基本情報

所属
共立女子大学 家政学部 被服学科 教授
学位
学術博士(お茶の水女子大学)
家政学修士(お茶の水女子大学)

J-GLOBAL ID
200901039604650625

染織品の保存管理の中でも、染織文化財に焦点を当てた研究を行ってきた。染織品は、非常に劣化しやすいため、文化財の中で最も慎重に正しい保存管理が必要な分野である。研究は、変退色に大きく関与する染織文化財の染料を特定するために、HPLC-PDA法を用いた染料の分析と、染色布の光による変退色防止を中心に行っている。染料の分析においては、アンデスの染織品、国宝級甲冑、陣羽織、15-19世紀に亘るヨーロッパのタペストリー、インド更紗など、多くの分析結果から染料の地球的規模での流れなども明らかにした。
染織布の美術館照明による損傷劣化を防止する研究では、近年の美術館光源の変化(蛍光ランプからLEDへの移行)に当って、詳細な実験結果をもとに具体的な指針を示した。

MISC

  107

書籍等出版物

  21

講演・口頭発表等

  1