

Works

 
化学物質感受性の個人差を決定する遺伝子的要因の検索とその作用機構解析
2005年 - 2008年
生活環境中微量化学物質に対する感受性決定に関する遺伝子群の解明
2002年 - 2005年