伊藤 紀之

J-GLOBALへ         更新日: 10/08/25 00:00
 
アバター
研究者氏名
伊藤 紀之
 
イトウ ノリユキ
所属
共立女子大学
部署
家政学部 被服学科
職名
教授
学位
工学修士(千葉大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1973年
   
 
- 共立女子大学 専任講師
 
1978年
   
 
- 共立女子大学 助教授
 
1992年
   
 
- 共立女子大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1973年
千葉大学 工学研究科 工業意匠学
 
 
 - 
1964年
千葉大学 工学部 工業意匠学科
 

委員歴

 
1998年
 - 
1999年
日本デザイン学会  監査
 
2006年
 - 
2009年
服飾文化学会  理事, 会長, 監事
 
2005年
   
 
国際浮世絵学会  理事
 

Misc

 
立体の大きさに関する研究(XIII)-ストロング・トーンの大きさ感-
共立女子大学家政学部紀要   38    1992年
アメリカン・キルトの基礎研究(IV)
共立女子大学家政学部紀要   38    1992年
伊藤 紀之, 玉田 真紀
繊維製品消費科学   29(3) 84-88   1988年
立体の大きさに関する研究(XII)-背景色の効果-
共立女子大学家政学部紀要   37    1991年
ファッション・プレートにおける図像表現の研究(1),ジュルナル・デ・ダーム・エ・デ・モード1912-14
共立女子大学家政学部紀要   39,39-49    1993年

書籍等出版物

 
被服デザインの体系 第2版
三共出版株式会社   1990年   
アール・デコのファッション・ブック「(監修・共著)」
岩崎美術社   1996年   
服飾と心理
(財)放送大学教育振興会   2005年   
ファッション プレートへのいざない
フジアート出版株式会社   1991年   
アメリカン・アンティークキルトコレクション 「(共著)」
株式会社日本ヴォーグ社   1992年   

Works

 
作品「鉛筆削器デザイン」第15回毎日工業デザインコンクール、入選毎日工業デザイン賞受賞
芸術活動   1966年
作品「卓上灰皿デザイン」第13回雑貨デザインコンクール、日本輸出雑貨センター賞受賞
芸術活動   1969年
博覧会ユニフォームデザイン('90国際花と緑の博覧会大阪、インナートリップ館)
芸術活動   1990年

競争的資金等の研究課題

 
立体の大きさに関する研究
研究期間: 1976年 - 1998年
ファッションプレートに関する研究
研究期間: 1980年   
パッチワークキルトに関する研究
研究期間: 1991年